濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」、独立型ソーラー発電、電気自動車の話題がメイン。理系技術系の話題が多いです。

贅沢な宿の泊まり方。

2018-11-10 20:25:09 | 乗り物・旅行・グルメ
一般的に旅行ともなると、とかく高価な宿代を支払って贅沢な設備を求めるもの。
高級感を求めるべく、露天風呂・バストイレ付の広い客間・お土産コーナー・遊戯施設・キレイな空間・美味しい食事・丁寧な接客…これらがまず候補に上がるでしょう。
かくいう自分も家族旅行ではじゃらんなどの口コミを参照しつつコストパフォーマンスの高い旅館を選びがちでした。

…しかし最近は用務で岐阜県内の旅館に一泊することも多々あります。
プラレールひろば・おもちゃ病院など、有志活動で全て自費ともなると予算は最低限、贅を排した施設になり、温泉なしor温泉内風呂のみ・必要十分なバストイレなし和室・遊戯施設も売店もない館内・質より量の食事…質実剛健さが求められます。
今まで当ブログに出てきた多くの旅館がこれに該当。しかも昭和の香りを色濃く残した「鄙びた宿」にも出くわし、常連となった今ではすっかり施設に馴染んでしまいました!!(爆)慣れというものは恐ろしい

今思えば、表向きより本質を大事にするポリシーは昭和の日本旅館が自分にくれた賜物。ガテン系電気技術者にも必要な気質ですが、それがよく似合うというか。
「日本ボロ宿紀行」「ひなびた宿が好き」等の先達ブログもその良さを自分に教えてくれたものです。
その影響で当ブログに昭和の日本旅館紹介記事が増えたものです…。

しかも自分の宿泊に関する贅沢の基準も変わりました。
それは…ゴミゴミした大きな高級旅館に大枚をはたくより、小さな日本旅館に一人または一組で泊まる「貸切状態」で泊まるほうがよっぽど贅沢な感覚を得られるということ。
特に今年2月の厳冬期に泊まった「下島温泉朝六荘」がその典型といえます。昭和の風情をふんだんに残し、結構広い館内を誰にも気兼ねなく散策できて楽しかったもので。
なんだか童心というか子供の頃に帰った気分になれるのが大きいですよホンマ。民宿というか田舎の親戚の家にでも来た気分になれるのがイイ!!
建物も熟成されており、暑さ寒さに苛まれながらも季節を肌で感じさせられる非日常な時間は今や滅多に味わえるものではありません…いかに現代の宿泊施設が人間を軟弱なものにさせているのかよく判る気がします。
…しかもそういう宿こそ鮮烈に記憶に残りリピーターになるという「ひなびた宿中毒」にかかってます、尤も飛騨萩原に用向きがあるから下呂市の宿を選ぶだけですが。
物的ハード面だけでは物足りない。精神的ソフト面だけでも「おもてなしの心」さえあれば、満足できて思い出も楽しくなる…そんな宿が好きです。
どんなに宿が小さくても、従業員が精一杯努めていれば、多少サービスが劣っていても気持ちは伝わりますよ。

こんな記事を書いている自分は現代人から見れば相当の変わり者ですが…これが実感だから仕方ない。ワイルドとでも言ってくれぃ!
※もっとも[Get Wild]といわれても昔のTMNの名曲を浮かべるだけですが(爆)
コメント

アイミーブ中古減少!

2018-11-08 22:25:48 | 電気自動車
最近カーセンサー等を見て、異変に気がつきました。

それは…軽規格電気自動車「アイミーブ」の中古が減っていること!!
理由はおそらく出玉が減っているのでしょう。2013年以降、アウトランダーPHEVが出てから三菱はあまり電気自動車の販売に力を入れなくなったからだと思います。

逆に軽規格商用電気自動車「ミニキャブミーブ」はそこそこ出ていますが、これも5年前の新車販売がそこそこあったからこそのことで、今後は出回りにくくなると推測しています。

もちろん中古のアイミーブは口コミから「Mタイプなら当たりはずれが少なく安心」とあってはすぐに在庫が掃けてリスクも少ないので当然。購入者も安心して買える上に電池がタフなので歯医者になるまで乗れつぶすと思われます。
自分は端から「乗り潰してもナンバー切って自宅の蓄電池にする」計画なので事故でも起きない限り手放さないと思いますが。

