濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」、独立型ソーラー発電、電気自動車の話題がメイン。理系技術系の話題が多いです。

湯屋温泉・奥田屋(鉱泉宿)

2021-06-06 16:58:51 | 乗り物・旅行・グルメ
飛騨荘川の電気仕事帰りに湯治してきました。
高濃度天然炭酸泉でおなじみ飛騨小坂ですが今回お世話になったのは湯屋温泉「奥田屋」。

…建物はツタに覆われ、甲子園球場あるいは「となりのトトロ」の世界観です。
ちなみにこちらはギャラリー、ここを通り玄関へ入ってゆきます。

さすがにチェックイン地点で19時なんで初日は夕食を外で済ませ一泊朝食にしてます。

チェックインのあと奥の部屋へ案内されました。部屋の表札が木彫りになってます!

こちらは和室6畳、今回1名宿泊なんでこれでも広さは十分。
トイレは部屋ごとにありますが元和式なのか段差がありますがウォシュレット付で快適、ただし電源プラグが抜いてあったので座った時冷えないよう差し込んでおきました。

しばし休んだあと奥田屋の特徴でもある冷たい源泉風呂つき男子浴室へ!

…手前が普通の温浴、奥が冷鉱泉の源泉浴。さすがに源泉は20分浸かると寒くなりますんで温浴と交互に入ることになります。炭酸泉とはいえ天然だとシュワシュワしないです(シュワシュワ泡が付くのは大概人工炭酸泉です)。
温浴はあまり湯温が高くないですが、そもそも源泉風呂のほうが若干高い位置にありオーバーフローすることで温泉の鮮度を保つ仕組み。鉄分とケイ酸塩でコーティングされた床がそれを物語ってます。
都合15分滞在しましたが、脱衣場の地点で湯冷め感があったものの後からポカポカしてくる感覚です…ここ遅効性ですよ!?
温まったところで就寝。

二日目は朝から雨、あまり出かける気がしません…二泊三日なんで昼以外は部屋で一日くつろぐことに。

朝食は食堂にて。雨とはいえ明るい部屋です…僕のほか2組3名と一緒。メニューは湯屋温泉らしく鉱泉粥のある朝定食、味は以前泊ったニコニコ荘のものと大差なかったです。たぶん源泉の違いは遊離二酸化炭素だけであとは大差ないと思われますよ!?
食後は入口近くのテーブルにある珈琲などをセルフサービスで頂けるようです。
落ち着いたあと入浴して昼前に外出。

外で昼飯を済ませて帰還、ロビーつーかギャラリーのラジオを拝見しました。

元々アマチュア無線家で昭和時代のラジオやジュークボックスを見て昔を懐かしんでました。
奥田屋の主人は真空管ラジオのレストアが趣味だそうで何時の間にか集まってたとか。ただ悩みは電波が弱く聞き取りにくいらしいのでこの際手持ちの電子ブロックのワイヤレスマイク回路で何か鳴らしてみようと思いました。

部屋に戻り寛ぎ、浴室で炭酸泉を堪能したり…そうこうしているうちに日が暮れ夕食タイムに。

ここの夕食なかなか凝ってます!以下、自身がウマイと感じたものの感想。
ここには他の旅館にはない蕎麦がきがあり、これがまた美味!荏胡麻の味噌だれとの相性も良くヘルシーさを強調してます。
食前酒にどぶろくがあり、これも少しですが美味しかったです。これは話のタネになりそうな予感。
飛騨牛朴葉みそ焼きとイワナ刺身は以前朝六荘でも食べたことがありますが、ここの味も結構なもの。職人の腕は確かだ!
朴葉寿司は以前飛騨萩原の旅館でも食べた下呂市のソウルフード、初夏限定旬の味でございます。これも美味しくいただきました。
後から出てきたメニューは以下二つ。温度管理徹底してますな。
イワナ塩焼きは骨と身が離れやすく、本来焼き魚が苦手な僕でも割と残さず食べれました。
ざる蕎麦も美味、飛騨小坂で採れたそば粉を自家で挽き打ち茹でた新鮮なもの。ウマくない訳がない!
…ちなみにこの晩は僕一人貸切状態なんで最高に贅沢な状態でした(^^;
このあと風呂に入り就寝。

