海と亀

飼ってるリクガメ(マルギナータ、ヒガシヘルマン)のこと、たまに趣味のダイビング、ちょい釣のこと

2021冬眠明け3番手!

2021年03月06日 21時56分13秒 | 冬眠

ここ数日はスッキリしない天気になってますが・・・

一日曇り空で風があったものの、気温がそれなりに高くなった今日3/6、
夜になって仕事から帰って、冬眠床を確認すると・・・




マルギ♂じょじ


じょじが起きてきていました。。。

今年の冬眠明け3番手ですっ!!






ライトの光を当てられて、思いっきり迷惑そうなお顔ですが、、、

すでに気温が下がってましたので、無理ないですね!?


眠そうなところですが、取り敢えずは、見た目の状態と体重確認を。






2187g(-5g↓:昨年11/28冬眠入時比)

体重減は僅かで、見た目も問題なさそうです。


今夜はこのまま冬眠床で過ごしてもらい、明日の午前中にでもかめ庭に
移ってもらいますが、明日は日射も気温も期待できそうにないですね、、、









コメント

2021冬眠明け2番手!・・・・と、ショックな出来事、、、

2021年03月01日 21時35分48秒 | 冬眠

3月初日の今日は、昨日に続いて暖かな一日となりました。

週始め、年度末の3月初日の仕事終えて、夜になって帰宅し、
冬眠床を確認すると・・・




マルギ16孵化仔♂じょじ1号(16ちゃご1号)



じょじ1号が出てきていました。

しばし、様子を見ていると、







顔を出しました。

昨日のマルギ♂ばるに続いて、冬眠明け2番手です!






1008g(-27g↓:昨年11/5冬眠入時比)

見た目も、体重減少も問題なさそうです。







今夜はこのまま冬眠床で過ごしてもらい、明日朝外に出てもらうつもりです。

・・・明日は朝から雨の予報ですが、、、







それから・・・・

今朝、20もあ3号が息を引き取りました、、、


実は昨日、孵化仔たちの測定をしようと、温浴をしていたところ、
20もあ3号の腹甲の剥離が発覚し、測定どころではなくなりました。

20もあ3号、暫く前から大きな排泄物を背中にくっ付けたままで、
活動量が落ちているように見えましたが、体重は減っておらず、
そのままにしていたのですが、、、

昨日改めて確認すると、20もあ3号の甲羅は他の仔と比べ柔らかく、
剥がれた腹甲は驚くほど薄いものでした・・・







日曜の夕方のことで、診察に向かうことも出来ません。

せめてその場で用出来るもので、損傷の拡大と出血を防がないとと、
絆創膏でその場しのぎの応急処置を試みました。

診察を受けたところで、ある程度生長した個体ならともかく、
小さな孵化仔に有効な処置が出来るとは思えないですが・・・


助かってくれることを願う気持ちと、限られた時間と目の前の状況、
打つ手が思い当たらず、いっそ早く楽になった方が苦しまずに・・・
という思いが、、、


一夜明けた今朝、20もあ3号は動かなくなっていました。


先ほど、かめ庭のうぉる桑のそばに20もあ3号の亡骸を埋めました。



今年は例年を大きく上回る数の孵化仔が我が家に残ることになり、
目が行き届いていない、手が回り切れていないのは確かですが・・・

同じように不幸になる仔が出ることがないよう、私たちがしっかりと
頑張っていくしかないですね、、、



コメント

2021冬眠明け1番手!

2021年02月28日 14時25分44秒 | 冬眠


先週末の暖かさから一変、寒の戻りでまだ寒かった昨日朝、
かめ庭の冬眠床を確認してみると・・・




マルギ♂ばる



寒い中、ばるが動き始めていたようです。。。


そして、休日の今日は早朝から出掛け、気温が上がって昼過ぎに帰宅すると、







気温が上がって、本格的に動き始めたようです。。。







冬眠明け1番手です!!

昨年11/28の冬眠入から、ちょうど3ヶ月での冬眠明けでした。

ばるは昨年に続いての2月中の冬眠明け、5年続けての1番手です。。。






1020g(-2g↓:昨年11/28冬眠入時比)

体重減少はほぼなし、見た目も問題なさそうです。


日中の暖かいうちにと、この後かめ庭の飼育スペースに出ていただくと・・・







身体を傾けながら陽差しを受けて、身体を温めておりました。。。

・・・が、この後雲が拡がって、日が陰ってしまっていますが、、、

気候の変化に合わせて、これから徐々に体調を戻してくれるはずです。




ついでに、







今月半ば頃から、かめ庭でシロバナタンポポ(?)が咲き始めています。

シロバナタンポポの葉は、本来もっと起き上がっているはずですが・・・

そこそこ大きな葉になっていますが、まだ気温が低いせいでしょうか???


