海と亀

飼ってるリクガメ(マルギナータ、ヒガシヘルマン)のこと、たまに趣味のダイビング、ちょい釣のこと

2019冬眠入り経過-2019.11/17

2019年11月18日 21時20分58秒 | 冬眠
昨日11/17の日曜日、朝から晴れて良い天気の休日になりました。


静かになりつつある我が家のかめ庭で、お昼をまわった頃・・・




マルギ♂じょじ



続いて、




マルギ♀ちゃご



2かめが出てきて、しばし日向ぼっこを。。。


が、2かめともあまり動きまわることなく、食餌に手を着けることなく、
1-2時間ほど日差しを浴びてから、寝床に帰って行きました。

しっかり冬眠準備に入っているようです。。。




そんな暖かくなった昨日も寝床に潜ったまま、出てこなかった2かめに、
昨日夕方、冬眠床に移って頂きました。




マルギ♂ばる


956g(-56g↓:9/26比)





マルギ16孵化仔じょじ1号


660g(-8g↓:9/26比)




が、しかし・・・、昨日のうちに2かめに冬眠床入りしてもらったものの、
今日は更に暖かくなる予報、朝も気温が下がらず、タイミングを見誤った??
と思っていましたが・・・

先ほど帰宅すると、2かめともしっかり潜っていっておりました。。。








今年シーズン序盤に大きく増量、成長を期待していたばるですが、
結局昨シーズンの冬眠中と変わらない体重です、、、


じょじ1号は、今シーズンもしっかり育ってくれました。。。





一方で、先週11/15に冬眠入りを断念して、屋内ケージに入ったヘルマン♂はび、
徐々に屋内に慣らしてもらうため、保温・スポットなしにしていますが、
ほとんど食餌に手を着けた形跡、動きまわった形跡は見られず・・・


昨日の折角の日差し、かめ庭に出てもらうと、シーズン中の早足とは違いますが、
しきりと歩き回って・・・




ヘルマン♂はび



野草やワイルドベリーの実を、ちゃっかり味わっておりました。。。













近日イベントリンク
















コメント

ヘルマン♂はび、冬眠断念・・・・

2019年11月15日 23時34分45秒 | 冬眠
まずは、前回の報告で、11/10(日)に冬眠床入りしてもらった2♀のその後。

ヘルマン♀くうは、翌11/11の朝にはそのままじっとしていましたが、
その日の日中に潜っていっておりました。。。

一方のマルギ13♀ふれあは、なかなか潜ってはいかないものの、
冬眠床の一角から動いた形跡がなく、そのまま冬眠床に居てもらいましたが、
昨日11/14(木)の晩には姿が見えず、掘り返した跡もはっきりしないので、
手で探ってみると、意外なほど深いところまで潜っていましたね・・・



そして、問題のヘルマン♂はび・・・

11/4(月)に一度冬眠床入りしてもらったものの、一向に潜ろうとせず、
再び外に出てもらい、先週末11/10(日)にかめ庭に出すと、歩き回って、
結構な量を食べていたのですが、翌日には飼育スペースの寝床で潜り、、、

その後出てきた形跡がない状況が続き、今日11/15(金)朝は結構な冷え込み、
思い付きで、冬眠床に移ってもらおうと状態の確認を。。。






921g


前回よりは減ってはいますが、これまでの体重推移から順当な範囲の減少、
問題なのは・・・







腹甲の擦れて磨り減ったところに、幾つかの潰瘍が、、、







反対側も同じように・・・


屋外で放ったらかしにしていたもので、気付いていませんでしたが、
私自身これまで経験のない事態、深刻な状況に陥りかねない甲羅の潰瘍、、、



今年は例年以上に遅れた冬眠明け、冬眠明けからなかなか戻らない体重、
気になりながら、元気な見た目の様子に、冬眠に踏み切るつもりでしたが、
気温がなかなか下がらないとはいえ、冬眠を拒むかのように食べ続けて、
いつもの年とは違うように感じていました。


というわけで、今シーズンのはびの冬眠を見送ることにしました。。。



そして実は、今日はたまたま有給消化のため、仕事が休みとなっていた日、
予定を入れているわけではなく、昨日まですっかり忘れていたのですが、、、


せっかくですので、急遽、はびを病院に連れて行くことにしました。


事情があって色々と考えた末、ここ何年かの間で通っているところではなく、
橋を渡った隣県のとある動物病院に、約10年ぶりに向かいました。

某大型水棲カメの保護活動団体とも関わっている、名の知られた先生です。



診察の結果・・・

潰瘍の程度は深いものではなく、特に処置の必要はないとのことでした。

一応は、消毒くらいはしたほうが良いのでは??と聞いてみましたが、
今のところは必要ないでしょうと。。。


問題なしとはいえ、半日の移動と診察、しかも今日の日差しの中での車内、
すっかり覚醒してしまっており、そもそも冬眠断念を決めての今日の受診、
帰宅して、他の屋内ケージの清掃を兼ねて、はびのケージの準備を。







