嗚呼、勘違い・・・・カイゴ日記

ホントはそうでなかったかも



まぁ コーヒー飲んで ごゆっくり

太った言い訳している!

2013年07月31日 15時50分07秒 | 深部静脈血栓症
今日は点滴の差し換えの予定ではなかったが、輸液管を押さえているテープ越しに出血があった。
病衣の交換もあり針を抜くとなった。
 
ついでにシャワーしたらいいとなって、気持よくシャワーをしてきた。
 
 
さて、シャワーするのに針抜いたはいいけれど今度はうまく血管見つからなくて担当の看護師さんから別の看護師さん、麻酔科の先生まで煩わしてやっと血管を確保した。
 
麻酔の先生が、「看護師泣かせの腕だ」と言っていた。
 
毎月の採血でも看護師さんがご苦労されているので今回も血管は難しいですと伝えた。
肉付きすぎてて言ったら、血管が細いのでそれは違うと言ってもらった。
 
 
今朝の巡回の時に担当の先生が、「痩せましょう。いっぺんに体重落とすと体力も落ちるから徐々に」と血栓溶かしと体重落とすのが今回の入院目的となった。 
 
 
午後からの検温で担当の看護師さんに11年前の血栓症状と今回のバス旅行の話しなどしていたら、あら私のカイゴ生活は太った言い訳だらけだ。
 
 
 
 
 
 
.
コメント

PC持ち込みの許可

2013年07月30日 21時13分17秒 | 深部静脈血栓症
仕事の〆切があるとPCの持ち込みをお願いしていた。

心臓がメインの病院でペースメーカーを入れている患者さんがいるのでケータイも許可区域のみ電源オン可能は当たり前。
 
母のことがあり個室化した部屋で電話の使用をお願いしていた。
 
緊急性で許可をもらった。 
 
 
 
母のショートスティ延長で施設から下着や服の追加持ち込みの電話をもらったとオカンが施設に行って来た。
 
普段は下着を汚した時は洗濯してくれたが、延長かけたので洗濯は家庭でしてくださいと言われたそうだ。
 
 
 





コメント

また、詰まらせちゃいました

2013年07月29日 20時24分34秒 | 深部静脈血栓症
左脚の痛みは、むくみとなった。


11年前を思い出させる膝の曲がらなさで朝一病院に走った。


今時は、「紹介状がないと診てあげない」と11年前の病院から月一健診の医院に寄って割り込み30分以上かかって紹介状を書いてもらって、こっちの病院にしなと新規患者になる。

ここも予約外で待つこと2時間、やっとエコー検査。

待ってる間に入院覚悟でケアマネさんに電話。

母の帰宅回避の算段を頼む。

明日帰宅予定のショートスティを延長してもらう。


熱出したり、延長したりとフルにお世話になります。

エコー検査後、11年前と同じく「血栓あります。肺に飛べば重大な病気、どうしますか」と入院判断は自己責任。


段取りはともかく、入院は覚悟。


母の預け先さえ確保できれば、入院、検査、安静治療が優先。



とりあえず母の延長も確保でき、私の詰まり具合も11年前よりは短い範囲のようだ。



いろいろ皆さんにご迷惑お掛けします。





コメント (1)

この痛みは何なんだ

2013年07月28日 10時32分37秒 | 深部静脈血栓症
今朝の定点観測

 +22.3℃

いつものGSの温度計、午前7時頃。
 
 
 
 
今回オカンにくっついて出掛けたのはバージョンアップし過ぎたマイ・ボディーを包み込む衣装を探すのが第一の目的だった。
 
最近の足の具合から弾性ストッキング履いて血栓予防などして行ったはずだったが、バスを降りた途端左脚の臀部から大腿部に痛みが走った。
 
それ以来、歩き始めや腿の上げ下げで痛みが走る。
 
歩けないわけではない。
 
びっこ引きながら移動して最低限の用を済ませ家に帰って来て、二晩たち、ずいぶんと痛みは軽くなった。
 
 
 
施設からは電話はない。
 
 
今は自分自身のことを優先する。
 
 
 
 
 


コメント

テレビ見られないのをいいことに

2013年07月27日 20時21分27秒 | 北海道日本ハムファイターズ
テレビ中継を見られないのをいいことにファイターズ関連情報から目を背けていたのですけど、今日も矢貫に投げさせますか?


ケッペル、6回1点で踏ん張っていたんだ~!


上に上がるだけのポジションなんだから。







コメント

初めての林檎

2013年07月26日 10時45分28秒 | シニアクラブ
 
 
シカゴからiPad mini 買うけど一緒に買うかいとSkypeがあった。
 
 
ついでに頼みますとカバーも合わせて買ってもらった。
 
オカンからの高~い素敵な誕生日プレゼントです。
 
 
wi-fi typeでホテルで繋いでいる。
 
 
使いこなすには、“ 500円”の入門書では無理か。
 
 
 
 
 



コメント

お粥だけど、食は戻ったかな

2013年07月25日 17時49分07秒 | いずれ行く道
施設から夕方の連絡があった。
 
 
病み上がりのお昼なのでお粥と食べやすい食事にしたら、残さず食べたという。 
熱も36.6度に下がっているそうだ。
 
 
食欲が戻れば、なんとかなるでしょう。
 
 
 
ひとまず、ホッ!
 
お世話になります。
 
 
 
 
 



コメント

雨は上がったかな

2013年07月25日 11時37分22秒 | いずれ行く道


朝、窓ガラスに雨が当たった様子で下を見ると路面が黒い。
 
テレビでは雨雲の流れを映していたが、大雪山を越える画像はない。
 
 
オホーツクの畑は雨が欲しいと言っていた。
 
 
 
 
施設から電話があった。
 
昨日、薬を処方されケアマネさんが施設に届けてくれ服用して熱は36.8度に下がり食欲はないが、お腹の痛みは特に訴えることもないよう。
 
まだ眠そうなので水分補給しながら食べられるようになるのを待ちますとのことだった。
 
 
戻しますとは言わなかったので、予定通り頑張っていてください。




コメント

施設から電話連絡が

2013年07月24日 21時57分28秒 | いずれ行く道
午後3時過ぎ、ケータイに母がショートスティに行っている施設から電話があった。


食事を残してお腹が痛いと訴えたらしい。便がたまってお腹が苦しいのかとカンチョウで多量の排便。


その時に体が熱っぽく体温測ったら、39度を越えている、病院連れて行くこともできるがどうしますかと連絡だ。


定期に往診してもらっている病院は往診日で医院は休診のはず。
何かあれば訪問看護に連絡と言われていたので、その旨話しして、介護支援事業所ケアマネさんに相談してみるとなった。

2時間後、往診医師とも連絡が取れ施設に往診、血液検査をして対応するとなって、診立て整腸剤、解熱剤の処方。

後から、水分補給で様子見となったようで、熱も38度代になったので夜勤に引き継ぐと連絡をもらった。



インフルエンザで発熱、予定を切上げ早く自宅に戻ったこともあったが、今回はひどい炎症を起こしているわけでもないようでこれで収まってくれることを願う。



さて、百歳を越えるといろいろと生きて行くのもシンドイでしょうが、生きてる間はしっかりして。







コメント

狭ッ!!

2013年07月24日 07時29分46秒 | Weblog
久しぶりに都市間バスに乗っている。


バスの座席って、こんなに狭かったか!






コメント

母は二回分通しのショートに

2013年07月23日 12時02分28秒 | いずれ行く道
 
昨日ディサービスだった母だが、今日から二回分通しのショートスティにお願いした。
 
明日からオカンが出掛けるのに私もついて行くからだ。
 
 
週末に掛かると送迎はないということで週またぎのお泊まりにしてもらった。
 
 
この暑さで私の寝付きが悪い。
明け方の母のシッコには対応できないということもある。

今朝も母は早くから起きてベッドに腰掛けていたようだった。
 
 
 
しばらく母のことお願いします。
 
 
 
 
 



コメント

どうしてここに寝ているんだろう

2013年07月22日 16時28分12秒 | いずれ行く道
今朝の定点観測

 +22.3℃

いつものGSの温度計、午前7時頃。




明け方からだんだんシッコの間隔が狭くなる母。


「どうしてここに寝ているんだろう」と言われても。


今日はディサービスの日。

迎えのオーナーさんとこんな話しをしたら、今初めてお会いしたという対応をしてますということだった。

記憶が飛んでしまい、「どうなるの」という不安には大丈夫と言い続けるしかないのではと。








コメント

我が家は母の床屋さん

2013年07月21日 20時28分19秒 | いずれ行く道
母の髪が伸びた。


やっと我が家は、床屋になった。







コメント

何を心配したらいいかわからん

2013年07月20日 17時12分19秒 | いずれ行く道
明け方からの30分置きのシッコに少々くたびれ果てて母のご飯が遅くなった。
 
 
お腹すかないのと聞いたら、「私はいいんだけど、買い物に行っていないから皆にどうやって食べさせたらいいかと思って」と。
 
 
昨日のことだが、母の長姉の嫁とバッチ子が所用で来たからと寄ってくれた。
母の甥っ子といっても80、70過ぎているが。
 
お土産に持って来てくれた自家ハウス製のミニトマトをほぼ一人で食べて、最初は誰だかわからないと言っていた母が、「畑は」とか「姉さんどうしているの」と言ってから「亡くなったね」と言い直したり記憶はきちんとシンクロしている部分もある。
 
 
8歳上の従兄弟だとだいたい背中を追いかけるようなところで私が今体験するようなことは経験されているから悩み相談みたいな話しになるし、親戚のこともわかっている。
 
母がこんな状態で人の心配するようなこと言わないでもと言えば、そこは母の長姉の子、母方のじいさんの話しまでさかのぼってくれた。
 
 
従兄弟たちが帰った後はケアマネさんが来月のケアプランを持って来たり、訪問看護師が来たりだったが、ずいぶんクリアだった。
 
 
 
 
今日の母は、茶の間は近くの孫が来ていたからなかなかベッドから離れなかった。
 
所在なさげにしているから聞いてみたら、「何を心配したらいいかわからん」と。
 
 
 
 


コメント

おじさんは向こうで休んでいて

2013年07月19日 15時22分26秒 | いずれ行く道
今朝の定点観測

 +19.0℃

いつものGSの温度計、午前7時頃。
 
 
 
今朝母に起こされたのは明け方4時過ぎだった。
 
零時過ぎシッコと呼ばれた後は記憶にない。
その時パットを取り替えてそのパットが半分ほどの汚れで横漏れして結局は下の3点セットお取り替え。
 
 
 
昨夜は前日にマンション型Bフレッツ契約の姪っ子からIEでダイヤルアップの暗証番号入力を促され前に進まないと相談されインターネットオプションでダイヤルしない設定に戻すよう話して終わっていたのをGoogleChromeで迂回接続できたと当面のメドついて原因究明は先送りした。
 
 
 
朝起きてベッドに寝たり起きたりの母かと見に行ったら、「おじさん、向こう行って休んでいてください」と。
 
 
 
 
 
 
 



コメント