平成の虚無僧一路の日記

平成の世を虚無僧で生きる一路の日記


ならぬものは ならぬ

2007-07-26 07:05:19 | 心の問題
昨晩つい興奮して警察の悪口を書いてしまったからか、
今朝寝覚めが悪い。いかん。よいツキをもらうには、
いつもニコニコ腹を立てず、人を憎まずだ。

『国家の品格』相変わらず売れているらしい。その中に
「会津藩の教え」として「什(じゅう)の掟」が紹介されて
いる。我々会津人は子どもの頃から叩きこまれている教えだ。

 一つ 年長者の言うことに背いてはなりませぬ
 一つ 虚言を言うことはなりませぬ
 一つ 卑怯に振る舞いをしてはなりませぬ
 一つ 弱い者をいじめてはなりませぬ 等7項目あり、
最後に「ならぬことは なりませぬ」で締めくられる。

早朝6時半でも違反は違反。異議申立と処分取消しの訴えを
しても、弁護士、司法書士への支払いを考えると、反則金
払ったほうが安い。結局おかみには逆らえぬ。悔しいが
払うがベターか。水戸黄門様は現れぬか。


今朝の朝起会では「人格形成はgood、beter、bestではだめ、
さらにパーフェクト!でなければならない」と教えられた。
完璧主義はかえってストレスがたまる。それを通り越して、
ちょっと抜けているほうがbeterなんだが・・・・。

           
コメント

真如苑と朝起き会

2007-07-25 07:23:07 | 心の問題
真如苑と朝起き会、学びは共通する。「他人の悪を云わず」
「人を責めない」「不幸な出来事もあるがままに受け入れて、
明るく生きる自立の道を見つける」そういう会だが、
インターネットを見ると誹謗中傷記事も多い。それらの声に
反論しないのも両者の共通点。

茶筒を上から見て「丸い玉だ」という人、真横から見て「いや
四角い箱だ」と言い張る人。どちらも中身を見ようとしていない。
私は、いいとこ取りで「虚無僧とは」に取り組んでいる。

虚無僧も、「怖そう!」と見る人もいれば、「修行僧」と見て
手を合わせてくださる方もいる。無関心を装う人、さげすんで
ツバをかけていく人もいる。何事もあるがままに受け入れ、
腹を立てない修行なのだ。

実は私は短気で、キレル性格なのだ。会社勤めをしていても
三年に一度は上司に物を投げつけて喧嘩し、出世を棒に振った。
妻にも子どもにもDVで捨てられた。そういう性格だからこそ、
真如苑で仏の心を学び、毎朝の洗顔、つまり、朝起き会で、
昨日の反省と今日の誓いが必要なのである。虚無僧修行は
その実践。最近ようやく心優しく、穏やかな日々を過ごせる
ようになった。感謝である。

             
コメント

名鉄ホール「おんなの家」観劇

2007-07-24 07:17:37 | Weblog
いつもは名鉄デパート前で虚無僧している私ですが、
今日、名鉄劇場で「おんなの家」の芝居を観てきた。
きっかけは、昨日、井上順さんに会って握手をして
もらったことから。名鉄で芝居に出演しているとの
こと、そして偶然にも今日の11時の公演の招待券が
手に入った。しかも前から2列目の席。11時でも即
行けるという自由の身。「呼ばれたな」と思った。

橋田壽賀子作、石井ふく子演出。昭和49年TVドラマ
として放送されたものの芝居化とか。ストーリーは、
東京神楽坂の炉端焼き店「花舎」の4人姉妹。
といっても次女は亡くなっていて、その遺児さくらを
四女(藤田朋子)が母親代わりに育ててきた。
長女(高橋恵子)は三回も結婚に失敗して出戻り。
三女(熊谷直美)は夫に死別して保険金1億円ほど
持っている。という4人それぞれの人情ドラマ。

父親が亡くなり、相続税1億4千万円の支払に窮し
ている。売るにしても、バブルはじけて2億円に
しかならない。。それぞれの長い老後を考えると
どうするか、すったもんだの末、はな子は嫁に行き、
三人力を合わせて店を守っていこうという結末になる。
笑いあり涙あり、泣き笑いの3時間半。テンポ良く、
解かりやすいストーリー展開に十分楽しめた。

広い客席を見ると、女性ばかり。男性は10人ほど
しかいない。ホントに今の世の中、「男なんかいなく
たって」という時代になったが、これが30年も前の
作品ということに驚かされる。私の「一休語り」にも
大いに参考になった。
                  
           
コメント

HP管理人「一珍」こと正馬坊や

2007-07-21 07:08:57 | Weblog
正馬君に初めて会ったのは彼が3歳の時。
公園のベンチで解説書を見ながらロボットの
組立をやっていた。話しかけると、旧知の仲
のごとく、大人の会話をする。その風情は、
一休さんの「幼くして老成の気あり」であった。

4、5歳の頃だったか、あるお寺の和尚さん
が「幸せになりますよ」と云うと「今でも
十分幸せです」と答えて、周囲を驚かせた。

生まれながらに、仏性を持っている。
親に口応えしたことも無く、学校の成績は常に
トップ。クラスのみんなを笑わせ、まとめる力
もあった。いじめなんか存在しない。

その子が小学校6年の時、初めて物をねだった。
「パソコン買って」と。初めてのおねだりであり、
真剣なので、よほどのことと買ってあげた。

すると、小学校6年生で私のホームページを
作ってくれた。以来4年。彼も高校2年生。

ぜひ彼の立ち上げてくれたホームページを
見てください。

  http://www.komuso-ichiro.com/

  「尺八と一休語りの虚無僧一路」
  「虚無僧一路」検索で出ます。
 
  もうひとつのブログでは「一休と虚無僧の
  関係」について詳述しています。

        
          
