亜寒帯、遠隔ドームで撮像日誌 さあ、もう一つ作るぞ!!(笑)

えっちゃんが冷却CCDで深宇宙を撮像しています。

南十勝に遠隔操作で動くドームを作りました!

ほぼ”脱遠征宣言!!”(笑)ほぼ完ぺき動作になった南とかち遠隔ドームと次の計画

2018-08-15 08:08:16 | みなみとかちドーム関...

南とかち天文村の遠隔ドームは”ほぼ”完ぺき動作するようになりました。

もちろんこまごまとしたことは発生するでしょうが、よほどのことが

無ければ大丈夫でしょう。

ところで、もう遠征はやめようと思っていますので、このタイミングで

ほぼ”脱遠征宣言”です。もう重たい機材を車に積んで、ということは

”ほぼ”ないでしょう。北海道での長い間の遠征中、ヒグマに襲われなくて

幸運でした。(笑)

 

ただ、上手く行っちゃうとなぜか寂しさを感じます。(爆)

次の遠隔システム構築に向かう気が満々ですし、

FSQも活用したいですので、第二遠隔ドームの線で考えていきたいと思います。

最初の遠隔ドームよりはかなり小さい(2mを考えています。)

うえ、経験が違いますので案外早く稼働しそうです。(^^)

注 全部”ほぼ"(笑)

コメント

太陽光発電、発電蓄電良好!!(大部分の天文ファンには関係無い話です。)

2018-08-14 07:18:56 | みなみとかちドーム関...

現在、太陽光発電は255Wパネル直列(直列でおよそ最大97V)、

蓄電(ディープサイクルバッテリー)は24V115Ahが3系統、24V80Vが2系統と

計24V505Ahです。

3パネル直列ですと、雨の薄暗い日でも少しは発電しており、何日も日照が非常に少ない日が

続いても25Vを割ることはほとんどなく、きわめて安定していて満足で、

かなり電気が余っている状態です。

 

並列バッテリーに、ダイオードを使用すれば安定的にかなり容量が増やせます。

無駄でバッテリーを痛める”循環電流”の発生を防ぐことが出来ます。

ショットキー バリア ダイオード 45V 20Aというものを、一系統あたり

バッテリーに調整しながら電気を流すチャージコントロールからの入力回路、

バッテリーからインバーターへの回路に電気を流す回路へ、1つずつ挟み込んでいます。

なお、このダイオード挿入による電圧低下は0.3V程度です。

 

あまりにも容易に電力を増やせますし、遠隔ドーム増加の可能性もありますので、

24V80Ahをダメ押しに増やそうかと考えています。

 

コメント

今まで出会った感動の星空(追加(笑))

2018-08-13 06:59:58 | 雑談

先日、今まで体験した感動の星空5選を上げましたが、

そこに追加しなければならない体験を2つ忘れていました。(大爆)

 

追加第3位

ヘールボップ彗星です。

あちこちで見ましたが、特に宗谷地方の豊富町大規模草地牧場でみた

この彗星は特に見事でした。

夕方になると、非常に太いダストの尾が見え始め、V字型の素晴らしい彗星が

昇ってきました。すごい彗星でした。

 

追加第1位

それは何といっても”百武彗星”です。

何という光景でしょう。夜空を見上げると、華麗な羽衣が天を横切っている!!

私には言葉では表現できませんが、こんな彗星を見られるなんて何と幸せでしょう!!

 

1996年の百武彗星と2001年のしし座流星雨

この2つの出来事が非常に深く印象に残っています。

また見たいなー。

コメント

ペルセウス流星群と御巣鷹山日航機墜落事件に思う、、、。

2018-08-12 11:48:43 | 雑談

御巣鷹山日航機墜落事件から33年経ちましたね。

その時、私は大学生で、ちょうどペルセウス流星群極大を見た帰りでした。

事件のことは全く知らず、大きな流星を見た感激な気持ちでいっぱいでした。

明け方ころ、ラジオの電源を入れました。

すると、ひたすら人の名前が呼び上げられています。

ずーっとです。

すぐに嫌な予感が頭をよぎりました。

 

そして悲惨な事故を知りました。

 

合掌。

コメント

次に遠隔ドームを計画するとしたら、、。

2018-08-12 07:02:50 | みなみとかちドーム関...

次に遠隔ドームを作るとしたら、どのようになるでしょうか?

作るとしたら、使用するのはFSQとEM-200ですので、

一番小さい2mで十分だと思います。

 

観測室は北海道は雪が積もるので、円形観測室となります。

角形だと角に雪が積もり、凍り付き最悪ドームが回転しなくなります。

 

今の遠隔ドームには、スリット部分にヒーターを付けましたが、

一回も使っていません。太陽光発電ということもあり、

無駄な電気は使えませんので、失敗しました。

使わなくともスリットが開かなくなったことはありません。

 

場所は目立たない場所が防犯に必須で、

南とかち天文村はその点非常に恵まれた環境です。

ドーム型は必然的に目立ちますので、目立つ場所にあったら

いろんな人が寄ってくると思います。

 

札幌近郊のある場所に手軽なスライディングルーフを作ろうかと

思っていましたが、いろいろなことからとん挫。

以前も書きましたが、土地は所有していないと、思ってもいない

退去リスクがあります。

借りると初期費用がかなり浮くのですが、

出てけと言われるかもしれません。所有者の気分次第となってしまいます。

(法律的にはわかりませんが、実際は出ていけ、と言われたら、出ていかざるを得ない感じです。)

 

いろいろどうしようかと考え中です。

 

コメント