建築設計者の日々是好日

建築家として感謝をもって生きる日々の記録

春前の1日

2022年03月23日 | 趣味
まだまだ肌寒い3月ですが友人のお宅の庭先で昼食をいただきました。
柔らかく陽がさしこむ食卓で友人とのひとときを楽しみました

友人の家は20年ほど前に設計させていただきましたが、このたび外装をきれいにしたということで、外観写真を撮らせていただきました

その後アマチュア無線のFT8という交信方式を見せていただきました
Franke氏とTaylor氏が開発した通信技術ということです
弱い電波でも遠距離の交信が可能です
私も挑戦してみようと思います


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アマチュア無線復帰2

2022年01月16日 | 趣味

土曜日に友人に付き合ってもらって秋葉原でアンテナチューナーという機器を購入した

友人のアドバイスでアンテナ計画を決めて、接続ケーブルの部品も買って帰った

今日は電源やコントロール用などの接続ケーブルに1日がかりでコネクタを付けた

そして教えてもらった計算式で50MHz用の室内テスト用アンテナとカウンターポイズを作成、それらをアンテナチューナーに取り付けて動作確認のためケーブル類を全て接続してテストを始めたところうんともすんとも言わない

接続を全て確認したがダメ、いくらやってもダメ

仕方なく頼みの友人に連絡して相談した

アドバイス通りにやってみたがダメで、ついに電話した

電話中にいろいろやってみていたが、友人に言われてあっと気が付いた

1箇所だけコネクタがちゃんと奥までささっていないことに気がついた!

ごめん!と言いつつ奥まで差し込むと当然だがちゃんとガチャガチャと動作した

自戒を込めて思い込みはいけませんね

友よありがとうございました!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アマチュア無線復帰

2021年11月08日 | 趣味

やっと無線機を購入して交信をウオッチしようと思ったら全然聞こえてこないので昔からの友人にSOS!

土曜日に西船から自分の無線機に加えケーブルやらポールやらたくさん担いできてくれて、一緒にアンテナを屋根の上に出した

するとあら不思議!ちゃんと聞こえるではありませんか!自分の操作方法が間違っているかと思っていたのですが、アンテナの重要性を忘れていたということです

やはり持つべきは良き友人ですね

10年ほど前に家を新築したのですが、外壁から室内にケーブルを通すのに換気口を利用しようかと悩んでいたところ、工事の際にケーブル貫通用の穴を開けてもらっていたことを忘れていて、ケーブルを持って外に出たら思い出したという健忘症ならではの笑い話のおまけ付きでした

社会に出てから今まで、20代の仕事中心から40代からの仕事とボランティアの並行と生きてきましたが、70代にはボランティアと趣味のウエイトを増やし、そのうち仕事もボランティアも卒業して趣味の世界に没頭する日々を目指していきたいと思います

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オススメの映画 デイアフターツゥモローと日本沈没

2021年05月16日 | 趣味
デイアフターツゥモローは地球温暖化の環境問題と科学者親子の愛情の物語です
そしてアメリカ政治への皮肉も少し織り交ぜながら異常気候を描くデイアフターツゥモローは人類のエゴへの警告でもあります

日本沈没は言うまでもなく地殻変動がもたらす日本国の存亡を描くものでした
この映画は自然の摂理の中での人間の無力さと不条理を背景にしているという意味ではデイアフターツゥモローより根源的な問題提起に成功していると思います

どちらも大げさで起きるはずがない事象として観ている観客にも少なからず自省の念と恐れを感じさせる映画です
そして国家観や世界観に高いところから疑問符を突きつけ、人類愛を思い起こさせることを目指していたのではないでしょうか

二つはSF映画のジャンルだと思いますが、内容的には日本沈没は哲学的な映画と感じます
私はどちらも好きですが、、、
皆様はいかがでしょう?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旅の楽しみは

2020年07月04日 | 趣味
あるひとの言葉で気が付いた
「旅の醍醐味は次々と起こる予定外のことに対応すること」とのこと
最初の海外旅行はパリ8日間の旅行会社のツアーだったが、予定調和的なツアーになんとなく疑問を感じていて、シャルルドゴール空港に到着してすぐにツアーのみんなと別れて友人Hと2人でスペインに行ったのだった
最後は帰国前の宿泊地だったアムステルダムのホテルで合流したが、友人とのスペイン2人旅はそれだけでも一冊の本になりそうなくらい今でも最高に楽しかった旅だ
実際パリ8日間のツアーは航空券代わりだった

