みゆママのFIGHT☆

メンタルの持病を抱えながらも好奇心の炎を燃やして頑張っていきます

2019年を振り返り。

2019-12-29 11:15:06 | その他女性日記
2019年も終わります。
今年を振り返ると厄年みたいな年だったな~と思います。
1月から様々な事がありました。
1月は父がインフルエンザを持って帰って来て家族が寝込みました。
病院へはタクシーで移動するしかなく大変でした。
そして1月の下旬に父が倒れて(持病のため)病院に搬送され入院。
でも、すぐに退院となりました。それからは車の免許を返納して車も売って
隠居生活に入りました。
春は私の娘が会社を辞めてプー子に。
好きなミュージシャンのライブを観にお友達と本州まで行ったり札幌へ行ったり、
遊んでばかりで心配していました。
そして、母の弟(私の叔父)がガンで亡くなり悲しかったです。
そんな私も子宮がん検診にひっかかってばかりで3カ月毎の再検査。
人間ドックではやはり、ひっかかりまくりで病院をまわる事に。
母の妹(私の叔母)がやはりガンで亡くなり辛かったです。
いとこの気持ちを思うといたたまれなかったです。
そして、母の脚の手術。
愛犬の死。
いろいろありましたが楽しい事もありました。
娘の車で出かけるのが楽しかったです。
悲喜こもごもの1年でした。
ブログはなかなか書けませんでした。 来年はなるべく書きたいと思います。
2020年は気をつけて慎重に過ごしたいと思います。
良い事があるようにと祈るばかりです。
今年もありがとうございました。感謝します。
来年も元気に会えたらと思います。
どうぞよろしくお願い致します。
それでは良いお年を~。

コメント

愛犬の死

2019-12-08 12:20:15 | その他女性日記
5日に愛犬が逝ってしまいました。
今年は春が来てあったかくなっても元気にご飯を食べてくれて嬉しかったです。
いつもなら、気温が上がると朦朧としていたのに…。
食欲も落ちていました。それがなぜか今年は元気でぴょんぴょん跳ねながら
喜び夏もご飯をしっかり食べてくれていてほっとしていました。
獣医さんからガンだと言われていたのだけれど…。
夏には日陰を作ってあげたり気をつけていました。
治ったのではないかと思ったほど元気でした。
冬が来て娘と雪かきをしました。娘が愛犬の小屋の周りを雪かきしても愛犬は
小屋から出てきませんでした。
食事を持っていっても全然、食べませんでした。
この極寒の冬を乗りこえるにはご飯をしっかり食べなきゃだめよって言っても
動かない愛犬。調子が悪くなったかしら?と思いましたが数日前まで元気だったので後で食べるかな?とそのまま家に入りました。

次の日の朝。
ご飯を持って行くとお皿が見えず愛犬が小屋の奥でじっとしています。
名前を呼ぼうが大きな音をたてようが動かない愛犬。
母と娘に報告にいくと母が見にいって立てないねって言いました。
私と娘が名前を呼び足やしっぽを触ってみるとしっぽを振ってくれました。
娘には思いっきりパタパタとしっぽを振ってくれたようです。
私は寒かったのだろうと毛布をかけてあげました。
しっぽを触るとパタパタと反応してくれました。
私は一生懸命背中をさすってあげました。
ですが、次第に冷たくなってしっぽも振ってくれなくなりました。
愛犬は天に召されたのでした。
ひょっとしたら、私が来るまで頑張って待っててくれたのかしらって思うと涙が
でてきました。
家の中で泣いていると母が「メソメソするんじゃない!」と私に何度も言いました。
娘は精神的に弱いねと言われたそうです。
ショックで泣いているのに…。
母がそのままにしておけないと言うのでとりあえずそりを出してきて毛布を敷いて
その上に愛犬を乗せようと思いました。
母と私の娘が小屋の前で困ったようにしていたので私が出ていき、そりの上に
毛布を敷いて、愛犬を小屋から引っ張り出しました。
娘が「見てられない!」と言って泣きじゃくりました。
そりに愛犬を乗せ毛布でくるみました。母が愛犬の口に水を含ませました。
家の横に愛犬をそりに乗せたまま、しばらく置いておきました。
愛犬の開いたままの目を閉じようとしたのですが閉じられませんでした。
私は手を合わせて南無阿弥陀仏と何度も唱えました。
愛犬は私達が見守る中、亡くなりました。
看取る事ができてよかった…。
母がこのまま置いておけないと言うので私はペット霊園に電話をしました。
しばらくしてペット霊園のかたが車で来てくれました。
女性でした。車の後部に棺が用意されていました。
その女性と私の二人で愛犬を毛布ごと棺におさめました。
女性は花束を持ってきてくれて棺に納めてくださいと言うので花束をわけあって
3人で棺におさめました。私が泣きじゃくっているとペット霊園のかたも泣いていました。後は事務的な手続きをして終わると3人が見守る中、愛犬は連れていかれました。あっという間の出来事でした。
娘がせめて明日の朝にしてほしかったとつぶやきました。
最後にもっとなでなでしてあげたかったと…。
愛犬が最期にしっぽを頑張って振ってくれた事は一生忘れません。
時々、供養にいこうねって娘と約束しました。
いい番犬でした。娘はツーショットの動画や写真など沢山、今年は撮っていてくれたようです。
幼い頃のやんちゃな愛犬の写真をみたり…。
うちにもらわれてきて幸せだったかしらと思うと涙が止まりません。
陰で泣いてばかりです。
でも前進あるのみ…です!
心の奥に愛犬の事はしまっておいて命の大切さを噛みしめながら、
頑張っていくつもりです。
愛犬は12歳でした。今まで、ありがとう。
天国の花園を元気に走り回っている事を信じて前を向いて頑張っていきますね!
私達を見守ってくれていると信じて…!





