建築設計者の日々是好日

建築家として感謝をもって生きる日々の記録

疲弊しているのは?だれ、そして持続可能性

2008年02月27日 | 環境
今日のニュースで、
「医師や看護士が疲弊している」
との報道があった
これは、大変なご苦労をされている医師の方々や看護士の方々をなんとかしなければとの問題提議からの発言だったようだ
一番当てはまるのは我が息子もお世話になった、「産科や小児科などご苦労の多い分野に関わる医療関係者の方々が疲弊している」ということになるのだろう
議論の先は、「外国からの労働力の移入」か

これを建築界に当てはめてみると、「構造設計に携わる方々は疲弊している」というところか
もっと議論を深めれば、「建築設計に携わる方々の中で労多くして報酬の少ない方々は疲弊している」となるのだろう
そもそもどの程度、どのような内容の業務を果たせば公に認められる設計者となることができるのか?
一般の方々には難しい問題だろう
それを同じ設計料の中で設計者としての誇りを持って自分の責務を黙々とこなしている方がいる一方で、業務内容がわかりづらいのをいいことに業務をはしょってしまっている設計者、設計料を安くして業務内容もはしょっている設計者などさまざまだ
ここで立ち返って考えてみると、「設計料を安くして」「設計料はサービスにして」という要望は国民の悲しい願いでもあるのかもしれない

はじめの「医療関係者が疲弊している」というのも、日本国家という仕組みの中で「それを支える国民が疲弊している」と言い換えることができないだろうか?
そして大切なことは、「経済的な要因で精神的に疲弊している」ということではないか
経済優先の文明がどのような未来を切り開くのか私には予想がつかない
しかし、今現在はっきりしているのは、グローバルな経済世界の中で日本という国家単独で生き延びることはできないということだろう
そして、今の経済優先という社会が背負うものは「成長しなければならない」ということと、「消費社会」という怪物だろう
いまや、「限界」に達したと言っても過言ではないだろう
これをいつまでも続けることができないのは識者が私が子供の頃から言っていたと思う

これらの呪縛から人類自ら逃れることはできないのだろうか?
新しい人間社会の枠組み、システムが構築されれば解決できることなのだろうか?
それとも、「環境」という人間の力ではどうすることもできない「力」の前に屈するまで転げ落ちるように突き進むしかないのだろうか
わたしは、次の世代のためにもなんとか「持続可能、生存可能な道への変革」を起こすことができるような活動としての「都市建築設計」をしていきたい

コメント

壁から雨漏り;建築設計監理業務不存在

2008年02月24日 | 活動
ある方からの依頼で杉並で建て売りを購入した方が雨漏りで困っているので力を貸してほしいとのこと
お会いしたのは若いご夫婦でやっとマイホームを購入したのに新築後すぐに雨漏りが始まったとのこと
事情をお聞きすると、建築条件付きの土地を購入、その建築業者に希望の家を建ててもらったが、設計者は途中でいなくなり施工も丸投げとのこと
私の前に建築士の方に相談していたが、進まないので相談したいとのことだった
よく聞くと、その建築士は下請けの業者と直接話し合いをしていて、そのまま修繕をすると保証も受けることができない状態になりかねない
公的な保証機関との瑕疵保険が取り交わされていることを確認して、保証機関から検査機関への連絡、現場確認等を経て、結果的に壁の防水シートとサッシ回りの接着テープが接着されていないことが原因と指摘した

その後、元請けの責任で外壁モルタルを全面的にはがし、下地の防水シートからすべてやり直ししてもらうことになった
ここまでの交渉には施主の奥様の粘り強いやり取りが功を奏した
私の役回りは、知恵を授け交渉の進め方とポイントを説明、基本的には表には出ないし業者と名刺交換もしないというものだった
前の建築士の方が直接業者と打ち合わせて交渉するのとは180度反対の対応で、奥様ははじめは戸惑っている様子もあったが結局それで成功したと思う

ここまで成功した事例は少ないかもしれない
業者の不誠実な対応、業者の計画的倒産、不当な逆損害賠償裁判など消費者の側は初めての事態に右往左往するのが常ではないだろうか
私も建築家協会の相談委員会の友人に相談したりしたが、裁判をしても時間と労力がかかりすぎて、交渉で修繕をしてもらう方が得策と判断した

