建築設計者の日々是好日

建築家として感謝をもって生きる日々の記録

サツキとカメラこと始め

2021年04月13日 | 家庭菜園と緑
サツキはツツジと見分けが難しい
大きい小さいはあるが花はほとんど同じだと思う
仕事で緑化に使うのはほとんどツツジで寄せ植えする
サツキは葉っぱが細いとか言うけれどもとは同じツツジ属らしい

高校生の頃に物理の先生のニコマート(フィルム時代の一眼レフカメラ)をみて自分も欲しくなりミノルタSRT101という一眼レフを購入した
レンズは標準だったが接写リングでサツキの花の接写をすると、顕微鏡ほどではないが花のディテールがよくわかりとても嬉しかったのを思い出した
スマホで撮った写真はそこそこ綺麗だがやはり一眼レフで撮った写真にはかなわない
その一眼レフも今はミラーレスに取って代わられようとしている
将来のデジカメはどのような発展をするのだろうか
コメント

シャガ

2021年04月13日 | 家庭菜園と緑
シャガの花が綺麗だ
地下茎でどこにでも出てくるちょっと厄介者だが花が綺麗なので「まあいいか」というところ
鉢に入れて埋めるか地中に囲いを作って根っこが広がらないようにするのが良さそうだ
コメント

今日の1枚を投稿しよう アミガサユリ

2021年03月23日 | 家庭菜園と緑
気にはなっていたが名前がわからないまま毎年楽しませてくれる花
やっと今日アミガサユリとわかりました
あまり色合いがパッとしない花ですがユリ科の多年草でした




コメント

ハナニラ

2021年03月23日 | 家庭菜園と緑
どこから来たのか気が付かないうちに庭先の日当たりのいいところに群生して毎年薄紫の花を咲かせるハナニラ
以前設計した特別養護老人ホームの近くにも大きな群生地があったのを思い出す




コメント

アセビ

2021年03月23日 | 家庭菜園と緑
10年前に2本植えたアセビですが1本はどういう訳か枯れてしまい、1本だけ残っています
そのアセビが白い可憐な花をつけています




コメント

クリスマスローズ

2021年03月23日 | 家庭菜園と緑
白と赤のクリスマスローズ
今年は随分と花が多い
まだつぼみがあるので2株で16輪は咲きそうだ




コメント

シンビジウム

2021年03月23日 | 家庭菜園と緑
随分前に母からもらったシンビジウムの鉢植え
今年は随分沢山の花がついて立派になった
鉢があまり大きくなく根元が古い根で盛り上がっている
古い根を取ろうかと思ったが母が生前「絶対古い根を取ってはいけない」と言っていたのを思い出した
どうしてか?取るとどうなるのか?聞いておけば良かったと思う

今年の春はどういうわけかシンビジウムに限らず花がたくさん咲き出した
クリスマスローズも例年よりたくさん咲いている
そして桜も今満開になっている
卒業式にも残らないということはないだろうが温暖化が確実に進んでいると実感する今日この頃です




コメント

種まき

2021年03月18日 | 家庭菜園と緑
暖かくなってきました
以前に買っておいたブロッコリーの種を先週蒔きました
今日見るとすでに芽が出ていました
どんどん採れるブロッコリーというのでどんなものかこれから楽しみです



コメント

今日の1枚を投稿しよう

2021年02月20日 | 建築
2018年から足掛け4年目になった特別養護老人ホームのプロジェクト
同じ敷地内の改修工事、解体工事、そして新築工事と進めてきて、この3月にやっと引渡しとなります
初めの設計コンペでご提案した時の通り、低層で冬でも日当たりのいい施設とできたと思います
仮のホームに引っ越していた入居者の方々がここに戻った時にどんなふうに感じていただけるのか、今は期待と少しの不安がないまぜになった気分です
コメント

国内旅行の思い出を教えて

2021年02月20日 | まちなみと景観
44年ぶりの醍醐寺

大学時代に国宝の五重塔を見学に行った醍醐寺に家族旅行で行ってきました
当時のイメージはキリッとして色鮮やかな塔でしたが、今回は「あれ?」というくらい古びた印象
それもそのはずで、学生時代に行った時は1960年に修理が終わり10年ちょっとしか経っていないまだきれいな姿を見たのです

