平成の虚無僧一路の日記

平成の世を虚無僧で生きる一路の日記


ラジオ体操

2009-08-31 09:18:19 | 社会問題
朝起会の帰り、車の中で「ラジオ体操」を聞いた。
何か変だ? バックにざわめきが聞こえる。主婦の
話し声、笑い声や嬌声も。

夏休み期間中、各地に巡回して行われる。「今日は
最後、奈良県吉野町」とのことだった。

ラジオから伝わってくるのは、まじめに体操をやって
いるとは思えない騒ぎだ。「笛吹けど踊らず」。
体操の号令をかけるお兄さんもやりずらそう。
必死のような、投げやりのような声。

夏休みのこども会でも、最近は「ラジオ体操」をやらない
地区が増えてきたらしい。「前に出てできる人がいない。
子供たちもまじめにやらない」という理由だそうだ。

「子供にやらせきれない親」それ以前に「範を示せない親」
が増えてきたことが、ラジオ体操を見ても言えるようだ。


夏休みにかぎらず、公園などで早朝ラジオ体操をやって
いるのをみかける。集まっているのは年寄りばかり。

私の頃は、中学でテストがあり、完全に覚えさせられた。
私ももう年寄りの仲間入りか。
コメント

自民惨敗・民主圧勝

2009-08-31 08:58:27 | 社会問題
大方の予想通り、「自民惨敗・民主圧勝」となった。
自民も民主も“同じ穴のむじな”だと思うのだが、
世の中「政権交代」と大はしゃぎ。

前回選挙も“変革”を期待しての自民党勝利だった。
それが、期待とは裏腹の結果に、民意は自民に愛想を
つかした。今度は民主党政権のお手なみ拝見。ホントに
民意に答えられるのか? 首脳陣も戸惑っているのでは?

上げ潮に乗って、民主なら誰でもいいとばかりに、新人
が多く当選した。名うての政治のプロが新人に負けた。
今やなんでも素人がもてはやされる時代となった。

古い価値観、常識がもはや通用しなくなったか。「老兵は
消え行くのみ」と思い知らされる。
コメント

衆議院総選挙

2009-08-30 18:53:00 | 虚無僧日記
8/30 衆議院総選挙の投票に行ってきた。いつも閑散と
しているのに今日は違った。行列ができている。若い人が
多い。投票率70%超との声も上がっている。いいことだ。

ところが、さて、自民党、民主党、共産党それぞれに
おつきあいがある。「実質総裁選」となると決めかねる。

今朝の新聞コラムで「自民党は老屋、民主党は仮設住宅」。
また「自民への不信、民主への不安」とも、なるほどである。
「投票する候補者を決めていくか?」の問いに「6% が、
『行ってから』、これまた意外」とあった。 

今日ばかりは、鉛筆握りながら、しばし逡巡。結局「×」を
書いてしまった。ようするに投票に行ったが「棄権」だ。
誰の話も「聞けん」では、世の中ますます「危険」になるか。

コメント (1)

天竺尺八のホッフマン

2009-08-27 07:36:38 | 筝尺八演奏家
8/21 T.M.Hoffman が 夜行バスで名古屋に来たので、
早朝5時から3時間、朝食を共にしながら話を聞く。

23.24 の2日間、東京福祉大学名古屋校でのセミナーに
講師として呼ばれていて、ついでに、その前後の21と25日
県芸術センター内の一室で「インド音楽と筝、尺八」の
デモンストレーションをやるのだという。さらに24日の
夜は、知多半島の河和、25日の夜は犬山に行くという。
彼のスケジュールを見ると、連日ビッシリ。年に何日かは
インドにまで行っているのだから、そのバイタリティには
驚かされる。

ホッフマンは、インド音楽を筝と尺八で演奏する。インドと
日本楽器の融和を通して、インド人と日本人の考え方の相違
を哲学的に論じて、現在は慶応大学の国際コミュニケーション
学科? の講師だというから、恐れ入る。

彼の話は、インド哲学から、仏教、雅楽、真言密教、声明など
関連知識が必要で難解だ。彼の話は何回か聞いているが、
私でもついていけない。この話だけ判った。

「コップは楽器、中に入っているものが音楽。日本人は、この
コップには水しか入らないと思っている」と。なるほど、
レストランで、水、ジュース、牛乳、コーヒーと紅茶、緑茶と、
みな入れ物が違う。「インド人は、一つのコップに、何でも入れて
飲む。ただしコーヒーに牛乳は合うが、牛乳とオレンジジュースは
合わない。合うもの合わないものを見分ける目と耳を持っている。
日本の筝はインド音楽に最もふさわしい」と彼は言う。

コメント

ホッフマンの筝と尺八

2009-08-27 06:45:00 | 筝尺八演奏家
8/25 T.M.Hoffmanのインド音楽を聴きに行った。
例によってインド流、15分遅れ。名古屋の小室真里さんの
サントール演奏が60分も続く。

サントールは台形の箱にスチール絃が3本セットで30音
90本ほど張られていて、木の細い撥で叩いて音を奏でる。
ピアノの原型といわれる楽器。スチール絃で、マイクを
近く当ててスピーカーで増幅するから、キンキンキンキン、
私には、耳障りで辛い音だ。

後半、ホッフマンと入れ替わる。ホッフマンは日本の筝で
インド音楽のいくつかを演奏した。筝の方が心に優しく響く。
やはり日本とインドは対象的。彼は、曲ごとに筝の柱(じ)を
すばやく動かして調弦を変える。その耳の良さには感心。

演奏は右手左手の指10本全部使う。日本人は爪をはめた3本
で弾くものと固定観念にしばられている。「10本も指がある
のに、なんで使わないんですか?」は、インド人。日本人は
「制約された中でこそ、最大の表現」なのだ。

チェロの弓も使って弾く。筝も弓で弾けばチェロのような
音が出せるのかとびっくり。

サントールの撥でも叩く。とにかくホッフマンの手にかかると
筝が筝でなくなる。余韻も異様に長い。3秒ほども続く。
その余韻を半音、一音、一音半と押し手で音を変える。その
音程の正確さは、日本人顔負け。

最後9時過ぎて、ようやく尺八登場。彼が吹くと尺八も尺八で
なくなる。インドの竹の長い横笛バンスリーでメリ、中メリを
吹き分ける。これも日本人の尺八家顔負け。

価値観、固定観念を捨てると、別のものになってしまう。尺八も
筝も、我々が知っている以上に、幅広い可能性を秘めていることを、
外国人によって思い知らされる。

コメント

インド人と日本人

2009-08-27 06:20:27 | 筝尺八演奏家
「インド人と日本人は“火”と“氷”。全く考え方が違う」と
ホッフマンは言う。

日本人は、時間は定規のように引かれていて、その上に
きっちり計画を立てて、予定通りに動こうとする。
インド人は「予定なんか立てたって、列車やバスが来な
かったらどうする?。コンサートだって、マイクがない、
途中で停電になった。さぁどうする。時間は常に“今”
しかない。“命”あるこの瞬間をどう生きるか。停電に
なった。さぁどうする。その瞬間瞬間のその人の生き方が
見られている」と、

インド人の時間にルーズなのは、全くあきれる。腹が立つ
ほどだ。昨年、名古屋でのコンサートに立ち会ったが、
まず、予定の時間に来ない。「名古屋城を見学していた」と
4時間遅れで、本番ぎりぎりに到着。リハーサルも打合わせ
もなし。プログラムも無し。終演時間の8時を過ぎても一向に
終わらない。「お客さん、帰りたい人は帰ってもいいよ」と。
そして、9時には楽屋を引き払わなければならないのに、
おしゃべりばかりしていて、一向に片付けない。さんざん
せかして10時。「もう駐車場がしまって車が出せなくなるから」
といってもダメ。車と荷物だけ外に出して、外で全部片付け
終わったのが、夜11時過ぎだった。もうみなに迷惑かけて
平気。そんな経験があるから、もうインド人とはつきあえない。

その“火”と“氷”のインド人と日本人の間をとりもつのが
ホッフマンの役目。国際コミュニケーション学科とは、双方
の考え方の違いを顕わにして、その上でどう理解しあえるか
考える学科なのだそうな。尺八でインド音楽、そしてコミュニ
ケーション学科の慶応大学の講師。すごい展開だ。
コメント

九州の旅日記アップしました

2009-08-24 09:17:55 | H21. 8月 九州、中国地方への旅
8/12~18までの虚無僧の旅日記は、
全部で 22編にもなりました。
左の「最新記事」→「もっと見る」から
適当に項目を選んで見てください。
コメント

① 九州~山陽道を廻って

2009-08-22 21:45:24 | H21. 8月 九州、中国地方への旅
8/18 8日間の虚無僧の旅から帰ってきました。

毎年、お盆には先祖供養を兼ねて旅に出ます。
今年は、西南戦争で戦死した祖父の兄の墓を訪ね、
大分まで行きました。

事前に、小菊さん、家股さんが手配をしていただき、
また大分護国神社や佐川官兵衛記念館に手紙を送って
おいたので、行く先々でいろいろな方にお世話になり、
有意義な旅でした。

12日午前 豊後高田の「昭和の町」で 虚無僧行脚
   夜  国東市富津の「夕涼み会」の舞台で 尺八吹奏

13日午前 国見町竹田津の大光寺 
      なんと「普化宗の日本開祖、法灯国師開山の寺」でした。

14日午前 臼杵市大橋寺 (西南戦争で警察隊の宿所となった寺)
   夜  大分市に戻り護国神社の「みたままつり」で尺八吹奏

15日  南阿蘇の「佐川官兵衛記念館」と戦死の地
     中津の「福沢諭吉生家」

16日  福岡県豊津の郡長正の墓
     下関「赤間神社」耳なし芳一の像と平家一門の墓     
     
17日  倉敷
     備中高松 清水宗治の墓

18日  京都黒谷金戒光明寺「会津藩墓地」
 
コメント

② 8日間で 2,000kmの旅

2009-08-22 21:45:12 | H21. 8月 九州、中国地方への旅
昨年は「青春18切符」で四国一周。旅費は12,000円で済んだが、
各駅停車だとえらい時間がかかる。1日の大半が列車の中だった。

そこで今年は、新幹線と在来線で大分県中津まで行き、中津で
レンタカーを借り、国東半島を一周、大分、臼杵、竹田、阿蘇と
600kmを走破した。12,13,14,15の4日間はレンタカーで移動。

レンタカー代金は1日当たり4,000円。車中で寝れるから、ホテル
代よりは安い。また、しばしば雨に降られたが、雨の時は車を走ら
せているか、車中で仮眠したので、楽な旅だった。

その後、16,17,18 の3日間は、普通列車を乗り継ぎ、下関、尾道、
倉敷、岡山、京都と廻ってきた。

大分まで往復乗車券とレンタカー料金、ガソリン代で5万円。
食事は、三ヶ所でごちそうになった。それ以外は、1日 おにぎり
3個。虚無僧で旅すると、全くお腹が空かない。何も欲しくなく
なるのだ。トイレが困るということもあって、ほとんど食べない。
それでいて、帰宅して体重を量ったら、1kgも減っていなかった。

コメント

③ 8/11 大分県中津

2009-08-22 21:44:33 | H21. 8月 九州、中国地方への旅
8/11(火) 静岡で地震があり、新幹線が大幅に乱れた。
夜7時名古屋を発って一路小倉へ。30分遅れで小倉に着き、
日豊線に乗り換え、夜11時過ぎ、中津に着いた。

豊前中津は福沢諭吉先生の出身地。駅構内にも、福沢諭吉の
写真や、『独立自尊』の額が飾られていて、駅前には福沢諭吉の
大きな銅像が立つ。その駅前のバス停のベンチで夜を明かす。

朝5時でもまだ暗い。レンタカーの事務所が開くのは8時半。
それまで市内を散策する。

福沢諭吉通りなどもあって、武家屋敷街や寺町など城下町の
面影を残す。福沢諭吉の生家も行ってみた。以前来た時は
無かった記念館が建っていたが、当然閉まっていて入れず。

中津城は黒い板張りで風情がある。散歩の人もチラホラ出
だした。漸く8時半になって駅レンタカーの事務所が開き、
手続きをして、軽自動車を借りる。

中津を発ったところで雨。散歩中でなくてよかった。
ひとまず国東半島の入り口豊後高田に向かう。

コメント