続 ヒノキになれない

四季の花々に見とれたり、スポーツバイクでメタボに抵抗する様を

写真を中心の緩いブログを綴ります。 

紅葉・最上養鯉場

2018-11-17 09:52:55 | 花草木
最上川散策路から紅葉です。










散策路横の護岸壁に蔦の紅葉がはびこっていました。


前方、楯山公園の紅葉も近づいて撮ってみます。





この後、大江の道の駅に向かいました。

今が旬のりんご、ラフランス、キノコ、柿などが並んでます。

ここは地の物が、見られるので、好きな場所です。

それぞれが、土産物、自分物を買い込みました。



大江町荻野にある最上養鯉場へ行きました。

姉が、この工場で作っている鯉の甘露煮、佃煮を買うためです。

左沢駅の交流館の売店で最上鯉店の電話番号を見て、ナビに登録して来たのです。











ここはお店ではなく加工場なので、入ることはできません。


姉を待つ間、周辺の紅葉を撮りました。



従兄弟の家から、りんご、蕪、ネギなどの野菜と、山形の新しいブランド米「雪若丸」など

沢山いただき車に積んでいるので、満杯状態なのに

白鷹町のコープAなどにも立ち寄り、田舎の物を買って帰りました。
コメント

米沢藩舟屋敷跡・旧最上橋・茂吉歌碑

2018-11-16 13:32:09 | 花草木
最上川散策路の続きです。






この最上橋の所に「米沢藩舟屋敷」があったようです。

往時は舟運業で大変栄えてたのですね。











最上橋が水に反射して、きれいな眼鏡になっていました。








最上橋を下から見たら、こんなんでした。





齋藤茂吉の歌碑、まだ他にもありました。

なお齋藤茂吉は山形県上山市の出身です。





散策路から楯山公園(日本一公園)の方を見る。

紅葉が進んでますが、いまいちインパクトに欠けます。
コメント

左沢駅・最上川

2018-11-15 14:23:10 | 花草木
百目木を通って、左沢駅に着きました。

駅舎と交流ステーションです。

中には売店と、祭り神輿、祭りの雰囲気が自動で再生されます。

今回は割愛しました。









これからもう一度最上川に戻ります。


最上橋と川の写真を見たから、実際に見たいと義弟が言うから。




















最上川に沿って遊歩道がありました。そこからの最上の流れ。


遊歩道には、齋藤茂吉の歌碑が3個ほどありました。


街中にもあるようです、案内板によると。




コメント

朝顔・秋明菊・寒河江駅・最上川

2018-11-14 15:36:32 | 花草木
前に撮っていた写真から。








零れ種の季節はずれの朝顔が咲き出しています。


団地花壇の秋明菊です。


11日12日と山形へ従兄弟の見舞いに行って来ました。

兄弟姉妹6人、2台の車で行きました。








お見舞いを済ませて、寒河江駅に行きました。

駅舎は前の位置から、上り方面にずれて大きくなっていました。


駅横の「ホテル一龍」へ投宿、夕食の膳の一部です。

食べ終わった頃、別の料理が運ばれて来ます。

夕飯は部屋食、朝飯はホールでバイキングでした。


朝9時過ぎにホテルを出て、地元のスーパーで買い物します。


その後、大江町左沢に向かいます。


その途中、道すがらの百目木からの最上川。

夏には、花火と灯籠流しの行われる場所です。











懐かしさのあまり、車を車道の待避所によせて撮りました。



コメント

中新井地区の秋花

2018-11-10 13:40:51 | 花草木
中新井地区の花散策を続けます。








昨日の続きでマンデビラの咲いてる垣根。





小ぶりながらヤツデの花が付き始めてます。








この辺には放置されたお茶の木があります。


刈り取らないので、たくさんの花を咲かせていました。








ピラカンサスの実がいっぱい付いてます。





白南天の実が赤南天の傍にありました。





団地の花壇のシュウメイギクがまだ頑張って咲いてます。
コメント