海と亀

飼ってるリクガメ(マルギナータ、ヒガシヘルマン)のこと、たまに趣味のダイビング、ちょい釣のこと

月末の成長記録~2016年6月

2016年06月26日 21時15分30秒 | 成長記録
我が家のリクガメ・ライフ8周年になる今日、というのはたまたまですが、
月末の休日となりましたので、恒例のかめずの測定を。。。


昨夜までの雨が上がって、朝から心地良い風が吹く快晴となり、
日が高くなる前に、かめ庭で朝日を浴びながら温浴して頂き、
全員の排泄を確認してから、13かめの体重と甲長の測定です。

マルギ♂じょじの結果は、すでに公表済みですが・・・



じょじ以外、12かめの結果。



ヘルマン♂はび

953g(52g↑:5/19比、7g↓:6/18誕生日比)
168mm(1mm↑:4/23比)




ヘルマン♀くう

1162g(25g↓:5/19比、76g↑:5/30産卵後比)
182mm(1mm↑:4/23比)




ヘルマン11孵化仔♂ふぃん

505g(25g↑:5/19比、2g↑:6/22誕生日比)
133mm(±0mm→:5/19比)




ヘルマン13CB♀えぱ

687g(11g↓:5/19比、46g↑:6/5産卵後比)
145mm(2mm↑:5/19比)




ヘルマン13孵化仔♂こるも

482g(41g↑:5/19比)
141mm(3mm↑:5/19比)




マルギ13CBふれあ

402g(9g↑:5/19比、4g↑:6/15記念日比)
131mm(6mm↑:5/19比)




マルギ♀ちゃご

1962g(182g↓:5/19比、55↓:6/21産卵後比)
256mm(4mm↑:4/23比)




マルギ♂ばる

916g(47g↑:5/19比)
197mm(±0mm→:4/23比)




ヘルマン11♀もあ

658g(17g↑:5/19比)
146mm(2mm↑:5/19比)





産卵を挟んだ3♀以外は、先月の測定より増えています。

気になるのはマルギ♀ちゃごのダウン、冬眠明けよりは増えて、
甲長も4月より伸びていますが、さすがに4度の産卵での消耗は、
大きいようです、、、



続いて、5/29の『九レプ』から一緒に連れて帰った、
昨年生まれのヒガシヘルマン孵化仔3かめ。



15くう2号(昨年7/22生)

115.7g(4.9g↑:5/21比)
86mm(2mm↑:5/21比)




15もあ1号(昨年9/24生)

76.5g(6.6g↑:5/21比)
71mm(1mm↑:5/21比)




15もあ2号(昨年9/24生)

81.7g(3.3g↑:5/21比)
73mm(2mm↑:5/21比)





5月半ばから、『九レプ』の前後を除いて、ほぼ屋外生活、
成長のペースが少し落ち着いたでしょうか??



向う暫らくは雨が多い予報ですが、梅雨が明けると猛暑の時季、
暑さでかめずが体調を崩すことないよう、
おたまごに気を取られて、屋外のかめずの変化を見逃すことないよう、
気を引き締めて観察とお世話、頑張ります!!
コメント

マルギ♂じょじ、8周年ヽ(^o^)丿

2016年06月26日 11時44分43秒 | 記念日/思い出
今日6/26は、我が家の最初のリクガメ・マルギ♂じょじをお迎えして、
8年目の記念日ですっ!



マルギ♂じょじ


と言うことは、我が家にとってもリクガメ・ライフが始まってから、
丸8年と言うことになります。

振り返ると、この8年間、色々な出来事、様々な出会いと別れがあり、
今ではすっかり大所帯になってしまいました。。。

悲しい出来事もあり、何もが順調だったわけではありませんが、
思いがけず早くに孵化仔に恵まれ、ブリーダーとして活動できるのも、
幸運な出会いと、多くの方々のご指導に支えられたお蔭です。

心より感謝致します。




お迎え当初のじょじ


8年前は爬虫類飼育について大した知識があるわけではなく、
前年のガラパゴス旅行の影響もあり、ただリクガメを飼ってみたい、
地中海系のリクガメのほうが飼い易い?くらいの気持ちでした・・・

マルギナータリクガメについても、名前を聞いたことがあるくらい、
隣県の小さな爬虫類・猛禽類販売店で出会ってから、
近くの喫茶店に入って、ケータイで検索していました。

そのショップに居た3匹のマルギ・ベビーのうち、一番小さいながら、
食餌のキャベツに一番貪欲に喰らい付いていた仔、じょじを選んで、
連れて帰りましたが、決して良い状態ではないと知ったのは、
それからしばらく経ってからのことでした、、、





何かと気になることはありましたが、大きく体調を崩すことなく成長、
甲羅に成長不良の跡、癒着と変形が残り、四肢は細く頼りないですが、
それでもずい分と大きくなってくれました。。。


そして今年4/10には、マルギ♀ちゃごとのペアリングを実施、
♀に相手にしてもらえないのでは?子孫を残す能力があるのか??
気掛りでしたが・・・

その後ちゃごは4度のクラッチで、合計29個を産卵、
小さなおたまごばかりで気掛りですが、8割以上の白濁を確認、
頼りなかったじょじが父になる日が遠くないかも知れません。。。!?




記念日の今日は、朝の日差しの中で温浴、排泄を確認してから、
記念の測定を。




1891g(74g↑:5/19比)
247mm(2mm↑:4/23比)

じょじにしては珍しく、温浴でかなりの量を排泄しましたが、
まだ溜め込んでる??

一応、過去MAXです。。。


測定の後は、記念日のお食餌をっ(^◇^)




かめ庭朝採れの野草に、またも一つだけ熟したブルーベリーと
ワイルドベリー、ヘビイチゴの実をトッピング、
ちょっとだけしか見つかりませんでしたが、、、

クサイチゴと桑の味を覚えたヘルマンなら残しがちなヘビイチゴも、
嬉しそうに、勢い良く平らげてくれました。。。



もうすぐ、じょじが父に!?ついつい期待が膨らんでしまいますが、
まだまだ楽観出来ない段階、厳しい現実も大いにありそうです。

かめずのお世話と伴に、孵化に向けての準備を進めながら、
慎重に観察を続け、不測の事態に対応できるよう、頑張ります!!
コメント

ヘルマン孵化仔♂ふぃん、5歳!・・・・・そしてマルギ♀いさの記憶。。。

2016年06月22日 22時07分14秒 | 記念日/思い出
今日6/22は、我が家の初めての孵化仔、ヘルマン♂ふぃんの
5歳の誕生日ですっ(^O^)



誕生間もない頃のふぃん


10gの小さなおたまごから、わずか8.8gの身体での誕生!


このとき、母かめ・くうは3歳と1月半、父かめ・はびは3歳と4日、
あまりに若い両親からの孵化仔誕生でした。。。

それに慣れない飼育者の不十分な環境で、極端な多甲と両前肢爪トビ、
それなりにハンデを背負っての誕生、小さな身体がか弱く見えて、
成長が気掛りでしたが・・・

これまで5年間大きなトラブルなく、元気に過ごしてくれています。。。



今朝のふぃん

この2-3年は、成長のペースが滞っていますが、、、σ(^_^;)


誕生日の今日、早朝から起きてきたところで、軽く温浴、
しっかり排泄したのを確認して、記念日の測定を。




503g(23g↑:5/19比)

さり気に過去MAX!

成長であってくれると嬉しいのですが・・・!?


お祝いを!と小雨降る中、かめ庭を探して・・・




1つだけ一足早く熟したブルーベリーと小さなワイルドベリー。

ちょっと寂しいですが、喜んで齧り付いてくれましたっヽ(^。^)ノ


まだまだ父かめには遠く及ばない小さな身体ですが、
これからも成長を続け、健康に長く過ごしてもらえるよう、
気を引き締めてお世話を続けます!!




それから・・・



お迎え間もない頃の故・マルギ♀いさ


6/22はマルギ♀いさの2度目の命日でもあります。


2011年の1月にお迎えしたマルギ♀いさ、大きな身体が重たそうで、
腎障害、2度の膿瘍形成、何かと気掛りな出来事がおりましたが・・・



2013年お散歩会でのいさ

おっとりとした優しい性格で、和ませてくれる存在でした。。。


いさが我が家で過ごした3年と5ヶ月、振り返ってみると、
マルギ♂のお相手候補として、飼い主の過大な期待と余計な気苦労で、
かえっていさを苦しめてしまったかもしれません、、、

すでに遅すぎますが、いさには申し訳なかったと・・・





今はかめ庭の片隅、うぉる桑の袂に眠っている、いさ・・・

いさの安らかな眠りを祈ると同時に、
かめたちがいさと同じように苦しむことないよう、
飼育者として成長を続けることを誓います。





コメント

マルギ♀ちゃご、4thクラッチ!!

