録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

SK-MHD264のGS不要書き換えを試す

2012-03-14 21:29:17 | HDMI
東京から戻って参りました~。やり忘れたことはいろいろありますが、気にしないでビシビシいきましょう。

まずは、2ちゃんねるDTV版のSK-MHD264スレッドに書かれていた件から行きましょう。
発売されてからだいぶたつSK-MHD264ですが、この2月に新版ソフトが公開されるなど、まだ発売元のSKnetは動いてくれています。ただ、思惑はいろいろあるのでしょうがもう一つ役に立つバージョンアップでないのが残念。今回のものも「録画ファイルフォーマットにTSを追加」とありますが、本当にTSという拡張子で保存されるくらいで、TSを読み込むソフトからはうまく認識されてくれません。まぁ使わなくてもいいわけですが、それ以上にいままでGS不要の書き換え法が通用すなくなったことの方がはるかに痛い変更だったわけです。そのため、バージョンアップの必要は全くなかったのですが、SK-MHD264の解析の鉄人、crjさんが2ちゃんねるでVer1.12.0210.0でのGS不要書き換え法を公開してくださいました。早速こなたでも試したところ、無事GSなしでのキャプチャーすることができるようになりました。どうもありがとうございます。このSK-MHD264、絶対欠かせない品というほどではありませんが、ここぞというときあるととっても便利ですので、使えるようになるのはとってもうれしいのです。


・MonsterHD264.exeのプロパティを確認し、読み込み専用のチェックが入っていたら外す
・MonsterHD264.exeを適当なフォルダにバックアップをとっておく
・適当なバイナリエディタソフト(今回使ったのはStiring)を右クリック「管理者として実行」で実行
・MonsterHD264.exeを読み込ませる
・アドレス00009F5E 75 0B -> 90 90
・アドレス000187DB 84 D2 -> 33 C9  と書き換える
・上書き保存、再起動

なにか前より要書き換え部分は少なくなり、簡単になったようです。もちろん解析は知識のある人でなければ不可能ですので、本当にありがたい情報公開です。
『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 久々に白金の先物取引値段が... | トップ | "著作権法の一部を改正する法... »

コメントを投稿

HDMI」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事