経営戦略コンサルの洞窟

殆ど自分のために書いておりますが、お役に立てれば

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本ラグビーは10人制にせよ

2011-09-23 12:58:06 | Weblog
第一回ワールドカップから見ているが、ラグビーはひどすぎる。

いつも惜しくも敗戦。必ずミス連発。これが実力だ。


もはや体力・パワーが問題なのではないのは明らかだ。一番はハンドリング・パスワークが悪すぎる。ノッコン多すぎ、サイドライン際でクロスして中身戻るような動きも他国と比べて圧倒的に少ない。それだけでもフランスに20回に1回は勝てるだろう。トンガなら毎回圧勝だ。

ハンドリングやパスワークが弱いのは、特に高校・大学などパワーに差がありすぎる試合が多くて、ハンドリング・パスワークなどいらない試合ばかりだ。それに気合のタックルを入れれば終了。誰もそれ以上のことは言わない。負ければタックルが甘い。以上。

残念ながらこれほど頭と技術のいらないスポーツは日本にはない。


もっとパワーではなくハンドリングとパスワークでなんとかする試合を増やさないといけない。強い選手を同じリーグに集めるなどの対策はいろいろがあるが、ここは強化のためにシーズンを春と秋に分ける。

春は徹底ハンドリング・パスワーク強化だ。ラグビーを12人制か10人制にする。FW三列、二列なし。BKのハンドリングと戦術のみで徹底的に戦う。もちろん秋にBKでレギュラーになりそうなやつだ。7人制みたいに特別な人材をつけてはいけない。FWをこのときだけBKに回してパワー勝負にでてもいけない。

パワー偏重ラグビーはFW戦にもでる。強い奴が最初にラックに一人で飛び込めばなんとかなってしまったりもする。それではだめだ。他国はラックなどに二人同時にパックを組んで飛び込んでいる。ここもFWでのパスワークではないが、戦い方が稚拙すぎる。

FWはひたすらモールゲーム大会。もちろん大学間で試合。小さいグランドでひたすらモール・ラックを繰り返す。グランドが傷むからビーチで裸足ですれば良い。スパイクで踏まれて無駄にケガをすることもなく、足腰を鍛えられる。見物人もいてモチベーションもあがる。グランドが小さいのでサポートもすぐ来る。簡単には一人のパワーだけではどうにもならない。FWが団体で動く術を学ぶ。二人以上パックを組まないとモールやラックに入ってはいけない、というルールにしてもいいかもしれない。


それで秋に15人制に戻して総合力を競うわけだ。春の練習のおかげで技術・戦術力は上がっているだろう。

毎回W杯後に大幅にラグビーの関心が薄れる日本で、ラグビー協会は目に見える改革をして欲しい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自分の惨敗

2011-09-22 12:54:33 | Weblog
ちなみに自分のバチスタの犯人予想惨敗。

井野さんが犯人は普通すぎるだろう・・・

考え過ぎなのが、コンサルの悪いところだが、考えなさすぎでは仕事にならん
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アマゾンの業務転換

2011-09-21 13:42:54 | Weblog
昔の記事をネットで発見できないのだが、大前研一は

アマゾンは本に特化すべきで他のものを売ると焦点がぼけて何屋か分からなくなる

といろいろな記事で主張していた。

今ではすっかり論調は変わっている。
アマゾンの小売業への転化は、大きなインパクトを持つ
http://www.ohmae.biz/koblog/viewpoint/1711.php

このように有名コンサルでも正直未来のことは見通すことはできない。言った結果を信じるのではなくその背景をロジックで信じるかどうかがコンサルを使うポイントになってくる。

結果は必ずしもそうなるとは限らないのだ。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

韓国製洗剤

2011-09-20 15:01:30 | Weblog
洗濯用洗剤を買おうとしたら薬局用のプレイベートブランドがある。200円、花王などのブランドものが300円。

プライベートブランド買ってみた。韓国製と書いてある。

まず箱を開けるとときに細かい洗剤がもれないにしている紙のフタがすっと取れない。一枚剥がれて二枚目に指突っ込んで穴開ける感じ。日本製ではありえない。でも大した手間でもないか。

洗剤を入れるとき。洗剤が非常の細かくて粉状。吹けば飛びそう。危ない。また、細かいからスプーンの柄などによくくっつく。慎重に入れないと洗濯機のまわりに溢れる可能性あり。

洗浄力の差は不明。

ってな感じで、微妙に使い勝手が違うが、値段の1.5倍の差は説明できない、という言い方もできれば100円の差ならが使い勝手が良い方が、という議論も成り立つ。

いずれにしろ消費者に選択権があるのはいいこと。携帯とかでも対して機能いらないのに高い機種しかないし。このあたりも携帯会社の暗黙的談合だな。日本メーカー得意の。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Never up, Never in

2011-09-15 18:03:42 | Weblog
Never up, Never in

Never up, Never in

Never up, Never in

パットだけじゃなく・・・
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

犯人は北山

2011-09-14 17:40:14 | Weblog
チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸

次回は最終回だが、ずばり犯人は北山だ。

彼が殺して松崎さんに罪をなすりつけた。その後は手馴れたので好きに犯行を重ねた。
そこで斑鳩が一度担当になり、北山が犯人であることを気がついてしまうが、身内の恥なので隠し通す。

北山は松崎を貶めたこと、無罪になって真犯人探しが始まるかもしれないので自殺。

最後に松崎を殺したのが斑鳩にも分からず、自ら捜索。おそらく宇佐美の他にも北山信奉者がいてそいつが松崎さんをやったのだろう。

それを知って宇佐美が失望のあまり自殺しようとするが、白鳥や田口が止める。

直接の関係者、松崎や北山はすでに死んでおり、虚しく終わる。

こんな結論に違いない。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

相撲人気

2011-09-13 15:52:03 | Weblog
経緯は忘れてしまったが、相撲の人気を上げる方法などのホームーページを読んでいた。

放送時間を変えるなどが、いろいろ書いてあったのだがイマイチピンとこない。

自分なり考えてみたのだが、やはり相撲は年6場所を淡々と同じ方法で回していてイベント性がないのが面白みに書けるのではないかと思う。

習うべくはプロレス、ボクシング、将棋・囲碁などではないだろうか。

単にリーグ戦に近いものやるだけではなく、タイトル戦を入れる。タイトル保持者は最後だけ出てきて挑戦者と7番勝負を行う。部屋別対抗戦のような形でチーム大会も開く。

若い力士の高いや体重別も作ってもいい。

世の中オリンピックなど「そんな種目もあるのかよ?」っていうほど複雑化し過ぎているが、相撲は逆に表の競技は単純すぎる。裏は相当複雑化していると思うが・・・。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リーダーはできるか

2011-09-09 16:35:45 | Weblog
下記の本を読んでいて内容は面白いのだが、全然違うことを考えていた。

組織のリーダーはやっぱり出来る人がいい。そのものを。野球だったら野球が上手かった人のほうがいい。名選手名監督ならずとも言うが、世の中統計でとってみれば現役の時いい選手=いい監督の方が確率がかなり高いのでは。

いい選手ならばそれなりの経験もしているし、それなり野球について考えてきたはず。それが監督になっても生きる。もちろん選手ではない人がモウリーニョにみたいに選手以外の人が監督、リーダーになれるような気もするが。

ビジネスでもできる営業マンが必ずしも営業管理職に向くかどうかは疑問、というのが定説だが、営業マンとしてイマイチな人が営業の管理職になるなんてあり得るのだろう?どの営業マンがその人の言うことを聴くのだろうか?

そんなことを考えながらコンサルティングファームのトップもはやり圧倒的にできるコンサルタントで有るべきだろう。仕事がとってこれて圧倒的コンテンツを出せる。みんなもついてくる。

あんまりリーダーとは、とか複雑に考えずに普通に個として実力がある人がやればいい、単純な話なのかもれない。


野村の革命
クリエーター情報なし
ベストセラーズ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

君たちはどう生きるか?

2011-09-08 10:46:55 | Weblog
なんとはなしにBookOffで買った一冊。

哲学的というよりは子供の道徳本なのだが、無宗教ながら道徳規範が存在する日本人の考え方を読むことができる。

主人公は中学生のコペル君だが、彼の身の回りに起こっていることは全て大人でも日々起こっている。

問題解決以上に身の回りのことを考える、ということに力点が置かれていて思うところ多々ありだ。


君たちはどう生きるか (岩波文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

楽しい?

2011-09-07 12:55:13 | Weblog
仕事は楽しいかと言われれば楽しい、と答えてしまうのだが、かなり違和感がある。

体育会系の部活で、部活は楽しいか?と聞かれているようなもので、苦しい練習を考えると簡単に楽しい、とは言えないのに似ているのかもしれない。

海猿じゃないければ、現場にでれば楽しい事なんて一つもないんだぞ、って言いたいところでもある。


日本人はストイックなところもあるので、厳しい雰囲気を出したほうが優秀な人を引きつけられるんじゃないの、って気もするし。

仕事バリバリしたい人って楽しさなんて求めても無かったりするし。

楽しい、ってなんなの?っていろいろな意味で考えることあり。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

独立

2011-09-06 16:38:46 | Weblog
日経新聞のスポーツ欄にコンサルタントが野球のオーナー会で説明したと。かなり異例。資料はその場限り。
内容はメジャーなどの収益構造などで、もっと日本の野球にもチャンスがあるのでは、とのことらしい。

フィールドマネージメント
http://www.field-mgmt.com/
マッキンゼーOBなど?

これでいくら貰えるのか分からないけど、楽天のアドバイザーなどをしているのですでにした分析は済んでいたのかもしれない。記事にまでのっていい宣伝になったか。

独立するとそれまで売上目標が一桁下がっても大丈夫なので楽そうだが、現実的には会社のブランドなしでは殆どの人が独立できないだろう。OBネットワークを活用するとかなんとかなるかもしれないけど。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ペヤングの青のり・調味料袋改良?

2011-09-01 18:03:15 | Weblog
どうでもいいことだが、ペヤングの青のりと調味料の袋が改良されたと思う。

昔は、袋がくっついているにもかかわらず、両方の袋を各縦にある切り込みで開けねばならず2度作業が発生していた。

しかし、今回は切り込みが横につき、2つの袋を一気に開けられるのだ!!

この細かいニーズに気がついてくれたことはとても嬉しい。

この改良の投資に見合うだけのリターンはない気もするな、と考えていたが、やはりうれしいのでイメージがあがるやっぱり売上上がるのかもしれない。

みんなが気づいていればだが。HPとかみてもあまりこの情報はのっていない。自分の勘違いか

ペヤング ソースやきそば 120g×6個
クリエーター情報なし
まるか商事
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする