舞蛙堂本舗リターンズ!~スタジオMダンスアカデミーblog

ダンス(フラ・ベリーダンス他)と読書と旅行とカエル三昧の日々を綴る徒然日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エピリカコウ2019【2日目】

2019-09-10 03:45:00 | ダンス話&スタジオM
土曜日の1日目(とりわけ自分達の発表)が無事終わった安心感からお部屋でダラダラしてるうちに寝てしまい気づいたら明け方。
家でも外泊先でも似たようなサイクルで生活してるなぁ。

ハッ、いかん、今日は8時半からワークショップだ。
しかもそのワークショップの曲はまだ手元にないのでダウンロードせねば!

幸いアパホテル幕張はWi-Fi環境がおおむね良く、客室でもエピリカコウ会場でも混雑時以外ならサクサク使えました。
ですので楽曲のダウンロードも楽勝です。




朝のスペシャルワークショップの曲はこちら。
つい先日リリースされたばかりの超新作”Naue Mai Kākou”です。

このジャケットからお気づきの方も多いと思いますが、この曲は現在TMT建設を巡って大きな問題になっているマウナケアのためにフランク・ヒューエット師が書き下ろした物です。
現在YouTubeでは師ご本人が振りを付けた動画も公開されています。

今回私達が受けたワークショップでは、フランク師の振りにブレインキア先生がアレンジを加えた振付を教えていただきました。
「ハワイのすべての島の人々が集まって一つになろう」と呼びかける内容です。

一番広い会場いっぱいに受講者が集まって(もしかしたら100人じゃきかなかったんじゃないか)、後半からは先生方も加わって(ちなみに昨夜一番きこしめしていた某先生は若干遅刻なさいましたが最終的に無事合流されてました)、大変盛り上がったワークショップでした!




1時間以上のワークショップが終わったところでオープニングです。
オープニングは毎日行われるのですね。しかも昨日とは全く違う曲です。嬉しいねぇ。


午前中はポーハイ・スーザ先生のクラスを受けました。
昨日のウリウリに引き続き、この日のワークショップでも歌詞の内容をたっぷり説明してくださる先生。個人的には大変嬉しいのですが、通訳の方は大変そうでした😓

説明の流れでポーハイスーザ先生のお名前の由来も伺う事が出来ました!
なんでも先生が生まれて間もない頃、かのレナ・マシャードさんが先生を抱き上げた際、口をついて出たのが彼女の作品であるPōhai Ke Alohaだったとのこと。
しかも、あのヘレン・ディシャ-ビーマーさんが先生を抱っこした際に口ずさんだのも同じ曲だったそう!!!
そしたらもうその曲名をお名前にするっきゃないよねえ!
というか先生(のご家族)の交友関係凄すぎないか!!!
ヘレンさんはご近所にお住まいだったとか。私だったらヘレンさんのお家から歌声やピアノの音が聞こえてきたらレコーダー持ってすっ飛んでいく自信あるぜ!(※不審者通報タイーホ連行コース)

今回のワークショップでは先生直伝の「バンプの際の心構え」「かの有名なアンティマイキ流ハイナのモーションのコツ」などなど学ぶ事が沢山ありました。
例によって振付はあまり覚えてない私ですが、それらの教えはしっかり心に刻まれました‼️


そして午後は昨日レイを持った素敵な曲を教えてくださったメレアナ・マニュエル先生です。
今度は大人気ジョシュ・タトフィさんの、しかも私がメチャクチャやりたかった曲を教えて頂きました!

その上、昨夜のホイケの際の我々のグループ発表(動画‼️)やワークショップ曲のウリウリを踊っている模様をご自分のスマホで撮影したものを見せてくださいました😅
ヒジョーに恥ずかしかったですがお楽しみいただけたようで何よりです😅


ワークショップのあと、休憩を挟んでから、昨日より少し早くホイケが始まりました!



今朝まで演奏していらしたブレイン先生のご兄弟の方は飛行機の関係で早くお帰りに😢




しかし、代わりに素晴らしい方が入ってくださいました!
先日地元の東武イベントにもお越しくださったマナさんと池見さんです!!!




東武のイベントですっかり魅了されて、その時にゲットしたCDをこの1カ月散々聴いてきたマナさん。
実は昨日から会場でお見かけしており、マナさんがワークショップを受けたりマカマカさんのお店にいらしたりするのを拝見しながら「歌ってくださったらいいなあ〜」などと妄想していたものですから、夢が叶って最高でございます。

しかもこの日、ポーハイスーザ先生のクラスで演奏もしてくださっていて、先生の「この歌声で踊れるなんてラッキーね!」というお言葉に首がもげるほど頷いていた私でございます。
マナさんの歌声はレナマシャードさんやヘレンディシャビーマーさんの生歌を間近に聴いて育った方にとっても素晴らしいと感じるクオリティなのですね。ホントすごいわ!




演奏も素敵なら先生方のフラもまた素敵です。
同じ曲を一緒に踊ってくださるので、それぞれのスタイルの違いがよくわかってとても良いです。
今回はもっぱらポーハイスーザ先生とメレアナマニュエル先生のクラスばかりでしたが、他にも素敵なクムがいらっしゃって悩ましいところです。もっと沢山のワークショップを受ける方法はないものか…。
選択授業を一つに絞れず時間遡行魔法を使って重複するクラスに出ていたハリポタのハマイオニーの気持マジわかる。※彼女はハーマイオニーじゃなくてハマイオニーなのでそこのところよろしくお願いします(出たよ発音警察)。





そして日曜のホイケ終盤は、名誉ゲストのポーハイスーザ先生に捧げる内容でした。
やっぱり惹きつけられるポーハイ先生のフラ。特についさっき素敵な踊りのエッセンスを色々学んだばかりですので、それぞれの表情や動作が素敵である理由がますますよくわかりました。








ちょうど先生のお誕生日が近いそうで、バースデーケーキのサプライズもありました🎂
コメントしながら感極まった様子の先生。


感動のうちに2日目のホイケが終了しました。
えっ、我々は踊らなかったのかって、もちろん踊りました。ワークショップ曲は両方とも3人出ましたし、朝のスペシャルワークショップの曲もマミちゃんと四代目は舞台に上りました。
完全に覚えていなくとも楽しかったです。


終了後はホテル内のブッフェレストランに行きました。
ちょうどハワイアンフェア開催中との事で店内BGMがハワイアン音楽になっており、かなり余韻に浸れました。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

エピリカコウ2019【1日目】

2019-09-07 04:07:00 | ダンス話&スタジオM
土曜日はエピリカコウの1日目です。
朝に弱い我々ですが頑張って早く起きて会場へ💨



というのも、朝9時からのオープニングで早速生演奏と先生方のパフォーマンスが観られるのです🎵

ミュージシャンのお一人はブレイン・キア先生。
先生がバンド活動もなさっているのは存じておりましたが、元々美声をお持ちなのに加えて、ハワイアンは勿論の事それ以外のジャンルにも造詣が深い事をうかがわせる素敵なフィーリングの演奏でした。





ゲストの先生方も全員踊ってくださいました。
敢えて受けるワークショップを予め決めておかないで、ここで先生方の踊りを観て心惹かれた方のクラスを受けるのも素敵かもしれませんね!




などと言いつつ私の憧れの眼差しはやはりポーハイ・スーザ先生に向かうわけで(北の国からナレーション風)。
ごく自然でさりげない動作や表情に込められた豊かな表現力。
先生のようなフラを前にすると、上辺だけの技巧を凝らしたオーバーアクションや大袈裟な顔芸がすべて虚しく感じ、本当に美しいフラはそれらをことごとく削ぎ落として一切の無駄が無くなった境地にこそ存在するのだと実感します。
本当に美しいフラが身についていれば、そんな小手先のテク(?)は要らなくなるんだよなぁ。
よし、私もその境地を求めてもっと登攀しよう。




そして今回ワークショップでお世話になったもう一人のクム、メレアナ・マニュエル先生もまた、ポーハイ・スーザ先生とはまた異なる魅力的なフラを踊られる先生でした。
メレアナ先生の踊りもやはり自然で美しく、さらにカワイイ💓
先生のフラを拝見するのもワークショップを受けるのも今回が初めてでしたが、とても素敵なクムですっかり魅了されました!




土曜日午前中のメレアナ先生のクラスを受けた関係者は総勢7人。
しばしばショーの冒頭でグリーティング曲として踊られる、エレガントなハパハオレソングでした。

なぜワークショップなのに写真の我々がケニケニのレイを掛けているかと申しますと、なんとこの曲がレイを使用する振付だったからです。
しかも貝やククイなどの実ではなくお花のレイが適切との事でしたので、そういうレイの手持ちが無かった我々はワークショップの休憩時間に廊下へ飛び出し、「この中にどなたかお医者様は……もといレイを売っている方はいらっしゃいませんかァァ‼️」と叫んで、無事ケニケニをゲットした次第でございます。
やってて良かったハワイアンショップ。




ただ、今回の振付の為にはいささか短かったため、一本多く買って急遽繋ぎ合わせました。
ニードルの代わりに使ったのはなんとヘアピン(笑)。しかし意外にもヘアピンニードルは使い易かったです。




そして午後はポーハイ・スーザ先生のクラスを11人で受けました。
とはいえ全体の受講者は40人近くにのぼったため、いくら広いお部屋といえどイモ洗い状態でした。
しかも今回の曲はウリウリ!お隣さんにぶつからないよう細心の注意が必要です。
でも、ウリウリのワークショップが余りに楽しくて、イモ洗いのストレスを全く感じませんでした。ウリウリの振り方からして全く違っていて、新鮮で面白かった〜‼️


ワークショップが終わると、先生方との質疑応答の時間「クカクカセッション」があり、そのあといよいよ夜のホイケになります。




ホイケ出演者用の控室に参ります。
各教室に十分なスペースをご用意頂いて、本当に有難かったです。

エピリカコウのホイケは、教室ごとの演目とワークショップ曲がランダムに上演されます。
そして、そのプログラムは全く参加者に知らされません。(注: もちろん断じて意地悪ではなく、本当に本番まで曲順が決まらないらしい)。
流石に自分達のグループの演目が大体何番目に来るかはふんわり教えていただきましたが、ワークショップ曲に関してはいざこれからという瞬間に初めてイントロドン(古)の要領で知ることになります。
な、なんというギャンブル性。ギャンブル好きの人だったら興奮の余り卒倒するレベルです。
幸い私はギャンブルに過度に興奮する性癖を持ち合わせていないため卒倒には至りませんでしたが、いつ何が来るかわからないというのは大変ハラハラドキドキしました。舞浜の三大マウンテンよりドキドキでした。




ドキドキの原因はもう一つあり、ゲストの先生方がなんとこのように審査員席と見紛うポジションにズラリと座ってらっしゃる事です。
コンペでも無いのに何故だあああ。

しかし、通常のコンペと決定的に違う事が1つあります。
それは先生方(の一部の皆様)がガッツリ呑んでらっしゃる点です。
人はアルコールを摂取すると幸せな気持になり、いつもより心が寛大になって、普段より多くのものを赦せる心理状態になるものです(少なくとも私はそうです)。
初っ端からガチ呑みモードで盛り上がる先生方の様子にホッとしたのはここだけの話です。





ホッとしたところで本番です。




前半は(服装こそ派手ですが)踊りはごく普通を装ってお行儀よく踊ります。




しかし、演目のちょうど真ん中あたりで曲調がガラリと変わるのに合わせて、我々の様相も一変します。





先生方ヤンヤの大歓声‼️‼️
お酒のチカラはやっぱり偉大………ではなく(笑)、シラフの先生方も大変ウケてくださいました。良かった良かった。
最もきこしめしていた某先生は曲中で何度も繰り返されるモーションをいたくお気に召して、その後会場で目が合う度にこちらへ向かってそのモーションをしてくださいました(笑)。




先生方のみならず、会場の多くの方々からもたくさんの喝采と手拍子を賜りまして、お陰様で大変楽しく踊らせて頂きました🎵




あ〜楽しかった…などと余韻に浸ってばかりはいられません。
大急ぎで着替えて会場に戻って間もなく、我々のワークショップ曲のお呼び出しがありました。
まずはメレアナ先生の曲です。




前述のとおりレイを持って踊る曲ですので皆さんそれぞれのレイを持って踊っていらっしゃいますが、レイをお持ちでない受講者の皆さんには、なんと審査員(みたいな宴)席にお座りの先生方が貸してくださいまして、めでたく全員レイを持って踊れる事に‼️
先生方のお気遣いに感謝です💖





レイを持って踊る曲も楽しかったです!
それも途中までではなく全編レイを持ったまま踊り、最後にそのレイをお客様に差し上げて締める演出がとても素敵でした。





もう一つのワークショップ曲・ポーハイスーザ先生のウリウリの演目は、ホイケのかなり終盤で踊りました。




今迄ウリウリはタフアフアイくらいしかやった事の無い四代目も楽しそうに踊ってました。


最後は皆でハワイアロハを歌って1日目のホイケが終了しました。



一目惚れしたフラ禁止ピクトグラムに別れを告げて自室に戻りました。


さて、翌日の日曜日はなんと8時半からの朝練ワークショップで始まります。
絶対寝坊しないで早く起きるぞと誓いつつパイナップルサングリアをあおりました。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

エピリカコウに行ってきました【序章】

2019-09-05 04:30:00 | ダンス話&スタジオM
皆様こんばんは。
先週の土日、幕張のアパホテルで開催されたエピリカコウに参加して来ました🎵

エピリカコウはどんなイベントかと言いますと……って私が拙い説明を重ねるよりも主催者さんの公式文をご紹介した方がずっと確かですので、パンフレットの記載をそのまま転載しますね(※手抜きではない)。



