続 ヒノキになれない

四季の花々に見とれたり、スポーツバイクでメタボに抵抗する様を

写真を中心の緩いブログを綴ります。 

すみだ水族館 大水槽

2017-02-28 14:24:57 | 花草木
すみだ水族館の中で、一番大きな水槽です。

大きいと言っても、よその水族館と比べれば、可愛い大きさですね。












青色が発色されて、神秘的に移ってしまいました。











オットセイの海では、元気に泳ぐものと、岩山でじっとしてるものに分かれます。





コメント

すみだ水族館

2017-02-27 13:53:10 | 花草木
前述の通り展望デッキのチケット購入が、1時からに変更になっていたので、時間つぶしにすみだ水族館へ入る。

水族館といっても、大きな水槽はほとんどない。

クラゲ、サンゴ礁、深海の海老とか蛸などの小さな水槽が、生き物別に配置されている。








最初のゾーンは、自然水景。











次の展示は、クラゲです。

クラゲの誕生から成長過程を見られる展示もありました。

iPhoneカメラでは、暗すぎて撮影しにくい。

水の青色を拾ちゃうので、画像が青一色になってしまいます。





こんなどうでもいいような画像が明日からも続きます。


コメント

スカイツリーからの展望

2017-02-26 16:18:18 | 花草木
スカイツリー展望回路からの画像を、もう少し貼り付けます。

















スカイツリーの影が見られました。

街の中に、くっきりと写り込んでいました。








東西南北には、案内板がありますので、それを見ながら、それぞれ特定してゆきます。

2時間以上は、いたでしょうか?


帰りも、順番待ちでエレベーターに乗りますから、30分ほどかかったでしょうか?

結局、ここだけで半日が過ぎました。

外へ出たら、寒風が相変わらず吹いてる状態でした。

少しの疲れを感じながら、4時35分の電車へ乗り込みました。
コメント

スカイツリー展望台・展望回路

2017-02-25 09:50:24 | 花草木
待ちに待たされて、350mまで上がるエレベターは、一気でした。

その割には、加速も停止も全然ショックがないのが不思議なくらいスムーズです。

エレベーターも最新の技術を駆使してるんでしょうね。














350mを1分もかからなかったように思えました。












展望デッキから展望回路への100mは、エレベーターの天井と、側面がガラスなので、ワイヤーで吊り上げるのが見えたり、躯体の骨組みの中を、やはり一気です。


待ち時間が長い割に、乗り込んだら直ぐに到着の感じです。


展望デッキや展望回路からの眺めは、精度なジオラマの世界です。


知ってる場所を探したり、ガスってる遠くのものを見つけたりするのも楽しいものです。
コメント

東京スカイツリー

2017-02-24 18:11:35 | 名所、景観
21日に弟と幸手駅から東京スカイツリーへ行ってきた。

眺望が効くように、晴れて気温の低い日を選んだ。

だが、思いの外、北風が強く吹いて、寒い日となった。

着いたのが10時半過ぎ。

展望台のチケットをと入口へ行くと、避難訓練のため、午後1時の開場となっていた。









着いてすぐの、真下からの画像です。

雲も出てきてるし、風も出てきてる。

最初は、逆さツリーの映る十間橋からの写真を撮ろうとしてたのだが、強い北風のため断念する。

時間つぶしは、下層階の「すみだ水族館」にしました。

昼食を東京ソラマチのレストランで済まし、12時45分頃に、当日入場券入口に行くと、もう長蛇の列をなしていた。

チケットカウンターまで約50分待ち。

チケット購入後、展望デッキ行きのエレベターに乗るのが、また30分ほど待ったろうか。


かくして、やっと350mの展望デッキへ到着です。

















真下はくっきり見える。

建物も電車も車も、みんな小さい、小さい。

350mの高さを、嫌が応にも感じてしまう。

綺麗は綺麗なのだが、遠望がガスってるので効かない。

せっかく晴れの寒い日を選んだのに、午後からではガスが出てしまうのだ。

この上の展望回廊にも上がって、450mの世界を楽しみます。
コメント