3日目最終日、雨が止んだので屋外散策しました。

宿の前にある曙橋を渡りサイクリングロードを歩くと小さな滝を発見!そもそも飛騨小坂は滝の多い町、200以上あるんだとか。ここもそのひとつかもしれませんよ!?
ちなみに奥田屋の源泉名は「あけぼの泉」、橋の名前と関係ありそうです。

朝食の陣容は2日目と同じ。炭酸泉のお粥をしっかり味わいました。
このあとロビーのマッサージチェアを使ってみました…これまた昭和レトロで手動操作は必要ですが痛いところを避けられるからこれはこれでアリかと。

建物は古いですが「古いものを大切に使う」日本人らしいポリシーの持ち主なんで好感持てました。

なんだかんだで宿泊費17350円に自家製どぶろくをお土産に追加して支払合計21200円。
いやはやこの値段でこれだけ楽しめればコスパは十二分!これは機会を作って再訪しますよww

今まで湯屋下島の鉱泉宿3件に泊まってますが、どこがオススメかは正直迷うところ。選ぶなら条件ごとに区切りますよ。
1.高濃度天然炭酸泉がはじめての方 :ニコニコ荘(設備が比較的新しい、万人向け)
2.高濃度天然炭酸泉の本質を極めたい:奥田屋(源泉風呂、食事ウマイ、アンティーク)
3.高濃度炭酸泉を安価で楽しみたい :朝六荘(鄙び感、昭和レトロ、大型トラック駐車可)
コメント

空き家の相談。

2021-04-06 21:44:47 | 電気・化学
最近知人の空き家相談を受けました。
加茂郡白川町と聞いて良さげだったので話に乗りましたが、なんで引っ越して家をつぶさず放置しているのか!?気にはなりましたが。

週末に内覧の約束を取り付けましたが、一応下調べしておきました。
国道41号線沿いなので車でのアクセスは良好です…だが気になる点がいくつか。駐車場が狭い、住宅まで急な坂道がある、建物が高台にあり崖も間近…日当たり良好でも椎間板ヘルニア患者にはキツイっすよ。
電気配線は通じており心配はないですが、ソーラー発電は導入したほうがよさそう。そもそも自身電気自動車乗りであり物件の収益も考えるとパネルは4kWほど載せたいですね。電気工事士だから自ら工事して申請すればエエですよ。あとは建物の経年や耐震補強が問題であって。
インフラでも下水が来てないうえ便所まで汲取りホースが届かないとか!!(爆)僕はコンポストトイレ導入で切抜けられますが一般的やないなぁ。

ネットで調べれば買い手がつかぬ条件フル装備やないですかっ!!…いくら引取無料(当然登記代は買い手持ちなのでその程度の費用は出しますが)つーてもあとの固定資産費や不動産税などを考えるとあまり得策ではなさそうです。屋根にソーラーパネル敷き詰めて10kW以上全量買取できればよき投資物件ですが、それ以外に善策思い浮かびまへん。それかポータブル蓄電池でもつけてオフグリッドハウスの試金石実験場としての価値を見出すか。

こうなりゃあとは内覧時の状況確認次第です…建物の価値があるかどうか。もし黴臭い・ホコリまみれなど居住性が悪いなら間違いなくパスですね。
軒先などの痛みや雨漏り跡などがなければ市民活動秘密基地にする価値はあります。コロナ禍で活動制限かかりまくりなんでここを基地にしたいですよホンマ。自宅にあるアイテムをここで仕訳けて断捨離したいとも思うてますし…もし残留物があれば交渉次第でヤフオク売却も手伝い「貸し」は作れますんで。
いち市民活動家としてまずは施しを行い、自信がついてきたら自身の価値も上がってくるでひょ。おもちゃドクター時代からの叡智を世間に役に立てられれば個人事業にしてもバチは当たらんー思いますー。
※小さなことから一歩ずつ、世間のお役に立ちたいな。
 それが高じて趣味にでもなりゃ、地元の名士になれるんや。
コメント

[VLOG#185] 東日本震災から丸10年~EFDELTA充放電の1日

2021-03-11 19:28:55 | 電気・化学
東日本大震災から丸10年。電気主任技術者として停電・電力インフラダウンに備えるべく購入したポータブル蓄電池[EFDELTA]のある1日を取材しました。
[VLOG#185] 東日本震災から丸10年~EFDELTA充放電の1日