おお、内容のみならずその理念までしっかり伝わる素晴らしい文章!!!
やはり私などが書くより遥かに良いですね!(※断じて手抜きではない)

とりわけ私が心惹かれた箇所がこちら:
「2日間にわたるワークショップは計4ターム開催され、最大4名のクムフラから教わることができます」‼️
そんな謳い文句を聞いたら参加せずにはいられませんて。

何しろ我々は無類のワークショップ好きです。もう中毒レベルといってもいい。
とはいえ、しばしば一部の指導者にみられるように、振付の仕入れ目的でワークショップを受けたい訳ではありません。むしろ振付は余り覚えてないです(※それはそれで問題なのでは)。
我々がワークショップで学びたいのは、ただただひたすらその先生の踊り方、教え方、そのダンスに対する姿勢、何を最も重視しているのか……といったモノです。
書いてみると随分抽象的な気がしますが、それらはその先生が生み出す振付やご自身の踊り方、ステージでの総合的な仕上がりまで全てに影響を及ぼす重要な要素なのです。

例えば歌詞の意味や背景の説明を丁寧になさる先生がいらっしゃいます。
そういう先生が踊ると、ご本人の踊りも表情もまさにストーリーテラーのそれであり、情感豊かに観客に訴えかける説得力をもつことが多いです。

例えばレッスンの時でも列をキッチリ揃える事や、ダンサーの姿勢、腕の角度などに細やかに心を配る先生がいらっしゃいます。
そういう先生の作る舞台は必ずといっていいほど先生の美意識を反映した芸術性の高いものになります。

つまり、その先生ご本人や先生の率いるチームの特性や魅力を学ぶためにワークショップは最適なのです。
それは振付を上辺だけで仕入れるより遥かに深く価値ある学びをもたらしてくれます。

私は小3くらいの時から母マミちゃんと一緒に大人向けのワークショップを受けて来ましたので、ちょうど小3になった我が子に「一緒にワークショップ受ける?」と訊いたら受けると即答したため、彼女も2日間4クラスのフルコースで申し込みました。




さらに、ワークショップに参加する生徒さんもいらっしゃいましたので、旅のしおりにワークショップへの思いの丈を迸らせました。




ちなみに今回の表紙はこんな感じです。


裏表紙には今回ステージで着る衣装を描きました。

そうです、ついうっかり興奮してワークショップの事ばかり書いておりましたが、実際にはワークショップだけでなく夜にエキシビションもありました。
出演者の一般募集枠があったため、我々は土曜日に踊らせていただくべく申し込んだのです。
踊れるのは1教室1曲のみ、しかも5分以内。
せっかく遠路はるばるやって来て踊る以上、フツウの曲をフツウにこなして誰の印象にも残らぬまま終わっても楽しくないよねって事で、渾身の編集により大変濃ゆい5分1曲が完成しました。





金曜日のレッスンが終わったところでホテルに直行。
イベントというとまず近場のホテルと美味しいご飯を探す私にとって、会場がホテルである事は重要な魅力の1つでした。
アパホテル幕張は2000室以上ある巨大ホテルなのが懸念事項でしたが(私は500室以下のホテルが好きなのです)、ところどころで人手の少ない感じはするもののそれが問題になるような事はなく、一番心配であったエレベーターも案じていたほどには渋滞せず、マジカルミライと日程がダダ被りとは思えないほどスムーズに移動できました。流石は巨大ホテル。
でも明らかにマジカルミライにお越しの方々とすれ違う度にコッソリ癒しを分けていただき、私の中に眠る(注: まったく眠っていない)ヲタ良奈が歓喜しておりました。


みっくみくな方々にコッソリ癒されつつ、到着日はホテル内の居酒屋とバーをハシゴしました。



まずは居酒屋「幕張七十二」へ。
お寿司もおつまみも皆美味しく、鳳凰美田もも酒があったのは最高でした。ただしウィスキーは物凄く薄かったらしい(笑)。

濃いウィスキーを求めて…というわけではなく(笑)、お部屋で見たチラシが魅力的だったので二次会は最上階のバーに繰り出しました。
21時から全席喫煙という今時珍しいガチめのバーで、入口からすでに煙草の匂いがしたため子連れとしては形ばかり若干躊躇いましたが、奥に入ったら余り煙草の匂いがしませんでした。




眼下にはZOZOマリンスタジアムが綺麗に見えました。
ちょうど試合の真っ最中で、昼間のように明るいスタジアムに驚きました。

バーで頂いたのはオードブルとドリンク一杯の宿泊者限定セットです。
生ハムやフォアグラなど9種類のオードブル盛り合わせと好きなドリンク一杯でなんと2000円ポッキリ。驚くほど安いのはたぶんほとんどの人は酒一杯だけじゃ済まなくなるからでしょう。
なのに私は酒一杯だけであとは水ばかりガバガバ飲むダメ客でホント申し訳ない。

子供の頃は「オークラのオーキッドバーみたいにめちゃくちゃアダルトな雰囲気のバーのカウンターの端のスツールに一人で座ってクッソ強い通好みの酒を静かに呑み、誰からもナンパなどされないがお一人様が似合いまくっていて痛々しさ皆無なオトナの女」に憧れていたというのに、どこをどう間違ってカルーアミルク飲みながらライスをばくばく食う女になってしまったのか。「誰からもナンパされない」のとこしか実現しとらんぞ。


ああ、くだらない事書いてるから本題に入ってないのに午前4時半になってしまいました。
明日またお会いしましょう。その時こそちゃんと本題に入ります。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

感謝💖555万PV突破‼️

2019-08-09 06:37:00 | 徒然話
皆様おはようございます。
などと早起きの人を装ってますがもちろん今起きたわけではない筆者でございます。


大変嬉しい事に、拙ブログのトータル閲覧数が5,555,555PVを突破しました🥳
キリ番(違)の瞬間を見届けられなかったのは残念ですが、どうやら一昨日から昨日までのどこかで突破したようです。
キリ番踏んだ方はご報告いただければ記念イラストをお贈りします(いや誰も私のイラストなんぞ要らんし前世紀の文化を引きずり過ぎだし)。

深夜のテンションで思いつくままに垂れ流しているようなブログなのに大勢の方にご覧頂けて、ただただ感謝ばかりでございます🙇‍♀️
イベントなどで初めてお会いした方に「ブログ見てます」とおっしゃっていただいたりすると、いかんせんコミュ障のヲタクゆえ不審な挙動をしてしまいますが、内心では小躍りするレベルで嬉しく思っております。




そういえばブログの編集画面には☝️このような表示もあり、あとちょうど20日でブログ開設から5,000日を迎えるようです‼️
そういえばブログを始めたのは大学卒業が間近に迫った頃だったなあ(遠い目)