それ以来、海外旅行はツアーに参加したことはない
そのころは60日オープンなどの航空券があって、帰国前に現地で航空会社に電話して予約した航空券をリコンファームすればよかった
最後に行ったドイツは最低催行人数2人という航空券だけの名目上のツアーに参加して行ったが、ホテルは日本からネットで予約しておいて回った
どこかに集合することも無いのでそのツアーが何人だったのかも知らない

こうやって旅をすると食事をするところを探したり、道路がわからなかったりで大変なのだがそれを自分で切り開いて行くのが楽しいのだと思う
「可愛い子には旅をさせよ」と言いますね
でもこちらはもう高齢者です
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アマチュア無線2

2019年03月21日 | 趣味
やっとアマチュア無線局の免許がおりました
これから少しづつ復帰していきたいと思います
でも、特別養護老人ホームの設計が始まってしまいました
しばらく時間が取れそうになく、またおあずけになりそうです
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

山でソーメン

2018年09月24日 | 趣味
先日、昔からの山仲間と東京近郊の景信山に行ってきた
前にも登った山だが、結構気温が高くて大汗をかいてしまった

山頂には1等三角点がある
東京が一望の景色はなんとも言えない
やはり山は低くても山頂に登ってなんぼのもの
それなりの達成感がある

この山行には楽しみがあった
仲間のご夫妻がソーメンを食べようといってゆでたソーメンを担いで来てくれていた
それをみんなでいただいたが、山で食べるソーメンは格別で喉通りもいいのでたくさん頂いてしまった
ソーメンはゆでてものびないということだったが、本当にその通りだった
ごちそうさまでした

仕事が詰まっていたこともあり、まったく運動をしていなかったので足が動かなくなり迷惑をおかけするのではと心配だったがなんとか下山まで持ってくれた
また桜のきれいな時期に登りたい山だ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アマチュア無線

2017年10月02日 | 趣味
私の趣味の一つがアマチュア無線です
中学の時に電話級の資格を取って始めました
その後しばらく局の更新をしていなかったので機械はありますが今は電波は出せません
先日一緒に始めた友人の家に行って最新型の機械を見せてもらい、また始めたくなりました
実は設計のクライアントにも相当のめり込んでいる方がいるのですが、電信をやるようにお誘いされて躊躇していたのです

やっていない方にはインターネットで世界中の人とメールやスカイプ、SNSで通信できる時代になぜ無線なのか?と不思議に感じると思います
ところがそういう時代でも無線で地球の裏側の見ず知らずの人の電波を拾って話ができることの素晴らしさは色あせていません

またインターネットというインフラがないと不可能なメールなどと違い、電気さえあれば可能な無線という通信は相手があるとはいえ自己完結的で独立性の高い通信手段といえます

東京が地震などの大災害にあった際には無線の力は必ず役に立つことでしょう
そんな時のためにも携帯できるトランシーバーを買いたいと思います
当然スマホのようなコンパクトなものではありませんが

まずは先立つものと時間を作らないといけません
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バイシクルライドイン東京2010

2010年05月10日 | 趣味

都内を走り回るバイシクルライドイベントに参加した
こんなイベントが社会的な省エネ活動とつながっていければいいと思う
今年も相変わらず盛況で小さな子どもの参加も見受けられた
去年と違うのは大学の仲間たちだけでなく、その友人や高校時代の同級生等に参加の輪が広がっていること

そういえば、都内では自転車が多くなったと感じることがある
通勤や用事でバスや電車で行くところを自転車で行くことを選択している人が多くなっているのだと思う
実は私の亡くなった父親も、暮れの買い出しに新宿の自宅から築地まで自転車で行っていた
そのころは私はすでに車の免許を取っていて、自転車で築地まで行く等遠いし、危ないと父に文句を言っていたのを思い出す
自転車の広がりは行ったり来たりなのだろうか
それとも着実に広がっているのだろうか

このようなイベントはいくつもあるようだが、それらをネットワーキングしてゆく試みはなされているだろうか
このような催しが一部の人々だけで終わらず、社会的な自転車ゾーンの創設等につながっていくのが望ましいのだろう
国交相さん自転車ネットワークハブの役割はいかがですか?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする