海と亀

飼ってるリクガメ(マルギナータ、ヒガシヘルマン)のこと、たまに趣味のダイビング、ちょい釣のこと

ヘルマン11♀もあ、2018・2ndクラッチ!!

2018年06月17日 00時23分01秒 | 産卵
先週日曜日(6/10)に触診で抱卵が確定していたヘルマン11♀もあ、
その日から産卵床ケージで過ごしてもらい、食欲は明らかに低下し、
いつ産卵しても不思議はない??と思っていましたが・・・


5日経った昨日(6/15)朝、






点灯から30分ほど経った頃、ホリホリを開始しました。

いつものことですが、かめずのお世話で、目の前を何度も行き来され、
もう一つ集中できない様子で・・・

やっぱり出勤前には産むことなく、、、


昨夜、それなりに遅い時間に帰宅し、期待しつつ様子を見ると、





まだ起きており、興奮冷めやらない様子で彷徨っていました・・・

体重はそれなりに減っていましたが、触診ではやっぱり硬いモノが、、、



一夜明けた今朝、点灯間もない頃に様子を覗うと、






しっかり起きてますが、何をやってるのか・・・??

後の産卵床は、全体に耕したような状態ですね。

実は、夜中に目を覚ました時、何やらゴソゴソやっていましたが、
刺激しないよう、あまり覗かずにそっとしておきました。。。



体重を測ると、






698g(-113g↓:6/10抱卵確定時比、-8g↓:5/29前回産卵後比)


どうやら産んでくれたようですね。。。


といっても、朝からおたまごを確認する時間がなく、そのまま出勤、
夜になって帰宅してから、掘り起し。






4つ出てきました。

×印と4~7の番号、「も」の字を記してから掘り出して、
重量と径を測定。


      重量(g) 長径(mm)/短径(mm)
No.4     18.7      40 / 29
No.5     19.0      40 / 28
No.6     17.5      40 / 27
No.7     17.6      40 / 28


一見同じような大きさと形でしたが、掘り出してみると、
俵型っぽかったり、アーモンド形っぽかったり・・・

重量と径、見た目のサイズが、妙に一致しません、、、


5/28の1stクラッチの後、ヘルマン11孵化仔ふぃんと
ペアリングしていますが、ちょっとタイミングが早い??

というか、ペアリングが成功したとは思い難い状況、
恐らく無精卵であろうと思っていますが・・・

気を緩めることなく、おたまごの管理と母かめのお世話、
しっかり頑張りますっ!!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マルギ♀ちゃご、2018・3rdクラッチ!!

2018年06月14日 22時47分20秒 | 産卵
ちょうど一週間前の木曜日、6/7のこと、午後休で帰宅すると・・・

5♀が暮らしているかめ庭の♀スペースに、割れて散乱したおたまごが、、、

踏み潰され蹴散らされて、画像はありませんが、恐らく4つ??


2年前にも同じようなことが何度かありました、、、

あの時はまだ、硬い殻が出来る前か、出来始めの柔らかい膜のような殻、
今回は薄いながらも硬さのある殻です。

割れたおたまごの見た目のサイズ、2年前の経験から覚えはありましたが、
他にも思い当たることもあり、念のため5♀の触診と温浴をして体重測定。


だれも硬いモノに触れることなく、体重変動でも確認できませんでしたが、
温浴中にハッキリ判りました。






やはり、2年前と同じく、マルギ♀ちゃごでしたね、、、


体重は、




2543g(+128g↑:5/28産卵後比、-77g↓:5/27前月測定日比)


まだおたまごが残っていそうな・・・??

水中に排出したおたまご、一部の殻はまだ柔らかく、明らかに未成熟で、
孵化できる気はしませんでしたが、水気を拭いて、20の番号を記して、
念のため孵化器の中に。。。


排出したおたまごの感じから、産卵間近とも思えませんでしたので、
週末6/10(日曜)夕方から産卵床入りしてもらいました。

その日6/10に触診で抱卵が確定した、ヘルマン11♀もあと同時に。。。



産卵床入りしてもらったものの、その後のちゃごは相変わらずの食欲で、
ホントに産卵前??と疑いつつも、食餌量と体重を見守っていたのですが、
昨日夜帰宅した時には、








2463g(-156g↓:5/27前月測定時比、-80g:6/7おたまご排出後比)


これは産んだかっ!?と期待して、産卵床を掘ってみましたが、何も、、、




そして一夜明けた今朝、





点灯から40分程経ってから、ホリホリを始めました。

やはり抱卵していたようです。。。



その後出勤まで産卵した様子は確認できず、先ほど帰宅時には・・・





すっかりお疲れのご様子で・・・


失礼して、体重を測定。





2561g(+98↑:前日比)

増えてるし、、、!?


確かに、今朝掘っていたあと、日中大量に食べてはいましたが・・・


ホントに産んだのか??怪しく思えて、産卵床を掘ってみると、





2つ出てきました。

前回の2ndクラッチでは最多の11個、過去の産卵と比べても少なく、
6/7にもっと多く排出していた?それとも今年はこれで打ち止め??


などと想像を巡らしながら、径と重量を測定。


      重量(g) 長径(mm)/短径(mm)
No.21    14.3      31 / 28
No.22    14.6      31 / 28


きっと有精卵のはずです???



一方で、先週水中に産み落とされたおたまごは・・・





みごとに凹んでしまいましたね、、、

白濁らしき変化は見えていたのですが、これではさすがに、、、

諦め悪く、もうしばらく孵化器の中に置いておきます。




それから、かめ部屋の産卵床ケージにもうひとかた・・・



ヘルマン11♀もあ


先日6/10(日曜)から、両後肢に触れている硬いモノ、
食餌には手付かずの日々が続いていますが・・・



産卵前、産後の母かめのお世話と伴に、産んでくれたおたまごの管理、
確り頑張りますっ!







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九レプ2018御礼

2018年06月03日 19時22分58秒 | イベント




一年半ぶりの九レプを終え、帰路についています。。。

今回は会場を2フロアに拡げて、過去最大規模の開催と聞いていましたが、
これまで経験のないほどの混みよう、気温の上昇もあって、すごい熱気でした。。。
恐らく、過去最大の来客??

今回も久しぶりの再会、新しい出会い、充実した時を過ごすことができました。
そして、これまで孵化仔をお迎え頂いた飼い主さまからの嬉しいご報告も。。。
ブリーダー冥利に尽きます。


そして・・・
今回連れて行った、マルギ16孵化仔6かめのうち、16ちゃご11号(画像左奥)が
出会いに恵まれ、我が家から巣立っていきました。
新しいご家族さまの癒やしとなり、幸せに過ごしてくれることを祈っています。。。
他の5かめは一緒に我が家に帰って、当面共に過ごすことになりました。


最後になりましたが、
我が家の孵化仔をお迎え頂いた皆さま
かめのこかふぇブースを訪れて頂いた皆さま
ご一緒頂いた出展者の皆さま
素晴らしい機会を作って頂いた主催者・スタッフの皆さま
心より御礼申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルマン11♀もあ、2018・1stクラッチ!

2018年05月30日 22時25分08秒 | 産卵
昨日は仕事で帰宅が遅くなり、一日遅れの投稿ですが、、、

一昨日(5/28)にマルギ♀ちゃごが今年2度目の産卵を済ませ、
かめ部屋の産卵床ケージにひとり残っていた、ヘルマン11♀もあ、
昨日朝、点灯間もない頃にかめ部屋の様子を覗うと・・・






早朝から早速、掘り始めておりました。。。


朝のかめずのお世話等々で、何度も目の前を往き来されて、
何度も掘る脚を停めながらも・・・






掘り出した土が壁に当たって崩れては、向きを変えながらも、
けっこうな深さまで、ひたすら掘り続けておりましたが、
なかなか産む体勢に入ることなく、、、


朝出勤間際に、もう一度様子を確認すると・・・






穴の中で、立ち上がってるし、、、

もはや掘るのを諦めたっ!?




昨夜仕事でそれなりに遅くなって帰宅し、様子を見ると・・・






グッタリお疲れのご様子で、お休み中。。。


昨日朝の様子を見ていると、果たして産むことが出来たのか??
ちょっと期待出来ない??母かめの体調も気になりつつでしたが、
取り敢えず体重を確認。






706g(-75g↓:5/27測定時比)


産んでくれたのではっ??


朝掘っていたところをそっと掘ってみましたが、見つからず、、、






ちょっと離れたところから出てきました。。。

細長いおたまごが3つ。


ヘルマン11♀もあの今年の1stクラッチです。

2015年の初産から8回目の産卵、累計ちょうど20個、
先日4度目の産卵だったヘルマン13♀もあと数は同じですね。。。



×印と1~3の番号、「も」の字を記してから掘り起し、
径と重量を測定。


      重量(g) 長径(mm)/短径(mm)
No.1     16.8      38 / 27
No.2     18.8      40 / 28
No.3     16.8      40 / 26


細長いおたまごですが、もあのおたまごは大抵こんな感じ、
小さな身体で、それなりの大きさのおたまごを産もうとすると、
細くなってしまうのでしょうか??


もあは昨年ヘルマン11孵化仔♂ふぃんとペアリングしてますが、
恐らく旨くいっていない???あまり期待は持てませんが・・・

たとえ無精卵でも、産卵した母かめの苦労に違いはありません。


産後のもあのお世話とおたまごの管理、確りと努めます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マルギ♀ちゃご、2018・2ndクラッチ

2018年05月28日 23時39分43秒 | 産卵
先週から産卵床ケージ生活のヘルマン11♀もあとマルギ♀ちゃご、
今朝は点灯直後から産卵床と水場を何度も往ったり来たり、
時折壁に向って後肢で立ち上がって暴れたり・・・

明日の満月を前に産むのでは??

・・・などと期待しつつ、今日夜になって仕事から帰宅し、
かめ部屋の電灯を点けて、産卵床ケージを見てみると・・・




マルギ♀ちゃご


ちゃごが掘っている最中でした、、、、


刺激しないよう離れて、しばらく様子を覗っていましたが、
再び掘り始める気配はなく、、、




仕方なくもう一方、もあの様子を。






お休み中のところを失礼して体重を確認。






755g(-26g↓:前日5/27測定時比)


微妙に減っていますが、産んではなさそう??

念のため産卵床を確認しましたが、おたまごはやはりなし。。。




ちゃごの様子が気になりますが、刺激しないよう伝統を消して、
しばしそっとしておくと・・・






お休みのようで、、、


諦めたようですが、念のため体重を。






2418g(-202g:前日5/27測定時比)


なんとっ!?

冬眠明け時と比べても、約90gの大きな減少!!


どうやら、掘っている最中ではなく、埋めている最中??

産んでくれていたようです。。。



産卵床を掘ってみると・・・






11個出てきました。

これまでのちゃごの産卵では最多で10個、記録更新です。


・・・が、中央右のおたまご(No.16)の上部に大きな穴が、、、

取り敢えず、目印の×印と9~19の番号を記して掘り出すと、
中央左のおたまご(No.15)の殻の下部にも、割れて窪みが、、、、

2つのおたまごがかなり心配、というか諦めるしかないのか??
と考えながらも、11個のおたまごを掘り出して径と重量を測定。


      重量(g) 長径(mm)/短径(mm)
No.9     14.4      31 / 29
No.10    14.2      31 / 28
No.11    14.9      32 / 28
No.12    14.3      30 / 28
No.13    14.1      31 / 28
No.14    13.2      30 / 27
No.15    13.6      30 / 27
No.16    14.3      31 / 28
No.17    14.4      30 / 28
No.18    13.4      30 / 28
No.19    13.6      31 / 27



前回の8個より数は多いですが、サイズはやや控えめ??


割れた2つは気掛りですが、可能性を信じて対策してみようと。。。


産後の母かめのお世話とともに、産んでくれたおたまごの管理、
出来る限り頑張ってみますっ








お知らせ


  は、6月3日(日)に福岡で開催の 九州レプタイルフェスタ2018 に
出展させて頂きます。

一昨年秋以来の九州出展になります。

九州近郊の皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。






九州レプタイルフェスタ
2018


開催日時 : 2018年6月3日 日曜日 
       10:00~16:30
開催場所  :  西新パレスホール          
             2階大ホール、3階ABCホール








コメント
この記事をはてなブックマークに追加