その間、かめ庭に出てもらっていましたが、先週末同様歩き回って、
やはり野草を啄んでおりました。。。




それから・・・




19ちゃご24号(画像中央)



せっかくの病院受診、強制給餌にまで至っている19ちゃご24号を
連れて行って診てもらわないという選択はありえません。


上の画像は1週間ほど前のものですが、2週間程で6-7回の強制給餌と、
腸内細菌移植を目論んだ処置を行って、動きが良くなり、食欲も戻ったように見え、
ここ2週間ほどは強制給餌を見送っていますが・・・・

見た目の動きと食欲とは裏腹に、甲良は徐々に柔らかく痩せてきており、
顔も窶れてきています、、、、


食欲が戻ってきているとはいえ、想像するに食事量は通常の数分の1程度??

それ以上に思い当たるのはカルシウムを吸収できていない???

日光浴が難しくなってきたこれからの時期、屋内組には通常でも週に1回程度、
総合ビタミン剤(D入り)を混ぜた桑葉パウダーを、振りかけで与えていますが、
19ちゃご24号には、別メニューでビタミン剤添加を始めています。







状況を伝えて、19ちゃご24号を診てもらったところ、“これはかなり厳しい。
強制給餌とCa摂取を続けて立ち上がってくれることを期待するしかない”と、、、

加えて、ビタミンD添加の継続、UV環境の向上についてもアドバイス頂きました。

折角ですので、昨年の孵化仔たちの体調急変を経験して気に掛かっていたこと、
“先天的にCaを効果的に利用できないことがあるのでは??”と聞いてみましたが、
どちらかというと否定的というか、それ以上に脱水に起因する腎障害のリスクを
教えて頂きました。。。


更に強制給餌の手技等のアドバイスを頂き、今日は特に処置して頂くこともなく、
このような器具を頂いて参りました。






動物用経口カニューレ


画像下は、これまで使用している経口給餌用チューブですが、
繰り返し使用で傷んでくる上に、先端の球がなく食道を傷つけそうで・・・

そろそろ何とか手に入れたいと思っていたアイテムだったのですが、
先端球部分でさえ、これまでのチューブと比べて太くはないくらいで、
これまでより効率良い給餌が可能になりそうです。。。



ついでに、ブリーダーというこちらの立場を明かしていましたので、
最新のマイクロチップを見せて頂きました。

数値として聞いていた以上に、これまでのものとは格段に小さいですね。

とはいえ、我が家の飼育種にマイクロチップが義務づけられないことを、
改めてありがたく感じたことは確かです・・・




コメント

2019冬眠入り、その後・・・

2019年11月10日 22時48分44秒 | 冬眠
我が家の屋外組の11かめ、なかなか気温が下がらない今年は、
例年よりかなり冬眠入りが遅くなっていますが・・・

11/1にヘルマン3かめが冬眠入りして、その後の経過を。

先週11/3の東京での出展を終えて帰宅した、翌11/4の夕方、
出掛ける前から姿が見えず、留守中にも活動していない??
ように思えた、ヘルマン♂はびとヘルマン13♀えぱを冬眠床へ。




ヘルマン♂はび


992g(+84g↑:9/26比)









ヘルマン13♀えぱ


939g(-3g↓:9/26比)








はびは増え過ぎ、、、

今年は冬眠明けから体重が増えず、前年より軽い状態だったのですが・・・



その後も日中暖かくなる日が続いて、2かめともなかなか潜っていかず、
とはいえあまり動きまわった形跡もなく、そのまま冬眠床に置いておくと、
えぱは、木曜日(11/7)に潜っていきました。。。




一方なかなか潜っていかないはびは、再び外に戻ってもらい、




ヘルマン♂はび



暖かい休日となった今日11/10(日)には、かめ庭に出てもらうと、
夏場ほど軽快な動きではなかったですが、何時までも歩き回っており、
しっかり食事も摂っておりました。。。





マルギ♂じょじ



まだ冬眠床入りしていないマルギ組は、♂じょじ・♀ちゃご・♂ばるが、
外に出て日差しを浴びてましたが、食餌に手は着けていなかったかも!?




