たびにでるたび

***旅に出るたび
***胸につもる何かを
***ほんの少し、眠る前に

ふざけんな

2009-03-16 22:28:57 | Weblog
思いやるってさ
わたしが あなたのことを
あなたが きみのことを
あんたが わたしのことを
きみが あんたのことを
その気持ちを想像しているにすぎないんだ
どうやったって
それは「自分の想像」の域を出るわけもなく
どうやったって
わたしはあなたでもぼくでもきみでもないんだ
あなたもぼくもきみも わたしでも他の誰でもないのと同じように
でも
だから
想像するんだと思う
せいいっぱい頭を動かして
心を動かして
それでもまだ足りないって知ってるから
分からないって知ってるから
行動するんじゃないか
あなたのことは あなたしか
あんたのことは あんたしか
きみのことは きみしか
分からないんだから
どんなに考えたって
本人と同じだけ分かることは
出来ないんだから
だから尋ねるんじゃないか
だから聞きに行くんじゃないか
だから言葉があって手足があるんじゃないか
何も言いたくないならそれでいい
だけど
それをちゃんと分かろうとする前に
耳を澄ます前に
聞こえていなかった声が途絶えてしまうことがあるとしたら
そんな中途半端な想像力なんて
いらない

フラッシュバックディスコ

2009-03-05 23:36:44 | Weblog
個人的なことだ
私にとっては大きなことだけど
人に見せるようなことじゃないかもしれない
だから迷うんだ
迷ってるんだ

あたしがそう言うとあなたは
でも、やりたいんでしょ?
そう言って手を握ってくれる
支えてくれるというのはつまり
そういうことなんだな、と知る

わすれませんように

2009-03-03 21:01:56 | Weblog

忘れてしまいませんように

良かったことも
悪かったことも
そんな風に祈りながら生きてゆくのは
やめにしよう

ひとは忘れてゆく生き物だし
それは自然なことなのだから
流れにさからわずに生きよう
こだわるのはやめにしよう