詳しくは動画を見ていただくとして、東日本震災以降電力インフラの脆弱性危険性を電気技術者としてイヤというほど思い知らされました。
電気屋たるもの停電作業の多い業種、そんな時にも使える電気の存在は以前から考えてました。もちろん簡単なことで停電するのに電力に依存しすぎている日本人の脆弱性も思い知ってます。
2013年から当ブログで紹介してきたオフグリッドソーラーの展開もその対策の一つ。当初は照明確保とノートPC充電だけでしたが順次設備を増やし別動隊も作成、劣化しやすい蓄電池も随時更新しつつ長年運用してきました。
2020年末のコロナ禍退職を機に個人事業主へ転換、同時に電池劣化で機能不全になったオフグリッドソーラーの新たな蓄電池として導入したのがこのEFDELTAポータブル蓄電池。容量1260Whはダテじゃなく、今後電気管理技術者として使う予定の継電器試験器作動電源としても十分であります。
とはいえ毎日使わないとリチウムイオン蓄電池は劣化するもの。この知見は電気自動車アイミーブに乗ってるから判りますとも。
そこで本日は震災停電へ備えるべくポータブル蓄電池の充放電実験をしました。
電気自動車が満充電でなかったため最初にいきなりアイミーブを充電、ほぼ空になったあと100Wソーラーパネル2枚を繋いで充電開始。日の入りまで840Wh充電できたのでよしとします。
コメント

Honda e カーシェア!@Nagoya

2021-02-25 20:25:44 | 電気自動車
本日は名古屋市千種区へ向かう用件がありました。現地点で内容は伏せますが今後のビジネスに必要な手続きです。
ただ、せっかく名古屋に来たからにはついでに話題の電気自動車「Honda e」を体験してきました!
三菱i-MiEVユーザーとして、同じ後輪駆動コンパクト電気自動車であることから興味が沸いたものでして。

カーシェアで借りるにはホンダ[Every Go]公式サイトへの登録が必要、半月前にID登録したあと速攻で予約を入れてました。免許証番号やクレジットカード等の番号も入力必須で若干ハードルは高いながらも一日あれば認証されます。
日時は水曜以外の平日しかも10~18時限定なのであまり遠出は出来ません。あくまでシティコミューターの位置づけ、かつての三菱ディーラーi-MiEVワンコインレンタル(1時間500円)と大差ないので判りますが。

ただカーシェア利用にクルマバイク自転車で来れないため今回別途駐車場を借りてます。千種区今池にEV充電器つき駐車場が結構ありi-MiEV充電で帰りの不安を払拭させつつホンダカーズ愛知千代田店へ向かう…しかし用件が長引き今池から鶴舞まで徒歩30分でホンダ店舗まで来るのに半ば息切れ状態(爆)
※ただ千早交差点(なんとアイドルマスター如月千早聖地、しかも訪問日2/25は如月千早誕生日ww)でテンションあげてたんで何とかなりましたが。(アイマスオタでよかった)

さてここからが本題(笑)レンタル場所のホンダカーズ愛知千代田店到着。
タブレットに入れた[Every Go]アプリによると電池残量25%以下…「ヤバいよ!」と思ってたが実は普通充電ケーブル接続で満充電になっており一安心しました。NCSからCHAdeMOデータ拾って表示しているんかぃな!?
ホンダのカーシェア車両はIC運転免許証で認証されるためそれをかざしてロックを解除、さらに助手席グローブボックスのキーをひねって運転可能な状態にする…一連の流れは既にYouTube動画になっており、借りる前の必読事項はそれで知りました。

普通充電ケーブルを外しスタート本を押して本体起動。もうクルマというよりガジェットですね(笑)アイミーブが家電状態だからわかりますよ。インパネ周りもディスプレイだらけ(^^;; もう携帯端末と大差ないです。
シフトレバーは存在せずボタン操作であるが、Dレンジにしてさぁ出発、ハンドルを回すとアイミーブ並に軽い!後輪駆動コンパクトカーらしさを存分に感じました。そして回転半径も小さくハンドリングが楽しいのもこの手のクルマでは珍しいです。
しかも電気自動車ゆえに静か。アイミーブより静粛性高い!プレミアムコンパクトカーですか!?
ホンダeの特徴でもあるドアミラーレス、カメラ映像が車内のディスプレイに表示されます、ただカメラの仕様で端部が歪むのが気になり慣れが必要です。逆に慣れれば何とかなるとも感じた。
画面表示が多彩といえばアメリカのテスラ車が有名ですが、狭い日本じゃホンダeくらいがちょうどいいかもしれませんね…ただ軽EVに慣れた自分には車幅が広く感じました…幅だけ小型車枠若干オーバーの3ナンバーですし。
この車はディスプレイをいじるのが楽しいですが、難解なのはパーソナルアシスタント!音声認識でナビを操作するのですが、先輩YouTuberたちは音声認識に失敗して漫才状態になってました…そこで僕は電気の本職経験からシンプル発音を心がけたら普通に認識しました。
※アニメ「氷菓」でいう「やらなくていいことならやらない、やらなくてはいけないことなら手短に」が基本!

