蔵元やまだブログ

岐阜県八百津町の酒蔵です。
日本酒を心から愛する人に飲んでいただくことを願い、真面目にコツコツと酒造りを続けています。

アウトドアお薦めの日本酒 OUTUS(アウタス)

2022年05月03日 | 日本酒

アウタス(Outus)とはOUT+USを合わせた造語です。
アウトドア好きのために生まれたアウトドア専用のお酒です。
キャンプ料理の定番、重厚な肉料理。その肉のジューシー感に負けないしっかりとした味とキレ、そしてオール岐阜県産の素材がこの酒自体のふくらみを演出してくれます。
持ち運びに負担の少ない500mlビンを採用しました。火入れ酒なので常温で持ち運びいただけます。
岐阜県産酒造好適米「ひだほまれ」を50%まで自社精米し、岐阜県産酵母G2を使って醸しました。
寒いアウトドアでの燗酒も体を温めてくれます。

アウトドアを心から楽しむすべての人へ贈る日本酒『Outus』

「日本酒を持って野遊びに出掛けよう」をテーマに「Out」+「Us」を合わせて「Outus(アウタス)」と名付けました。
そして、「Outus(アウタス)」 には別の意味も込めています。
夜も更け、焚き火を囲むひと時に見上げた夜空に「Outus(アウタス)」という名の星が、その星空のどこかにあるかもしれない。そんな架空のストーリーをイメージしながらアウトドアシーンで飲んで頂きたい日本酒が完成しました。

こだわり・特徴

①「Outus」の主役となる原料はすべてメイドイン「岐阜」

岐阜県の酒米「ひだほまれ」× 岐阜県開発の酵母 × 蔵の仕込み水(玉井の水)

岐阜県が誇る酒米「ひだほまれ」を100%使用しました。香りに影響する脂質を減らし、後味の良い仕上がりにする為に、自社精米にて半分の50%まで精米し、2019年に新しく開発された岐阜県酵母「G2酵母」を用いて仕込みました。
当蔵の酒米使用率70%以上を占める「ひだほまれ」。いつも使い慣れている酒米だからこそ、その特性を十分に活かし、香りと味わいのバランスを考え「オール岐阜」で仕込みました。岐阜の風土を感じられる味わいに仕上がっています。

②持ち運びに負担の少ない500mlビンを採用。火入れ酒なので常温で持ち運び頂けます

日本酒では一般的な一升瓶(1800ml)や四合瓶(720ml)。いざ持って出掛けるとなると、その容量故に負担に思う方も少なくはありません。今回、より手軽で軽量で持ち運びしやすいサイズの500mlビンを採用しました。
貯蔵前と出荷前に火入れ(加熱処理)をすることで、美味しさを保ったまま常温で持ち運びできます。
また、王冠にはプラスチックの打栓式キャップを採用。開栓する際に手を切る恐れのある金属製のスクリューキャップとは異なり、暗い夜間の開栓でも安全に開栓していただけます。

③目指したのは開放感ある自然の中で過ごすゆったりとした時間に寄り添う味わい

辺り一面の大自然。見上げた空には普段街中では見る事の出来ない星空が広がっています。
その静寂なひと時、焚き火の音と共に静かに杯を傾け、五感で感じられる日本酒を目指しました。

アウトドアの醍醐味であるキャンプ飯。
もちろん美味しいお料理にはお酒の存在も欠かせません。
普段、家ではキッチンに立つことの無い人もアウトドアでは積極的に料理をし一人でも複数人でもそのひと時、ひと過程を楽しむ方も多いのではないでしょうか?
基本的にどんな料理(和洋中)とも相性が良く合わせやすい日本酒ですが、もちろんキャンプ飯とも相性抜群です。
例えば、重厚な肉料理。
肉のジューシー感に負けないしっかりとした味とキレ、肉汁と米の旨味がマッチした仕上がりを目指しました。

④温度で変わる日本酒の味わい

氷水にボトルごと突っ込んでも、チロリにお酒を入れ湯煎で温めても、それぞれの温度でお楽しみいただけます。冷やでもお燗でも温度ごとで違った味わいを魅せてくれます。

⑤見た目もこだわりました

ラベルにはアウトドアシーズンの秋に岐阜県から見える南天を全天恒星図に基づいた位置情報で配置。ホログラム加工によって見る角度や動きに合わせて輝く星空をデザインに組み込んでいます。焚き火の揺らぐ炎と共にいつまでも(飲み)飽きない日本酒を目指しました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いえ呑みのお薦め

2022年03月29日 | 日本酒

いえ呑みのお薦め

 

長引くコロナ禍の影響により飲食店を巻き込み「外での飲酒」は制限され、 日本酒も同様に影響を受け、過去にない最悪の業績となっています。 そんな中、飲食店用に用意してたお酒が当社冷蔵庫にあり、今年の新酒も重なり冷蔵庫はいっぱいになって参りました。 そんな飲食店用に用意してるお酒をブレンドし、いえ呑みお薦めのテイストに致しました。

日頃の温かいご支援を励みに私共も一層の良質な商品を心がけ、お客様のご信頼にお応えしたい覚悟でありますゆえ、今後ともご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

※ブレンド比率はその都度異なる場合があります。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バレンタインに日本酒を使ったチョコを!

2022年02月10日 | 日本酒

バレンタインに日本酒を使ったチョコを!

 

可児市のガトースリール[Gâteau Sourire]さんでバレンタインデー用のチョコレート(生)に日本酒を使って頂いています。

吟醸酒「吉宝」を使用した生チョコは口の中でふんわり香る上品な味わいです。

       

ぜひガトースリール[Gâteau Sourire]さんのバレンタインチョコをお勧め致します。

https://www.gateausourire.com/

〒509-0202

岐阜県可児市中恵土2322-6    TEL (0574)61-0766   営業時間10:00~19:00  定休日 火・水曜日

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選ばれました。

2022年01月27日 | 日本酒

「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選ばれました。

中小企業庁は、革新的な製品・サービス開発、地域経済の活性化、多様な人材活用の観点から、優れた取り組みを行っている中小企業・小規模事業者を「はばたく中小企業・小規模事業者300社」として、また、商店街を「商店街30選」として選定し、12月22日経済産業省のホームページで受賞企業が発表されました。
受賞企業の中で代表事業者4社に萩生田経済産業大臣から、感謝状が授与されその式典がライブ配信されました。
https://www.meti.go.jp/press/2021/12/20211222005/20211222005.html

当社はものづくりによる「積極的な海外展開で需要を拡大 日本酒を通じ地域活性化を実現する」を評価頂きました。

 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

これも二刀流⁉

2022年01月24日 | 日本酒

これも二刀流?

2022年2月22日は何の日かご存じですか?

ニャン・ニャンニャンの『猫の日』、猫の鳴き声の語呂合わせから1987年に定められたそうです。

そして今年はなんと2022年、ニャーオニャンニャン(※)と猫の日にとっては、とってもスペシャルで超特別な日なんです。(※)2022年は勝手に語呂合わせをしました。

更に更に、先日ニュースを聞いていましたら、2月22日はニン・ニンニンで『忍者の日』と言っていました。

何と何と!猫も忍者もどちらも当社の商品にあるのです。

2月22日はどちらでも対応がきくのです。

これって今流行りの「二刀流」?なんちゃって・・・でも2月22日は「猫」と「忍者」で大いに盛り上がりましょう!

■『猫の日』お薦めの「新春しぼりたて純米原酒招き猫」

 

■『忍者の日』お薦めの「純米吟醸龍吟忍者」

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする