経営戦略コンサルの洞窟

殆ど自分のために書いておりますが、お役に立てれば

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あえて首を突っ込む

2008-11-26 00:39:11 | Weblog
プロジェクトの外部環境上の問題として、クライアント社内事情で仕事が進展しなくなる時がある。

これは完全にクライアントの社内方針が定まらなかったり、部署間の意見の対立だったり、コンサルの範疇を超えていることである。

が、それをもプロジェクト中は首を突っ込んで、その問題を解決してこそ成果を実現するコンサルなのである。

クライアントのポリティクスをよく理解しないといけない。

そのためには、クライアント個人個人に状況を聞いてみることである。メールや集団ではだめだ。一人がそっと電話や訪問をして「どうなってるんですかねー」と聞いてみる。

それを踏まえて対策を立てればいい。

静観しない、状況をわからないまま首を突っ込まない、これさえ守ればコンサルの守備範囲はもっと広がる。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

任せず

2008-11-20 00:04:02 | Weblog
どうも自分は会議で自分より上の人がいると割と上の人にしゃべってもらってしまうことが多い。
しゃべりたそうだし。

が、これだと自分だけではできないのでは?と思われそうだ。ひとりで行く時は全部自分でしてるのに。

これからは自分で全部進めよう。当り前のことだが。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

壮大な物語

2008-11-18 15:45:43 | Weblog
偏見を交えて言えば、女性の方が潜在的に仮説思考ができるのではないかと思う。

バックオフィスの人(多くは女性)と話していても、噂話系など壮大な物語が展開されている。ちょっと部屋に籠もっているパートナーから、少しづつ挙動を収集し、「あの人やめるんじゃないかなー。最近こんなことあったし、・・・」。よくよく聞くとほんのちょっとした事実から「そうに決まってるわよー」などと言って、ながーい物語が完成するのである。

仮説思考はバックオフィスから学ぶべし。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最初に戦略仮説

2008-11-16 22:27:55 | Weblog
最初の資料、リサーチが終わったら即仮の戦略を策定できないといけない。

そこからクライアント、チームをどんどん先行して行くのだ。ここで先手を取らないと後手後手に回って引きずりまわされることになる。

最初に今後のプロジェクトプランなどを立てるが、その時にまず仮説をぶつけよう。その議論の予定がなくてもだ。

そこで、回りに「やるな」と思わせる。勝負が8割決まる。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

人の交換

2008-11-10 14:23:28 | Weblog
人を変える、この発想こそ浮世離れしたコンサルの発想であり、大いなる感じ違いだと思う。

社内のバックオフィスにしても、コンサルのチームメンバーにしても成果があまりに出ないとプロジェクト中でもメンバーを交換しだす人がいる。また、バックオフィスの人がうまくしていないとすぐに人を交換して、解決しようとするときがある。

事業会社でそんなに人を交換できないし、現有勢力を如何に教育して戦力化し、会社の業績を改善するのか?というのが大きなチャレンジである。すぐに人を交換などといっても、代わりの人はいないし、人はすぐにやめさせられないのが現実である。

簡単に人を変えずに成果を出す解決策をもっと戦略コンサルは思考すべきであると思う。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アイディアは忘れる

2008-11-04 23:12:35 | Weblog
普段自分で面白いことを考えたとする。いつかクライアントに披露したい。

が、そういうものは以外とクライアント前では思い出さないのである。

普段から記録して、何度も復習しないといざというときには思い出さないのがアイディアだ。

だから何かしらパネルなり、メモなりとっておくことを進める。

プロジェクトと直接関係ない素晴らしいアイディアほどいざというとき頭からでず、後から思い出して悔しい思いをすることになるのである。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

人の時間を大切に

2008-11-01 21:25:54 | Weblog
人の時間を大切にする。

自分の時間は誰もが最適化する。優先順位とクリティカルパスを考える。誰もが早く自分の仕事を終わらせたい。

でも他人の時間のことを意外と考えない。

常に自分がボトルネックになっていないか、頼まれたことを忘れていないか、誰かが自分の許可を待っていないか。

頼んだ方もプッシュしないいけない、というのはおかしい。一度で十分。プッシュさせる時間とエネルギーが無駄。頼まれたらすぐに反応すべき。プッシュされたら恥と考えるべき。

メール・電話は必ず12時間以内に返す。いまどき24時間では遅い。

コンサルで言うならマネージャーあたりから急に無責任な人が増える気がする。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする