続 ヒノキになれない

四季の花々に見とれたり、スポーツバイクでメタボに抵抗する様を

写真を中心の緩いブログを綴ります。 

水郷佐原の風景

2018-03-31 14:47:54 | 花草木
水郷佐原のスマホ版です。


30分毎に橋の下部から水が流れ出ます。














観光乗合舟が川に浮かびます。







反対方からのジャージャー橋の放水。





伊能忠敬の家の前





水郷佐原の川の風景











コメント

伊能忠敬の家

2018-03-31 10:01:29 | 花草木
この佐原掘割に面して、日本地図を作成した伊能忠敬の家があったので覗く。











当時用いた測量器具も展示している。


こんな簡略な器具で、よくぞと感心せざるを得ない。

















庭に出てみました。


木瓜の花は満開、桜はやっと開きは決めた塩梅でした。





座敷には、雛飾り。








掘割の情緒ある風情と駐車場入口の椿。
コメント

水郷佐原観光

2018-03-30 09:04:35 | 名所、景観
25日に千葉の旭市にあるかんぽの宿を予約した。


義弟の先導で、古河境インターから圏央道に入る。


殆どが一車線なので、煩わしさのない走りが出来た。


途中、佐原へ寄っていくことにする。

















水郷佐原のほど近い駐車場へ車を止めて散策する。

テレビでは何度となく眼にしていた光景が、そこにはあった。


古き良き時代を彷彿させる風情ある佇まいだ。


船から観光する人のために、川の両岸、所々に雛飾り。

















川岸には柳が植えられてるのも、その効果を高めていた。


落ち着いた色合いの中で、唯一、桃の花が密やかに開花していた。
コメント

彩翔亭の春

2018-03-29 14:19:32 | 花草木
彩翔亭へ入りましょう。3月23日の画像です。













出迎えてくれたのはミツバツツジ。


紫がかったピンクの花が、落ち着いています。











次に顔を出してるのは、日向ミズキ。

小さい花をいっぱい付けていました。








次は三椏の花が咲いてます。





リョウブも黄色い花を付けていました。





園内の緋寒桜。








彩翔亭の隣りの蝋梅園、その一角の寒緋桜も咲き出しました。











公園の中では、桜の世代交代が見られます。


切株の隣には、桜の幼木が植えられています。

コメント

早咲き桜・水仙・ツルニチニチソウ

2018-03-29 14:10:25 | 花草木
東川の早咲き桜、最終章です。3月23日の画像です。

















日本水仙が咲いてました。





彩翔亭の入り口前の欅の根元では、ツルニチニチソウが咲き誇っていました。








コメント