こうなったら初期型ベースグレードの購入も検討せざるを得なくなるでしょう。バッテリー交換も視野に入れ、車体価格+バッテリー交換代で130万円以下ならば検討できるかもしれません。
一充電航続距離を考えれば劣化したバッテリーを新品に交換することで元の性能を回復できる可能性が高いです。容量もMタイプの1.5倍なので普段の航続距離が長い人は十分検討に値します。
最近はバッテリー交換済みの中古もあるのでしっかり確認してください。

ただベースグレードは一部普通充電器との相性が悪いため事前に充電の可否を調べなければなりません。自身が知る限り豊田自動織機製は問題なし、NEC製は充電可でも初期設定で車種選択が必要。
※急速充電主体で使う方なら問題なし。

自分も次買うならベースグレード狙いになりそうです(爆)
コメント

WAON導入(笑)ワォーン

2018-11-05 20:14:02 | 社会・雑談
近場にイオンビッグができ、電子マネーカード「WAON」を導入しました!
カードが有料でもポイントが結構つくので効果が出ています。

以下、決め手となったポイントを3つ箇条書き。
1.イオンCMでもおなじみ、毎月5のつく日はポイント2倍。
2.リサイクルでもポイントがたまる。自身ペットボトルを大量に使うので効果あり。
3.イオンモールなどEV充電器があるイオン店舗なら普通充電1時間無料になる!
このうち3.が個人的に最も魅力を感じる点です。
家族が使うときにEV充電カードがない事態が頻発していますが、このカードならチャージ金額を空にしても充電はタダ、その状態なら盗まれても被害は少なくてすみます。
もっとも三菱電動プレミアムだと常に普通充電無料なので存在価値は現状ありませんが…今後リーフなど日産車を導入すれば利用価値は更に上がります(ZESPは普通充電だと有料)。

カード自体は可愛いデザインですが…決済音「ワォーン♪」が恥ずかしい!(爆)しかも何気に駄洒落だし(寒)
でも、聞けば聞くほど何気に和む音。Edyほどカッコよくはないけど、なじむのはWAONのほうが速かったです。
※イオンによると「和音」だとか。「Wallet+AEON」「和音」「ワォーン」の3つは想像に難くありませんよね?
コメント

市民講師応募2019年度上半期分

2018-11-01 12:28:05 | おもちゃ病院
本日は美濃加茂市・加茂郡の市民講師募集初日。自治会交通安全当番のため有給取得です。

まずは美濃加茂市生涯学習課へ。
今回みのかもおもちゃ病院からリクエストのあったドクター養成講座を4月第2土曜晩に設定。おもちゃドクター不足を補うべく実施します。
美濃加茂市民は勿論のこと、加茂郡全域に広報されるため川辺や八百津など周辺町村在住者が来る可能性があります。
続いて過去のオフグリッドソーラー受講者からのリクエスト通りメンテナンス講座を6月第3土曜午後に設定。
※タイムリーな話題が幸いして来年1月予定のソーラー2019年問題対策講座は定員20名に対して既に11名応募。経験上最も幸先良い講座、定員追加や今後の会場追加も併せて検討します。
 活用例に「エコキュートの稼働時間変更」「電気自動車への充電」を明記したことが功を奏したと思われます。

そのあと白川町へ移動。先日イベントでお世話になった白川町社会福祉協議会へお礼の挨拶がてら、おもちゃ病院類似活動の説明をしてから白川町民会館にて新企画「おもちゃを直そう講座」を提示。
内容は「おもちゃ病院+α」…壊れたおもちゃと工具を持ち寄り自力で直せるところだけ直し、あとは講師の我輩が仕上げる企画。勿論部品代は有料・その他は無料です。
おもちゃ病院実施困難な地域は発想の転換で市民講座の枠に乗せます。まだ未知数ですが、2,6月に市民講座型おもちゃ病院を実施すれば10月のイベントと併せて年3回体制を構築でき、人員集め・団体化もできるかもしれません。まずは白川町民におもちゃ病院のイロハを周知すべし!
※勿論白川の講座も、東白川・七宗・川辺・八百津在住者も来る可能性があるとか…それにも期待したいです。

これでおもちゃドクター養成講座は美濃加茂市/白川町の南北体制に。
ソーラー関連は美濃加茂単独ですが、今後の情勢変化で追加もありえます。
2019年問題講座も今月中に定員に近づけば川辺町会場を追加予定。
コメント

美濃白川おもちゃ病院+プラレールひろば2018(当日)

2018-10-28 18:30:00 | プラレール・鉄道
本日は加茂郡白川町福祉センター「ふくし展」へ、プラレールひろば&おもちゃ病院で参加してきました。

自宅を8時に出発、美濃加茂おもちや病院の参加メンバーを順次拾って9時杉に現地到着。
プラレールひろばのスペースはおもちゃ病院とは別の場所。和室で畳の上なので直に設置しました…これが昭和時代発祥のおもちゃである証拠だ!
※自分の和室主体ポリシーと見事に一致しています。
本来プラレールひろばは自分ひとりでやるつもりでしたが…おもちゃ病院の設営が短時間で済んだためプラレールひろば側へドクターが大挙で押し寄せ、準備の指令に追われる羽目に!!(爆)
脳内にレイアウトはインプットされているので適宜指令を出して開始の10時前に何とか設営終了。

バリケードを施したものの、開始早々から子供たちが押し寄せ、バリケードもどんどん押されてレイアウトに当たるのなんの!!当然脱線やら停車やら続発です。
一方のおもちゃ病院は閑古鳥が鳴いていて、辛うじてプラレール車両2台が受診に入っただけ。恐らく白川町民に玩具修理文化が普及していません。
※借りれた場所が脱衣場であったため撮影しませんでした。

昼飯後は観客が少なく、14時の終了間際には誰もいなくなり終了。
片付けは比較的スムーズでした。

プラレールひろばの出し物はどこでも喜ばれますが、本業が土日に入りやすいため来年も出せるとは限りません。あしからず。
コメント

美濃白川おもちゃ病院2018準備中

2018-10-27 14:14:43 | プラレール・鉄道
明日行われる「白川町福祉まつり」におもちゃ病院+プラレールひろばで参加するべく、本日は準備を行っています。

まずは基本となるレールとセットの選定は終了。
基本4箱+どきどきマウンテン+大きなステーションが最低ラインです。
ただ今回の輸送車はセレナ(8人乗り)なので、サイズはさほど気にしなくても大丈夫です。
車両はさほどたくさん使うつもりはありません。地域的にJR+名鉄で充分。
情景部品は箱に入っている分だけ。橋脚がメインです(笑)
おもちゃ病院の道具はフルセット、プラレールの消耗品は潤沢です。

とりあえず予定しているレイアウトは脳内インプット済。あとは当日を迎えるまでです。
コメント

市民活動としての「プラレールひろば」

2018-10-23 00:52:20 | プラレール・鉄道
自身今まで数々の「プラレールひろば」を実施してきました。
2005年から通算すれば30回近く、年2~3回ペースです。

最近美濃加茂市の市民活動座談会で「集客」がテーマに上がっていましたが、ここでは自分のプラレールひろばと照らし合わせて考えたいと思います。
その座談会で挙がったテーマごとに箇条書きです。

---------------
1.イベントの成果とは何か?
(ア) 長期と短期の成果
「イベントが終わったらどんな状態になっていて欲しいですか?」
基本「プラレールひろば実施は楽しい」もの。この楽しみを可児市在住の皆さんに知って頂きたいと考えていました。
当初は内輪向けで楽しむことに徹し、毎回10名以下でも回数・経験を重ねて参加者の満足度を少しずつ上げることに主眼を置いていた次第。まだSNSは発達しておらずネット広報は自身のホームページだけ。
対象者は可児市在住者としつつ、実際は愛知県など他地区から遠路遥々来る人も結構いました。
このプラレールひろばも公民館の方に楽しさが伝わり、3回目に地元の公民館まつり(イベント)参加に至りました。
実際これが大受けしたときは忙しくも嬉しかったです…業務都合で断念するまで4年連続でオファーを受けたのもよき思い出。

(イ) 100人のイベント1回よりも10人のイベント10回
これはプラレールひろばもおもちゃ病院も共通して実感したこと。定期的かつ頻度を高めにするのは鉄則だと思っていました。
おもちゃ病院可児でも生きた経験。大きなイベントに参加するまでにノウハウを蓄えて成功率を高めました。