これだけ長くなって参りますと大昔に書いた記事は随分若気の至りというかもはや黒歴史レベルの暗黒記事もあり、それらは余り振り返りたくない過去でございます(笑)。
目も当てられないほど酷いのは抹消している筈ですが、基本的に5年以上経過している記事は※内容は執筆当時の物です。現在の状態とは異なりますという注意書き付きでお読みいただければ幸いに存じます(笑)。


私自身まだまだフラを勉強中の身であり(というかフラは一生勉強ですよね)、昨日よりは今日マシになっていたらいいなと思って模索しながら生きております。
その模索の過程をつらつらと書いているだけですので、自分の考えが唯一の真実だとか正しいとか全然思ってないですし、前述の注意書きは必ずしも冗談ではなく、経年と共に自分自身の考えも変わっていくかもしれません。

しかしそれでも何十年経とうと絶対変わらない部分というのもありまして、例えば「ハワイらしいフラ」を希求する気持は永遠に変わらないと思います。
私が「日本人なんだから日本人らしいフラでいいんだよ」とか言い出したら経絡秘孔を一思いにお願いします(笑)。


まあ、フラもブログも長年積み重ねる事で初めて学べる事、見えてくるものがあると信じて、今迄やってきた事はそれなりに無駄じゃなかったのだと自己暗示をかけつつ、どちらも昨日より今日の方がマシになるよう精進して参ります。
付き合ってやっても良いよという寛大な方は今後ともどうぞよろしくお願いいたします🙇‍♀️

記事下部の人気ブログランキングのバナーを1日1回クリックして頂くと、寝なくても記事が書けるようになります(願望)。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

メリモ団体戦記事構想中

2019-08-08 05:40:00 | メリーモナーク
こんばんは…といつものノリで始めようとしたらもう朝で絶望している筆者でございます。
おはようございます。皆様いかがお過ごしでしょうか。

絶望の種はもう一つありまして、麗しの滝川クリステル様が結婚してしまった事…ではなく(笑)、すっかり朝モードのテレビのニュースで流れた星占いで牡牛座が最下位なうえに「邪悪な心が生まれそう」というアカン結果だったのです。
アカン、邪悪な心はマジでアカン。特にブログ記事の執筆時には一番マズイ状態です。
💖アロハの心💖をもって執筆出来る精神状態になってから出直して参ります。


とはいえ一応どんな記事にしようか構想を練りつつ自分の実況ツイートをスクショなどしております。
全部について言及しだすとロシア小説かって長さになりますので、ミスアロハフラの時同様、入賞チーム&個人的な推しの方々の事を書きたいと思っております。
「あのチームの事はどう思った?」みたいなリクエストがあれば是非お願い致します🙇‍♀️





個人的な推しの例としては、カリフォルニアのリリノエさんがそうですね。
こちらはホロクーをまとって踊るエレガント路線からダンサブルなアップテンポ曲まで、毎回全く違うものを見せてくださるところが好きです。
今年はエレガント路線でしたね。レース生地をふんだんに使ったゴージャスなホロクーですごく良かったです。
これがアップテンポになると明らかにフラでない動き(今のはどう見てもhuliと言うより「ターン」だよねみたいな)を果敢に入れてくるところも素敵です。もちろん、トラディショナルな曲にそういう動きを無理矢理入れるのではなく、ロパカお姉様の洋楽テイスト濃いめの曲などですので違和感はありません。

フラ以外の動きといえば今回はイカヴェーキウのカネが本当に凄かったです。
しかしこちらはイカヴェーキウおなじみの美しい正統派フラをしばらく踊った後、佳境に来たところで突然の衝撃の展開がありましたので、観客の驚きっぷりといったらなかったです。
その衝撃の展開とはナントDA PUMPのUSA‼️
どうもクムズが来日時にちょうど流行っていたアレをご覧になって大変お気に召し、「🎵カーモンベイビー」の動きをメリモの振付に取り入れるまでに至ったそうな‼️


言うまでもなくフラの動きではありませんから、当然批判する声もあったようです。
しかし、演目全体がそれだったというなら批判されても仕方ないところでしょうが、その部分の前後は先程も申し上げたとおり「美しい正統派フラ」だったわけです。
それも師匠のスタイルそのままのTeweteweを三方向に向かって踊る演出といい(この曲を…というかこの曲なのに上品に踊れるのはロバート様の系統の方々だけだと思いまする)、冒頭のウリウリ持ったタフアフアイといい、レベルの高いダンサーが全力で楽しませにかかる&自分達も楽しんでいる構成は天晴の一言でした。
その全力で楽しませにかかる延長線上のオマケの所にあったのがUSAだったわけですから、これはもう「こんなのフラじゃない!認めない!」なんて目くじら立てるより、観る側も乗っかって盛り上がった方が楽しいというものです。
実際、現場の観客の反応はそういう感じでした。




そんな現場の興奮そのままに書いたツイートが☝️です。

フラの素晴らしい所って、何十年も変わらない踊り方や振付を今観ても素敵であると同時に、新しい要素を取り入れて今までにない魅力が加わる事もあり得る所だと思います。
昔のものをそのままやっているだけではいずれ先細りして消えてしまうでしょうし、かと言ってすべてを新しく変えていったら違うものになってしまう。決して変わらない要素と新たな要素、その両方があるからこそフラは魅力的なのでしょう。
そして、古きを守るのも新しきを創るのもハワイの方々に他なりません。今後もハワイの方々が守り・創るフラをリスペクトの気持をもって観て学んでいきたいと思います。


あれ〜、ごく一部の推しの話を書いただけなのに長くなってしまった。先が思いやられる…。
しかし推しの話しかしなかったので邪悪な心にならずに済んだのは何よりでした(?)。

記事下部の人気ブログランキングのバナーを1日1回クリックしていただくと邪悪にならずに💖アロハの心💖溢れるメリモ記事を書ける………はずです(笑)。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

〈メリーモナーク話番外編〉ハワイで英語学校に行くの巻

2019-08-07 04:46:00 | Hawai'i
今年のメリーモナークが割と後半だったお陰でメイデイコンサートに行けた話を昨日の投稿でお送りしましたが、もう一つこの日程で良かった事は、英語学校のGWキッズプログラムに参加出来た事です。
メリモが早めだと春休みに・遅めだとGWに繋げられるので、一応学校を休む日数がなるべく少なくなるよう心掛けている身としては、今年のような日程だとホント有難いです。
それにしてもGWの間じゅう滞在できるほどラッキーな日程になる事は今後2度とないかもしれませんので、このチャンスを逃してはならぬと思いホテルから徒歩圏内の英語学校のGWプログラムに申し込みました。
もしかしたら長期休みにこういったプログラムに参加を検討している方もいらっしゃるかもと思い、今日はその模様をご紹介したいと思います。




