下駄をはくまで(裏)

広島の暑苦しい気象予報士の、端から見たら非常にバカな日常 (あくまでも匿名で)たまに吠える! まあ読んでコメント書け!!

28日のマリノス戦は「紫の旗」をみんなでブン回そう!!

2006-10-24 18:26:36 | フットボール・サッカー
前節セレッソに惨敗となったサンフレッチェ…
ホームに戻ってくる彼らを何とかサポートしたい…

28日は「紫の旗」をぶん回し、
手拍子と声でピッチ上の選手たちをサポートしよう!

紫の旗がなければ、タオルなどブン回せる紫のものを持参だ!

くわしくはこちら
SANFRECCE Supporters' Blog ~Color Stadiums VIOLET!~

3万人のサポーターでビッグアーチを染め上げ、
選手たちを「その気」にさせてやろうぜ!!
コメント (3)

広島に未来はあるのか…

2006-10-13 12:15:47 | ニュース・時事
かつて広島でTVキャスターをやっていた某参議院議員が
来年春の広島市長選に立候補する可能性があるという報道がなされた。
広島選出の某幹事長が熱心に打診しているそうだ。
この議員は、ウソをつきまくってやめていった前の総理を「応援をします!」といいながら、当選するやいなや反対側の派閥にお入りになられた(選挙前からすでに噂はあったけどね)
また対中関連や最近ではN●Kの受信料の問題で物議を醸し、最近では来年の選挙の公認を得たばっかりだった。
そして、市長選に…

その一方で現職がやってきたことは…
(まあ、それは議会にも責任はあるのだが…)


そして県知事は、過去の知事選挙で金をばらまいたと元のスタッフにバラされ、それを受け取ったはずの現職議員の何人かも知らぬ存ぜぬとウソをついている。




広島に「明るい未来は見えましぇ~ん」
コメント (3)

忘れてはいけません…

2006-10-10 17:27:01 | フットボール・サッカー
川崎F選手直筆「チケット買って」


やりますよね!
こういう「誠意」がお客様相手には必要だと思うのです。
何かとシステマティックになる中、こういう姿勢を忘れたくないものです。


わかってんのか?
コメント

お好み焼「優」 ~これぞ広島の「ソウル・フード」!

2006-10-09 22:00:14 | グルメ
生まれながらにして、誰もが「食べ馴染みの一品」を持っているはずだ。
いつの間にか自分自身のDNAに刻み込まれ、少なくとも週に2~3回は食べないと気がすまない…
こういった食べ物のことを、最近は「ソウル・フード」という(らしい)。

例えば、映画にまでなった「讃岐のうどん」。これもそうだ。
そして広島で言えば、なんといっても「お好み焼き」だ。

物心がついたころからいつもそばにあった「お好み焼き」…
古くてきちゃない“掘っ建て小屋”みたいな小さな店、
トイレは「ボットン」で、サ●ポールの香り…
「ワンカップ」のガラス容器に水をくんでまんが本を読みながらひたすら待つ…
これが本当の「お好み焼き」だと思っている。(まあ、トイレのボットンは大げさかもしれないが…)

お好み焼きは基本的に近所でしか食べない。街中の「お好み焼き」は、それらとは「似て非なる」もの。
確かに「見た目」は「街中」の方がきれいかもしれない。
しかし、「イマドキの美人」と同じで、「中身」そして「魂」がない。
絶対に近所のお好み焼きが絶対においしい!!
断言していい!

以前紹介した「ひらの」もその一つだが、
今回はそれ以上に昔からお世話になっていて、
これぞ、広島のお好み焼き屋
というお店を紹介したいのだ。


そのお店は会社の近くにある。
最初の出会いは、会社に入る直前、人事の人に連れてきてもらった。どうやらそれが「入社するときの儀式」のようだ。
実際、このお店は「創業29年!
うちの会社が31年だから、文字通りうちの会社と「共に歩んできた」といっていい。そしてオレたちをやさしく見守っていてくれる。
お店自体は1回改築された。その時は、本当に「古くからの広島のお好み焼き屋さん」を体現するような雰囲気のあるお店だった。
新しく小綺麗になったが、生活に密着した「家庭的」な雰囲気は十分だ!
また鉄板は創業時からのものをそのまま使っているのもうれしいのだ(改築の際の休業時に、うちの会社でイベントがあったのだが、そのときにその“鉄板”を持ってきてお好み焼きをお客さんに振る舞ってくださったときは感動した)

焼き方にはちょっとだけ変わった点がある。
まず、生地を薄く敷く(まあここまでは同じだ 当たり前だが…)
普通、このあとは生地の上にキャベツをたっぷり載せる。そして、肉をその上に載せ、そば(うどん)を載せてつなぎの生地を軽くかけてひっくり返す。
しかし、ここでは先にソースで軽く味付けしたそば(うどん)を載せるのだ。そしてキャベツ、肉と載せていくのだ。
先にそばを載せるお店は意外に多いそうだ。おばちゃんが一人でやっているような古くからのお店では、この順番で焼くお店がかなりある。

大きめの「パリパリの生地」でやさしく包み込まれたキャベツと肉、そしてそばは、
一体となって「旨味」というハーモニーを表現してくれる。
特にキャベツは、その「甘み」と「心地よい苦み」が際だつ。
この「うまさ」は、「街中の有名店」では絶対に表現できないものだ。

また、近所使いのお店だから、ちょっとしたうれしいこともある。
時々ではあるが、ヒマな時には、旬の果物やおかしが出てくることもある。
それをつまみながら、お互いの近況を話し込むのもお好み焼き以上に楽しいのだ。
(それに乗じて、時々仕事をサボっているのは内緒である)

当然、価格もうれしい。
「肉玉そば」なら「ワンコイン」で十分 お釣りが来る!!

オレは「肉玉そば・野菜ダブル・イカ天」をいつもたのむが、580円で大満足だ!

(当然、オレのはネギがないゼ!)

県外の知人が「お好み焼きを食べたい」といったら、
「本当の広島」を知ってもらうためにも、時間が許す限りここに連れてくることにしている。


最近は素材や作り方、味にこだわる素晴らしいお店も増え、食べる私たちもそのチョイスに苦労する時すらある。また若い人たちも積極的に参入し、その腕を磨いているのも素晴らしいことだ。
近年、古くからのお好み焼き屋が、お店の方の高齢などが原因で廃業されたり、代替わりするようになってきた。(実際、会社すぐそばのお店も廃業したし、有名店のいくつかもそうだ)
でも「優」のように、おばちゃんがいつも「お好み焼きの生地」のようにやさしく包んでくれる…
そんな温かくておいしい店が広島にはまだまだだくさんある。

ぜひいつまでも末永く繁盛し、続いてくれるように祈っているのだ。
そしてオレもそんなお店をいつまでも応援したいのだ。

お店データ
お好み焼「優」(ゆう)
広島市南区旭町2-2-8
082-255-8747
11:00ごろ-14:00ごろ
定休日 日曜・祝日(要確認)
駐車場 なし
(店の前に止められるが、道が細い。そばの大通りにコインパーキングあり)

肉玉そば・うどん   480円
肉玉 そば・うどんW 550円

肉玉そば・うどん
イカ天(スペシャル)  530円
   そば・うどんW 600円 

肉玉         410円
焼きそば・焼きうどん 480円
           W 550円

そば・うどん増量    70円
イカ天          70円
コメント (4)

目指せアンチエイジング&筋力UP&ダイエット ~加圧トレーニング その1

2006-10-09 15:23:41 | ダイエット
実は6月下旬から「肉体改造」に取り組んでいる。
オレ自身、仕事柄非常に時間が不規則で、身体の調子もあまりにも好不調が激しいため、数年前から食べるモノにはかなり気を使ってきた。
それとともに、「身体にいい!」と聞けば、とりあえずいろんなことにチャレンジしてきたつもりだ。

