SAITO Lab. BLOG

齋藤研究室

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「『存在の解釈学』を読む」(『存在と時間』をドイツ語で読む会)お知らせ

2018-09-14 21:24:32 | Information
下記のとおり、2018年10月5日(金)二松學舍大学にて、拙著『存在の解釈学』のイベントが開催されます。
主催は「『存在と時間』をドイツ語で読む会」。学生、社会人問わず多くの方々にご参加いただいています。
今後も隔月開催の予定。ご関心のある方はどうぞご参加ください。

***

第1回 齋藤元紀氏著『存在の解釈学』を読む

当会では、齋藤元紀氏をお招きし、氏の著書『存在の解釈学』(法政大学出版局)を精読する連続イベントを企画いたしました。
皮切りとなる第1回目は10/5(金)に、以降隔月で開催いたします。
本イベントでは、解釈学の観点から『存在と時間』の思想を究明する本書を、『存在と時間』の単なる手引き書として繙くのではありません。Heideggerの思考の道を丁寧に歩んだ齋藤氏の足跡を、私たちも自らの足で辿ることが目的です。
ですから、参加者のみなさまには、テキストの当該箇所について質問事項や感想などを、事前にお送りいただくようお願いいたしております。
この作業を通じて初めて、ひょっとしたら私たちも哲学的伝統の端緒に就けるのかもしれない、そんな願いを込めて開催いたします。

本連続イベントは、当会メンバー以外の方々のご参加も大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。みなさまのご参加をこころよりお待ち申し上げます。

1)日 時:
2018年10月5日(金)18:30〜20:30 ※第2回は12月に開催予定

2)場 所:
二松學舍大学602教室

3)テキスト:
・齋藤元紀氏著『存在の解釈学 ハイデガー『存在と時間』の構造・転回・反復』(法政大学出版局)
・10/5の精読箇所は「序論&第1章(1〜61頁)」です。

※開催日一週間前頃までに、上記当該箇所の感想または質問事項などを、A4で1枚を目安にお書きいただき、下記のEメールアドレスにお送りください。
※テキストは各自でご用意ください。

4)申込方法:
Eメール「szdokushokai ■ gmail.com(■を@に変えてください)」まで、下記をお知らせください。
・お名前
・ご所属
・携帯電話番号

5)申込締切
開催日1週間前を目安に締切とさせていただきます。

http://szdokushokai.blogspot.com/2018/09/20181051.html


***
コメント