経営戦略コンサルの洞窟

殆ど自分のために書いておりますが、お役に立てれば

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

沈まぬ太陽

2011-11-15 15:45:35 | Weblog
このタイミングで読むとオリンパスとダブル。

元々はJALの破産で話題になった本だが、今さらながら読んでみた。

引き込まれる。

高杉良氏など経済小説は多いが、小説の仕立て方、取材の迫力など圧巻だ。

そしてエンディングも圧倒的に大人。つまりハッピーエンドではない。

これが現実。

人生どう振る舞うべきか?どう生きるべきか?

このような組織にいたら本当に悩んでしまう。

このような悩みがないだけでも幸せと思うべきか。

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 走る遺伝子 | トップ | マネーボール »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事