下駄をはくまで(裏)

広島の暑苦しい気象予報士の、端から見たら非常にバカな日常 (あくまでも匿名で)たまに吠える! まあ読んでコメント書け!!

小橋建太は折れない!

2006-06-30 12:04:45 | プロレス
小橋が腎腫瘍摘手術、悪性の可能性も


どんな試合でも絶対に手を抜かず、そして自分に厳しく、
でもファンを非常に大切にする小橋建太…
人間的にも最高の男なんです!

神様はなぜこうも不公平なんでしょうか。
でも小橋建太は、これまでヒザやヒジの大ケガから何度も立ち上がってきました。
今回も絶対に立ち上がってくれるはず!

オレは信じてる!
コメント (1)

寿人!

2006-06-28 16:42:43 | フットボール・サッカー
寿人の豪快ヘッドで
1-2
コメント

現在…

2006-06-28 16:12:44 | フットボール・サッカー
後半始まったばかりで
0-2

あまりよくないようです

さっき着きました
コメント

広島スタジアム

2006-06-28 16:08:22 | フットボール・サッカー
結構サポーターが来ています。
コメント

ご意見お聞かせ下さい

2006-06-26 02:25:26 | フットボール・サッカー
公式携帯サイト「TSSサンフレッチェ広島」では
日本代表がワールドカップで奮闘している間、
サンフレッチェ広島の駒野友一選手のメールを随時紹介してきました。
短いけれど駒野選手の考えたことや感じたことがよくわかる、また誠実な駒野選手の人柄の出たメールだったと思っています。
忙しい時間を縫ってメールを送ってくれたことに関し、改めて駒野選手に感謝したいと思います。
(もっともこれをやり始めたときは、ドイツのピッチに立つとは思わなかったのですが… 苦笑)

私たち携帯サイトを運営するスタッフとしては、
「サンフレ初の日本代表選手」が代表やドイツでどんなことを感じたのかを知りたかったし、サポーターのみなさんにもお知らせしたかった。今回、いろんな「しばり」があって、携帯サイトではリアルタイムで紹介できなかったのですけどね…(これは企画したTSSサイドの問題)

今回のこの企画、こういった試みに関してどう思われるかぜひ、みなさんの意見をお聞かせ下さい。今後の参考にしたいと思います。
コメント (8)

出し手と受け手…

2006-06-26 02:13:08 | お天気
この時間、まとまった雨雲が広島県にかかってきた。
これは急に沸いてきたもの。
ある程度の予想はついていたが、数時間前まではほとんど気配もなかったものだ。
梅雨の時は結構このようなパターンが結構あって難しい。

とにかくこまめに情報をチェックしてもらいたいのだ。
(まあおかげで眠れない… このあと警報が出るかもしれないし…)


ところで25日午後は
防災に関するシンポジウムがあった。
これに関してはいろいろ興味深い話があった。
役に立つこともあるのでいずれいくつかはここでお話ししたい。

このシンポで非常に興味深い、そして非常に気になることがあった。
災害・防災に関する情報を出す国と
その情報の受け手である一般住民の「ギャップ」が非常に大きかったことだ。

去年の9月の台風14号、
広島県の北部はかなりひどい洪水被害を受けた。
かなりの大雨プラス、洪水調節するはずの温井(ぬくい)ダムの放流もあって太田川が氾濫したのだ。
(国は因果関係を否定し、裁判になっている)

きょうもこのことが論争になった。
国は「情報はきちんと出している。情報を得る努力をしてほしい」という。
住民サイドは「情報はきちんと伝わらなかった。伝える努力をしてほしい」という。
実際、温井ダム放流の際はサイレンが鳴らなかった。(サイレンは住民のために鳴らすのではないらしい。ただ今後はならす方向で調整している)

双方の主張は正しいし、ある意味間違っているとも言える。
国に関しては、有益な情報をたくさん持ち、情報も出していると思うが、
その手段にはまだ工夫が必要だと思う。しかもその内容は結構わかりづらい部分がある。
実際、ユーザーである住民サイドに
「わからなかった 伝わらなかった」といわれる時点で、「情報の有効性」はないと言っていい。
きちんと理解されない限り「情報」の意味がないからだ。
(ありがちではあるが、「情報を出してやってる」といった感じをもののいい方で醸し出していたのも気になった。)

住民サイドも日々変化し進化する「情報」についていかなければいけない。
ひどい災害の時、結局は誰も助けてくれない。自分のことで精一杯だからだ。

「自分の命は自分で守る」ということを心にもっと刻むべき。

また情報の伝達手段も日々変化している。
今はメールやインターネットなどが主流になりつつある。
その変化にもついていく努力は必要だ。

ただ高齢化が防災の世界でも影を落としつつある。
被害者に占める割合も非常に大きいし、
「情報格差」に置いてきぼりになるのも高齢者だ。
そういう意味ではもっと連携を取って一緒に考えていくという姿勢があってもいいのではないかと感じたのだ。

出し手と受け手の間にいる私としても
いろいろなことを考えて、橋渡しをしなければと改めて思うのだ。
コメント (2)

口先だけの…

2006-06-26 01:42:41 | フットボール・サッカー
最近イヤに目についたり、耳についたりすることがあるので…
なかなか書く時間がないので何なんですが…



いずれまとめようとは思うのですが、
日本代表が(予想通り!?)グループリーグで敗退しました。
責任逃れのためか、キャプテンの口から早々に
「次期監督はオシム」という言葉が出ました。

日本代表を強くするのは簡単です。
Jリーグを充実させればいい(その方法は難しいけどね…)
代表に選ばれる選手のほとんどがJリーグから選ばれるわけだから、Jを充実させれば代表のレベルも上がる。

代表を強くするために、私たちサポーターにもできる簡単なことがある。
それはJリーグの試合に行き、選手たちを叱咤激励することだ。選手たちはその声に発憤するはずだ。


まあそれはおいておいて、
これに似たようなことを
いろんなニュースキャスターやテレビに出ている人たちが述べていた。
しかしどれだけの人たちがこれまでピッチに足を運んでいただろうか。

オマエがまず行けよ

この手の話は結構多いな… 残念だけどね…
コメント   トラックバック (1)

役に立ったのかな?

2006-06-23 18:20:45 | Weblog
ひたすら眠い…
大雨警戒で帰宅がけさ3時。そのままブラジル戦テレビ観戦。
その後仮眠1時間で再び出社…

サメじゃないけど、何かしてないと寝そう…

さてきょう午後は近所の高校に行って来た。
理由は1年生の生徒に「お仕事」について話をするため。
そろそろ選択授業を選ぶため、将来について具体的に考えてもらうためのきっかけにしてもらおうという意図なんだそうだ。

まあ「お仕事」はなんでもそうだが、
「仕事」自体は堅いからあまりおもしろい話はないが、
やっていることについてきちんと話したつもりだ。

毎年10校ぐらいの学校に行って、いろんな話をする機会があるのだが、
中学生と高校生はほとんどリアクションがない。
「Yes」「No」の問題でも答えが返ってこないときがある。
確かに思春期でそういうのが恥ずかしいのかもしれない。
またこの世代は「自己主張」を蔑むころでもある。

正直役に立ったかどうかわからないのだが、
まあ参考にしてもらいたいのだ。
コメント

日本 vs ブラジル プレビュー

2006-06-23 00:21:19 | フットボール・サッカー
正直あまり期待していないが…


90分全員が走ること!

早い時間で先取点を取ること!


そうすれば“奇跡”は起こるかもしれない




走りすぎても死なない…

コメント (4)

今年も行ってきた! ~~梅垣義明リサイタル「梅ちゃん青い迷宮(ラビリンス)」

2006-06-23 00:16:32 | 音楽
広島以外の方はネタバレ注意!

今年も21日に行ってきました!
梅ちゃんの青い迷宮(ラビリンス)!

梅垣義明さん、
ああ~っ、めんどくさい!
梅ちゃん
のリサイタルは、
ホンマに楽しく大爆笑確実なのだ!!
何かとストレスが多い現代で、心から笑えること請け合いだ!

あの「青いシリーズ」が帰ってくる! ~梅垣義明さん登場!!

いつも配布物を配るために混雑する入場口、今年は非常にスムーズだ。
去年はブラジャーを配っていたが、今年は配布物がない。

しかし、オレのところにスタッフが2人、3人と駆け寄ってくる…
そして「席を確認させて下さい」とのたまう。
実は去年重大な手違いがあったからだ。

ひでぇ目に遭った… でも爆笑! ~梅垣義明リサイタル「梅ちゃんの青い豆御殿」

今年も梅ちゃんやスタッフは何か企んでいるらしいのだが、
オープニングでひどい目に遭わせるつもりはないらしい…

そうこうしていると、ある中年女性2人組に声をかけられた。

「hadaken69さんでしょ?

今年も懲りずに来たんですか?

去年のオープニングを見たのだろう。
余計なお世話である…
(オレは5年連続参戦中なのだ…)



自分の座席に行ってみると、何かしらグレーの小袋が…
「梅ちゃんの指示があるまで開けないで」と指示が書かれた袋を外からさわって確かめてみると、何やら柔らかくて太い棒状のものが入っているようだ(その正体は後ほど分かる)

梅ちゃんのコンサートは常連さんが多い。見覚えのある顔がちらほら…
またある男性に声をかけられた。見覚えがある…

去年オープニングでブラジャー同士、抱き合った相手だった…

ステージにはリトルフィートのジャケットのような画がでかでかと飾ってある。
門のような大きな額縁だが、それが梅ちゃんの出てくるゲートらしい。

さてコンサートが始まる。
今年もオープニングはいたいげな男性2人がステージに上げられた。
梅ちゃんが
ネパール式のあいさつをしなさい」と命令する…

ネパール式のあいさつとは
舌と舌をくっつけること!

2人がおずおずと近づき…

無事コンサート始まりました…


オープニングは「OH! HAPPY DAY」
梅ちゃんから「幸運の鈴」がプレゼントされる…

(続く 疲れた…)
コメント