No Morse, No Life.

20数年ぶりに再開したアマチュア無線でしたが・・・
こんなにモールスにはまり込むとは、思いもしませんでした。

Untitled

2011年07月29日 | インポート
rps20110729_203007.jpg
食べるのに夢中で・・・これしか撮ってない~~~
コメント

Untitled

2011年07月29日 | インポート
rps20110729_202701.jpg
夕食、はじまりはじまり・・・
コメント

Untitled

2011年07月29日 | インポート
rps20110729_175442.jpg
伊豆の温泉に来ています。
部屋には、小さいですが露天風呂・・・あー極楽!
その向こうは、鮎釣りで有名な狩野川です。

コメント

第1級陸上無線技術士 受験(3)

2011年07月28日 | 素人無線家
さて、無線工学の基礎の過去問練習と並行して、法規の勉強に着手・・・
難易度的には1アマの法規とあまり変わらない気がしますが、出題範囲が放送関係も含まれるので、ずっと幅が広いのです・・・
お金をかけない気になれば、総務省のサイトから電波法や関係する政令、省令をダウンロードしまくって勉強することも可能ですが・・・あまり効率は良くありませんね・・・ということで、東京電機大学出版局の「電波法規」に頼ることにしました。
この本、1陸技の出題範囲の電波法や関係法令を、体系立てて整理してあるので、効率的に勉強することが可能。
加えて、1アマで勉強した範囲とかぶっている部分もあるので、1アマ受験が役に立ちましたね・・・
この本で一通り勉強してから、過去問を解き始めました・・・しかし、過去問にはこの本のカバー範囲外も結構あったので、そこは総務省のサイトから関係部分をダウンロードして確認することになります。
さてさて、無線工学の基礎と電波法規の勉強をこのあたりまでやったところで、約2ヶ月が経過・・・
ここまでで残り1ヶ月・・・あと1ヶ月あれば、もう1教科くらい行けるかと思い始めたのでした・・・
さて、無線工学Aと無線工学B、どっちに手を付けるか・・・
内容を比較し、割と知識系の出題が多そうな、無線工学Aに着手することに、決心したのでありました(つづく)
コメント

第1級陸上無線技術士 受験(2)

2011年07月27日 | 素人無線家
準備期間が3ヶ月ということで、まずは4科目のうち「無線工学の基礎」と「法規」の2科目に目標を絞り、時間が余ったら残りの科目にも手を付けよう、という方針で勉強を開始したのでした。二兎を追うものは一途をも獲ず、ですしね・・・
さてさて、どんな本を買って勉強しようか・・・
まず購入したのが、東京電気大学出版局の「無線工学の基礎」という本・・・
読み始めて・・・そーいえば、大学の頃、こんな勉強したっけな~・・でも、なんだかこの本、カバーしている範囲は広いんですが、説明が浅い・・・インターネットで評判をしらべてみると、やはり同じ意見の方々が多い様で・・・やっぱりね・・・人の意見も参考にしなくちゃね・・・
ということで、インターネットで評判調べたり、実際本屋で中身を比べて、次に買ったのが、電気通信振興会の「実践マスター 無線工学の基礎」という本・・・
この本の方が、カバーしている範囲は狭いですが、解説がしっかりしているので頭に残りやすく、自分には合っていましたね・・・
1ヶ月+α、この本で一通り勉強してから、インターネットにのっている過去問に取り掛かりましたが・・・でも、どうも解き方がしっくりこない問題が所々ある
ということで、過去問の代表的な問題の解き方が載っている、東京電気大学出版局の「合格精選340題 一陸技」という本と、電気通信振興会の「無線従事者国家試験問題解答集 一陸技」も手に入れて、過去問を解きつつ分からない問題の解説も見ながら、勉強を進めたわけでありました・・・
ここまでで、既に1諭吉以上の先行投資を実施・・・(つづく)
コメント