SAITO Lab. BLOG

齋藤研究室

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Sustainabilityと人文知 第3回ワークショップ

2011-03-28 23:56:01 | Information
Sustainabilityと人文知
第3回ワークショップ

タイトル 社会知からサステイナビリティを考える I
テーマ 「社会共通資本」と「世代間公平性」
日時 2011年3月31日(木)13:00-17:30
場所 東京大学農学部 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー
プログラム 司会;松本三和夫(東京大学大学院人文社会系研究科教授;社会学)

0. ワークショップの主題説明 松本三和夫(13:05-)

1. 報告1(13:10-)
報告 鈴村興太郎(早稲田大学政治経済学術院教授)
   「Intergenerational Equity and Sustainability :
    From the Viewpoint of Normative Economics」
討議 川本隆史(東京大学大学院教育学研究科教授;倫理学)

2. 報告2(15:20-)
討議 似田貝香門(東京大学名誉教授)
   「新たなエコノミーとサステイナブルな社会形成;危機を乗り越えるため」

3. 総合討論(16:35-)

懇親会 18:00- 「アブルボア東京大学向ヶ岡ファカルティハウス」
http://www.abreuvoir.co.jp/2009/UT

http://www.sus-humanities.l.u-tokyo.ac.jp/workshop/420
コメント

ティム・インゴルド講演会・シンポジウム延期のお知らせ

2011-03-16 13:47:00 | Information
4月に予定していたティム・インゴルド氏の科研費講演会、シンポジウムはすべて延期となったそうです。 開催の時期は未定。
コメント

Nietzsche Online

2011-03-16 00:18:26 | Information
Nietzsche Online by Walter de Gruyter launched.
コメント

日仏哲学会2011年春季研究大会中止のお知らせ

2011-03-15 22:45:37 | Information
日仏哲学会2011年春季研究大会の一般研究発表、および「シンポジウム:坂部恵の哲学」(3月19日(土)、京都大学吉田キャンパス)は、中止となりました。

正式なお知らせを以下、転載します。

***
東日本大震災という未曾有の事態を受け、日仏哲学学会理事会では、今週末19日(土)に京都大学で開催予定の春季研究大会の運営に関して検討して来ましたが、福島原発をめぐる事態を始めとして、状況は予断を許さない深刻なものであることを考慮し、大会の中止を決定いたしました。

代替の機会を設けることも含めて、今後のことは改めて理事会で協議いたします。

発表者の方々を始めとして、大変なご迷惑をおかけすることになりますが、事情をご理解下さればと思います。

皆様、並びに、皆様の近しい方々に大きな被害が生じていないこと、そして、万が一被害に遭われた方々には一日も早く復旧がなされますことをお祈り
申し上げます。

2011年3月15日
日仏哲学会理事会
***
コメント

ハイデガー研究会3月例会中止のお知らせ

2011-03-14 18:40:14 | Information
2011年3月18日(金)法政大学で開催予定のハイデガー研究会3月例会は、中止とさせていただきます。
今後の開催予定については、追ってご連絡いたします。

http://heidegger.exblog.jp/
コメント

実存思想協会 2011年春の研究会中止のお知らせ

2011-03-14 16:18:03 | Information
2011年3月19日(土)に予定していた実存思想協会春の研究会は中止となりました。
急ぎ、お知らせまで申し上げます。

http://www11.ocn.ne.jp/~jitsuzon/frameset/index.html
コメント

第七回多摩哲学会中止のお知らせ

2011-03-14 10:41:44 | Information
2011年3月16日(水)に予定していた多摩哲学会は開催中止とのご連絡をいただきました。
条件が整い次第、再度開催の予定だそうです。

http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~tsuchi/tamaphil-top.html
コメント

法政大学サステイナビリティ研究教育機構 第1回国際シンポジウム延期のお知らせ

2011-03-14 10:30:14 | Information
国際シンポジウムの延期について下記お知らせがありましたので、転載いたします。

+++

法政大学サステイナビリティ研究教育機構
第1回国際シンポジウム「持続可能な未来の探求」延期のお知らせ

 先般ご案内申し上げました3月16日(水)に法政大学にて開催を予定しておりましたサステイナビリティ研究教育機構主催、第1回国際シンポジウム「持続可能な未来の探求」は、大震災という緊急事態に鑑み、諸般の事情を考慮して、延期といたします。
未曾有の災害に遭われた犠牲者の方々に衷心より哀悼の意を表しますとともに、今は、全てに優先して、被災者の方々の救援と被災地の復興に努力するべき時と考えております。
 なお、このたびの事態は、今回当シンポジウムが掲げました「持続可能な未来の探求」というテーマに対して、非常に大きな課題を突きつけている事態でありますため、私たちが「よりよき未来」に向けてなすべき課題への取り組みを少しでも前に進めるため、今回の国際シンポジウム企画は、単純な中止ではなく、状況を的確に判断しながら、できる限り早く、むしろ拡充しながら再度実現するよう努力したいと考えております。
 新日程につきましては、決まり次第またご案内いたします。皆様におかれましては、今回の企画延期につきましてご理解とご寛恕をいただきますとともに、次回再開に向けまして、今後ともご協力いただきたく、よろしくお願い申し上げます。


2011年3月14日

法政大学サステイナビリティ研究教育機構機構長 舩橋晴俊
研究企画委員長 河村哲二

+++

法政大学サステイナビリティ研究教育機構のホームページもご参照ください。

http://research.cms.k.hosei.ac.jp/sustainability/toppage
コメント

2011-03-14

2011-03-14 10:30:00 | Information
3月11日の東北地方太平洋沖地震におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

東北地方の先生方、友人の皆様の無事と、一日も早い復興をお祈りしています。
コメント

実存思想協会 2011年春の研究会

2011-03-06 09:14:07 | Information
実存思想協会 2011年春の研究会
(共催学会:日本ショーペンハウアー協会、日本ライプニッツ協会)

日時: 2011年3月19日(土) 13:00~18:30
場所:東京大学 本郷キャンパス・法文2号館1番大教室

A.個人研究発表(13:00~15:15)
 1.金  正旭(北海道大学大学院)「ヴィンデルバントの判断論――「批判的無関心」をめぐって」
 2.城阪真治(大阪大学)「志向性と場所――西田哲学における意識の問題の変容」
 3.伊藤貴雄(創価大学)「ライプニッツとショーペンハウアー――イェリネク法哲学の知的源泉」

B.合同シンポジウム(15:30~18:30)
〔日本ショーペンハウアー協会、日本ライプニッツ協会、実存思想協会〕
テーマ: 根拠律/理由律をめぐって――ショーペンハウアーとライプニッツ
提題者:齋藤智志(郡山女子大学短期大学部)「『根拠律』はショーペンハウアー研究を更新する」
     長綱啓典(学習院大学)「ライプニッツにおける充足理由律の射程」
特定質問者兼司会:轟孝夫(防衛大学校)

http://www11.ocn.ne.jp/~jitsuzon/frameset/index.html
コメント