指定のTシャツを着て朝から登校です。
このシャツは全日程フル参加で申し込むと1枚ついてきます。速乾素材なので毎晩ホテルで洗濯してヘビロテする事も可能です。

なお、ヒルトンハワイアンヴィレッジのキャンプペンギンなど、指定Tシャツのあるプログラムは非常に多いです。まあその方が皆で外出した時に見つけやすくて安全ですよね。
こういった指定シャツ付きのプログラムは集合したらその場で着替える事になりますので、トップレスにならずに着替えられるようキャミソールなどの肌着を着て行くと安心です。




午前中は英語学校の教室でお勉強です。どうやら毎日この後で行く先に関連した言葉(動物園に行く日は動物の名前など)を学んでいたようです。書くものは色鉛筆ですが頑張って英語の文章を書いてます。
また、初日に「トイレに行きたいです」などプログラム中に必要な言い回しのリストを頂けるので安心です。


残念ながら保護者はこのお教室に入れません。そのためこのように我が子が帽子もレインコートも脱がないありさまを後から画像で見て頭を抱えるハメになったりします……ってそんな子供はウチだけか…
マイペースなお子さんには必要に応じて自分で脱ぎ着するよう言っておくべきかもしれません…いやしかしウチのは「マイペース」の域を逸脱しとるぞ………。




午後からは毎日遠足です。
初日はダイヤモンドヘッドに登ったようです。



ダイヤモンドヘッドなんて20年くらい登ってないぞ私(笑)。
自分で連れて行くのは骨が折れるので(階段がすごく多かった記憶はあるけどこんなコワイところ降りたっけ……)このプログラムで連れて行ってもらえて助かりました。




でも登りきると景色は最高なんですよねぇ。




お昼も用意してもらえます。毎日日本っぽいお弁当やピザなど美味しそうな物が出てました。
しかし我が子はとにかく食べるのがノロいので大抵二口三口しか食べず持ち帰ってきたため、毎日私がありがたく頂いてました(笑)。




個人的に一番羨ましかったのは図書館です。
ハワイの図書館行きたいいいいい。ハワイ大学マノア校の図書館くらいしか行った事ない(まああすこも相当な天国ですが)。


ホノルル動物園にも行きました。
この日はメイデイコンサートでしたが、動物園に全精力を注ぎ込んだとみえコンサート後半は爆睡してました。






前から気になっていたチルドレンズディスカバリーセンター(キッザニアの縮小版みたいな施設)の日もありました。よほど気に入ったらしく、もう一度家族で行きたがる程でした。



最終日はビーチで遊ぶという事で髪の毛をムーミン谷のミイよろしくガッツリ持ち上げて行ったところ、



学校支給のスイムキャップを被ったらとんでもなく残念な頭になってしまいました。



帽子を被った姿はミイというよりスナフキンです。
ミイもスナフキンも大好きだけれどこの頭はひたすらに残念です。



しかし本人は気にせず(というか基本的に絶望的マイペースなので万事を気にしない)ワイキキビーチを楽しんだようです。


全日程終了時には参加証を頂きました。だいぶ乱れたミイになっていますが本人は満足そうなのでよしとしましょう。





また先生からこのようなコメントを頂いて持ち帰る事もあります。
保護者が返事を書く欄もあったので、ここで変な事書いたりスペルミスしたりやらかしたら恥ずかしすぎだろと緊張しながら書いた結果、1語目から筆圧高すぎてありがとうみたいな怪しい書き出しになってしまいました。何だこのhみたいなnは。我ながらイタすぎです。

保護者の英語力はイタくても本人は一切問題なく楽しめたようですので、また日程が合えば行きたいと思います。


本日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!
記事下部の人気ブログランキングを1日1回クリックしていただけると、執筆中に明け方に起きてきた母から凍てつく視線を向けられてもメゲずに書き続ける胆力がつきます😰
私にとって彼女は親:ボスの割合が3:7くらいなのです。一生下っ端ですが頑張ります。よろしくお願い致します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

May Day Concert 2019

2019-08-06 04:54:00 | ダンス話&スタジオM
あああああ…書きかけの記事がまた消えた😭

まあ今回は先日ほどたくさん書く前…せいぜい原稿用紙2枚分くらいだったから諦めがつくぞ、うん、諦めるのだ自分😭
しかし同じ物をもう一度書く気にはなれないので、気持を新たに1から書きたいと思います…


先週水曜より始まった宇都宮東武のハワイアンフェスティバルが今日で最終日を迎えました。
今日は自分達の出演もゲストのステージも無かったのですが、名残を惜しむべくちょっと行ってきました。




ついでにデパート内にあるカフェコムサで桃ケーキ食べてきました。美味しかった🍑


さて、今日の話題は東武や桃ケーキではなく(笑)メリーモナークの後にオアフ島で開催されたMay Day Concert のお話です。
今回のメリモが比較的遅めの時期だった為、ついでに5/1に開催されたこちらのコンサートに行く事が叶ったのです。




会場はワイキキコンベンションセンターです。
ガラス張りの個性的な建物はものすごく印象的ですが、実は今までご縁がありませんでした。




中は広く天井も高い空間で、その前方中央に大きなステージが設けられていました。




初めて見る景色にうひゃーとオノボリサン化していたらナーカマレイのお2人が先に我々に気づいてお声がけくださいました。お恥ずかしい(笑)。



このとおりステージは広いだけでなく装飾も大変ゴージャスです。




我々の席はお食事つきだった為、ガラス瓶に入った水が配られました。
お水も美味しかったですがもちろん酒も飲んでいます。こんな爽やかソーダみたいな顔をしているくせに強かったです。


お食事はハワイ料理でした。ハワイ料理ってのは最近流行りのアサイーボウルだとかロコモコや餅粉チキン、フルーツやココナッツクリームがどっさりのったパンケーキなどの事ではなく、伝統的ハワイ料理の方です。
伝統的ハワイ料理といえばポイです。そう、フラではよく二本指で食べるモーションをするアレです。昔は苦手だったんですが、もうアラフォーの身(※この日は36歳の誕生日だった)としては完食しないワケにはいかん。そう固く決意して完食して隣を見たら、何年もハワイに住んでた50歳(自称)は堂々と残してたよ。なんだよもう。




ともあれ、お食事スタートのちょっと前からショーが始まりました。
うわあ、いつも聴いてるラジオHawaiian 105 KINEのパーソナリティでおなじみコロへクルー、メレアパナさんじゃないですか‼️
ラジオそのままのハイテンションな喋りだよ!当り前だけど!
ちなみにメレアパナさんのフラも喋ってる時と全く同じキャラクターです!好き!(笑)




途中でダンサーさんも登場しました🎵



お次は最近再びオリジナルメンバーで演奏してくださるようになったナーパラパライのお三方です。
ソロや他の方とのコラボも素敵ですが、やはりこの3人が揃うと迫力が違いますよね!
ケハウお姉様のお帽子とパラパライの組合せ素敵だわ〜。