コメント (1)

最近の悩み

2019-12-02 03:47:09 | その他女性日記
先日、泌尿器科に行ってエコー検査や尿の検査をしてもらったらまた潜血があったらしくドクターにナットクラッカー現象だと言われました。
血管と血管が圧迫しているそうで私の場合、特に治療の必要はないとの事でした。
でも、検査の度にひっかかりそうで心配。
重症のかたは真っ赤な血尿がでて場合によっては手術も必要らしいです。
そして貧血になってしまうらしいです。
対策を今度、訊いてみようと思います。
泌尿器科に行った日、胆石で入院していた母の古い友人の病院へ行きました。
先日、母が下肢静脈瘤で手術した時に一緒に付き添ってくれたかたです。
その、おばちゃんは(昔からおばちゃんと呼んでいます。)手術しないといけないらしく、この先が不安だと何度も涙ぐんでいました。
あと、来てくれて良かったと喜んでくれました。
長居もできず頑張ってねと声をかけて帰ってきました。
みんな病院にお世話になっていて、あらためて健康の有難みを感じています。
娘は相変わらずプー子をしていて就職が怖いと言っていて働く意欲がわかないようです。最初の就職先がすっかりトラウマになってしまったようです。
暴力が怖いと言うのです。(言葉の暴力とか、いろいろあったようなんです。)
それだけでも頭が痛いのですが、愛犬(番犬)がガンになって最近、痛いのか
寒いのか高い声で吠えるようになりました。
寒さ対策に小屋に段ボールを敷いてあげたら、嘘のように大人しくなりました。
でも、ご飯を残してみたり体調はあまり良くないみたいでいろいろと心配です。犬は我慢強いと聞きます。それを思うと辛いです。
飲み水も少し温かい物を飲ませています。獣医さんによると痛みが全身に回るので前脚を切断しなきゃいけなくなると言われました。
外飼いの犬の前脚を切断…?もう、立てなくなるのでは?と心配でしたが
愛犬は今のところ元気に歩き回って、お散歩も普通にしています。
お薬は漢方で、とても高いです。獣医さんによると穏やかに亡くなる犬もいるとのことで、痛みがないといいなと思っています。
でも、アトピーなのでお腹や首の毛が抜けていて冬の寒さが堪えるようです。
かわいそうでなりません。
父も駄々っ子のように何日に眼科に連れて行ってくれとか皮膚科に連れて行ってくれとか脳神経外科にとか言うので私も病院通いで疲れます。
私はメンタルの持病があるので精神的にとても疲れます。
パニック障害になった時は車を運転できなくなりました。
なんとか克服したものの前のようにドライブなどは楽しめなくなりました。
そのような事もあるので冬の雪道の運転は心配です。
父は来年も頼むと言っています。母は冬の間はタクシーで行くと言っていますが…。
私も来週は病院にほぼ毎日、行かなくてはいけません。
精密検査やドクターのお話を聞きに行かなくてはいけないのです。
あと、いつもの通院もあります。
今年は病院に通い詰めでしたね。まだ師走に入ったばかりですが。
今月を慎重に過ごしていきたいと思っています。
家から病院までとても遠いので車の運転に気をつけながら過ごしたいと思います。
山の中で暮らしてきて今まで不便を感じた事はなかったのですが歳と共に
便利な都会に住みたいな~と思うようになりました。
今はまだどうにもできないですが…。
娘にとっても都会への移住は転機になるのではと思います。
とりあえず今は両親のお世話をしないといけないのでここにいないといけないかなと思っています。
私が働かねばとも思っています。
大変ですがこの冬を頑張って乗り越えていきますね。
コメント (1)