しかし、これはスゴイ!というものに初めて出会うことができた。

それは
加圧トレーニングである。

加圧トレーニングは、オープニングや次の画像にあるように、
「腕の付け根」や「足の付け根」を特殊なベルトで締めて、軽い負荷をかけてトレーニングすることだ。

(このベルトの中には空気が入るチューブが通っていて、それで腕や足を締め付けるようになっている)

普通、筋肉を増強させるためには
最大筋力の8割ぐらいの負荷をかけてトレーニングするといいといわれる。
しかし、加圧トレーニングでは、締め付けることですでに筋肉を“追い込んでいる”状況を作っていることもあり、
最大筋力のたった2割でトレーニングするだけで、
それと同じかそれ以上の効果を得られるのだ
※最大筋力=持ち上げられる最大の重さ(負荷)

これはすごいことで、
これまでの筋力トレーニングでは、持ち上げられるギリギリの負荷をかけてやっているため、
トレーニング中の事故によるケガが幾度となくあったそうだ。
しかし、「2割の負荷」でいいということは、そのリスクを限りなく「0」に近づけることができる。
しかも、アスリートでも週3~4回、一般の人でも週1~2回で
見違えるような効果が現れるということもあり、
今や競輪選手や格闘家などが、積極的に取り入れているそうだ。

実際に、オレが初めて「加圧トレーニング」を目にしたのは、
某スポーツ番組「すぽると」でK-1の角田信朗選手がトライしているところだった。
一度選手生活を引退した角田師範だったが、マケボノを勝たせるために現役に復帰するにあたってこの「加圧トレーニング」に取り組んだ。
その結果は知っている人も多いだろう、
曙以上の、いや武蔵やその他外国人選手を差し置いて、
一番素晴らしい肉体を持ってリングに戻ってきた!

しかも結果は判定に泣いたが、曙にほとんど何もさせなかったぐらい素晴らしい動きを見せたのだ。
角田師範は加圧トレーニングについて
人生でもっともエポックメーキングな出会い」というぐらいだ。
43才でありながら、わずか6日で腕まわりが5㎝も大きくなり、20代の時より、今の方が調子がいいと言い切っている。

また別の某番組「JUNK SPORTS」で体験した長嶋一茂が
これからの筋力トレーニングの主流になる!」と言い切った「加圧トレーニング」…
オレの体験談とその効果などをこれから少しずつレポートしていきたい…

角田師範の場合、限界ギリギリでトレーニングしていたため、かなりツライ表情で映っていたはずです。
(普通、そこまではやらんでいいらしい…)
また筋力アップには
「『毎日やった方がいい人』や『少し日にちをおいて繰り返す方がいい人』など、いろいろ試行錯誤しながらやっていったほうがいいですよ」(親友:マッチョ中野氏談)など、
トレーニングのやり方とその効果の出方には個人差があります!
コメント (2)

バカたれ! ~北朝鮮、地下核実験強行

2006-10-09 13:39:24 | ニュース・時事
やっちまいましたよ。
9日午前10時36分、咸鏡北道花台郡付近で地下核実験を実施…

北朝鮮:核実験を実施 中央通信報道 地震波も探知


世界中で連帯し、圧力をかけて今後の暴走をやめさせるべきだ。
またこれまで甘い顔をしてきた周辺諸国(日本を含む)は猛省すべきだし、
この際“世界の番人”と勘違いしているアメリカを始め、核を持つすべての国は核兵器を放棄すべきだ。


「暴力」は「暴力」しか呼ばない…


これはオレが取材したことがある被爆者を始め、多くの活動家が語っている「平和へのプロセス」を歩むための方法論だ。

この言葉が正しいことは、
おばさんパーマのアホな指導者や裏で私腹を肥やしているアホなカーボーイ指導者などが
別の意味で実証しているではないか!

まあ、アベシンゾーはケチつきまくりだな(w
コメント

お昼寝…

2006-10-08 18:51:52 | わんちゃん
実家のケージが狭いので少し広くした。
知人のケージの部品を借りて、結束バンドでつないで大きめに…
これで少しずつ、「ハウス」を覚えさせないといけないね。

ただ広くなったのは結構気に入ってもらえたようで、
よくお昼寝をするようになりました。




最近は夜に「夜泣き」することなく、おとなしく寝るようになってきたし、
「お留守番」もできるようになった。一人遊びもダイブできるようになってきたしね。

そして助かるのがトイレ。
もともと「動物は人間以上にきれい好き」というけど、
この子はトイレを事前に鳴いて教えてくれる。
またトイレのときは外に出すのだが、割と決まったところにしてくれるので助かる。
今でもトイレの時は誉めてあげるようにしているが、予防接種が終わって外に頻繁に出られるようになったら、もっとしっかり教えてあげようと思っている。

きょうはサイズを測ってみた。
体長は45センチぐらい 体高(足下から背中)は27センチぐらい。
さすがに嫌がってきちんと測らせてくれなかった。でも来たときよりも、たった1週間で大きくなってきているようだ。


コメント (2)

どんどん知恵がつくのね…

2006-10-04 23:23:12 | わんちゃん
段ボールに入れていたのですが、
勢いをつけて壁に飛びつくとひっくり返ってそとに「脱出」できることがわかったパピーちゃん、
やむなく実家からケージを借りてきて、その中に入れることになりました。

その分、日頃からのスキンシップの時間を取らないといけないですね。
会社から帰る時間は遅いのですが、
なるだけ頑張って遊ぶ時間を増やしています。


ただ、困ったことがあって
生後2ヶ月にならないと、最初の予防接種ができないようで、
それまではあまり外で遊ぶことができません。まだ蚊がプンプン飛んでるからね。
外に出るのはトイレなどの際など、最低限だけ。
それ以外はサンルームで遊んであげます。

ビーグルは好奇心が強い犬ですが、この時期の犬は特にそうかもしれないですね。
何でも「おもちゃ」にしてしまいます。


生えかけの歯がかゆいこともあって「噛み噛み」が好き。「甘噛み」も…
ということで知人がおもちゃをくれました。
鳥のクビのところがロープになっています。ちなみに頭と体の部分はつぶすと音が出ます。


お水を勢いよく飲むので、お皿をひっくり返してしまいます。
ということでこんなのを手に入れました
コメント

パピーちゃんがやってきた!

2006-10-02 23:07:41 | わんちゃん
突然であるが、うちに子犬がやってきた!

それは土曜朝のこと。家族はすでに外出。
久々の「完全オフ」でドロのように眠っていたオレは1本の電話で起こされた。

「連絡をいただいたものですが、1回見てもらいたいんですよ」

オレ「えっ? 何のことでしょうか?」

某新聞を見た家族は、前の日に連絡していたらしいのだ。
外出から家族が帰ってくると
その方はわざわざ子犬を近くまで連れてきてくれた。

まだ1ヶ月半ちょっとだというその犬は
「薩摩ビーグル」
ビーグル一考
薩摩ビーグルのルーツ

普通のビーグル犬は、成犬で12~13キロぐらいなんだそうですが、
薩摩ビーグルは15~18キロぐらいと大きくなるらしい…
実際、犬をくださった方に聞いてみると、
散歩の時は縄を腰に巻いて、引っ張られる感じで散歩にいくほどらしい…
しかも、この子は「初子」でお母さんの「初乳」をしっかり飲んでいることもあり、兄弟姉妹でも一番大きいんだそうです。

元の飼い主さんと別れるときは「クンクン」鳴いてさびしそうでしたが、
お家に連れて帰りました…
まずは名前を決めることに…
家族はすでに考えていたらしく
「子犬」の英語訳、「パピーちゃん」(puppy)がいいと…
すぐに「パピー(子犬)じゃなくなるよ」と言ったのですが、結局「パピーちゃん」に決まった。

お家に帰って、猫の額ぐらいの庭に放したのですが、
雑草、ギャランドゥ」状態…
パピーちゃんと戯れながら、芝刈りを…

夜になって、新聞を敷き詰めた段ボールの中で寝かしつけようとしたのですが…
さびしいので鳴きっぱなし…

結局、土曜と日曜の夜はほぼ30分おきに起こされるような状態…
ほとんど寝られなかったのだ…
(家族は2回でぐっすり…(怒))
コメント