南とかちで遠隔ドーム、星空は"心眼"で見る。(笑)

えっちゃんが冷却CCDで深宇宙を撮像しています。

南十勝に遠隔操作で動くドームを作り楽しくやってます!

危なかった!!赤道儀電源入れっぱなしで爆睡!!(汗)

2018-09-19 09:35:32 | 機材など

昨晩は遠隔撮像とともに、家のマンションのバルコニーで遠隔ミニドームに

入れるFSQ、EM-200やSTL-11000M(通称ドカベン(笑))

でいろいろな下準備をしていました。

午前2時前に、すべてのスイッチなどを確認して寝たつもりでしたが、

EM-200の電源を切り忘れていました!!(汗)

ギリギリ当たってませんでした。ふうう、、。

夜半過ぎは眠たいので特に気をつけねば、、、。

 

コメント

北海道で巨大地震!!

2018-09-06 08:00:48 | 機材など
用事で東京に来ています。

夜中都内のホテルで寝ていると


わずかにミシミシする音がしました。

また風が強くなったのかな?と思って朝起きたら、

北海道で何と巨大地震!

親戚になんとか連絡が取れ、無事を確認しましたが、

北海道は全戸停電で 情報を取得できないそうで、

こちらから情報を送っています。

南とかち天文村の遠隔ドームは無事でした。

ピラーは金具でがっちり固定しています。

北海道は全て停電していますが、太陽光発電で、

バッテリーに蓄電のおかげで、無事に通電しており、

太陽光発電の、地震への強さを確認できました。


ところで、本日、札幌に帰る予定でしたが、千歳空港は全日閉鎖。

急いで明日の便を探しましたが、全便満席。

何とか明後日の便が取れました。

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます、、、。
コメント (6)

冷却CCDが好き、デジカメが嫌い(形状)

2018-09-05 18:56:50 | 機材など
冷却CCD、本当にいつまで見ていても飽きません。(笑)

すごく個性的です。

四角だったり、丸だったり、、。

STL-11000Mなんて、どう見ても

デッカい弁当箱。

同じような機能なのにここまで個性的。(笑)

翻って一般的なデジタルはどうでしょうか?

だいたい四角で同じようなフォルム。

つまんないなー。

マニアが見れば違うんでしょうけど、興味も無い私には

皆同じに見えて全くつまらないです。

デジカメよりも冷却CCDが美しい!!(大笑)
コメント

遠隔第二ドーム、場所選定の経緯その4(最終回)

2018-09-02 07:40:18 | 機材など

札幌近郊の”望来”と言うところに土地を手に入れたものの、

なんとなく話は進みません、というか進める気にもなりません。

電線も近くに来ている、というのにです。

そしてそのまま放置していました、、、。

そう、それは不治の病、”遠隔病”に侵されていたからです。

段々遠征する気力がなくなっていったのでした、、、。

 

そして、ある日、”遠隔病”を最強に悪化させる出来事がありました。

それは、現在の遠隔ドームの最大の欠点である、”電力不足”が解決したのです!!

異常な電力消費は、バッテリーを並列化したときにおこる”循環電流”だとわかり、

所沢の爺さんさんのおかげでダイオード入回路で解決できたのです!!

すぐに遠隔第二ドームを南とかち天文村に作ることを決意しました。

南とかち天文村は、電力不足が無くなればまさに”理想郷”です!!

(遠いのだけが欠点ですが、十分です。)

 

ということで、望来の土地が余ってしまいました。

私が購入した半額程度でいいですので、(SX2赤道儀くらいの価格)

札幌近郊の方、どなたか購入しませんか?(笑)

今は草むらになっていますが、隣の古い別荘も取り壊され、視界も広がりました。

ちょっと整地すれば、天体写真の拠点、スライディングルーフなどにいいです。

60坪程度です。

コメント

遠隔第二ドーム、場所選定の経緯その3

2018-09-01 16:21:20 | 機材など
南とかち天文村の遠隔第一ドーム、もう一つ困難なことがありました。

それは、せっかく太陽光発電をしてディープサイクルバッテリーに

蓄電しても、みるみる電気が少なくなってしまう、という現象

でした。一晩せいぜい三時間くらいしか撮像できません。

これが原因で、一度はマイナス25度、日曜日の夜に現地に出向く羽目に

なりました、、、。


札幌に近く、電気の通っている、札幌近郊の 望来(もうらい)という

ところの、海岸近くの世間から棄てられたような別荘地に土地を見つけ

購入しました。

価格も新しいEM-200より安い程度でした。


しかし、その頃、致命的な恐ろしい"病気"が私の全身を徐々に蝕んでいました、、。




コメント