昇交点

五藤テレスコープ的天文夜話

可能性を秘めたIoT赤道儀MX-HD

2019-07-10 13:43:36 | 製品情報

前回の記事につづいて、今回はMX-HDのさまざまな機能についてご紹介します。

MX-HDは、ハーモニックドライブの持つ利点を生かすために、いくつかの特徴的な機能を持たせています。

一つは、モーターの励磁をON/OFFすることで実現したスマートクランプ機能です。これまでの赤道儀のように、クランプを緩めて目的の天体を導入することができます。ハンドボックス操作だけで緩めたり締めたりできるので暗闇でクランプレバーを探す必要はありません。
スマートクランプと対になるのは原点復帰機能です。内蔵された原点センサにより本体の姿勢を非常に正確に検出でき、アライメントすることなく天体の導入が可能になります。この機能はロボット赤道儀として使う上では欠かせない機能です。

MX-HDには、ハンドボックスを接続するAUXポートと、ST-4互換のオードガイドポートの二つが用意されています。PCやタブレットにインストールした天文ソフトを介した制御には、内蔵するBluetoothやWiFiを用いて接続します。無線接続なので、もうUSBやシリアル接続の場合のようにケーブルの取り回しなどを気にする必要はありません。

もちろん、この無線接続による恩恵はそれだけにとどまりません。
内蔵するソフトウェアのアップデートも、ファイルをダウンロードすることなく、ハンドボックスからアップデートメニューを選択するだけです。あとは、MX-HDがすべて自動的に行ってくれます。

最後に「IoTクラウドモード」についてご紹介します。

IoTはInternet of Thingsの頭文字を取ったもので、インターネットを介していろいろなモノを動かすというコンセプトで考えられました。最近はさまざまな家電製品に実装されるようになっのでご存じの方も多いと思います。

MX-HDは「世界初のIoT赤道儀」として、インターネットを介してその機能を操作できるだけでなく、さまざまなIoTサービスとリンクしてお好きなインターフェースを使って赤道儀の操作あるいは制御が行えます。

CANP2019では、MX-HDをインターネットに接続しIoTクラウドモードによる自動導入などのデモを行いました。

IoTサービスによってスマートフォン上にグラフィカルに作られた仮想ハンドボックスからの操作だけでなく、他のサービスと連携させて、「クランプを締めて」、「原点復帰して」、「M31を導入して」となど話すだけでMX-HDを操作するデモを行いました。

現在これらの機能は、全てのメシエ天体、NGC天体、あるいは主な恒星について対応しており、現在も対象天体の拡張を進めています。

もちろん、こういったカタログデータを使った動作だけでなく、望遠鏡を指定角度だけ回転させる機能などもサポートしており、天体写真の撮影や、電子観望などで、対象の天体を中央に移動させたい時などに便利な機能も容易してあります。私たちは、音声を使った操作が単なるギミックではなく、地域での天体観望会や、グループで星空を楽しむシーンにおいて、とても有効なインターフェースになると考えています。また、天体撮影のシーンでも、効率的な操作を可能にしてくれるに違いありません。

「IoTクラウドモード」は、可能性を秘めた新しい機能です。使われる方のアイデア次第で、可能性は大きく広がっていきます。すなわち、私たちが考えついた、あらかじめ組み込んだ機能が全てではありません。ですから、みなさんが、思いついたアイデア、あるいは「こんな事できないか」というご意見をぜひ教えてください。私たちは、そのようなご意見をできる限り取り入れていきたいと考えています。

MX-HDには、これまでにない「使いやすい」「便利」「たのしい」を詰め込みました。さらに、使われる方の「使いやすい」「便利」「たのしい」を取り入れて、末永く使っていただける赤道儀としてまいります。ぜひご期待ください。

現在、MX-HDの発売は9月1日を予定しており、既に、いくつものお問い合わせをいただいていることから、8月より予約受付を開始すべく準備を進めていています。また、お問い合わせの多い価格につきましては、税別で65万円を切る価格を予定しております。

詳細につきましては、今後、本Blogあるいはホームページでお知らせいたします。

MX-HD赤道儀について
http://gototelesco.co.jp/mxhd.html

 




MX-HDのコンセプトと基本仕様について

2019-07-02 21:04:11 | 製品情報

先日のCANP2019で発表したMX-HD赤道儀についてですが、その内容を紹介いたします。

MX-HDは、五藤光学が「新しい時代に世に送り出す"MARK-X"」として

・美しいフォルム
・ユーザーが十分に満足できる機能
・将来にわたる拡張性

を持つことをコンセプトに開発がすすめられました。

MX-HDは、構造解析によって高剛性を維持しつつ軽量化を図り、MARK-Xと同じ同架重量(7.5kg)を余裕をもって確保しつつ本体重量をわずか4.2kgに抑えることに成功しています。そして、赤道儀本体に原点センサを内蔵することで、極軸合わせや自動導入が簡単におこなえます。

また、バランス軸側を汎用化できる構造とすることで、カメラや望遠鏡を取り付けるなど、"システム赤道儀"MARK-Xのようにユーザー自身で工夫し、オリジナルの赤道儀にする楽しさを持たせています。

駆動精度についても、約60Hzの恒星時駆動周波数によって、高倍率での観測や、写真撮影における正確な追尾を確保しつつ、最大1000倍速の高速導入で夜空を自在に駆け巡ることが可能です。PCやタブレットなどの天文シミュレーションソフトとの接続も、LX200互換の コマンドによって対応。MX-HD固有の機能だけがオリジナルコマンドとして拡張されています。

もちろん、接続はBluetoothあるいはWiFiによる無線接続で、国内だけでなく、主要各国の規格認証もされているので、海外でも安心して使用できます。

次回はMX-HDのIoT機能(赤道儀で世界初!)について紹介していく予定です。

MX-HD赤道儀について
http://gototelesco.co.jp/mxhd.html

 


MX-HD赤道儀CANP2019にて発表

2019-06-20 15:51:38 | 製品情報



さる6月15日・16日、CANP2019が川崎市にある慶應義塾大学 新川崎タウンキャンパスで開催されました。

CANPはCAN(CCD Astronomy Network)メンバーを中心に毎年開催されるデジタル天体撮影カンファレンスで、全国から多くの方が参加し、デジタル撮影に関する技術を学んだり情報を交換しています。

今回、2日目の午後、自主シンポジウムと展示の枠で「MX-HD赤道儀のデモと講演」という形で参加させていただきました。

MX-HD赤道儀の実機を公開したのは今回がはじめてで、ご覧いただいたみなさまから注目と期待をいただけたのではないかと思います。
これから数回に分けて、その時の内容についてブログでお伝えします。(kon)

MX-HD赤道儀について
http://gototelesco.co.jp/mxhd.html

CANP2019について
http://www.asahi-net.or.jp/~pp8a-okn/canp2019/

CAN(CCD Astronomy Network)について
http://www.asahi-net.or.jp/~pp8a-okn/can.html


天体スペクトル観測キットによるクエーサーのスペクトル

2019-05-14 09:37:26 | 分光観測

天体スペクトル観測キットをお使いいただいている岡山県の池田様よりおとめ座のクエーサー3C273のスペクトルを観測・解析し赤方偏移を確かめることができたとメールをいただきました。

池田様のブログによりますと、20㎝ニュートン式反射望遠鏡に天体撮影用CMOSカメラを使って3C273のスペクトルを撮影し、水素Hα線・Hβ線の輝線スペクトルが赤方偏移によって長波長側にずれていることを確認できたとのこと。波長のズレが解析できるとそこからクエーサーの後退速度と距離を求めることができるので自身の観測で宇宙の広がりを感じていただいけたのではないかと思います。

ブログは池田様の了解をいただきましたので下記リンク先をぜひご覧ください。

池田様のブログ「月夜見命」
http://tsukuyominomikoto.seesaa.net/

観測記事「令和の始まりに広がる宇宙を想像してみる」
http://tsukuyominomikoto.seesaa.net/article/465639972.html

情報を提供いただいた池田様にはあらためてお礼申し上げます。(kon)

 


「MX-HD」のピリオディックモーション

2019-04-25 13:09:06 | 製品情報

先日、発表しました「MX-HD」は、五藤ブランドとしては30数年ぶりとなる赤道儀であったためか、発表直後から国内外から大きな反響をいただきました。

その中でもピリオディックモーションについてさまざまな情報があるようなので、今回はその点についてお話ししてみたいと思います。

上の画像を参照ください。(クリックすると拡大します)
これは「MX-HD」試作機に、口径8㎝ F8.25 ED鏡筒を取付け、1.4倍テレコンバータとデジタル一眼レフカメラで記録した画像です。中心は同条件で撮影したM42にあるトラペジウムです。この背景の画像は、故意に極軸をずらし、天の赤道上の子午線付近を23分間の露出でとらえたもので、ピリオディックモーションがあるために、波を打ったような軌跡として星が写ります。

トラペジウムの星々の離角は判っているので、この画像から「MX-HD」試作機にどの程度のピリオディックモーションがあるのかを測定することができます。実際に測定してみたところ、ピリオディックモーションは約±6秒程。周期は8分弱という結果が得られました。ただし、この値が代表値というわけではなく、ウォームギヤを用いた赤道儀の場合と同じように、様々な条件によって変化します。この値をひとつの目安として、ご使用になる環境やシステム構築のヒントにしていただければ幸いです。(kon) 


MX-HD赤道儀製品情報

http://gototelesco.co.jp/mxhd.html


※「ハーモニックドライブ」は(株)ハーモニックドライブシステムズの登録商標です。