そして、今週初めから出てきた形跡が見えなかったヘルマン♀くうと、
床材から出ている甲羅の位置が変わっていなかったマルギ13♀ふれあは、
今日夕方明るいうちに冬眠床に入って頂きました。




ヘルマン♀くう


1253g(-25g:9/26比)









マルギ13♀ふれあ


1975g(-40g:9/26比)








2かめとも夜になってからも潜っていませんが・・・

しばらく様子を見ます。










コメント

今度こそ、2019冬眠入り第一陣!?

2019年11月01日 21時17分41秒 | 冬眠
先日10/22に、数日前から潜って姿を見せていなかったヘルマン2かめ・
ヘルマン11孵化仔♂ふぃんと13♀えぱに冬眠床に入って頂きましたが、
結局潜ることなく、再び外へ、、、

その後は気温が高めで、冬眠入りするような感じではなかったのですが、
天気が良くなって日中暖かく、逆に朝方冷えるようになったここ数日、
外に出て活動・食事をした形跡がない方が数かめ・・・

食餌がそのまま残っている、ヘルマン11孵化仔♂ふぃん・13孵化仔♂こるも、
そして、4かめ相部屋で、定かではありませんが、ヘルマン11♀もあ

もあは、他の3かめが床材から出た甲羅が毎日位置を変えるのに対し、
ここ数日潜ったまま??なのか、姿を確認出来ていません・・・


今日11/1は天気が良く、暖かくなる予報でしたが、早朝眼を覚ますと、
予想以上の冷え込み・・・

思いつきで、その場で3かめに冬眠床入りして頂くことにしました。。。


まだ暗い中、3かめの体重を測定してから、冬眠床へ。。。




ヘルマン11孵化仔♂ふぃん


535g(-21g↓:9/26比)





ヘルマン13孵化仔♂こるも


687g(-11g↓:9/26比)





ヘルマン11♀もあ


896g(+14↑:9/26比)



ふぃんの減り幅が大きく見えますが、これまでの体重からして、
こんなものだと思います。

こるもは成長もありますが、まだちょっと重いような??

もあはだいぶ溜め込んでいるようですね、、、



体重測定後はそれぞれ別の冬眠床に入ってもらいましたが、
ふぃん・こるもは意外なほどすんなりと、日が昇り暖かくなる頃には、
しっかり潜っていってくれました。。。


一方で・・・







もあは、気温が高くなった、日中冬眠床の中で動き回っていましたが、
日が暮れてから確認すると、しっかり潜ってくれました。


今度こそ、第一陣3かめの冬眠床入り完了です。。。










そして、他の屋外組のかめたちは・・・




マルギ♂じょじ




マルギ♂ばる




左から、マルギ♀ちゃご  マルギ13♀ふれあ




左から、ヘルマン13♀えぱ  ヘルマン♀くう  マルギ16孵化仔じょじ1号



マルギ2♂は、日が差す間はそれなりに動きまわっていましたが、
他はあまり動きまわることなく、食事量は明らかに少なくなって、
冬眠体勢に入りつつあるようです。


そして、今日出てこなかったのは、ヘルマン♂はび。

昨日まではしっかり食餌をしていた形跡があったのですが、、、

例年10月上旬に潜っていくことが多いはび、さすがにそろそろ??

数日後には冬眠床に入って頂くことになると思います!?



コメント

2019冬眠入り第一陣??

2019年10月22日 21時11分06秒 | 冬眠
休日となった今日10/22、ここ瀬戸内では朝から陽が差して、日中は25℃を超え、
暑いくらいの一日となりました。

屋外組のかめずも朝から日差しを求めて出てきて、それなりの食欲を見せる中、
この暖かさにも拘わらず、潜ったままだったのが2かめ、、、

ヘルマン11孵化仔♂はび、ヘルマン13♀えぱ・・・

前回報告の先週金曜日(10/18)にも出てきておらず、恐らくもう10日以上??
潜ったままだと思います。


この先もしばらく、気温が下がらない予報ですが、寝床から出てこないならと、
冬眠床に移ってもらうことにしました。

今日夕方の明るいうちに、気温もまだ下がっていませんでしたが、
体重を測定してから冬眠床へ。。。




ヘルマン11孵化仔♂ふぃん


573g(+17g↑:9/26比)









ヘルマン13♀えぱ


951g(+9g↑:9/26比)












2かめとも微増、まだお腹の中に残っているようですね・・・


特にふぃんの場合、昨年たっぷり溜め込んだまま冬眠、そのまま春を迎え、
中の排泄物が固まって、思いきり体長を崩していたのですが、、、、


予報ではしばらく暖かい日が続きそうですので、冬眠入りしてから、
早い時期での排泄を期待して、このまま冬眠床に入って頂きます。。。


コメント