ナーパラパライのステージにもダンサーさんが登場しました。
よく共演しているテハニさんも踊ってくださいました。一昨年くらいのナーパラパライ再結成コンサートでテハニさんが踊ったカマヌ/マヌオーオー、良かったなあ。あのメドレーはガチで上手いダンサーにしか踊りこなせないですね。



お次はロパカお姉様…と…ショーン・ピメンタルさん⁉️
ええ⁉️じゃあさっきまでテハニさんとショーンさん同じバックステージにいらしたワケ⁉️
私はお2人が破局に至るまでの長期間にわたるテハニさんのFacebookの赤裸々かつ痛切な書き込みを一晩かけて読んだ身なので、なんと申しますか、お2人が同じ空気を吸っているところを想像するだけで自分が呼吸困難になりそうです。
嗚呼同業者と結婚しなくて本当に良かった……誤解のないように申し上げますと、わたくしダンサーとしてのテハニさんもミュージシャンとしてのショーンさんも大好きでございます。
特にショーンさんはご自身がスポットライトを浴びるというよりも、他のミュージシャンと共演した際にめちゃくちゃカッコいいお仕事をなさる点が素晴らしく、最近はナレオの方とのコンビでもご活躍ですし、私個人的にはこのコンサートでも観られたロパカお姉様との相性が大変素晴らしいと思っております。

ロパカお姉様とショーンさん。
2人だけでも、真に実力あるミュージシャンなら十分聴きごたえのある迫力が生まれるものです。決して人数が多ければ良いってモノじゃないんですよね。
但し米米CLUBに関してはあの人数だから良いんですけどね!




今までさんざん素晴らしいミュージシャンが出てきましたが、ここからが真打登場です。



もちろんロバート・カジメロ様です。




このコンサートの中心となっているのはケアウホウの皆さんですが、そのお三方にとっても真の主役はロバート様であるという認識が強いようです。
メイデイコンサートといえば、なんといってもロバート様がブラザーズ・カジメロとして長年開催してきたワイキキシェルでのコンサートです。
今回の公演は、あのワイキキシェルでのメイデイコンサートの正統な後継者といえるでしょう。


そして繰り広げられるナーカマレイの皆さんの美しすぎる踊り。
男性でありながらエレガント。品位と知性と高い美意識を感じさせるフラはまさにロバート様の音楽性そのものです。
ああ、やっぱり私はカネフラも上品なのが好きだわぁ。




メリモの競技会は年齢制限があるので、ナーカマレイのベテランダンサーさんの一部は出場できないのですが、こういうステージではもちろんガニさんもブリさんも美しい踊りを披露してくださいます。
広い舞台にそうそうたるメンバーが揃いすぎて、どこを観たらいいのかわかりません。

あー、メリモの年齢制限なんか無くなればいいのに(暴言)。でもフラってある意味で年齢とキャリアを重ねれば重ねるほど無限にグレードアップしていく踊りなので、このような方々に出てこられたらもう若者は全然太刀打ちできなくなってしまいますものね。それはやはりマズいのでしょう。




さっきも言ったブリさんは本当に華と色気があって素敵です。ナーカマレイの花形ダンサーといえましょう。



ワヒネダンサーはヒイアカイナーマカレフアの皆さんが登場しました。
エレガントな踊りも可愛いフラも両方観られて幸せです。
なお、先日のミスアロハフラの記事で「ヒイアカで一番の推しダンサーだがミスアロハフラに出場したことは無いし今後もないだろう」と申し上げたダンサーさんもここには出ていらっしゃいました。良かった。



ケアウホウの演奏に合わせてロバート様が歌うという尊すぎる場面もありました。
しかしロバート様の目の前でピアノ弾くの緊張しないのかなあ。まぁお兄ちゃんこの時客席イジリとかしてたから大丈夫か(笑)。

最後はお兄ちゃんにいじられつつ皆で一緒に歌って盛り上がってお開きに。
夢を見ているかのような数時間が終わり、タクシーでホテルまで戻っても夢から醒めやらぬ気分でした。
戻った際ホテルの玄関で撮った写真を自分のメアド宛に送った筈なのに届かず、やっぱり現実ではなかったかのような気がしました。




しかし帰国後だいぶ経ってからこちらの画像が届いたので、幸い夢ではなかったようです。
夢でも現実でもいいから、あんな素敵なコンサートをまた観たいものです。


短い記事を書くつもりがメッチャ長くなってしまいましたー。
ツイッターやフェイスブックのいいね👍で文章を簡潔にまとめる能力が上がります。1日1回記事下部の人気ブログランキングのバナーをクリックしてくださると長文に掛かる時間が短縮されます。
どうぞよろしくお願い致します🙇‍♀️…って、星野ルネさん風の締めもそろそろネタ切れだぁ😅

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2019東武出演第2弾!!!

2019-08-05 02:57:00 | ダンス話&スタジオM
皆様こんばんは。
本日スタジオMの「東武宇都宮百貨店ハワイアンフェスティバル」2回目の出演が無事終わりました〜‼️
お越しくださいました皆様、本当にありがとうございました🙇‍♀️
そして出演された皆様も大変お疲れ様でした😊





今日も朝から東武にGO💨
女児の朝ごはんはマラサダです。5分で完食です。いつもiPadのカメラを起動しているうちに消えてしまってマラサダ本体が撮れません。




今日はゲストのショーがない為、自分の出演まではお店をゆっくり見て回るなどしました。
こちらの椰子の木チャームをゲット🌴





そうこうしているうちに本番です。
土日は複数組が同時間帯に交代で出演するという変則的システムです。しかしスタッフの方が大変巧みに進行してくださった為、混乱なくスムーズに出演することが出来ました。ありがとうございます🙇‍♀️




という事で我々の1曲目です。
座席は早々に満席になり、立見のお客様も溢れかえるほど!これは是非とも最後までお楽しみいただかねばです!




スタジオM最初の曲は今回がお蔵出しの新曲でございます。
異国情緒漂う曲ですので、そこんとこを振付や後半の演出に取り入れておりまする。




2曲目は宇都宮で土曜日にレッスンしているグループ、ティアレさんです。
Waipunaの楽しくて可愛い曲を綺麗に踊ってくださいました!