2016年06月21日 23時50分56秒 | 産卵
6/6に今年初めてにして、3度目の産卵を済ませた、マルギ♀ちゃご。



マルギ♀ちゃご


3/28の冬眠明け、4/10の早い時季にマルギ♂じょじとペアリングの後、
4/20には8つの未成熟のおたまごを排出、5/5に初産で3つを産卵、
5/14に再び未成熟のおたまご1つを排出、5/23に2ndクラッチで9つ、
6/6の3rdクラッチでは10こを産卵してくれました。

これまで目にした情報でも、マルギの場合は1回に10個前後、
一月経たない短い間隔で3回くらいと言うのは、目にしていたものの・・・

正直なところ、初めての産卵で、これ程早いペースで産んでくれるとは、
思いもしていませんでした、、、



3rdクラッチを終え、屋外でヘルマン♀くうと過ごしてもらっていましたが、
既に梅雨入りして雨続きの日々、さすがに産卵続きも一段落だろうと、
6/11の土曜日には、フル稼働でカビが気になる産卵床をやっと片付け、
梅雨の晴れ間に天日干しを始めていたところでしたが・・・


6/14の火曜日、夜になって帰宅後、屋外飼育場を確認すると、
またも未成熟のおたまごが2つ、、、

すでに2つとも割れてしまって、中身が流れ出ていました・・・


前回の産み残しではないのは明らか、形成途中のおたまごです。

ということは、まだ体内におたまごが残っていて、形成の途中??
と考えたほうが良さそうだと考えました。


そして、これまでの2回の排出では、すべてが柔らかい皮だえでしたが、
今回は触れるとパリッとした感覚、殻の形成が少し進んでいるよう!?

ちょっと早い気もしましたが、先日の日曜日には大潮期間入り、
そして日曜日から雨続きの予報、6/18(土)に再び産卵床を準備、
土曜日の晩から、ちゃごに入ってもらっていました。


その後ちゃごの体重は2kgを切るまでに減少、ホントに抱卵なのか??
という疑いもありましたが、昨日には食餌にほとんど手を付けず、
大暴れし続けていた形跡が・・・



そして今朝、ケージの点灯から20分程経った頃、




ホリホリを始めましたっ!!


かめずのお世話と出勤の準備を進めながら、時々様子を覗っていると、
1時間程経った頃、ちゃごの動きが変わっているのに気付きました。

ちゃごの足元を覗くとすでに3つを産んだところでしたっ


その後もおたまごの位置を整えながら、産卵を続け・・・




穴の中を覗いて7つのおたまごを確認してから、しばらく経った頃、
足の動きが埋め戻しの動作に変わっていました。。。


埋め戻しに入ったのを確認し、ご褒美&お疲れ様のお食餌を用意。




小松菜とチコリに、トマトとフードのトッピング。。。


が、もちろん今日は仕事に行く平日、、、




出掛ける間際、埋め戻しをほぼほぼ終えるところまで確認してから、
家を後にしました。。。




そして晩になって、仕事から帰宅すると・・・




お疲れのご様子。。。


失礼して、水で軽く汚れを落としてから、体重を確認。




無理やり起こされて、不機嫌に暴れてますが・・・


2017g(20g↑:前日比)

用意していた食餌を平らげて、産卵前よりしっかり増えてますね。。。


そして、今朝確認していた場所を掘ってみると、




今朝確認できていた通り、7つのおたまご。。。


これまでの3回の産卵と合わせると、合計で29個の産卵、
途中で排出した3回・11個を合わせると、40個の抱卵、
しかもほぼ半月毎に4回という、予想もしない早いペースです・・・


予想を遥かに超える頑張りを見せてくれた、ちゃごに感謝するばかり、
ちゃご、お疲れ様でした!!


そして、今年の産卵はこれで終わりにして、ゆっくりと身体を休め、
しっかりと体調を整えてもらいたいものです。

でないと・・・、今年増設した産卵床は、2つともすでに満席です、、、



出てきた7つのおたまごに、×印と23~29の番号を記してから掘り起し、
最後に“ち”の字を入れて、重量と径の測定を。


      重量(g) 長径(mm)/短径(mm)
No.23     10.4      28 / 26
No.24     11.2      29 / 27
No.25     10.9      29 / 26
No.26     11.1      28 / 27
No.27     12.1      30 / 26
No.28      9.5      28 / 25
No.29     11.6      30 / 26


今回も、これまでと同様、小さなおたまご揃いですね・・・

正確に言うと、平均の重量では、2ndクラッチをピークに、
3rd、4thクラッチと、少しづつ軽くなっています。


これまでの3回では、2/3、6/9、10/10が有精卵でしたが、
すでに成長が止まったと思われるものが、少なからずあります。

今回の7つも、有精卵があることと思いますが・・・


小さなおたなごの中の小さな命、無事に孵化することが出来るのか??
今の段階ではまだまだ何とも言えませんが、可能性を信じて、
4回もの産卵を終えたちゃごのお世話と伴に、おたまごの管理、
気を引き締めて、頑張りますっ!!
コメント

大雨の満月から一夜明けて・・・

2016年06月21日 06時13分18秒 | 産卵
かめ部屋の産卵床でマルギ♀ちゃごがホリホリをはじめました。。。





5/5の初産から、早くも4度目の産卵です。
コメント (2)