SAITO Lab. BLOG

齋藤研究室

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2009-09-26

2009-09-26 21:57:57 | Diary
9月25日、法政ミュージアム企画展示・第二回特別セミナーに参加。
牧野先生の講演「本企画の意図 ―歴史の記憶としての<書き込み>の意義―」では、和辻文庫の成立経緯にはじまり、和辻の書き込みの「歴史の記憶」としての意義がさまざまな観点から照らし出された。笠原先生の「ヘルダーの著作の書き込みを見よ!」では、Klima(気候的風土)の理解を発端として、和辻のヘルダー理解の両義性が描き出された。いずれも、旧来型の批判を超えた新しい和辻像を描く刺激的な話であったように思う。また当日配布された『解説・図録』は、A4判約100ページの豪華な資料。和辻の書き込みを考えるための貴重な手がかりだ。

なお、第三回の特別セミナーは以下のとおり。

 テーマ:「和辻倫理学とハイデガー哲学」
 講師:ハンス・ペーター・リーダーバッハ(関西学院大学社会学部教授)
 日時:2009年10月9日(金)17:00~18:30
 会場:法政大学富士見坂校舎1F遠隔講義室(市ヶ谷キャンパス)

特別セミナーへの参加と和辻文庫への特別入庫には、事前の申し込みが必要。
詳しくは以下から。
http://www.hosei.ac.jp/general/lib/3rd_news/watsuji_090611_new.html

和辻展紹介ビデオはこちらから。
mms://wms.hosei.ac.jp/i/tosho/watsuji20090907.wmv

コメント

実存思想協会秋の研究会

2009-09-24 00:10:30 | Information
実存思想協会秋の研究会

日時    2009年10月3日(土); 13:30~17:00
場所    早稲田大学戸山キャンパス・ 39号館第二研究棟・第五会議室

研究発表
   (1)   「ヤスパースの「限界状況」論とフッサールにおける「限界現象」」
        前田直哉(大阪大学大学院修了)
          司会: 吉田聡(東京大学)

   (2)   「ハイデガーの藝術哲学と「哲学のオルガノン」」
        伊野連(早稲田大学広域哲学研究所)
          司会: 皆見浩史(日本体育大学)

   (3)   「ジャンケレヴィッチにおける事後性の問題」
        三河隆史(東京大学大学院)
          司会: 三松幸雄(明治大学)

   (4)   「ハンス・ヨナスの倫理学と神学」
        山本剛史(慶応大学)
          司会: 長町裕司(上智大学)
コメント

第18回実存思想協会・ドイツ観念論研究会共催シンポジウム

2009-09-24 00:09:15 | Information
第18回実存思想協会・ドイツ観念論研究会共催シンポジウム
日時    2009年9月27日(日)
    研究発表及びシンポジウム 10:00~17:00

場所    早稲田大学戸山キャンパス 33-2号館2階第1会議室

Ⅰ 研究発表
1.  石川和宣(京都大学)
「意識の経験と学知―ヘーゲル『精神現象学』における「想起」を手がかりとして」
司会 : 杉田正樹(関東学院大学)
2.  佐藤慶太(上智大学)
「「観念」から「図式」へ―『純粋理性批判』「図式論」の役割と哲学史的位置」
司会 : 舟場保之(大阪大学)
3.  池田準(東北大学)
「カントの定言命法における意欲と人格」
司会 : 遠藤千晶(お茶の水女子大学)
4.  吉武光雄(学習院大学)
「プラトン『メノン』における奴隷少年による想起とソクラテスの役割」
司会 : 小島和男(学習院大学)

Ⅱ シンポジウム  「教養の問題をめぐって」  

提題:

・ 「教養論としての精神科学論―W・ディルタイを手がかりにして」  伊藤直樹(法政大学)

・ 「<教養>は誰のために」  竹内綱史(龍谷大学)

・ 「能動的受容性としての<教養>」  神崎繁(専修大学)

  司会 : 佐野之人 (東亜大学)

コメント

2009-09-23

2009-09-23 23:46:29 | Diary
20日、21日と京都工芸繊維大学にて開催されたハイデガー・フォーラム第四回大会は盛況のうちに閉会。詩人と哲学者の関係、そして神の問題をめぐって、激しい議論が展開しました。

詩作なくして哲学的思考は可能なのか。神が不在とされる現代において神を僭称しているものは何か、そうした神の現在と不在を見極めるにはどうすべきなのか。相次ぐ刺激的な発表を聞きながら、こうした事柄にあれこれ思いをめぐらしました。今回もまた、いろいろな方々と短いながらも対話を交わし、楽しい時間を過ごすことができたのは嬉しいかぎりです。

