続 ヒノキになれない

四季の花々に見とれたり、スポーツバイクでメタボに抵抗する様を

写真を中心の緩いブログを綴ります。 

三ヶ島のヒマワリ畑・名栗温泉 大松閣

2017-08-30 10:13:56 | 花草木
先日25日に三ヶ島地区にあるヒマワリ畑に行ってみました。

先日訪れた時は、まだ背も小さくて、蕾もやっと付けたばかりだったんですが、今回は時すでに逸していました。

もう花は、完全に終わっていました。






  



月曜日28日に名栗温泉 大松閣へ行ってみました。

日帰り温泉で貸切湯の昼食付き、11時から4時までゆっくり個室でくつろげるプランです。

もちろん、5階の大浴場も随時入浴できます。

貸切風呂は、入り口手前に岩風呂と信楽焼の土湯の二つがあります。

今回は、岩風呂に入浴しました。

3人蔵なら、静かで誰にも気兼ねすることなく、ゆっくりできます。

食事は、期待はずれだったのですが、大きな部屋を5時間に渡って使えるので、ゆっくり度は合格です。

食事は、別プランで、敷地内の山のレストランで肉料理がいただけます。

今回の選んだプランでは、部屋食の懐石のような昼食でした。


  


旅館全体と正面の佇まい。


  


貸切風呂入り口と、入り口前の小川が涼しさを呼びます。

十分な休息にはなった今回の日帰り温泉でした。

5階にある大展望風呂は、小さめの岩風呂もあり、山々を眺めながら、ゆっくり温泉に浸ってきました。
コメント

善光寺・ベゴニア

2017-08-26 09:06:53 | 花草木
善光寺の続きです。

本堂はどっしりと大きくて威厳があります。



  


  


仲見世通りと引いた場所からの善光寺の全容です。

駐車場の券で割引があるとのことなので、経営してるお店でお土産を買いました。


  


近くのお蕎麦やさんで昼食をとり、境内には入らず、外周路を歩きます。


寺を囲む塀は、漆喰、瓦葺きで、まるで、お城のような風格です。



  


善光寺詣での帰りに立ち寄ったのは、オアシスららん藤岡


2時過ぎでしたので、新鮮野菜は、かなり量が少ない、食い残し状態でした。

それでも、なす、水前寺菜、ツルムラサキ、つまみ菜、ミョウガ、オクラなどゲット。

肉市馬や土産物舘を覗き、地場の牛乳のソフトを食べたりして帰路につきました。

入り口花壇には、ベゴニアが真っ赤に咲いていました。




コメント

長野行き・横川SA/善光寺

2017-08-25 15:03:32 | 花草木
23日に知人を、長野県の北信総合病院へ送ってゆく。

どこの高速道もそうなのだが、舗装工事が至る所で行われていた。

そのため車線規制が入る。

行きはスムーズだったが、帰りの長野インター前後は、渋滞していた。






横川SAで休憩を取る。

ここまで約100kmくらいだった。

以後も順調に進み、9時15分で病院へ着く。


用事が済んだので、善光寺でも寄ってみようかとなった。


車を西門の有料駐車場へ入れる。


この頃から、雨がポツポツ降り出した。


  


裏門から入ったので、四重の塔の忠霊殿から参拝。


山門を後ろから撮る。


今は特別に山門の回廊から眺められるというので、500円の拝観料で登ってみる。


  


   



   







山門の回廊からの各方向の眺めです。


山門と本堂はかなり大きいが、他の建造物はそれほどでもない。
コメント

ホテイアオイ・ジュズサンゴ

2017-08-22 10:44:59 | 花草木
先日、道の駅おおとねに行ってきた。

ここの売店に来てた、カリカリ梅漬けのおばさんは、もう来なくなったんだね。

もう3年も経つから、諦めたほうがいいね。

フアンだったのにな。

ここの野菜売り場も、新鮮野菜が安い。


裏の田圃のホテイアオイの花が、綺麗で大きな花をつけていました。









自宅ベランダは前とは別の大粒のジュズサンゴが、赤い身をつけました。

まだ一房だけなので、次々身を付けるのを楽しみにしたい。


コメント

トウゴマ・アンダーパス・狭山ヶ丘駅

2017-08-16 14:09:31 | 花草木
北岩岡地区の畑際でトウゴマが赤くなってました。

何の事は無いのですが、いつも異様な赤い植物を撮ってしまいます。









朝ポタの時に、下富から、南入曽〜水野〜東狭山ヶ丘から、狭山ヶ丘駅東口に出ました。






西口にも回ってみます。





自動車学校前から、住宅地を抜け線路際の道に出ます。


すると池袋線を潜るアンダーパスの道に出ました。








潜って住宅地を抜けルト、若狭地区に出ました。

小手指車両基地のところの踏切に出ました。

まだ走ってない場所は、新しい地理の発見になります。


コメント