3曲目はウチで唯一のスローな曲です。
我々あまりこういうイベントでスローを踊らないのですが、この曲はドラマチックですし好きなメンバーが多いので入れました。




そして4曲目、個人的に大好きな曲でございます。アップテンポになるとやたらノる私です(笑)。




もちろんフィナーレもノリノリです。



メンバー一同ノリノリです。
客席前方では、朝早くからお越しくださって見事良席をゲットした皆様が惜しみないご声援を送ってくださり、心強い事この上ないです。



あと、(画像には入ってませんが)毎日会場でお見かけしていた全く面識のないお客様が超ノリノリで派手に手拍子してくださってたのもスーパーハッピーです。



皆様のお陰で本当に楽しく踊りきることが出来ました。
最後までお付き合いくださいまして本当にありがとうございました😊





そして今回ご出演くださった生徒さん達にも心から感謝しております。
スタジオMのステージを作っているのはほかならぬメンバーの皆さんです。皆さんの頑張り無くして出演が成功する事はありません。
ですから、我々は舞台をご覧になった方々に生徒さん達のことをお褒め頂くと、自分自身が褒められるより10000倍嬉しいのです。
これからもどうぞよろしくお願い致します🙇‍♀️


今日は随分早い時間帯に記事が書けました(注: 午前3時)
これで安心してゆっくりお風呂に入れます🛁

ツイッターやFacebookのいいね👍が栄養ドリンク代わりになり(あっそういえば今日飲むの忘れた😅)、記事下部の人気ブログランキングのバナーを1日1回クリックしてくださるとメリモ団体戦記事(確実に長文)に取り掛かるガッツになります。
いやマジでミスアロハフラがあの長さになってしまったので、群舞の話になると更なる長文必至なんですよね…読みづらくなったら申し訳ない…前後編に分けるかな…。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ちょうど1年前に…ケアウホウコンサート

2019-08-04 03:47:00 | ダンス話&スタジオM
さて、明日は東武ハワイアンフェスティバル・スタジオM出演第2弾の日でございます。
今日はゲストのショーがないしレッスンもあるため東武へ行かなかったので、東武ネタをお届け出来ないし、かと言って迂闊に最近のイベントの画像などをご紹介すると明日のネタバレになってしまうし、どーしたものかと思いつつiPadのカメラロールを見ていったら良いモノ見つけました。

そうだ、昨年の8/4はニッショーホールで行われたケアウホウ&ロバート・カジメロのコンサートに行ってたんだ〜‼️

その日の模様は当時まだツイッターまとめ投稿が機能してたので(あれはホントにいいサービスだった😭)遡ればブログに載ってるんですが、日付でしか追えないので改めてまとめておきます。


土曜日に東武出演した翌日、スタジオMの一部メンバーはバスや電車で虎ノ門へ。
そのうちさらに一部のメンバーは徒歩圏内にあるオークラでランチしました。




ダイニングカフェ「カメリア」はメニューが豊富でオークラのレストランの中では一番手軽でありながら、お味は納得のオークラ・クオリティなのでオススメのお店です。
昨年の夏はカレーフェア期間中で、今までの人生で一番美味しいココナッツシュリンプカレーをいただけました。
あのカレーフェア、今年もやっているのかな? お近くの方やオークラに行かれる方には是非のオススメです。私も何一つ予定がないけどただただこのカレーと再会する為だけに行きたいほどです。




美味しいランチでテンション上がり切ったとこでニッショーホールへ。
ここから先は昨年興奮のまま帰りのバスでツイートしたのを貼り付けておきます。既にお読みくださった皆様すみません🙇‍♀️


第1部はケアウホウの演奏。ケアウホウのコンサートはただただ最高でした。
第二部で真打ロバート様ご登場。
幕が少し上がった瞬間に溢れ出る神様のオーラ。
神様なのにどこまでもサービス精神旺盛で、紳士的なのにお茶目なところもあり、そしてもちろん歌声もピアノもひたすら「ネ申」。私ゃ何度涙が込み上げたことか。
特に泣いたのはケアウホウの演奏でサチ先生に舞台上へ招かれてお二人で踊られたプアリリレフア。
あなたと私はいつまでも、のところで空を見上げるお二人。
敬愛のこもったまなざしのその先で、アンティマイキが優しく微笑んだところまで見えて涙腺崩壊しました。

そして私が憧れている、ある先生。
ケアウホウの演奏+ロバート様の振付でそうそうたるメンバーが共演する中、その先生はいつものように控えめに上品に踊られるのですが、それでも溢れ出す美しさに惹かれて見つめていると、袖からその方を深く満足した表情でじっと見守るロバート様のお姿。尊い。
その先生のみならず生徒さんたちもたいへん綺麗に踊られるのですが、先生やお教室の方が舞台に出て来ても、客席の生徒さん達は決してはしたなく騒ぎ立てたりはしません。
その心の美しさがあの上品なフラになるんですね。
でも今日はコラボステージが終わった時珍しくその先生のお名前を呼ぶ声が。でもその声音は舞台上の先生があまりに素敵で誇らしくて、つい呼ばずにはいられなかったという気持が伝わってきてほっこりしました。
ああいう本心から出た(でも決して節度を忘れていない)コールだったら素敵よね。


HNKOLのダンサーさんは今回カイポくんにパーカーくんという若手揃いでした。
しかし若手の皆さんの伸び方が凄まじい。
特に久しぶりに拝見したカイポくんの踊りはブリさんにものすごく似てきていて、あのビジュアルで踊りがブリさんでは尊過ぎて眩しくて観ていられなくなってしまいそう(笑)。

パーカーくんも独特の色気が大変よろしくて、以前彼が私のスカートと同柄のlolaのシャツをお召しになっているのを見て小躍りしたレベルで好きなんですが、アンケートの推しダンサー欄にはブリさんとガニさんのお名前を書いた私です(笑)。

もうひとつ感動したのが我々の女子会でもおなじみキナさん&カラニさん!!! 
さらに磨きのかかったフラで、しかも曲目はお二人の故郷コナのメレ。
ロバート様の「My friends, my brothers」という名誉極まるご紹介に相応しく格調高い踊りでした。


うおお、コピペしているだけで感動が蘇ってくるわ〜。
特にアンティマイキの愛弟子お2人によるPua Līlīlehuaは感動の一言だけでは言い表せない、胸にくるものがありました。

残念ながら今年はあのコンサートが無いようですが、また素敵な舞台があれば馳せ参じたいと思います💨


という事で明日は本番です‼️
どうも当初聞いていたのと若干プログラムが変わったっぽいですが、いずれにしても14時台の整理券をもらっておけばOKです! 無料の整理券は10時から配布されます🎟
皆様にお楽しみいただけるよう頑張ります😊

ツイッターやFacebookのいいね👍で寝不足が解消して、記事下部の人気ブログランキングを1日1回クリックしていただけるとどんなに疲れていてもアドレナリンが放出されて次の記事が書けます(笑)
どうぞよろしくお願い致します🙇‍♀️

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ナーレイ ライブショー@東武宇都宮百貨店!!!

2019-08-03 04:11:00 | ダンス話&スタジオM
毎日最高気温がうなぎのぼりを続ける今日この頃、皆様お元気でいらっしゃいますでしょうか。
私は肉に見えるけど実は着ぐるみを着て生活しているもので暑さに大変弱いため、毎日鬱鬱と過ごしております。

しかし、今日はそんな夏バテ状態から一瞬で快復し、憂鬱な気分も吹き飛ぶような最高のステージを観てまいりました。

そうです。
本日8/2(金)に東武のハワイアンフェスティバルで開催されたナーレイさんのライブショーです‼️


別にバラしても大丈夫だと思いますので、拙ブログの読者様だけにこっそり告白いたしますと、
今回宇都宮のハワイアンフェスティバルにナーレイさんをお呼びしましたのは他ならぬこの私でございます!!!