今回5時間分予約してますが行先は美濃太田までを想定、国道41号をひた走る…今回i-MiEVとの比較メインなんで有料道路は通ってません(笑)
モードの存在は乗ってみて初めて判るもの、最初はぎこちなかったですが来て見て触ってるうちに理解しました…って富士通のタッチおじさんと同じ…俺はアホの坂田かぃっ!!。
i-MiEVとの相違点が判ってくると電気自動車乗りの本領発揮、電費メーター(km/kWh)は他の利用者より相当良かったです。ガソリン車の感覚だと5km/kWhのところオレは7.5km/kWh前後だから1.5倍違う!
クルーズコントロールを使えば電費もよくペダル操作もずいぶん楽になります…足が疲れ気味だったので存分に有難く感じました…信号の少ない犬山から可児までは楽チンそのもの。
リーフe+1泊2日レンタルのプロパイロットやワンペダルドライブと同等の機能もあると判りそれらも体感しましたよ!?

12時になりドンキホーテ美濃加茂店へ…40km走って電池残量2割減りましたがこのペースだと200km程度走れます。普通充電器が占拠されてましたが空腹ゆえスガキヤでラーメン食べているうちに先客リーフ充電完了で空いたので30分ほど充電…しかし4%しか増えなかった。改めて大容量バッテリー車であると認識しました。

レンタル時間は限られているので来た道を帰ります…帰りはスイスイでしたが途中エアポートウォーク名古屋やi-MiEVを停めた駐車場へ立ち寄っているうちに少し時間が過ぎ、ホンダカーズへ戻った地点で残り10分。
その間自分がやりたいことは動画に収めました。100V/1500W電源供給プラグで電気自動車i-MiEV充電を試し難なく動作しました…実は誰も動画で試した例がなかった事項ww実はi-MiEVを停めた駐車場のEVコンセントが通電されておらずその逆境を逆利用しました!!(自爆)その分の時間もかかったけど貴重な体験も出来た次第。ホンダeは自衛電気管理の仕事にも使えそうです。
※今思うこと、ホンダeからポータブル蓄電池EFDELTAへ充電する試験もやるべきだった!?もっともシティコミューターの性格には合わないけどさ。

率直な感想、ホンダeは日産リーフと三菱i-MiEVの中間的な性格がモロに現れていました!電費も両者の中間と感じました。
価格設定を除けばこういう電気自動車は欲しくなります。今後収入が増えれば購入するかもですよ!?一方でリーフが遠のいた感なきにしもあらず!?(爆)
願わくばホンダeカーシェアが各地に増えて欲しいです。せめて美濃加茂あたりに欲しいかな!?

※動画にしました、見たい方はクリックどうぞ!

[VLOG#180] i-MiEV乗りが試す Honda e カーシェア [前編]

名古屋市千種区への用向きがあり、ついでに三菱i-MiEV乗りとして気になる小型電気自動車[Honda e]をカーシェアで借りて性能を試してき...

youtube#video

 
コメント

ポータブル電源EFDELTA買いました!