2.誰にきて欲しいのか
これはもう最初から決まっていました…プラレールひろばもおもちゃ病院も、在住地と対象年齢は自ずと予想できていましたので。
どっちも地元の子供+ママさん。その意味では共通でやりやすかったです。

・対象者別傾向と対策~集客を考えるポイント
・本当にその人にとっての価値とは何か?
とにかく本業が不規則不定期な客商売系ですから、相手にとっての価値はある程度考えていました。
しかしプラレールひろばに関してはまず「自分がやりたい」が優先であり、深くは考えていませんでした。
ただ「こんな場は近所にはない、珍しい体験だ」が売りだったことは事実。要は楽しめればイイってことで。

・「ついで」を演出する
これは定例実施時に痛感したこと。何かのついででないと参加者が増えないのはプラレールひろば時代から判っていました。
実際可児市土田公民館でのプラレールひろばは土曜日実施が多く、午前中に児童クラブ系イベントがあると、そのイベント後~昼ご飯前は必ず子供達がギャラリーになっていました。当時小学校低学年だった我が子で実証済み。
おもちゃ病院可児時代も、福祉センターの隣にある文化創造センターでイベントがあるときに決まって大混雑したので、ついでに来てくれる客の存在は意外に大きかったです。

・一緒にやる
巻き込みたい人がすでにいる団体と一緒にやること…まさに2007年の土田公民館まつりがこのパターンでした。
プラレールひろばだけでなく、当時始めて間もない「おもちや病院可児」も巻き込み、おもちや病院の市民権獲得にも寄与していましたもので。
この頃からコラボの概念がついたのは言うまでもあるまい。

・対象者別に有効な集客手段を考える
プラレールひろばでは特段有効的な手段は講じていませんでした。なぜなら多人数になると収拾がつかなくなる恐れがあったからで…会場へのPOP掲示が関の山。
おもちや病院可児時代にようやく、可児市こども課でのチラシ広報に踏み切ったくらいです。

・メディアに掲載してもらうために
これもプラレールひろばでは行わなかった方法。あまり大々的にやると土日業務のある自分には業務に支障が出る恐れがあるため新聞掲載は考えませんでした。
ただ、おもちゃ病院可児時代に岐阜新聞とのコネができて掲載されたことはありますが…その記者の方と実はmixiで友達になってたのは不思議な縁でした。

・「今だけ、ここだけ、あなただけ」を基本に
土日業務に怯えながらゲリラ的に実施した「プラレールひろば」、少なくとも「今だけ、ここだけ」は守りました。次はいつできるのか?答えは「今しかないの!」でしたから(笑)
ただ、車両を持ってきた方には特別にその車両を線路で走らせる権利を与え、それが「あなただけ」に該当しました。

ざっとこんなところです。
コメント

みのかもおもちゃ病院201810

2018-10-20 22:59:05 | おもちゃ病院
本日はみのかもおもちゃ病院定期実施日。
8時半に現地到着、早速準備。
今回は環境イベントとの並立で一部の会員が里山公園に行っている関係でドクターは少なめ。
会議もなくいきなり某ドクターに預けられた依頼品の修理に取り掛かりました。

ひとつめはプラレール動力車。すでに持ち主から電池を入れても動かないとのコメントつきメモが貼られていました。
※同じ持ち主からプラレール車両が4つ同時に来ています。
早速分解して3Vをかけると普通に動くので原因はスイッチと判断、清掃したら呆気なく普通に動きました。
元通り組み立てて一件落着。

お次は児童館サンサンルームのトイロイヤル。電池を入れても音が鳴らないとのこと。
新品の電池で動作しないことから配線切れやスイッチ接触不良を疑い、分解したら見事に断線が判明!!
さらに4.5Vをかけてもスイッチ部分がおかしいことが分かり、接点復活剤をかけてとりあえず音が鳴りランプが点灯する事も確認。
というわけでこれも半田付けだけで呆気なく完治。幸先よすぎるぅ~!!(爆)

他のドクターがさじを投げていた動力ユニット分解も我輩が引き受けました…これはギアボックスに板が張り付いていて分解困難な模様。
ここで手持ちのホットカッターが大活躍!接着剤でくっついている部分を呆気なく剥がしてくれました!これは分解整備して完治。