今回は修理から60年経った姿で当然ひなびた雰囲気を感じさせた訳です
このたびは自分も周りからそう見られているのだと自覚した旅でした




コメント

腕時計オーバーホール

2020年11月04日 | Weblog
先日、若い頃に就職してすぐに購入した腕時計のオーバーホールをお願いした
セイコーの機械式自動巻きで、北アルプスなどや海外旅行にも付けていった思い出の時計
最近は電波式の時計が正確なだけでなく、チタンケースのものを買ったのでとても軽く、最近はそれを愛用しているせいか出番が少ない
しかし、北アルプスなどにいつもご一緒していた方の息子さんが時計修理で独立し、高円寺でReBeatというお店を開いたので久しぶりにオーバーホールをお願いした
防水ではないので気をつけてはいたが、山に登れば汗もかくし外に出れば雨にも当たるということで内部がどうか少し心配だった

今日、オーバーホールが終わり事務所に届けていただいた
中は見えないので開けた時の写真を見せていただいたが、外のガラスが欠けていたりするわりには中は綺麗だった

機械好きの私には中の部品が整然と配置されて動いていることに非常に感心する
機械には合理的な美しさがあるが、車のエンジン内部やハードディスクの内部の機構など本当に惚れ惚れする
今は建築設計の仕事をしているが、高校では機械科で先輩のお手伝いで小さな蒸気機関車を作ったのだが、その時はシリンダーの精度が悪かったようで圧力が抜けてしまい、人を乗せて走るはずだったのだが残念なことになった記憶がある
やはり、その道のプロは素晴らしい

時計の修理に戻ると、作るのも大変だが分解して整備するのも大変だ
壊れたり、減ったりした部品はメーカーにストックがなくなると、自分で作ってしまうそうだ
これは建築と同じで、作るだけではダメでその後のメンテナンスという技術が大切だと思う
若い人たちにはこれからも頑張ってもらいたい
コメント

今日の1枚を投稿しよう;アゲハの幼虫

2020年10月25日 | 環境
10月も終わろうという時期だが庭のユズの木にアゲハの幼虫がいるのに気が付いた
これからサナギになって羽化するのは11月だろう
アゲハの舞うのは夏と思っていたが気候変動の影響だろうか
そうだとすれば科学の声に耳を傾けない政治家は今の若い世代に責任を取ることができるのだろうか

コメント

旅の楽しみは

2020年07月04日 | 趣味
あるひとの言葉で気が付いた
「旅の醍醐味は次々と起こる予定外のことに対応すること」とのこと
最初の海外旅行はパリ8日間の旅行会社のツアーだったが、予定調和的なツアーになんとなく疑問を感じていて、シャルルドゴール空港に到着してすぐにツアーのみんなと別れて友人Hと2人でスペインに行ったのだった
最後は帰国前の宿泊地だったアムステルダムのホテルで合流したが、友人とのスペイン2人旅はそれだけでも一冊の本になりそうなくらい今でも最高に楽しかった旅だ
実際パリ8日間のツアーは航空券代わりだった

それ以来、海外旅行はツアーに参加したことはない
そのころは60日オープンなどの航空券があって、帰国前に現地で航空会社に電話して予約した航空券をリコンファームすればよかった
最後に行ったドイツは最低催行人数2人という航空券だけの名目上のツアーに参加して行ったが、ホテルは日本からネットで予約しておいて回った
どこかに集合することも無いのでそのツアーが何人だったのかも知らない

こうやって旅をすると食事をするところを探したり、道路がわからなかったりで大変なのだがそれを自分で切り開いて行くのが楽しいのだと思う
「可愛い子には旅をさせよ」と言いますね
でもこちらはもう高齢者です
コメント

家庭菜園2020梅雨

2020年06月20日 | 家庭菜園と緑
今年は菜園の土を休ませた効果があったのかトマトがよくなっています
プチトマトをベランダにも鉢植えで育てていますが、最近は毎日収穫できるので朝食で食べています

レモンもやっと実がついて7個くらい残っています
これからどのくらい残るかわかりませんが期待できそうです
ただ雨でチェックしていなかった間にハモグリガに若葉をやられてしまいました
今年は来ないかと思っていたのに残念です

一方今年植え付けたゆずの苗木に知らないうちに小さな実が一つなっていました
いつ花が咲いたのか全く気がつきませんでしたが嬉しい誤算です
こちらも大きくなるのが楽しみです





コメント

レモンの花

2020年05月04日 | 家庭菜園と緑
昨日までつぼみだったレモンの花が今日は満開になっていました
甘い香りが漂い、虫たちが寄ってきます

たくさん花がついても落ちてしまうものが多くてどうしてかと思っていましたが、水不足が原因ととある本に書いてありました
急に暑くなったので頻繁に水遣りをしないといけません





コメント