            

    


コメント

新潟大地震 つづき

2007-07-17 09:23:33 | 虚無僧日記
新潟大地震のニュースを新聞TVで見聞きするにつれ、
人知れず涙した。新潟には格別の思い入れがある。

私の父は会津出身なので、新発田連隊から出征した。
帰国後、東京電力に勤め、私が学生の頃は、小千谷に
ある信濃川電力所の所長として単身赴任していた。
小千谷は江戸時代会津藩領であったため、「食べ物も
言葉も風俗習慣も一緒だ」と喜んでいた。
私も学生時代よく遊びにいき、親に内緒で虚無僧行脚
したものである。

「親鸞さんはじめいろんな方が流されて来た土地です
からね、よそから来た人を快くもてなすのです」と、
どこへ行っても親切に迎えてもらった。
数年前、かつて旅した所を回り、世話になった方々を
探したが、町の様子もすっかり変わっていて判らなか
った。
あの人たちは、この地震でどうしているだろうという
思いがこみ上げてくるのだ。
柏崎原発の火災も心痛む。父はいい時に退職した。

        
コメント

鳩の死と「千の風になって」

2007-07-17 07:10:00 | Weblog
毎朝夜が明けると、ベランダに一羽の鳩がやってきて、私
を起こしてくれる。餌をねだりにくるのだ。

「千の風になって」あちこちでリクエストされる。その歌詞
に「朝は鳥になって あなたを目覚めさせる」とある。鳩に
向かって「あなたはいったい誰」と声かけてみる。

少し前まで、番(つがい)で来ていた。鳩は夫婦仲がいい。
他の組とも絶対に喧嘩しない。縄張りに入ってくると、
ククーククーと声を出しながら、しきりに首を動かし、イヤ
イヤと意思表示をする。くちばしで攻撃するようなことは
しない。鳩が平和のシンボルとされる所以だ。

ところが周りの住民から苦情がきた。「朝早くからうるさい」
「糞が困る」というものだ。鳩駆除の業者に頼んで捕まえ、
処分するという。他人に処分されるくらいならと、自分で
捕まえて段ボールに入れ、車で遠くまで運んで離してきた。
その間全然あばれない。じっとしていて、段ボールの蓋を
あけると「なに?」と首をかしげてこちらを見る。あるが
ままの境遇を受け入れる。悟りきっている。

川向こうまで行って離したのに、翌朝また来て、ゾーッで
あった。あんな仕打ちをされても、また寄ってくるのだ。

その一羽がカラスに襲われ死んだ。落ちるのを目撃して
いたのだが、落下地点をいくら探しても遺体がない。
「鳩やカラスの死骸がないのは不思議」という本があった。
そのまま昇天してしまったのか。

鳩は一羽になった。カタワレを失った鳩が淋しそうに、
今日も来ている。餌はパンの耳。        

            
コメント

ティシュ配りと 号外配り

2007-07-16 23:32:37 | 虚無僧日記
キャッチセールスと共に多いのがティシュ配り。
以前ほど受け取る人はいなくなった。それでも、
日に5,000個配るという。受け取ってもらうには、
渡すタイミングがある。やはり気だ。

今日7月16日「新潟大地震震度6」の号外が出た。
いち早く毎日新聞が柱に貼って行った。
次、朝日新聞が来て配っている。ダークスーツ
にネクタイ着用の人が「号外!号外!」と威勢
よく、手にした号外を突き出す。何ごとかと
通行人は先を競って手を出す。メーテレのカメラ
も来た。ますます人だかりで、緊張感あふれる
映像が撮れた。(私も保険会社で社内広報の
ビデオを創っていたので判る)

しぱらくして中日が来た。配達作業員か、つな
ぎ服を着た数人の人が配り始めた。
「号外でーす。お願いしまーす」声も小さい。
お願いして受け取ってもらうモノではないだろう。
受け取る人もまばら。

営業するなら、「お願いセールスではいかん」、
という例だ。

         

コメント

梶田昌艶作曲「紫の幻想」

2007-07-15 19:39:44 | 筝尺八演奏家
昭和45年頃だったか、NHKFMの邦楽番組で、今まで聞いたこと
ないようなステキなメロディが聞こえてきた。一度聞いただけで
メロディが耳に残る。曲は「紫の幻想」とわかったが、作曲者の
名前は聞き取れなかった。以来ずっと私にとって幻の名曲となり
楽譜を探し求めてきた。

平成5年、私は転勤で単身赴任名古屋に来た。そしてまもなく、
人の紹介で梶田昌艶先生を知り、家を訪ねた。そこで床にころ
がっている「紫の幻想」の楽譜を見つけて、心臓が止まる驚き
だった。 
「こここ、この譜面どうしたんですか?」と、言葉にならない
私に、先生は「私の作曲よ」と。運命的出会いであった。

梶田先生も、「一週間ほど前、大きな亀が家の前にいてね。
亀は瑞兆、良い知らせを運んでくるっていうじゃない。あなた
のことだったのね」と。

以来、リサイタル、CD録音に起用していただき、昨年は名古屋
市民芸術祭参加公演として能楽堂で『亀遊たん』を作曲発表した。
家の前にやってきた亀さんが題材で、狂言の佐藤友彦氏に出演
願い、筝・三絃・十七絃・尺八に狂言という異色の組み合わせで
好評であった。
NHKFMの録音放送は今夏で5度目となる。昨年は私がモスクワ
に行っていてパス。
9月3日11:00~『邦楽のひととき』演奏曲目は「秋の曲」

音楽に対する姿勢、感性が全く同じ、ピッタシカンカンなのだ。

             


コメント