コメント

月末の成長記録~~~2021.1/24-ヒガシヘルマン2020孵化仔

2021年01月24日 22時30分47秒 | 成長記録

月末にはちょっと早いですが・・・

昨年生まれのヒガシヘルマン孵化仔たち28かめ、今年初めての測定です。


本日午後から、全員かめ部屋で温浴してから甲長と体重を測定、
( )内:前回12/13比です。




結果


えぱ1stクラッチ組・3かめ




20えぱ1号(7/10生)


42.2g(-4.4g↓:前回12/13比)
61mm(±0mm→:前回12/13比)





20えぱ2号(7/11生)


41.1g(+0.3g↑:前回12/13比)
60mm(±0mm→:前回12/13比)





20えぱ3号(7/14生)


44.2g(+1.3g↑:前回12/13比)
61mm(+1mm↑:前回12/13比)





くう1stクラッチ組・3かめ




20くう1号(7/19生)


44.7g(-3.6g↓:前回12/13比)
68mm(+1mm↑:前回12/13比)





20くう2号(7/20生)


59.5g(+2.4g↑:前回12/13比)
68mm(+1mm↑:前回12/13比)





20くう3号(7/21生)


47.2g(-4.3g↓:前回12/13比)
66mm(±0mm→:前回12/13比)





えぱ2ndクラッチ組・5かめ




20えぱ4号(7/25生)


36.4g(-0.8g↓:前回12/13比)
58mm(±0mm→:前回12/13比)





20えぱ5号(7/27生)


35.4g(-2.4g↓:前回12/13比)
58mm(±0mm→:前回12/13比)





20えぱ6号(7/27生)


43.2g(+3.9g↑:前回12/13比)
59mm(±0mm→:前回12/13比)





20えぱ7号(7/27生)


40.6g(+3.2g↑:前回12/13比)
58mm(±0mm→:前回12/13比)





20えぱ8号(7/28生)


42.6g(+3.4g↑:前回12/13比)
60mm(+3mm↑:前回12/13比)





もあ2ndクラッチ組・4かめ




20もあ1号(7/29生)


43.2g(+5.6g↑:前回12/13比)
61mm(+1mm↑:前回12/13比)





20もあ2号(7/30生)


35.1g(+2.7g↑:前回12/13比)
56mm(±0mm→:前回12/13比)





20もあ3号(7/31生)


37.2g(-2.6g↓:前回12/13比)
61mm(±0mm→:前回12/13比)





20もあ4号(7/31生)


37.4g(+1.9g↑:前回12/13比)
58mm(±0mm→:前回12/13比)





くう2ndクラッチ組・4かめ




20くう4号(8/5生)


47.3g(+1.0g↑:前回12/13比)
63mm(+1mm↑:前回12/13比)





20くう5号(8/6生)


49.2g(+1.1g↑:前回12/13比)
62mm(+1mm↑:前回12/13比)





20くう6号(8/8生)


50.8g(+5.5g↑:前回12/13比)
62mm(+2mm↑:前回12/13比)





20くう7号(8/10生)


48.9g(+3.6g↑:前回12/13比)
64mm(+3mm↑:前回12/13比)





えぱ3rdクラッチ組・1かめ




20えぱ9号(8/7生)


42.4g(+1.0g↑:前回12/13比)
61mm(+3mm↑:前回12/13比)





もあ3rdクラッチ組・4かめ




20もあ5号(8/11生)


34.2g(+4.0g↑:前回12/13比)
56mm(+2mm↑:前回12/13比)





20もあ6号(8/12生)


41.9g(+6.7g↑:前回12/13比)
60mm(+4mm↑:前回12/13比)





20もあ7号(8/13生)


36.4g(+0.3g↑:前回12/13比)
59mm(+1mm↑:前回12/13比)





20もあ8号(8/13生)


40.2g(+4.7g↑:前回12/13比)
59mm(+2mm↑:前回12/13比)





くう3rdクラッチ組・4かめ




20くう8号(8/19生)


37.1g(+0.6g↑:前回12/13比)
58mm(+1mm↑:前回12/13比)





20くう9号(8/20生)


41.5g(+3.7g↑:前回12/13比)
60mm(+3mm↑:前回12/13比)





20くう10号(8/21生)


35.7g(+1.4g↑:前回12/13比)
56mm(±0mm→:前回12/13比)





20くう11号(8/22生)


44.1g(+6.9g↑:前回12/13比)
61mm(+4mm↑:前回12/13比)









