建築設計者の日々是好日

建築家として感謝をもって生きる日々の記録

福島原子力発電所の事故対応に国民の知恵を集めませんか

2011年03月17日 | Weblog
 原子力発電所の津波による損傷、続く事故では今まで万が一の事故も起こりえないと言って来た日本の原子力行政が一瞬にして崩れ去りました
 東電の体質や保安院の怠慢を指弾するのは後です
 今やらなければならないことは原発をいかに安全に制御下に導くかということに尽きると思います
 そしてこれは国全体の知恵と勇気を総動員してこれに対処する必要があるのではないかと感じています

 今の最大の問題は事故の全容はおろか現場の状況が把握できないことと感じます
 これが正確でリアルタイムな情報の不足につながっていると思います
 その結果、適切な対応策の判断を遅らせていると感じます

 提案ですが、どなたか無人ヘリコプターにカメラや観測機器を付けて原発事故現場に最接近して情報を集めることはできないですか?GPSフィードバックで自律飛行できますよね?
 現場で決死の作業をしてくれている方々にも大切な情報になるのではないでしょうか
コメント

皆様へ;壊れない建築

2011年03月17日 | Weblog
 未曾有の大地震で今もショックが大きい私ですが、皆様はご無事でしたでしょうか
 余震か無関係の地震かは判断できませんが、長野や山梨など東日本全体が大地震を起しながらゆっくりと動きつつあるというのが実感です
 私は1975年の宮城県沖地震のときには仙台市におり、震災を体験しています
 そのときの悲惨な体験は私のその後の設計者としての思想を方向付けています
 「壊れないこと」これが大切なのです
 建築設計は文化的創作行為ですが、いくらかっこよくても壊れたらいけないのが建築です
 これは彫刻と建築物の決定的な違いの一つだと思っています

 ただ、建築基準法はどんな地震でも壊れないことは要求していません
 津波も設計時に考慮する条件ではありません
 震度7クラス(宮城県沖地震のころの震度階とは違うもの)の地震にあっても倒壊しないことが要求されているにすぎません
 逆に言えばそれ以上の揺れや、津波には対応できなくても法律上の違反にはならないというのが現状です
 これは全ての建物を無制限に強固なものにするには社会的なコストがかかりすぎるからと解釈されています

 しかし、私はコストの許す限り基準以上に強いものを作りたいと考えてきました
 そして、これからも今まで同様にこの「思想」を大切にしてゆきたいと考えています
コメント

被災された方々への支援を!

2011年03月13日 | Weblog
三陸沖の巨大地震のマグニチュードが9.0に訂正されたという。
神戸の時の経験から、現在報道されている以上に被害は拡大していることが判明してくることだろう。
今私たち個人にできることは余りにも少ない
自衛隊や消防、警察の組織力に期待したい
しかし、今後は義援金、建築家としての被害調査判定など私なりにできることをしてゆきたいと思う

今回の震災で避難されている方々、寒い中で燃料など不足する中で生活をしている方々に心よりお見舞い申し上げます
また地震や津波で亡くなられた方々に弔意を表したいと思います。
合掌。
コメント