あ、あの、コレ喪女の妄想でもなんでもなく本当の話なんですよ!

昔から私は「東武のゲストとしてナーレイさんが来てくださったらいいなあ」とひそかに夢見ておりました。
しかし全国で引っ張りだこのナーレイさんの事、それは夢でしかないと思っていたのであります。

昨年、秋にメルパルク東京で開催されたピンクリボンコンサートと鎌倉プリンスで開催されたクリスマスパーティー、2つのイベントで続けてナーレイさんのステージを拝見し、音楽性のカッコよさと合間に入る爆笑トーク、やはりナーレイさんは素晴らしいと改めて再認識しました。

我々は体重こそ重いですがフットワークは軽いため、推しのコンサートがあれば東京だろうが神奈川だろうが馳せ参じますが、一般的にはなかなかそういかない方のほうが多いです。
そうすると、各地のホールやハワイアンレストランで連日のように生演奏を聴ける機会のある首都圏と違い、私達の地元では滅多に素敵なハワイアンミュージシャンのステージを観ることができません😢
そんな我が地元で是非素晴らしいナーレイさんのライブを多くの方にご覧頂きたい…そんな思いを新たにした次第です。

そこでクリスマスパーティーの飲み放で酔っ払った勢いに乗じて、しかし素面を装いつつ「ナ〜レイさん、是非宇都宮の東武のハワイアンフェスティバルに出演してくらさい(※全く素面を装いきれてない)」とお願いしてみたところ、思いがけず色よいお返事が‼️
ハワイアンフェスティバルの運営さんにも懇願した結果、めでたくご出演頂ける運びとなったのです🥳


しか〜し問題が1つ。
せっかくナーレイさんがお越しくださる事になったのに、よりによって金曜日とは何事⁉️
1stショーがおもいっきしウチのレッスンとダダ被りじゃないっスか‼️

両方のステージを観られないのは残念でしたが、もちろん2ndショーには2時間ばかり早めに(早すぎ)駆けつけました💨


無事フロントロウに座ったところでショー開演。
いきなり始まる大迫力のタヒチアン演奏‼️
ティアレ様を筆頭に続々と入場する5人のダンサーさん‼️
キターーー‼️
初っ端からフルスロットルだあああ‼️

ヤバイよヤバイよ〜と私が完全に出川さん化する中、手を伸ばせば抱きつけそうな(※だからすぐ抱きつこうとするんじゃありません)距離で繰り広げられる生演奏とダンスは、リニューアル前のTDLポリテラのディナーショーさながら。
出演者との距離がより近いぶん、こちらの方が贅沢でさえあります。

感動しているうちに1曲目が終了し、ダンサーさん達が退場すると、改めてナーレイさん達がご挨拶。

って何ですかこのさっきとは別方向にフルスロットルな挨拶は⁉️
人気YouTuberかな⁉️

そうです、ナーレイさんときたらトークスキルまで更なる磨きがかかり、もしかして既にチャンネル登録者数100万人とかなんじゃないかという気がして参りました。
UUUMさんは他所に取られる前に早くスカウトした方がいいわよ!

まったくどうしてこんなに次から次へと爆笑トークが出てくるのかわかりません。
あきさんがフルスロットルで喋り倒すあいだずっと物静かに佇んでいるけんごさんが絶妙なタイミングで合いの手を入れるのも最高すぎる。
客席もあきさんが何か喋るたびにドッカンドッカン状態で、ウチでのレッスン後に会場へいらした生徒さんも「ナーレイさんってこんなに面白かったですかね⁉️」とおっしゃってました。

って、私ゃ一体何を観ているんだっけ。
お笑いライブだっけ?

自分の現在地を新宿ルミネ辺りと勘違いしそうになった頃、これまた絶妙なタイミングで始まるカッチョいい演奏とダンス。
そうだった!
私が観てるのはお笑いじゃなくて演奏だった!!!

ナーレイさんの魅力は元々「演奏すればひたすらカッコよく、喋ればひたすら面白い」という所ですが、それぞれに磨きがかけられた結果、二の線と三の線の間の距離がますます乖離した幅の広すぎる芸風へとメガシンカした訳であります。
よくその人が専門とする芸を本芸といい、本芸の合間にやる余興を余芸というけれど、ナーレイさんの場合はもう演奏とトークの両方本芸という事で良いのではないでしょうか。


演奏も良いしダンスも良いです。
特にティアレ様はやっぱり素敵。スペースの限られたステージをフル活用してフォーメーションをこなすところも素晴らしいです!

それに、イベントが「ハワイアン」フェスティバルという事で必然的にハワイアンソング&フラが中心になっている中、タヒチの曲とダンスが多く散りばめられていたのも新鮮で良いですね👍
これはハワイの曲、こちらはタヒチの曲、とその都度説明が入りますので、一般の方が観ていてもハワイアンとタヒチアンの違いをおわかり頂けたはずです。

タヒチのミュージシャンがカバーしたユーミンの曲で踊るダンサーさんを観ていて、歌詞に合わせた振付といってもタヒチとハワイとではこんなに表現方法が違うんだ‼️という事がよくわかったのは個人的に一番勉強になりました。自分がタヒチ語を聴き取れないせいで、踊り方の違いは知っていても、どの歌詞にどういう振りがつくのかまでは知らなかったものですから。


客席参加型の楽しい曲あり、迫力のフィナーレありで、感動のうちにショーが終了しました。
ナーレイさんが宇都宮のハワイアンフェスティバルに出てくださって本当に良かった。心からそう思いました。





CDをゲットするのはナーレイさんに直接お会いした際に…と思っていたら、なんと機会が無いうちに3枚リリースされてました💿
そこで長年の憧れであった「ココからココまで全部下さい」と言い放つ石油王プレイをブチかます事ができて、そういう意味でも深く満足致しました。

ちなみに、私も持ってる1st&2ndアルバムはすでに完売となり、ネットで万単位のプレミア価格が付いているそうです。
ラッキーにもそれらを所持している方は是非大切にしておきましょう。


本日もお付き合いくださいましてありがとうございます😊
うーむ、どう頑張ってもあきさんのトークの100分の1も面白い文章が書けぬ(笑)。もっと爆笑スキルを磨きたい。

ツイッターやフェイスブックのいいね👍で面白さが少し増える(かもしれません)し、記事下部の人気ブログランキングを1日1回クリックして頂くと爆笑オチが書けるようになります(希望的観測)。
よろしくお願い致します🙇‍♀️

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブログランキング参加してみました。クリックして頂けると幸甚の至りです。