この事件の構造は、土地売買に建築条件をつけていること、設計施工であること、設計監理業務があってないに等しいなど、他の事件でもいつも問題になる条件を満たしている
建築家協会は、各方面に様々な機会を捉えて設計業務の法的独立化を訴えているが、例の耐震偽造事件でも何ら改革はされていない
これら建築家協会の立場を日本社会にご支持いただけるようお願いしたい
コメント

久しぶりのスキー;赤沢スキー場

2008年02月24日 | 
家族と息子の友達の4人で金曜の夜から三国の近くに宿泊し、土曜日の朝から群馬県側の赤沢スキー場で滑ってきた
土曜日は午後から低気圧が近づいてくるという予報だったので、新潟側では午前中も危ないのではとの判断でなるべく長い時間滑ることができそうな群馬県側にした
初めてのスキー場だったが、途中の県道が狭いところや除雪されていないところがあったりのせいか、スキー客の車はまったく走っていなかった
スキー場に到着しても、やっているのか心配になるほど駐車場に車がいない
それでも、整理のおじいちゃんが車を誘導してくれて、車をおりるとリフトの乗り場付近でおじいちゃん連中が4人くらいこちらをじっと見ている
「やっとお客さんがきた!」という感じ
雪は予想外にいいし、人がまるでいない
斜面に人が見えないのだ!
それでもよく見ると、子供がひとり滑っていた
4人分のリフト券を購入してひとり分のホルダーがない
それを見ていたリフト券売りのおじさんが、「これ」といってホルダーをくれた
なんというサービス!リフト券も大人が2300円で安かったけれどこの素朴な感じに感激

すぐに1本目のリフトに乗って上に上がったが、誰もいない
そしていかにも上級者向けといった2本目のリフトは、最初の一人が新雪にきれいなウエーデルンのシュプールを描いているのが遠くから見えた
リフトはこの2本だけだが、最後まで上のリフトは3~4人、下のリフトも15人くらいしかいなかった

滑り出すと天気はいいし人はいないしで、リフト待ちもなく大満足
子供たちは疲れを知らないかのように、滑りまくりこちらも大満足の様子
かみさんも久しぶりにゆったりと滑ることができ、なんと午前中で20本以上滑ってしまった
子供たちと私は30本以上は滑った

もともと天候の悪化が新潟より遅いだろうとの予測で群馬側におりてきたので覚悟はしていたが、その予想通り雲行きが怪しくなり、みるみる間に雪がちらついてきた
子供たちに午前中で上がるよと言い聞かせてぎりぎりまで滑らせた
雪が降り始めたので昼食にしようと食堂に入るとこれがまたいい雰囲気
学生時代のスキー場に来たかのような錯覚?
全体が木造小屋組でストーブのまわりに濡れものを乾かす台があり、みなその周りで暖まっているのだ
たぶん村のおばちゃんが作っているラーメンとカレーを食べた
食べ終わり食器を持ってゆくと、「ありがとね!」といいコミュニケーション!
ゲレンデもいいし食堂もいい。また来たいスキー場だ

外へ出ると雪は中から見ていたよりひどく、立ててあったスキーが雪で見えなくなるほどだった
「のんびりしすぎた!早く出発しないと大変」
と駐車場に行くと車が雪ですっぽり覆われている
ドアを開けると吹雪が容赦なく車内に入り、スキーの雪を払って入れようとしても払うそばからついてくる
仕方ないので雪のついたまま積み込んでしまった

帰りの道が予想していた通り雪に覆われて見にくく、スリッピーな路面状態だった
慎重に下りて行ったが、パジェロにスタッドレスでも緊張した
無事国道まで出て、猿ケ京温泉でひと風呂浴びて帰ってきた
長く記憶に残るだろう楽しいスキー行だった
コメント

耐震補強研究

2008年02月22日 | 建築
昨日、耐震補強の研究発表会に参加した
今回で2回目だ
設計者が自分の設計事例について発表し、質疑応答する形式だ
今回は、小学校の耐震補強を構造と意匠のほどよいバランス感覚で美しくまとめた事例が中心だった