次回第五回大会は2010年9月18日(土)・19日(日)、早稲田大学で開催予定です。
コメント

法政ミュージアム企画展示・第二回特別セミナー

2009-09-09 23:23:25 | Information
法政ミュージアム企画展示・第二回特別セミナーが下記の通り開催されます。
とくに今回のセミナー参加者には、A4判約100ページの『解説・図録』が無
料配布されるという特典があります。
和辻哲郎の蔵書・断簡・関連新資料に触れる貴重な機会、どうぞふるってご参加ください。

なお、セミナー参加には事前の申し込みが必要です。申し込みは下記リンクからお願いします。

***

特別セミナー第2回(講座)

テーマ:「和辻哲郎の書き込みを見よ!」
  牧野英二(法政大学文学部教授)「本企画の意図 ―歴史の記憶としての
<書き込み>の意義―」
  笠原賢介(法政大学文学部教授)「ヘルダーの著作の書き込みを見よ!」
日時:2009年9月25日(金)17:00~18:30
会場:法政大学ボアソナードタワー26Fスカイホール(市ヶ谷キャンパス)

申込方法:以下からお願いします。
https://www.hosei-web.jp/fm/event.cgi?id=17

問合先(セミナー共通):E-Mail:museum@ml.hosei.ac.jp/TEL:03-5212-4108

詳細については、以下をご覧ください。
http://www.hosei.ac.jp/general/lib/3rd_news/watsuji_090611.html

***

以下の法政ミュージアム企画展示にも、あわせて足をお運びください。
こちらは申し込みは不要です。

***

【第1回法政ミュージアム企画展示】

「和辻哲郎の書き込みを見よ! 和辻倫理学の今日的意義」

 ―書き込みの豊富な和辻哲郎蔵書・解説パネル・断簡などの展示により 「和辻
倫理学」に新たな光をあてる試み―


 会期:2009年9月24日(木)~10月23日(金)(土曜・日曜・祝日を除く)
 会場:法政大学外濠校舎6階展示コーナー(市ヶ谷キャンパス)
 時間:10:00~16:30
 主催:法政大学図書館
 後援:岩波書店
 協賛:野上記念法政大学能楽研究所、法政大学国際日本学研究所

***

なお、第一回の模様については、以下を参照ください。

http://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=1115
コメント

Heidegger-Forum

2009-09-05 23:40:29 | Information
ハイデガー・フォーラム第四回大会の案内を再掲しておきます。

***

http://www.shujitsu.ac.jp/shigaku/hf/index.htm

ハイデガー・フォーラム 第四回大会

・プログラム
日時:2009年9月20日(日)、21日(月・祝)
場所:京都工芸繊維大学

初日 9月20日(日)
10:30-11:50 発表1:西山達也「アジールとしての翻訳――ヘルダーリン「ピンダロス断片」とハイデガー」
12:00-13:00 昼食
13:00-14:20 発表2:関口浩「詩作に対して思惟とはなんであるのか?」
14:30-15:50 発表3:仲正昌樹「哲学にとっての母語の問題――ハイデガーのヘリダリン解釈をめぐる政治哲学的考察」
16:00-17:20 発表4:高橋輝暁「ヘルダーリンにおける詩と哲学あるいは詩作と思索」
17:45-    懇親会

二日目 9月21日(月・祝)
10:00-11:20 発表1:茂牧人「存在と神を結ぶもの――ハイデガーの無底の神学」
11:30-12:50 発表2:長町裕司「〈形而上学に入り来った神〉もしくは〈形而上学から退去する神〉?――ハイデガーの「存在の思惟」とエックハルトの根本テーゼ「存在は神である」」
13:00-14:00 昼食
14:00-14:30 総会
14:30-15:50 発表3:大貫隆「認識から体験へ――グノーシス主義の変容?」
16:00-17:20 発表4:片柳榮一「終わりなき終わりの此方と彼方――有限性をめぐる人間と神に関する一考察」
コメント

Programm der Tagung Umweltethik

2009-09-05 23:31:29 | Information
Programm der Tagung Umweltethik
mit dem Schwerpunkt:
das Konzept Menschenwürde

vom 11.9.2009 bis zum 13.9.2009
an der Nanzan-Universität Nagoya


11. September Freitag

Ausflug zu ISE-JINGU

12. September Sonnabend

10:30-12:30 Vortrag 1 Makoto Takada (Sapporo)
Umweltethische Umdeutung des kantischen Denkens

12:30-14:30 Mittagspause 

14:30-16:30 Vortrag 2 Dieter Sturma (Bonn)
Die Würde des Menschen und Der Wert der Natur

13. September Sonntag

10:30-12:30 Vortrag 3 Dieter Birnbacher (Düsseldorf)
Limits to substitutability in nature conservation

12:30-14:30 Mittagspause

14:30-16:30 Vortrag 4 Shingo Shimada (Düsseldorf)
Natur- und Umweltverständnis im Kulturvergleich
-das Eigene und das Fremde
コメント