建築設計者の日々是好日

建築家として感謝をもって生きる日々の記録

元気を出して!

2010年05月10日 | Weblog
今日はあるビルの竣工式があり出席させていただいた。
工事前からいろいろお世話なったお隣のビルオーナーが、貸室が空いて賃料を下げても入居者が入らないと嘆いていた。
賃貸マンションが色々工夫し、デザイナーズ...など特色を出してもすぐに陳腐化して競争力が無くなるとする不動産評論家がいたが、事務所需要においても同様の傾向があるのだろうか。
確かに今の状況はお国が言う程は世間の景気は芳しくないと思う。全体としてみれば輸出で潤っている分野が日本全体の経済を支えていると言ったところだろうか。

こんな時はダメだダメだと言っていては悪いスパイラルに陥るばかりだろう。
今日竣工したビルを作った会社のように、地道ではあるが先を読んで積極的な活動をしてゆくことができるのではないだろうか。
そのようなひとつひとつの会社なり個人の経済活動が全体の活気を作り出すのではないだろうか?
専門家ではないので裏付けは無いがそんな動向が景気を左右しているのかもしれないと思う。

皆さんも元気を出しませんか?
というわけで、私もなにか消費活動をすることとしようと思います!
コメント

建築家賠償責任保険が!

2010年05月10日 | Weblog
先日のある建築雑誌に建築家賠償責任保険の記事が出ていたので興味深く読んだ
というのも、私は保険料の値上がり等から保険自体の危険性を感じて2つの保険に加入しているからだ
2つも入って無駄だという設計者が多い
私は一度もこの保険のお世話になったことは無く、関係ないかと思う方も多いかもしれない

しかし、考えてみよう
もし保険自体が破産してしまったら、保険会社が破産したらどうなるのだろう
というのも、ある保険が少し前に保険料を値上げして私のケースで約5倍になったのだ
これは何を意味するか?
記事にも出ていたがこれが1級建築士の設計かと思うような、トラブルが多発しているようだ
どこまで行ってこの状況が止まるのか不安である
だれが設計者の公平な評価をしているのだろう
建築家協会には「登録建築家」制度があり私も登録頂き、少し前には会員以外にもオープン化された
建築士会には「専攻建築士」制度があり私は設計と街づくりで登録してもらった
これらは登録申請資料を提出して審査の上で認められたものだ
しかもこれらは自己学習であるポイントを満たさないと更新できない仕組みだ

どの組織にも属さず、このような評価も受けていない設計者は多いだろう
そのような人たちの内、技術力がある基準以下の方が保険に加入して事故を起こせば、保険の蓄えはあっというまに底をつくことだろう
私はそんな気配をうすうす感じていた
それが、今回の記事で現実になってしまうかもしれないと感じた

保険の2重加入は自分のリスク管理のためでもあるし、なにより万が一のときにクライアントにご迷惑をお掛けしないための義務でもあると考えている
コメント

バイシクルライドイン東京2010

2010年05月10日 | 環境
都内を走り回るバイシクルライドイベントに参加した
こんなイベントが社会的な省エネ活動とつながっていければいいと思う
今年も相変わらず盛況で小さな子どもの参加も見受けられた
去年と違うのは大学の仲間たちだけでなく、その友人や高校時代の同級生等に参加の輪が広がっていること

そういえば、都内では自転車が多くなったと感じることがある
通勤や用事でバスや電車で行くところを自転車で行くことを選択している人が多くなっているのだと思う
実は私の亡くなった父親も、暮れの買い出しに新宿の自宅から築地まで自転車で行っていた
そのころは私はすでに車の免許を取っていて、自転車で築地まで行く等遠いし、危ないと父に文句を言っていたのを思い出す
自転車の広がりは行ったり来たりなのだろうか
それとも着実に広がっているのだろうか

このようなイベントはいくつもあるようだが、それらをネットワーキングしてゆく試みはなされているだろうか
このような催しが一部の人々だけで終わらず、社会的な自転車ゾーンの創設等につながっていくのが望ましいのだろう
国交相さん自転車ネットワークハブの役割はいかがですか?
コメント