SAITO Lab. BLOG

齋藤研究室

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「銀座哲学カフェVol.3」暗闇で哲学対話

2016-02-10 15:17:57 | Information
おかげさまで【暗闇で哲学対話「銀座哲学カフェVol.3」】は公開即日で満員御礼となりました。
闇の中の哲学対話、どうぞお楽しみに。
2016年3月21日13:00 - 16:00 クリックネット東日本橋サテライト
主催:哲学研究会パイデイア / まなび創生ラボ




https://www.facebook.com/events/1112931468717164/
コメント

銀座哲学カフェ第2回開催のお知らせ

2016-02-08 15:55:16 | Information
哲学対話しよう!「銀座哲学カフェVol.2」開催のお知らせ

いま人気の哲学対話を銀座で楽しみましょう!
哲学といっても、難しいことはありません。もちろん哲学の知識も必要ありません。

お飲み物を楽しみながらリラックスした空間で、正解のない問いについて、対話を楽しみましょう!
テーマは当日みんなで決めたいと思います!

ファシリテーターが、全員が対話に参加でき、生き生きと対話が流れるようにお手伝いをします。知識や意見を押しつけることも発言を強要することもありません。ご安心ください。

日時:2016年2月11日(祝) 13:00~16:00
場所:株式会社クリックネット セミナールーム
http://www.clicknet.jp/access/
定員:20名
料金:学生無料、社会人の方500円(お茶、お菓子)
主催:哲学研究会パイデイア / まなび創生ラボ
https://paideiatakachihophilosophy.wordpress.com/
協賛:株式会社クリックネット
http://www.clicknet.jp/
https://www.facebook.com/events/941276605963240/
コメント

「てつがくカフェ@ふくしま 特別編6」開催のお知らせ

2016-02-08 15:49:03 | Information
「てつがくカフェ@ふくしま 特別編6」開催のお知らせ

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が経とうとしています。
あの日、私たちの<たましい>と生きることの根源が揺さぶられました。
あの日に福島にいた者、いなかった者。
その後、福島にとどまった者、去った者、訪れた者、帰ってきた者。
誰もが傷つき、誰もが試され、何らかの選択を迫られました。
あの巨大な経験が時とともに風化の危機にさらされています。
あの日から5年、今一度あの経験を胸に刻む時間を共有したいと思います。

【テーマ】<揺れるたましい>と生きることの根源
    ―震災・原発事故から5年あの日を振り返る―

【日 時】3月6日(日) 15:00~18:00
      
【場 所】ホテル辰巳屋 8階 瑠璃の間

参加費無料・飲み物代無料・事前申し込み不要(直接会場へお越し下さい)
問い合わせ先:fukushimacafe@mail.goo.ne.jp

【第1部】 ゲストスピーカーとともにあの日を振り返る
15:00~16:00
≪ゲストスピーカー≫ 中間玲子 (元福島大学、現兵庫教育大学准教授)
元福島大学・心理学准教授で〈3.11〉当時は兵庫教育大学に転出されていた中間玲子氏をお迎えし、論文「「揺れるたましい」と「死の欲動」 ―被災しなかった私の震災体験」を手がかりに、特別編世話人の6名とともにあの苦しかった日々を振り返ってみたいと思います。

【第2部】 哲学カフェ「<揺れるたましい>と生きることの根源」
16:10~18:00
震災・原発事故から5年が経ち、すべてが忘却の彼方へと葬られようとしている今、会場の皆さまとともに<たましい>と生きることの根源を揺さぶられたあの日々を振り返り、もう一度心に刻む時間を持ちたいと思います。

≪特別編世話人≫
相原博   (法政大学兼任講師)
大森一三  (法政大学兼任講師)
小野原雅夫 (福島大学教授)
齋藤元紀  (高千穂大学教授)
牧野英二  (法政大学教授)
渡部純   (福島商業高校教諭)

詳しくは以下まで。
http://blog.goo.ne.jp/fukushimacafe/e/3179a73618885c129f083c9557126ac9
コメント