2021-02-14 16:46:45 | 電気・化学
前回の記事から予告したとおり、ポータブル蓄電池[EFDELTA]買いました!
電気保守管理の仕事に使うべく以下の要求スペックを策定。
1.定格出力1500W/瞬時3000W(1s) 過電流継電器試験に使える最低ライン
2.容量1000Wh以上、各種電気測定試験には余裕を持たせる
3.重量15kg以下、自身椎間板ヘルニアを患い重たいものは使えない
4.軽自動車i-MiEVへ綺麗に収まること。把手形状も要注意
5.価格15万円以下。買替も考慮すべし
6.充電時間4時間以下・充電器も本体内蔵希望
7.DCソーラー充電対応(200Wソーラーパネル持ちです)
この条件で探すと候補はAC200/MonsterX/Jackery1000/EFDELTAの4つ。
問題点:AC200は重量予算オーバー、MonsterXは故障報告多数、Jackery1000は出力不足
…結局Amazon特売13万以下のEFDELTAを速攻「ポチッとな!」ですー。

実際商品を使用して判ったことは以下の通り。
1.電気自動車を充電できる。i--MiEVを30分ほど充電し5km分航続距離増えた!
2.電気ケトルで500mLのお湯を沸かしたら5%近く消費する
3.充電は冬季の寒い部屋だと250~700W前後。装置保護はある
4.ソーラー発電の効率は75%。200Wパネルで最大150W発電する
5.待機電力が意外に多い!DC出力付けっぱなしで一晩3%減った
6.急速充電は電池劣化の懸念があり冬季は寒い場所でゆっくり充電させると良い
7.充放電とも電流値が高いとファンが回る
8.シガープラグ10A充電は手で触れないほど過熱する!カー充電は要先端加工
…自身電気屋なんで判った欠点は何らかの方法で対応できます。

何だかんだで2~3年は使い倒します。MiEVpowerBOXは緊急時に使う可能性があり車から降ろして温存します。
※YouTubeへ報告動画上げました!! 以下参照下さい

[VLOG#176] EFDELTA各種検証~EV充電/電気ケトル湯沸し/AC充電/DCソーラー充電

前回[#175]で紹介したポータブル蓄電池EFDELTAのデータ取りが本動画のメインです。オムニバス形式のためタイムテーブルを記しておきます...

youtube#video

 
コメント

自作ソーラー⇒ポータブルバッテリーへ移行予定(断捨離)

2021-01-30 17:44:36 | 電気・化学
長年蓄電ソーラー運用に携わってきましたが、最近寿命なのか相次いでチャージコントローラーが壊れました。
1号機はコントローラー故障でバッテリー過充電になり85D26Lバッテリー劣化⇒予備品は40B19Lゆえ小容量に。
2号機もコントローラーが壊れ予備品へ交換するも電池切れの目安つきまへん。
…予備少ないんで蓄電式自作ミニソーラーはもう潮時ですー。

さらに最近ポータブルバッテリーがアマゾンなどで多く見られますー。リチウムイオン蓄電池の値段も下がり1kWh前後/1000W出力品が10万円台で出現、しかも400Wまでソーラーパネルを接続でき自作ソーラー代替可能と判明。
100V/1600W(瞬時3100W)の大出力可能なEFDELTAは1260Whで15万円前後、自営電気保安管理業務にも使えると判断。それを買えば1号機は更新ですー。
2号機は一昨年12.8Vリチウムイオン蓄電池へ変更済、まだ劣化してませんが用途は自室照明/USB機器充電限定。

自営業転身で趣味は縮小傾向、逆に断捨離が趣味になりそうでコワイ!(爆) そうなりゃ趣味と公益を兼ねて終活シェルパ・遺品整理アドバイザーの道も歩めそうですー。
コメント

市民活動を個人へ移行

2021-01-29 20:33:37 | プラレール・鉄道
こんにちは。
コロナ禍でほぼ全ての市民活動が停滞しましたー。
さらにそのせいで前所属会社のコロナ禍換気が原因で事務所内が冷えまくり持病の椎間板ヘルニアがさらに悪化!(T_T)二か月も有給休暇を使わざるを得なくなり昨年末退職に至りましたー.(T_T)もうコロナ禍退職でええやん。

しかし我輩、電気系国家資格と実務経験四半世紀はありますんで仮に転職先がなくても自営業で電気保安管理に従事すればエエだけ。むしろピンチこそチャンス、コロナ禍逆利用で法人的電気保安団体から変更させることは可能ですー。
以外にこの手の労働集約的業界はIT化AI化が遅れてて、原因にトップの古めかしい体質があることも知ってますんで「判り始めたMyrevolution明日を変えることさ」渡辺美里の如く若い感性を電気保安現場へ持ち込むんです。電子化でオンライン報告できるようにし感染病対策も施せばアドバンテージはかなりありますんで。
半ば自慢話ですが自身IQ160(MENSA合格しそう)なんで理想は徹底的に追い求めますー!!法人的団体にありがちな変化対応の遅れも高IQ個人であれば非効率な面を排除出来て素早くシフトできますし。