中盤に差し掛かり、本来おもちゃ病院の対象外であるゲーム機のコントローラーが入院。
「太鼓の達人」専用の太鼓型コントローラー「タタコン」ですが…幸い我が家にWiiがあるので自分が担当することに。
ゲーム機の故障は本体だと高度すぎて直せませんが、コントローラーなら配線やセンサーさえ気をつければ直る場合があります。
首尾よくネット上に修理情報が載っており、持ち主に電話をかけて次回までにソフトを持参いただくよう連絡…幸い終了間際にソフトを持ってきてくれたので修理中の動作確認ができます!これは感謝。

なんだかんだで本日自分が担当したのは4件!ここ最近では随分多いです。
本日の持込はおそらく全体で10件以上。意外に多かった

このあと帰宅してWiiタタコンの修理を開始。スポンジ劣化の事例が多いので手持ちのフエルト(不織布)を入れて厚みを増したら普通に反応しました。2個預かったうちの1個でロードテストすれば良し悪しは分かるのでもうひとつは材質を変えてみます。
コメント

ミッドシップ電動車といえば(笑)

2018-10-17 20:51:22 | プラレール・鉄道
我が家にはいろんなミッドシップ電動車があります(笑)
当然アイミーブMも立派なミッドシップ電動車ですが…その他にもいろいろあります。
といっても、2種類のおもちゃですが!!(爆)

1.ミニ四駆
これはもう皆さんご存知でしょう!といってもその名のとおり4輪駆動車なので正確にはミッドシップとはいいきれない部分もありますが。
カバーを開けてシャーシを見ると、FA-130モーターが後輪の少し前にマウントされています。そこがミッドシップたる所以。
電池もモーターの前にあります…造りはアイミーブにそっくりだwwww
しかもアイミーブに同じく、タイヤの太さが前後で違います…当然後輪が太い

2.プラレール動力車
皆さんご存知の鉄道玩具、プラレール。
車両前部に電池を載せ、後部にモーターの入ったギアボックスがあり後輪を駆動させて走ります。
プラレールのモーターは一番後ろにあるものとホイールベースの間にあるものとがあり、前者はRR、後者はMR(ミッドシップ)。
どっちにしろ、電動おもちゃの基本的な作りであることに変わりはありません。

3.電動ラジコンカー
これも後輪駆動でモーター配置がミッドシップまたはリヤドライブ(RR)であるものが多いです。
電池はシャーシの中間に位置するものが圧倒的多数。タミヤのラジコンカーは大概この配置です。

…そう考えるとスポーツカーもおもちゃも、基本的なところは同じなんでしょうか!?
アイミーブ=走るおもちゃと考えている自分には興味深い話でしたww
コメント

ニチコンの新型V2H発表に関して。

2018-10-15 18:20:53 | 電気自動車
電気自動車と一般家庭との相性がよいのは周知の事実。
ただしそれはV2H(Vehicle to home)があるとないとでは大違いです。

ソーラー発電2019年問題でFIT(電力固定買取)期限が切れる家庭も今後多くなると予想されているからか?EV充電器メーカーのひとつ・ニチコンからV2Hの新機種が発表されました!
外見は従来型の[Leaf to home]と大差ありませんが、機能は違っています…1.停電時でもソーラー発電からEVへ充電できる、2.ダブル発電が防げる。
ダブル発電はソーラー発電売電中に自宅の電気をEVから賄う機能。リーフtoホームがこうなっていますが、新型はそうなりません。
FIT難民(買取価格が下落した太陽光発電オーナー)対策を意識した造りになっている模様。自宅も2023年にFITが切れますので検討に値します。
気になる値段は廉価型が本体価格39万8千円。取付工事費込みだと60万円近くになりそうですね。
こうなると何年で元が取れるかを計算しないといけません…自宅の電気代が年間10万円とすると6年でトントン。それ以前に壊れると大損です(爆)
もっとも配電線故障などで停電する機会が多ければ十分買う価値がありそうですが…僻地でもない限り考えにくいです。

新型V2Hにも2タイプあり、廉価型はオフグリッドソーラーに近い考え、高機能型は将来予想される電力商取引に対応したIT満載のEVパワコンになるようです。
米国ではリアルタイムで電力売買が行われ、大容量蓄電池を運営する会社がそれで一儲けしたようですが…時代を先取りした考えでしょうね。
コメント