平成の虚無僧一路の日記

平成の世を虚無僧で生きる一路の日記


邦楽界のトップによる夢の共演?

2018-01-31 22:26:38 | 虚無僧日記

1月28日 NHK Eテレ「古典芸能への招待」

現代の箏曲、尺八界のトップによる“芸の神髄”とのこと。

夜9時~11時 2時間 しっかり見ました。

昨年の8月に国立劇場大ホールで行われたものの再放送。

そんな演奏会があったなんて全く知りませんでした。

ネットで検索しても、誰も話題にしていません。

全く、一般とは、いや邦楽愛好家からも無視された世界です。

「箏の名手が流派を越え夢の競演!」ということで、各流、各会派の

トップの合同演奏。山田流と生田流、宮城会と正派、琴古と都山、

それぞれ歌の節も手付も奏法も全く違う。それが合奏する。

どうやって楽譜を統一したのだろう。またそれを全員暗譜というから

恐れ入る。見ていて とにかく苦痛。気分が悪くなった。

邦楽は、各流派ごとに、味わいが違うのを観賞するものであって、

全員で同じ節を演奏することに 何の意味があるのだろう。

これを一体何人の人が見ているのだろう。見た人は、結局

「邦楽はつまらない」いう感想しかもたないだろう。

この番組を見て感動した人のコメントはあるのかな?

 

演 目:五段砧、交響譚詩、熊野、根曳の松、長刀八島

出演者:米川文子、野坂操壽、山勢松韻、富山清琴、野坂操壽,

    萩岡松韻,山登松和,米川文清,平野裕子,中能島弘子,

    藤井千代賀,伊藤松超,山勢麻衣子,牧瀬裕理子,中島一子,

    藤井泰和,福田栄香,藤本昭子,川瀨露秋

尺八:青木彰時,川瀨順輔,藤原道山

 

コメント

観客動員の苦労

2018-01-28 21:36:01 | 虚無僧日記

以前『邦楽ジャーナル』でもT氏が書いていました。
邦楽の発表会やライブなどで、観客よりも舞台上の
演奏者の方が多い会が目につく。主催者、出演者は
なぜ もっと集客の努力をしないのか」と。

私も思います。「演奏はするが、お客は呼ばない」
「(恥ずかしいから)呼べない」。「聞いてもらいたく
ない」という人が多い。不思議です。
ならば、なぜ舞台で演奏するのか。そういう方は
家に籠もって練習していればいいと。

邦楽の場合、もう家族からもソッポを向かれて、
「身内も来てくれない」という現状のようです。

いやそれは邦楽だけではないようです。
洋楽器のコンサートでも観客5人というのが
ありました。

今年は 次の二つの公演に私の最期を掛けて取り組みます。

 4月20日(金)午後2時~3時 アイリス愛知
10月14日(日)午後1時~4時 名古屋能楽堂

コメント

あの世行きのパスポート

2018-01-28 21:23:55 | 虚無僧日記

今日の3分間法話

「あなたは、今 正しく生きてますか?」と 聞かれて、

「はい、やましいことはしていない」と、胸を張って答えられるだろうか。

誰もが “良心” を持っている。 良心=仏心 と言ってもいい。

自分は、“仏” と 一体になったであろうか。み仏のように

誰からも信頼され、好かれ、尊敬される人になっているだろうか。

そう問われれば、否かっぺだ。

 

そして、死んだら、あの世の入り口で、三つの質問をされるそうだ。

1 あなたは 誰のために 生きてきましたか?

2 あなたは 何のために 生きてきましたか?

3 あなたは 何を残してきましたか?

 

この三つの問いに、正解しないと、あの世とやらには行かれないそうだ。

ゲゲゲのゲ。「誰のために?」「何のために?」と問われれば、

「自分のため」にしか生きてこなかった。自分の身勝手な願望、

やりたいこと、したいことのために、家族も友達も 犠牲にしてきた。

そして、家族に社会に 何も残せなかった。 財産も記憶も。

このまま死んだら、私という人間が、誰の記憶にも留まらないのでは、

あまりにも空しい。

 

「あなたには、あの世行きのパスポートは まだ 発行できません。

今からでも やり直して、出直してきなさい」 と 天の声。

そこで目が覚めた。

 

コメント

1月19日 「ニセ虚無僧取締令」が出された日 だって

2018-01-27 20:12:09 | 虚無僧日記

今日は何の日 徒然日記」というサイトに、こんな記事を発見。転載させていただきます。


1月19日 今日は何の日  江戸時代 「ニセ虚無僧・禁止令」が出された。 

延享元年(1744年)1月19日、江戸幕府が「偽虚無僧の取締令」を発布しました。

こういう法令が出る時は、それによる被害や もめ事が多発したためであって、
ニセ虚無僧が大勢出没していたって事ですね。

本物の虚無僧というのは、剃髪せずに尺八による「音声説経」をしながら
諸国を回る普化宗(ふけしゅう・禅宗の一派)の僧の事。

その普化宗では、尺八は法器とされ、仏教的に尊いもの。その音は、単なる
音楽の音とは違うわけで、その尺八の音を借りて説法をするというわけです。

とは言え、多くの場合、深い編傘をかぶり、腰には刀を差し・・・という                              怪しさ満載のそのお姿で、無言のまま尺八を吹く・・・

最近の大阪では、とんとお見かけする事がなくなりましたが、子供の頃には、
遊びに行こうと 引き戸を開けると、ド~~ンと立っていはったり、外出から帰ると
家の前で尺八を吹いていはったり・・・と、大人には理解できても、子供には
トラウマになりそうな事が何度もあったもんです。

夜遅くまで騒いでいると、「はよ寝な、虚無僧来るで!」と怒られてました。
(←マジメな虚無僧さん、スンマセン)


で そんな中で、江戸時代 やがて登場するのが 偽虚無僧です。

僧なら、お経の一つも唱えなければ托鉢もできませんが、虚無僧なら、
尺八が吹けさえすれば何とかなりますから、「ちょいと練習してやってみよう」って
輩が出て来るのも、もっともかも知れません。

本物の虚無僧なら、店の前や家の前に立って何も貰えなかったとしても、
それは修業の一環ですから、何も言わずに、ただ立ち去るだけですが、
ニセ者は違います。

「なんで、金を出さないんだ!」と店前で暴れてみたり、脅したり・・・

一般人とのトラブルが絶えない状態となり、とうとう、延享元年(1744年)
1月19日、幕府が 『偽虚無僧の取締令』を出したわけです。

やがて、明治の廃仏の嵐に飲み込まれて、一旦は、廃止となった虚無僧ですが、
ご存じのように、「宗教の自由」が保証された現在になって、再び普化宗が
よみがえり、虚無僧も復活しました。

なので、現在の虚無僧さんは、全員、本物の虚無僧・・・。安心して、
思いっきり「音声説経」をやってもらっちゃってください。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやはや、判りやすい。当サイトの管理人は、ハンドル・ネーム「羽柴茶々」さん。
どうやら「歴女(歴史好きな女性)」らしい。ありがとうございます。

コメント

日蓮宗の者の伊勢代参

2018-01-27 20:07:12 | 虚無僧日記

『名古屋叢書』 第18巻 随筆編 (1)

P.257  「塩尻拾遺」 巻49

或る貴人、家人をして 伊勢・八幡へ代参加の事ありし。

かの家人、日蓮宗なりしが、使いを勤め、帰りて同僚に曰く。

「このたびほど、心の憂き事はべらず。忌々(いまいま)しくも

邪神へ参りて、身も穢(けが)れる心地し、そこそこに代参を

勤めて帰りし」とかや。

ああ、二所(伊勢神宮と岩清水八幡宮)の宗廟をも「邪神」と

ののしり、主人の代参をも疎略にせし。天罪といひ、不忠といひ、

人非人の賊なり。これ己が邪宗に執して、かくあさましき所存と

なる事、云ふにたらず。その者一両年のうちに癲を煩ひて、

久しく悩みありしが、元禄の末に死して、子も亦ほどなく顛狂して、

跡絶にき。神罰のほども いと おそろし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日、伊勢神宮にお参りしてまいりました。すごい人。

老いも若きも「お伊勢参り」。なんと新人深い人が多いことか。

ところが、今朝、こんな話も。

伊勢には行ったが、お参りはせず、おかげ横丁で飲み食いして

遊んで帰ってきたら、帰りに ころんで、「腰を痛めた」。

「足を骨折した」という人が二人も。

 

 

コメント

安政6年にアメリカから娼妓?

2018-01-27 19:55:48 | 虚無僧日記

『名古屋叢書』 第21巻 随筆編(4)  p.126

「感興漫筆」 23 安政6年(1859)  10月

天野某 横浜にて 異人の牛を殺すを見る。

まず、牛の四足を四本の柱に縛りつけ、動かぬようにして、

前足の一部を切り、そこに管を差して、異人交代で血を吸う。

他の足にも順に、管を差して、同様にする。

 

紀州の人、アメリカより来る売妓を買ふ。臥褥に入りて、まず

男子の身をねぶるなり。惣身を余地なくねぶり おわらざれば、

交接を許さず。

 

右の二事をもって推し考ふるに、夷人の獣性を帯びたるを知るべし。

謝罪の時は、手足を地に着けて四つんばいになり、或ひは、

土足にて席に上るなど、皆、人間の礼なし。器用の製等は精巧を

尽くすといへども、仁義忠孝の道は絶えて、其の心に入らざる者なり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安政6年は、明治になる10年前。アメリカからの船には 売女が

乗っていたようである。船は女性厳禁というのは日本だけ?

 

 

 

 

 

コメント

魅せる詩吟をめざして

2018-01-26 20:47:42 | 虚無僧日記

平成28年2月21日 「つるの恩がえし」 名古屋能楽堂

 

写真は 昨年2月に能楽堂で開催された『つるの恩返し』。

主催は、一路会の女性グルーブで結成された「姫ローズ」。

語りと詩吟に 筝、三絃、鳴り物、笛などの演奏が加わる。

単なる伴奏ではなく、それぞれが それぞれの場所で主役となる。

来聴者は40代50代の方が数百名。子供連れの若いママさんも。

「詩吟も邦楽も初めて」という方がほとんど。

全国コンクール優勝の肩書をもつ澤田千鶴香の語りと詩吟は圧巻。

敬遠されがちな詩吟だが、「初めて聞いたけれど、すばらしい」

「詩吟がこんなにすばらしいものとは思わなかった」

「ぜひ、次回は友達を誘って来ます」との絶賛の声。

詩吟や邦楽の衰退に歯止めとなるか。

ご要望に応えて、今年10月14日、能楽堂公演。乞うご期待。

 

コメント

詩吟の未来

2018-01-26 20:45:11 | 虚無僧日記

平成28年4月17日 「詩吟・詩舞・剣舞 奉納演奏」奏

 泰洲流 吟剣詩舞道大会

写真は伊勢神宮・参集殿での奉納吟詠。

こういうシチュエーションでは詩吟や剣舞もぴったり。

一般参詣の方も足を止めて、しばし見入っていました。

「観る人の心にはいる」。それが芸能公演の第一。

観客の期待に応えられない独りよがりの公演では

観客が集まらないのも当然。 

「詩吟や尺八」というと「いやいや、結構。興味ない」

と言われるような公演を続けてきた尺八家、吟者の

責任は大きい。私の師堀井小二朗は、50年も前に

「尺八は尺八家によって、詩吟は吟者によって滅びる」と

予告した。「音楽以前の低レベルでは、一般人の心を

打たない。これでは廃れて当然」と。

 

コメント

詩吟と長寿の因果関係は?

2018-01-25 21:49:27 | 虚無僧日記

詩吟愛好者の平均年齢は80歳近いのではないでしょうか。

でもみなさんお元気です。

そこで面白い話を耳にしました。詩吟は健康にいい。

大声を出す。腹式呼吸で声を出すことが長寿の秘訣。

そのことは、現役の人たちを見れば判ることだが、それを調べた研究は無い。

科学的にまだ証明されていない。どこぞの医療機関で調査してもらいたいが

誰もやろうとしない。やってくれない。それは・・・・

 

「詩吟が健康長寿につながる」となると、医者が困るからだというのだ。

医者は病人を作ってこそナンボ。だから検診を勧めるのだという。

検診で検査値の大小をことさらに騒ぎたてて手術を施せば、医者は儲かる。

詩吟でみな健康になってしまうと医者は儲からない。

というわけで、詩吟は絶滅寸前。もったいない話です。

 

コメント

詩吟の未来

2018-01-25 21:47:35 | 虚無僧日記

詩吟が壊滅状態にあるのは、詩吟愛好家の層が高齢であり、音程もロクに

とれない、詩吟の声も出せないという人がほとんどだからでしょうか。

音程もしっかり、声も美しいスターが出れば、再興の余地はあるでしょう。

詩吟の家元の娘である歌手の「石原詢子」、そして今話題の「千本桜」を

歌っている「和楽器バンド」の「鈴華ゆう子の」に一縷の期待をかけたいものです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=olguD6WJ3Qc

 

https://youtu.be/0m1y7m0HkvQ

 

コメント