今年は例年になく大勢の孵化仔たちが我が家に居残っており、
当面販売の予定が立たないこともあって、成長はゆっくりにして頂きたと、
いつもの冬より低めの温度設定、食事量もかなり抑えてはいますが・・・

だいぶ体重減っている仔もいますので、個々の体調を確りと観察して、
適切に対応しないといけないですね。。。



コメント

2020冬眠を断念した孵化仔たち。。。(成長記録2021.1/3)

2021年01月03日 22時56分16秒 | 成長記録

新年明けましておめでとうございます
旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました
本年も何卒よろしくお願いいたします



昨年は思いも寄らず大所帯となった我が家のかめず、
この冬は思い切って、例年に増して多くの孵化仔たちに
冬眠して頂くつもりでしたが・・・

想いと裏腹に、なかなか気温が下がらなかった昨年の秋、、、

12月になって、それまでと打って変わって気温が下がりましたが、
それでも潜ってくれなかったり、一度潜ってまた出てきた仔たちが・・・

10日前の12/24、潜ってくれない孵化仔たちの冬眠を断念して、
かめ部屋に回収しました。。。



その仔たちを含めて、この冬の冬眠を断念した孵化仔たち、
その後の成長状態の確認、体重・甲長を測定してみました。





まずは、12/24に屋内に回収した2019マルギ孵化仔3かめ。









19ちゃご13号

183g(+15g↑:昨年9/27比)
100mm(+2mm↑:昨年9/27比)




19ちゃご23号

158g(+14g↑:昨年9/27比)
95mm(+3mm↑:昨年9/27比)




19ちゃご25号

179g(+15g↑:昨年9/27比)
98mm(+2mm↑:昨年9/27比)





次は、一足先に冬眠断念していた2019孵化仔2かめ。









19くう9号

171g(+18g↑:昨年12/13比)
97mm(+3mm↑:昨年12/13比)

誕生時の経過がずっと気になっており、その後の成長はまずまずに見えて、
今一つ成長ペースが気になっており、一度冬眠床入りしてもらったものの、
潜ってくれそうになく思えて、早々に断念・・・




19ちゃご22号

146.3g(+9.4g↑:昨年12/13比)
90mm(+2mm↑:昨年12/13比)

順調に成長しているように見えていましたが、昨年夏前からペースダウン、
早々に冬眠を諦めることにしていました。。。





そして、一昨年の孵化仔たちのうち、とても冬眠は考えられない2かめ。









19えぱ8号

65.9g(+1.8g↑:昨年12/13比)
65mm(+1mm↑:昨年12/13比)

誕生時から明らかな形成不全、その後の食餌・排泄が不安定のようで、
成長はかなりゆっくり・・・

誕生時の状況を考えると、逆境に負けず逞しく頑張ってくれています。





19ちゃご24号

32.4g(+2.4g↑:昨年12/13比)
51mm(±0mm→:昨年12/13比)

誕生直後は順調に見えていましたが、数ヶ月経って成長が止まってしまい、
その後一年くらい体重30g弱で留まり、、、

昨年春の気温の上昇に伴い、自力での食餌が活発になっていたように見え、
強制給餌を中断していたところ、秋になって、気温の低下と伴に活性低下、
週に2-3回のペースで強制給餌を再開していました。






そうすると12月に入った頃から、それまで軟便で量もはっきりしなかった
排泄物が明らかに形を成して大きなモノに・・・

強制給餌の際の抵抗にも力を感じ、自力での食事量も増えてきているように
感じていたのですが、もしかして成長を再開しているっ!?

まだまだ油断は出来ませんが・・・

それに、顎がシャクレてきたような!?
















ついでに、冬眠を考えたこともない、2016・2017の3孵化仔。




16くう5号

430g(-6g↓:昨年12/13比)
136mm(±0mm→:昨年12/13比)

誕生時から明らかな奇形で、ここまで力強く成長した姿は、
当時は想像も出来ませんでした。。。






16ちゃご21号

419g(+21g↑:昨年12/13比)
129mm(±0mm→:昨年12/13比)

誕生時に見た目に頭・甲羅・四肢のバランスに只ならぬ違和感が感じられ、
案の定誕生直後から成長が滞って、それから半年ほど強制給餌を行い、
その後はゆっくりながら、着実に成長してくれています。





17くう2号

298g(+3g↑:昨年12/13比)
118mm(±0mm→:昨年12/13比)

誕生時には健康に見えていましたが、その後の立ち上がりの遅れから、
口を半分も明けることが出来ないことが判明しました。

それでもゆっくりながら、成長を続けてくれています。。。






















コメント