自身の自営転身に伴い市民活動も完全自営体制に移行しますー!
元々プラレールひろばは完全個人ベース、おもちゃ病院も大都市の顧問をすべて自己解任し個人活動名義に変えてます。可児・美濃加茂は登録済、関も近日申請予定、八百津は本日社会福祉協議会へ報告しました。
既に受付と修理部門を分離した飛騨萩原・米原はまだアドバイスできる環境が必要と考え顧問継続中。八百津もその体制へ向かうので顧問籍は残しました。
コロナ禍が落ち着いた地点でプラレールひろばは個人活動として復活予定。一応飛騨小坂だけ「旅館でプラレールひろば」実施のめどはついてます(いつもの下島温泉朝六荘)もう少し泊まって社長へ恩を売れば実現可能。
※コロナ禍と自営業転身が同時かつ表裏一体やからできるだけですが。

専門家はプロとエキスパートに大別されますが、プロは団体に多くエキスパートは個人重視。スペシャリストはプロに属するもので汎用性が低いですがエキスパートは一人で何でもやらねばならぬ分汎用性は高め。プロはその中間といえなくもないです。
当ブログは複数のジャンルをシームレスに語るエキスパート仕様、一見関連なさそうでも需要があればそのニッチな空間をモノにしますー!
万物システムの境目つなぎ目は弱いモン、そこを補強できる人材やったら困難に立ち向かっても何とかやっていけそうですー。
ヒントは90年代のパソコン・シャープX68000。当方EXPERTモデル、他の人はPROモデルでしたがPROは結構高確率でデータ消えたり過労死してたんでEXPERT買うてよかったわーしかもマンハッタンシェイプでカッコよかったし…しかし世界貿易センター事故崩壊前に電源いかれて手放しました(爆)結婚時の引っ越しで長期間電源入れへんかったんが仇になったん!?しらんけど。
コメント

IQテスト受けてみた。

2021-01-14 22:05:52 | 社会・雑談
最近ネットIQテスト受けてみました。
モノは試しにクイズ問題でも答えるつもりでしたが、結果は…なんと!

簡単に診断できるIQテスト - IQ160!

あなたは上位2%の高い知能を持っています。周りの人より遥かに優れた計算力と推理力をお持ちですね。あなたならMENSA加入も夢ではありません。

vonvon

 


ってオイオイ俺ホンマにメンサ受けなアカンの!?
たしかに自身突飛な答え・誰も考えつかないことをするのが大好きですが…ある意味パタリロやん!
♪パパンガパン(あそーれ)だーれがころしたクックロビン~♪

元々数字や図形の問題が多いから自ずとそうなるだけ。自身理工系だからすぐピンとくる問題多かったww
しかし周囲の人間には全く理解されない答えばかり!!(爆)理化学リテラシー高すぎて文系人間とは話が通じません!!(自爆)
当然吾輩は他人をあまり信用できず、小さいころから孤独で自己研鑽は怠りませんでした…一方計算問題は大の得意で電験三種一発合格の一要因ですが。
逆にここでメンサ会員向けの電験三種講座でも出せば一発合格者続出かもしれまへんなぁwwwwこれで電気保安人材確保できるんやったら万々歳やでー
コメント

EV充電器の稼働終了問題と移設の検討

2020-12-01 06:08:47 | 電気自動車
最近電気自動車充電器の稼働終了予定話が出てきました。
下呂温泉などコロナ禍で維持困難になってきた旅館から姿を消すそうです(具体的な店舗名はEVsmartなどのSNSを参照下さい)。
ということはEV充電器が余ります…特に故障していなければそのまま地域の資産として流用することはできないだろうか!?リース契約でもなければ可能ですし仮にリースであってもコロナ禍ゆえに運賃など費用面で放置あるいは事実上譲渡になる可能性もありますが。
仮に店舗の資産になっているなら売却が考えられます。地方自治体(この場合は下呂市)が買い取り駐車場など公共施設へ充電器を設置する可能性もあるのです。実際滋賀県長浜市など国民宿舎から民間の旅館へEV充電器を譲渡設置したケースが該当…ただ個人的に国民宿舎豊公荘の利用価値減ったなぁ(^^;
自治体以外だと下呂温泉内だとアルメリアや水明館など大型旅館の普通充電器増設に回るかもです。
同じ下呂市の飛騨小坂温泉郷も移動が考えられます…濁河温泉の宿も普通充電器が稼働停止中であり、契約期限切れならば市営風呂の駐車場へ移転したほうが稼働率上がるでしょうし、湯屋温泉の旅館にあるのもの今後道の駅あるいはひめしゃがの湯(日帰り入浴)への移設も検討すべきでしょうか。
コロナ禍のピンチは適切配置へのチャンスかもしれません!?
コメント

