濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」、独立型ソーラー発電、電気自動車の話題がメイン。理系技術系の話題が多いです。

アイミーブ(i-MiEV)納車2ヵ月後の感想。

2018-04-19 05:40:12 | 電気自動車
軽買換えで我が家にアイミーブがやってきて早2ヶ月。
感想をざっとまとめてみました。

1.静かなのに加速が素晴らしい・乗り心地がいい
エンジンがないためとにかく静か!それなのに出足の加速が素晴らしい!
…いわゆる電気自動車にしてよかったと思える点です。
当然それに起因して乗り心地も格段にイイです。従来遠出は乗り心地とクルーズコントロールの存在からセレナの出番でしたが、今や逆にクルーズコントロールがなくとも乗り心地と経費節減を両立するでアイミーブの出番が格段に増えました(笑)。
しかも運転中疲れにくくもなりました…実は一充電航続距離の短さが充電休憩が疲れを取り除くことにも繋がってたり(苦笑)。

鉄道でいえば電車と気動車の差!…もちろん加速の差と音の静かさが決め手です。

2.ガソリン代が要らなくなった・経済面でお得
今まで最低毎月1万3千円は支払っていましたが、ここ最近セレナも使わなくなったためか今月はまだ一度もガソリンを入れていません!!(爆)
毎週eKスポーツのためにガソリンを入れていたのが一変!…逆にアイミーブの充電頻度が異様に多いですが(爆)自宅充電なので時間のロスは減りました。
一人での遠出もガソリン代節約でアイミーブばかり。飛騨高山なら2千円以上の差です。
現地点で経費計算すると、ガソリン代と電気代の差額月1万円として年間12万円。
他にも、オイル交換不要で年間6千円・2年毎の車検が3万円安いとの情報から年間1万5千円…ただ三菱電動車サポートが年間2万円で以上2つは相殺されますが、ATF交換やエンジン関連部品交換なども含めると結構な金額(10万円前後)が差額として出るでしょう。
仮に8年間乗り続ければ動力費だけでも差額96万円。これは大きいです!!

3.人々の注目の的
軽規格電気自動車自体珍しいから、これに乗るといつも話題を掻っ攫います(笑)
近未来フォルムにド派手なラッピング…それだけでも保有する満足感を満たしてくれます。造形はグー
それだからか中古購入なのに大概「これ新車?」と尋ねられます。

旅行で宿泊するとき、小さな旅館・民宿なら必ず話題になります!!(爆)
※まだ充電器のついていない旅館がコンセント設置を検討するほどで。

4.もう家電製品感覚!!
自宅のコンセントにつなぐ地点で、もう車というより家電機器・パソコンの感覚です(笑)
タコメーターがない代わりに充放電計がついており、それを見るとアマチュア無線機を操作する感覚にもなりますが(個人的感想)。
ただリーフに比べると表示項目が少ないのでデジタル感覚はさほどではありません。クルマのメカニカル感覚が随所に残っていまして。
逆に動く蓄電池の特性を生かして(別途ミーブパワーボックスが必要だが)車から家庭へ電力供給できますのでアウトドアや非常時にも役立つはずです。現在予算貯蓄中

5.電気屋としての面目・電気工事など
アイミーブは電気工事士としての面目も保ってくれます。
導入に当たり自宅の電気工事を自力で担当しましたが、電気自動車充電回路設置のガイドラインを読むと技術基準や内線規定など一致しているため電気関連法令の復習にもなりました。

自分以外に電気自動車乗りの電気屋と知り合うことも出来ました…飛騨萩原の共栄電気もリーフに乗っており、そこで充電させてもらったとき話が弾んだのは言うまでもあるまい。
ただ電気工事店のEVエマージェンシー充電ポイントは大概200V普通充電なので利用は少ないですが…それでも電気技術者として交流できるから今後も利用するかもしれません。

6.将来へのビジョン・使い方の革新
電気自動車にはまだ多くの可能性があります。ガソリン車にはない特徴を生かせば必ずEV主流の時代が来るはずです!
自分はその先駆者(笑)として、何らかの形で市民活動に取り入れていくつもりです。
先述の非常災害時停電対策などその典型例ですが…充電インフラが寸断されても我が家は太陽光発電設備があるのでAC100Vで充電できます。それで100/200V共用の日産リーフ充電ケーブルを買いましたが!!(笑)。
あと電気屋として、ミーブパワーボックスを手に入れたら停電時の電源供給もしてみたいです…従来発電機の騒音が問題になっていたところでも使えますし、そもそもエンジンがないから屋内での使用も可能です。
(工場や倉庫など、バッテリー式フォークリフトなら入れる場所でも使えるというか)
…工事業や電気保安業種であればメリットは少なくないはず。もっとガテン系現場で使われるべきなのです~!!(爆)

7.ライフスタイルの変化
一充電航続距離の短さもあってか、EV充電器のある施設に滞在する機会と時間が増えました。

従来道の駅はトイレ休憩だけだったのが、買い物や軽食など時間を有効活用する何かをするようになりました。

あと買い物も充電器のある店舗を選ぶようになりました。具体例はイオンモールとアピタ。
200V普通充電器のある施設でも1時間で20km以上走れる電力を充電できますし。
コンビニも急速充電器のある店舗を積極的に選んでいます。
三菱電動車両サポートの契約上、NCS対応なら普通充電はタダ、急速充電は目的地に三菱ディーラーがあればそこで充電するのが一番安いですが、なかなか三菱ディーラーがないので道の駅・コンビニ系統が多くなります。
日産ディーラー(44kW)だと高いのでまだ使ったことはありませんが、郡上八幡はコンビニや道の駅の充電器性能が低いので(20kW)もしかしたら使うかもしれません。

ざっとこんなところですが…月1000kmも走っているから使い方としてはシビアかも
ジャンル:
維持
コメント   この記事についてブログを書く
« EV充電設備:飛騨萩原編-2 | トップ | 今はカード派。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

電気自動車」カテゴリの最新記事