「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

10・19ミンダナオ子ども図書館、松居友さんお話会

2013-10-18 08:47:55 | ドネーションシップ


※本年6月にドネで寄付(わかちあい)させていただいた
ミンダナオ子ども図書館の松居友さんが10~11月に日本に帰国されます。
http://home.att.ne.jp/grape/MindanaoCL/
各地で松居さんの講演会が行われます。(HPをご覧ください)
この機会にドネでも松居さんのお話会をすることを決めました。
松居さんの息子さんが現地の映像も紹介して下さいます。
是非ご来場下さい。(以下転載自由)

~~ミンダナオ子ども図書館~~
◆松居友(まつい・とも)さんのお話会◆

================================
2013年10月19日(土)
午後2時より(1時半開場)
京都・呉竹文化センター
http://www.kyoto-ongeibun.jp/kuretake/map.php
近鉄電車、京阪電車「丹波橋」駅下車(京阪南改札口の「西出口」前)
参加費500円
主催 NPO法人ドネーションシップわかちあい
(問い合せ 075-621-3128)
=================================
「ミンダナオ子ども図書館」
(MCL=Mindanao Children's LibraryFoundation Inc.)は、
フィリピンの現地法人として認可された団体です。
MCLは地域の村に入っての絵本などの読み聞かせ活動、
医療支援、就学支援、子どもシェルター、難民救済活動、
孤児施設、植林活動などをおこなっています。
MCLを創設し、10年にわたって
現地での活動を続けてこられた松居友さんのお話を聞きます。
現地の映像も上映します。

▼松居 友さんのご紹介
1953年3月2日東京生まれ。フィリピン キダパワン市在住。
児童文学者、ミンダナオ子ども図書館館長。
http://home.att.ne.jp/grape/MindanaoCL/


フィリピンでは、第二次世界大戦後、南部のミンダナオ島で独自の文化・社会を築いてきた先住民と政府の対立が先鋭化し、多くの犠牲者や避難民が生まれました。2003年には停戦合意がなされ、断続的に和平交渉が続いてきましたが、現在も不安定な状態が続いています。
2000年にミンダナオ島を訪問した松居さんは、紛争により難民となり、貧困により疲弊した子どもたちが、笑みどころか表情を失っている光景を見て、この子どもたちを救いたいという強い思いから、島に残り、絵本の読み聞かせ活動を始めました。
2003年には、さらに活動を拡大するため「ミンダナオ子ども図書館」を設立し、小学校や保育所建設、医療支援、奨学金の付与なども行っています。現在も同図書館には、貧困等で自宅からの通学が困難な、言葉も宗教も違う約100人の子どもたちが共同生活しており、同図書館はこれまでに、同図書館に居住する子どもたちも含め、さまざまな事情を抱え、学校に通うことが困難な約630人の子どもたちに奨学金を付与してきました。
近年は、日本の不登校やひきこもり等の課題のある青年たちを招き、子どもたちへの支援とフィリピンの子どもたちとの交流を通じて、生きる力をつけるための活動も行っています。
2012年 自由都市・堺 平和貢献賞を受賞。
***********

▼ミンダナオ子ども図書館のニュースより
講演を積極的に行おうと決めた理由は、
生活を共にしているミンダナオの貧しい子どもたちを
大学まで行かせてあげるため。
そして、自殺や閉塞的な社会のなかで、
生きる目的を失っているかのように見える
日本の人々、特に子どもや若者たちに、
親が居なくなっても家庭が崩壊しても
生きる力を失わないこちらの子達の姿を見てもらい、
ミンダナオから愛と勇気の風を送るために・・・。
***********


貧しいからといって、必ずしも不幸とは限らない
私たちの生活の方が、豊かな国の人々の生活よりも
はるかに美しいと感じる時だってある。
けれども、どうにもならないのが、
一日三食たべられないとき、
お金が無くて学校に行けないとき、
病気になっても病院に行けないとき・・・

▼ご支援はこちらへ
郵便振替口座 00100-0-18057  
口座名 ミンダナオ子ども図書館

======================================
わかちあい 支えあい 明日のくにへ!
明日の国とは、―誰も飢えることのない国―
誰もが自由な、自分のこころで生きられる国。
今日はまだない未来の国。
======================================

NPO法人 ドネーションシップわかちあい とは?
http://donationship.org/ 
2007年から活動を開始したNPO法人です。
ドネーション(Donation)は寄付、寄贈。
ドネーションシップ(DonationShip)は寄付・わかちあいの精神、
その心を乗せた船―。
誰のなかにもあるやさしさや思いやりをつないで支援の形にしていこう、とスタートしました。
会員制ウェブサイトを運営し、年会費を寄付(わかちあい)として、貧困問題や紛争、災害等、
国内外のいのちと生存を守る活動や現場に寄付しています。
初年度からの寄付(わかちあい)の合計は10,575,585円になりました。
(ミンダナオ子ども図書館には2011年と2013年に二度の寄付を実施しました)
会員ページ(SNS)を通じてわかちあいに共感する会員どうしが
自由に出会い交流することもできます。
ネットやパソコンを使わない方も参加して頂けます。
安心できる人と人とのつながりを大切にしています。
連絡先 TEL&FAX 075-621-3128  
メール yume★donetionship.org (★を@にしてください)

コメント   この記事についてブログを書く
« 笑顔 つながろう♪ | トップ | 本当の生きる力はどこから来... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ドネーションシップ」カテゴリの最新記事