発表者の一人に、大学の後輩で家内と同じ会社の女性がいた
構造設計を専門とし、大学を卒業するとき賞をもらった秀才だ
話も簡潔で的確、要点をわかりやすくまとめていた

終わってから話しかけるとすぐにわかったらしく、いろいろ話をした
耐震補強は施主側でコスト指向が強く、デザイン的にいいものを実現するのはごくわずかとのこと
かくいう私も現在工場の耐震補強の計画中だ
工場は極端にコストオンリーの世界だ
それに操業を止めるわけにはいかないし、設備があるために理想的な補強もできないことがおおい
いろいろな意味で非常に難しい分野だ

後輩の設計した補強後の小学校の写真はとても美しく、大学のOB展に出品したらどうかとお誘いしたがご無沙汰してしまっているので申し訳ないとのこと
目立たない才能はそこここにあるものだ
世間はそのような才能に社会が支えられていることを忘れてはならない
マスコミの諸君、有名建築家ばかり追いかけないで、こんな才能の発掘も心がけてほしい
コメント

地区計画および景観、そしてまた耐久性と相続税

2008年02月22日 | 環境
省エネの調査で湘南に行ったついでに、今は議員をしている前の事務所の同期に会いに行った
久しぶりの友は若い頃のイメージのままで現れた
お互い歳を食ったはずなのに、若い頃に戻ったように話が弾んだ

その市ではマンションの虫食いが激しく、地区計画を策定しようとしているとのこと
私のまちづくりの経験から、地区計画を成功させるためのいくつかのポイントと工夫を提案した
1、地区計画は地権者の権利を制限する意味合いがある。これを自分もやりたいというような気持ちにさせる仕組みが必要
2、形態や壁面線の指定をしても、指定前の土地利用と遜色のない利用が可能になるようにすべき
3、そのためには、用途指定の変更とセットで考えることがポイント
これらの組み合わせで、地区計画をかけても実質的に私権の制限にならないような施策が可能になると説明した

また、日本の地区計画はドイツの地区詳細計画をまねた部分がある
しかし、出来上がる街並みはドイツと日本では雲泥の違いがある
ここのところを政治家はもっと勉強してほしい

話は耐久性の話になり、「さくらガーデン」の長期戦略を説明した
そして、私の持論の「耐久性こそが省エネ、省資源、サスティナビリティ」と説明
ただ、耐久性の高いものを作っても、相続できないのであれば誰もそんなお金のかかるものを作ろうとはしない
国家として耐久性を言うのであれば、相続税の見直しが必須である
都市のストックをどのような方法で形成してゆくのかが問われるだろう
建築家は昔から言い続けていると思うが、首相が200年住宅を打ち上げる今こそ、良質なストックの形成を国策として税制も含めて整備してほしい

こんな話をして市役所を後にした
駅までの商店街にはシャッターが目立ち、その裏手には高層マンションが建設されつつある
早くしないと手遅れになると思いながら駅に向かった
コメント

省エネについて

2008年02月22日 | 環境
今日は省エネ関係の某省委員会のワーキングチームとして湘南のとある市にある保育園と障害者の方の施設を訪問した
それぞれ利用される方の保護者の方々は、施設の室内温熱環境をよりいいものにしてほしいというご希望がある
一方で省エネも必要!
かくいう私の息子も保育園にずいぶんとお世話になった
省エネとご希望が相反することもあるだろう
難しい問題だが、未来の子供たちのために今の大人がなんとかしなければならないと思う
コメント

耐久性について(ストック社会のすすめ)

2008年02月21日 | 環境
先日、「ハマの空き家を活用する会」のオープニングパーティーに行ってきたことを書いた

私はH女史と「さくらガーデン」のプレゼンテーションをさせていただいた
4つのセッションがあり、最後の発表だったので時間を大幅にオーバーしてしまいご迷惑をおかけしてしまった
横浜市の木村さんごめんなさい
その木村さんとの立ち話で出た話
私;「耐久性こそが究極の省エネであり省資源、サスティナビリティではないか?」
「そして、耐久性こそが日本ではなく日本の個人を豊かにする鍵ではないか?」
このことは、「人間性豊かな集住体」で研究してきた過程で行き着いた結論だ

現在の日本人は日本という国家が上向きだったころにはあまり気にしないで済んできた自分の豊かさについて、将来の希望を描けなくなってきている
その大きな原因が過大な住宅ローンというのはあながち見当はずれではないだろう
姉歯の偽装マンションほどではないにせよ、30年にも満たないのではないかという粗悪な建て売りに何千万ものローンを組んでいるのがなんと愚かなことかと気がつき始めている

