No Morse, No Life.

20数年ぶりに再開したアマチュア無線でしたが・・・
こんなにモールスにはまり込むとは、思いもしませんでした。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3号機完成

2018年05月27日 | 素人無線家

最近は秋葉原の行く機会があると、真空管を物色しております。

(ん?真空管を探すために秋葉原に行ってるんじゃない?(笑))

先日(といっても、今年のはじめ頃だと思いますが)、秋葉原のとある真空管屋さんの店先で見つけたGT管

6L6GC・・・のロシア製同等品(ガラスに印刷されてるロシア文字読めない・・・)だそう。。。

ググってみるとオーディオアンプとしてはメジャーどころらしいです。

MT管とは存在感の違うこの真空管でAMPを作ってみたいと、とりあえず2本程買い込んでおりました。

 

今回は初段の電圧増幅にもGT管を使って作ってみたいのでネットで検索してみると、

6SL7GT・・・のやはりロシア製同等管

という、やはりメジャーどころが同じお店で売っているのを知って、再度訪問し2本程買い込んでおきました。

 

それから、ネットで参考になる回路を探したり。。。

回路的には、今回もシングルで・・・

それでも、3極管接続と5極管接続をSWで切り替えられるようにしたり、NFBもSWでON/OFF出来るようにして、音の違いを楽しめるように工夫することにしました。

それから、電源トランスを探したり・・・

MT管と違ってGT管は大振りなのでヒーター電源の容量が大きく、6L6GCは1本当たり0.9A、6SL7GTも0.3A食うらしいので、電源トランスにもお金がかかりますね。。。

電源には、チョークコイルではなく、MOS-FETを使ったリップルフィルタを使ってみることにしました。

 

さて、GWになってシャシーの加工をし、夜な夜な&週末に半田付けして・・・

とりあえず完成しました!!!

 

GT管4本なので、真空管の存在感が違います!

夜景は、こんな感じです・・・

 

3極管接続と5極管接続の音の違いを楽しんでいます。

真空管のオーディオアンプは回路が分かりやすいし

JARDやTSSの保障認定は要らないので作って直ぐ楽しめるんで・・・

 

すいませ~ん! 無線のアクティビティーが低下していま~す!

 

コメント