EV充電器と電気事業法の壁(50kW)

2020-11-28 06:13:03 | 電気・化学
最近電気自動車乗りの間で「なんで急速充電器は50kW未満の機種が多いか!?」尋ねられるケースが頻発しているため、電気管理技術者として説明します。

以下、自身がEVsmartへ記載したコメントを原文のまま引用します。
--------
電力会社の低圧供給規定が49kW以下であり、50kW以上になると6600V高圧受電設備が必要になります…当然高圧電気は触れると危険なので専門の技術者として電気主任技術者の選任が必要になり万一の事態に対応すべく保安規定を策定して経済産業局へ届けなければなりません!その電気主任技術者も有資格者が少なく試験取得も結構な難関、理数系に強い人でないとなかなか合格しませんよ(理工系の僕は一発合格でしたが)…そこで主任技術者を外部委託で任せるパターンが多いですがそれにしても毎月数万円の費用が発生するのです。
電力会社とのやり取りも一連の申請が必要ですし、高圧受電設備も重量物の受電キュービクルを支えるべくしっかりした基礎を打たねばなりません。あと漏電への保安上アース(接地)工事も低圧の規定値100Ω以下でなく、高圧設備の10Ω以下にしないと受電できません!
電気代にしたって基本料金1kWあたり1600円前後、従量料金こそ20円/kWh前後ですが…仮に充電器1器あたり1日10回・1回あたり20kWh充電したとすると1ヶ月30日として毎月6000kWh・12万円、最大電力50kWなら基本料金8万円で毎月の電気代20万円かかります…毎月300回といってもユーザーが仮に100人なら単純に割って2000円分。ZESP3プレミアム10料金と大差ナシ
さらに先述の電気保安委託管理費も100kVA(充電器2台の場合)なら1万6千円前後かかりますし、NCS通信費もバカになりません。
このように急速充電器は何かとコストがかかり、高圧受電は設置費や基本料金の負担が大きく結局道の駅など1台だけの場所は50kW以下の機種にして低圧引込でコストを抑えるしかないのが現状です。
これらを考えるとなるべく自宅基礎充電で済ませたほうがインフラコストが減り電気自動車をより便利に使えると思いませんか!?
--------
もう50kWの数値だけでピンときましたが、低圧受電で気にならなかった高圧受電設備費設置費数百万円や高圧基本料金・維持費の高さが問題になります。電気主任技術者有資格者として高圧受電の現場へ赴く人間でないとなかなか気づかないです。
その高圧受電とて20年もの経年使用で素材の劣化や高負荷による発熱などで老朽化するのは当たり前。電気設備も大量生産ではなく高価になりがちなので設置者に放置の危険性を語ったところで費用的に厳しいところが多いです。
高圧電力のうまみは電気料金の安さですが(低圧受電の半額~6割)常に一定負荷でないと利用率低下でうまみが減ります。工場なら8時間の一定負荷でペイできても急速充電器専用だと1日30台10回としても5時間でありペイするのに時間がかかるのは想像に難くないでしょ!?これが20台充電して10時間稼働するならマシですが充電待ちも考えると厳しいですかね。ここは90kWで2台充電可能にする手段もアリ
それを考えると44kWの2台分配型充電器もあっていいと思います。最近の大型蓄電池電気自動車には厳しいですが電気事業法が変わらないことには致し方なし。
この受電制限理由は柱上変圧器の存在。重量的に単相30kVA変圧器2台のケースが多く、V結線で動力出力にすると30*1.73=52kVA。結局そこがボトルネック
当然柱上ですから仮に車がぶつかって倒壊すれば大ダメージ必至…電線地中化などしない限り危ない代物ですか!?
かといって狭い日本で地中化は難しく、仮に施工されても震災などで配管が曲がり停電長期化の危険も少なくない…実に厳しいじゃありませんか。
コメント