以前イタリアを旅行したときに知り合ったイタリア男性の話
「ローマ駅から3分のところで60㎡の賃貸住宅に30平方メートルのルーフバルコニーがついて家賃が3万円」
「建物は300年経っている」というのを聞いてわかった
イタリアはそのころ経済的にはひどい状態だったのにたいし、日本はバブルがはじける前で景気が良かった
しかし、そのイタリア男性は我々よりずっといい生活をしていた
良い生活というより、精神的にゆとりがあった
そう、イタリアに限らずヨーロッパのほとんどの国々は、日本に比べて都市のストックの蓄積があるのだ
これに日本は気がつかないか、消費は美徳とばかりにスクラップアンドビルドを進めていたのだ

日本政府も最近になってやっと200年住宅とか言い始めたが、社会構造の大きな転換が求められる
これは、相続税をはじめとする税制にも見直しが求められることになる
日本の政策は片手落ちというか、縦割りの弊害をもろにかぶるような事態になって実効性がなくなっても手当をしないで済ませている事例が見られる
話はそれるが、定期借地権を法制化した時、住宅取得の融資の際の担保設定をフォローしなかったために、定期借地契約があまり進んでいないというのもこの一例だ
「さくらガーデン」ではこれで非常に苦労した

今こそ「耐久性(ストック社会)」を社会のスローガンにして、豊かでサスティナビリティの高い社会構造を構築してゆくべきではありませんか
政治家や政策立案をしているキャリアの方々、聞こえていますか?

ちなみに私は、賃貸マンションを依頼いただくクライアントには、耐久性ある建築をお勧めしている
もちろんメンテナンスコストを含めて仕様の決定をしている
基本的にはスケルトンアンドインフィルシステムだ
そして、梁の貫通はゼロ、床や壁に配管を埋め込むのもゼロ
このためには階高が必要
つまり建築費が高いということになる
しかし、このようなストックが蓄積して行った先には、豊かな個人と守られた環境が待っているだろう

余談だが、建て替えが減るので建築設計も需要が少なくなって建築家ももっと少なくていい社会になっているかも?
しかし、建築家であればよりよい未来のために努力すべきだろう

コメント

創造性と想像力

2008年02月09日 | 活動
昨日、「ハマの空き家を活用する会」の発足パーティーに行ってきた
わたしたちの作った「さくらガーデン」の発表をH女史と行った
正式に発表していないのだが、予想外に注目を集めているらしい
わたしの所に、横国の院生がさくらガーデン」の調査に来たがその後音沙汰なしだったので、もうやめたのかと思っていた
ところが、建築学会の大会で発表していたらしい
「話を聞きにきたのだから挨拶くらいしてくれよ」
というのが、本音

まあ、そんな人たちのおかげで世に出ているのだから感謝、感謝
ただ、内容には誤解もあるし、作った本人からしてみれば掘り下げも不足だ
やはり、自分たちで公式発表をするべきだということになった
今年の建築学会で発表しようと準備を始めている
今年の建築学会は広島だ
広島は一度も行ったことがないので楽しみだ

そういえば、建築学会も久しぶりだ
子供が小さい頃に福岡にベビーカーを押して行ったことがあった
かみさんの発表している間、子供と市内のホテル巡りをしたりしてそれはそれで楽しい思い出だ

そうそう、お題目の「想像力と創造性」逆だった
「さくらガーデン」は、いろいろな手法を組み合わせているが、世の中にないものだった
それで注目されているようだ

わたしの持論だが、想像力だけではプロジェクトは成功しない
想像力が必要だ
計画したものが、どうやって人々に使われ、時代とともにどのように変化してゆくのか?
これを事前によくシュミレーションしておかなくてはいけない

さくらガーデンは、人間性豊かな集住体の研究会でみんなと長い時間をかけて考えてきたことの一つの表現ともいえる
だから、成功したと言える
私が作っているのは、ハードな建築物というイメージをお持ちの方が多いと思う
でも、実際にはそこに至るまでの時間の方が、建築物をつくる時間よりずっと長い
この部分に人生のほとんどを費やしていると言える
創造性も想像力も「考えること」
そして「表現すること」

「創造性と想像力」が今までにないものを目に見えるようにし、世の中で成功させる秘訣だと思う

コメント