経営戦略コンサルの洞窟

殆ど自分のために書いておりますが、お役に立てれば

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

落合的生き方

2011-12-12 01:19:51 | Weblog
集団行動を見出し、愛想を振りまかない人は食らわれる。

多少の違いはあれど日本だけの話ではないだろう。


落合的な生き方をしている人は意外と日本にも多いだろう。私も集団行動は苦手だし、愛想ふりまける性格でもない。こんな人はゴマンといる。

落合との違いは実力があるかどうかの問題だ。多くの人は実力がないから埋没したり、同じような実力なら集団行動取れるやるに組織の中では負けてしまう、埋もれてしまうのだ。

99%の人には落合並の実力などない。

だから、こういう生き方が合わないので、無理してでも辞めたほうがよい、ということを言いたいのではない。


こういうときこそ、自分の戦略をよく考えよ、ということだ。

ポジション取って専門性を高めればある程度の組織の中でエッジが立ち、必要とされるだろう。落合並の実力がなくても、多様な企業人社会では十分に生きていける。変に無理する必要もない。

いいじゃないか、落合的な生き方で。無愛想でも、マイペースでも。





なぜ日本人は落合博満が嫌いか? (角川oneテーマ21)
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

年収300万円

2011-12-11 00:52:26 | Weblog
この本は10年前のものだが、今読んでも幸か不幸か全て通用してしまう。

現実はこんな感じだろうし、ますますこの傾向は強まるだろう。

さらに中途半端なTPP参加で更に加速されるかもしれない。


一番の問題は国内だけでものごとを考えると明らかに仕事不足、労働力過剰だ。

日本政府がやるべきことは、日本人が海外に出稼ぎにいけるようにインフラを整えることだろう。日本海外で政府の事務所を開いて地元の企業、工場などに人を斡旋する。

能力ある人は、自分で海外に出て、出れない人の分の仕事を日本に空ける。

海外にでることこそ、日本のためになる時代がすでにきている。



年収300万円時代を生き抜く経済学 給料半減が現実化する社会で「豊かな」ライフスタイルを確立する!
クリエーター情報なし
光文社
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

増税 増税

2011-12-07 19:15:42 | Weblog
新聞は連日消費税、診療代を高所得者は高くする、資産税上げるなど増税一辺倒の報道だ。

小金持ち外資コンサルにとってはほんとうに辛い。

高所得者の末端に入る部類だからね。

本当に海外移住を真剣に考えないと行けないのかもしれない。


しかし、複雑なことを考えないで消費税だけをひたすら上げればいいのでは。どうせ金持ちの方が金使うわけだし。

そのほうがわかりやすくて国のオペレーションコストもかからないだろう。

確かに金持ちなどのほうが無駄に病院などに行きそうな気もするが、それも消費税方式にすれば十分だろう。

もはや複雑すぎてわからん。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする