経営戦略コンサルの洞窟

殆ど自分のために書いておりますが、お役に立てれば

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

都知事選の予習に

2011-03-31 11:04:10 | Weblog
都知事選の予習に。ワタミ社長渡辺美樹氏の半生。一気に読み干せる。高杉良の本は読みやすい。そこまで深いわけではないけれど。

青年社長―若き起業家の熱き夢と挑戦〈上〉
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サマータイムは5時間早める

2011-03-29 12:24:48 | Weblog
電力節約のためにサマータイムを導入するのなら、一時間早める程度では足りないのではないだろうか。

現在冷房が必須なのは窓が空けられないオフィスなどである。ここでの消費を減らすには気温の高い時間をなるべく避けて弱い冷房で済ませる必要がある。そうすると、涼しい夜明けや夜などを中心に勤務するシフトに代えないといけない。

夜明けシフトなど今の朝4時ぐらいを新しい時間の朝9時に設定して(1時間ではなく、5時間早める)、今の午後の1時(新しい午後6時)くらいには退社して、暑さのピーク時にはできるだけ冷房を使わなくてもグダグダ過ごせるようにする。暗くなるときにはもう寝る。
そうすれば照明の分も電気が節約できる。

生活的にも昔の人はこんな感じであったろうし、禅僧なども今もこのような生活をしているだろうから健康上の問題も少ないと思われる。

どうせ導入するなら思い切ってやってみってはどうだろうか。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

剣と禅ではなくロジック

2011-03-28 11:26:29 | Weblog
本の柳生宗矩しかし、坂本龍馬しかり、宮本武蔵しかり、多くの剣豪が修行の結果剣豪を超えて兵法家、政治家、革命家として活躍している。その後のキャリアと剣の能力はそれほど関連が内容にも思えるが、剣という生死の勝負をつきつめるとそれを超えた発想が生まれてくるのだろうか。

コンサルにおける剣術修行とは何か、と考えたときにそれはロジック・論理性なのではないか。ロジックだけでは会社を動かせるわけではないが、ロジックを突き詰めることによって物事の判断の基礎を固め、それが正しい方向に成長したとき経営と結びつくのではないか。

ロジックも剣と同じ、それ自体が何を生み出すということではないかもしれないし、それによって人を傷つけることも容易である。が、これが入り口となるのではないだろうか。もちろん経営の入り口にはロジック以外にも家計だとかマーケティングだとかいろいろあるが、コンサルタントにとってはロジックだろう。



柳生石舟斎 (山岡荘八歴史文庫)
クリエーター情報なし
講談社
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

フジ、けしからんで終わらせず

2011-03-23 12:06:32 | Weblog
フジテレビ「また原発の話か」「笑えてきた」スタッフのトンデモ会話混信
http://www.j-cast.com/tv/2011/03/22090983.html

自分たちでも振り返る必要ありです。社内の会話だからこそお客さんなどに対する本気の姿勢が見えてくる。フジテレビ、けしからんで、終わらせてはいけないことだと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

家族、街、社会だけなのか

2011-03-22 10:40:00 | Weblog
昨日の新聞から日立の社内連絡
「家族、街、そして社会を守りぬくのだという強い決意・・・」

株主は債権者などは明確に言わない。家族以下三つは会社が潰れなければ達成できるだろうが、そこに株主などのステークホルダーが入ると一気に複雑度が増す。そこを何とかするのが経営なのではないだろうか。

人からお金で会社を運営している上場会社では株主などの視点も絶対に外せないはずだ。地震だから、という言い訳はできない。
コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする