静岡ラーメン放浪記2

ラーメン大好きな管理人が、自ら食べ歩いた静岡のラーメン店を巡る紀行文。
最近では居酒屋放浪記になりつつあります。

吟月@ワンタンで

2022年05月28日 07時13分10秒 | 居酒屋

吟月@ワンタンで

 「かぶら屋」さんを出て、二軒目のお店を探します。
まずは、「多可能」さんにやってきました。
外からのれん越しにカウンターを覗きます。
するとやはりカウンターは満席でした。

 そこで諦めて一回り、結局はもとのかぶら屋さんの前に戻ってきました。
「目利きの銀次」さんは先週行ったから別の店で探すと、ほとんど一択でした。
御幸町の通りを越えて、着いたお店は「吟月」さんでした。
実はその前に少し寄り道をしているんですが、それは次回です。

 

 時間は午後6時すぎですから、こちらのお店も空いていました。
お客さんは年配の男性がお一人ですが、もう一人不思議なお客がいました。
それがなんと幼稚園児ぐらいの小さなお子さんでした。
まさかこのご主人のお子さんではないだろうし、もちろんお客さんの関係でもないようです。

 それを横目に見ながら私は奥のカウンター席に座ります。
「ホッピーにワンタンスープ下さい」
最近「福竜」さんで立て続けに振られたので、ワンタンが無性に食べたくなったからでした。
福竜さんはけっこう遠いんであそこまで行って振られるとダメージがきついですね。

 

 奥から奥さんが出てきてホッピーを出してくれます。
グラスに氷、たっぷりとショーチュー、そしてホッピーです。
もちろんサービスの殻付き落花生も付いています。
まずは半分を使ってホッピーを完成させます。

 

 先客の方には珍しいラーメンに小ライスが出てきました。
これはあとで分かりましたが、ご主人の新作のラーメンのようです。
それが「タイワンラーメン」と銘打ってありました。
しかし一般的な台湾ラーメンとは違って、キムチの入ったラーメンだったようです。

 

 でもお客さんには好評だったようで、安心しました。
そしてそのあとで私のワンタンが出てきました。
これは後ろを回って奥さんが持ってきてくれます。
まずはコショーを掛けていただきます。

 

 具にはチャーシューが一枚にメンマ、ナルトにノリです。
そしてこのお店の特徴はワンタンの皮が厚いことです。
これはまさか餃子の皮じゃないでしょうね。
まあ食べ応えもあるからいいか。

 男性のお客さんが帰って、すぐに30代ぐらいの女性が入ってきました。
奥さんとお話している様子から、例の子供はこの方のお子さんらしいです。
ひょっとしたら奥さんの親戚ぐらいかな。
用事があってしばらくここに預けていたということでしょう。

 

 そんな人間模様を見ながら、二杯目のホッピーも空きました。
今日はなんだかんだと迷ったけれど、無事最後まで飲めました。
お会計をしてお店を後にします。
ごちそうさまでした。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

かぶら屋@久しぶりです

2022年05月27日 07時11分59秒 | 居酒屋

かぶら屋@久しぶりです

 週に一度の飲み歩きです。
今回は目的のお店を決めていたので、まずは午後5時15分にそのお店に着きました。
食べログには午後5時開店とありましたから、その時間を目指したわけです。
ところがどうしたことかお店は準備中のままでした。

 そしてお店の前には開店を待っている男性がお一人立っています。
念のために私も少し待ってみましたが、いつ開くのかわかりません。
これは仕方がないと諦めて目的地を替えました。
そうだ、最近しばらく「かぶら屋」さんに行ってないな。

 

 というのは、最近かぶら屋さんが混んでいて、日曜日に行っても満員だったりしたからでした。
しかし今日は平日の早い時間だから大丈夫だろうと踏んだわけです。
お店に着くと、予想通りで空いていました。
まずは一番端のカウンター席に座ります。

 バイトの女性は新人さんかな。
ずいぶん明るくてはきはきしているのは好感度が高いですね。
注文はお決まりのチューハイです。
「上ネギタン塩ありますか」

 

 バイトさんが店長さんに聞いて確認してくれました。
大人気のかぶら屋さんですが、まだまだ早い時間帯は空いているようです。
のんびりとチューハイを飲んでいたら、私の死角から突然おつまみが出てきました。
「上ネギタンです」

 

 ぼんやりしていたのでこれには驚きましたね。
しかし相変わらずの美味しそうなネギタンです。
レモンを絞ってかぶりつきますが、予想通りの美味しさで感激ですね。
気のせいか今日はネギが山盛りなのが嬉しいです。

 

 しばらくしてカウンターにいたお客さんが帰りのお会計です。
中年の男性でしたが、注文された「カブのなんとか」が美味しかったらしく、しきりに褒めていました。
変なところでテンションが上がったんでしょうが、ほめ方が大げさで、思わず笑ってしまうほどでした。
もちろん褒めるのは悪いことではないです。

 私の場合お店の方に感想を言う場合はほとんどないので新鮮でした。
たまにはお店にも愛想を使うのが大切でしょうね。
まあ、悪いことに文句を言うこともないのでおあいこにしておきましょう。
珍しく女性の一人客が来て、その方は外のテラス席に一人で座りました。

 ここは注文がしにくいんですが、人混みが嫌いなんでしょう。
チューハイが残り少しになってくると、例のバイトさんがしきりにこちらを気にしています。
これはたぶん教育がしっかりしているので、お代わりを勧める準備なんでしょう。
待たせても悪いので残りを一気に空けてお代わりを告げました。

 

 さて、二軒目をどうするかで悩みます。
面倒だからここでもう1杯飲んでいくか。
迷っているうちに時間は経っていきます。
考えるのも面倒になってきて、ここでお会計でした。

 ではごちそうさまです。
でもどうしようかな。
まだ明るい街中を当てもなく歩いていきます。

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

こやま@七間町

2022年05月26日 07時11分23秒 | 静岡かけそば放浪記

こやま@七間町

静岡かけそば放浪記 17

 

 日曜日の正午過ぎです。
今日は自宅で食べる予定が急に変わって、ランチが外食になりました。
しかしこれは困ったことで、時間が悪いです。
静岡市の中心部は日曜日に営業している飲食店が少ないので、どこもかなり混んでいるはずです。

 予想した通りでお目当てのお店も行列ができていました。
そこで思いついたお店があります。
前回行ったところ長期休業で入れなかったお蕎麦屋さんです。
時間は午後12時半、並んでいるお客さんもないので、まずはお店に入りました。

 

 中に入るとしっかりお客さんはいましたが、カウンターには半分ほど空きがありました。
まずは右端から二番目の席に座りました。
私の左側の席には30代ぐらいの男女のカップルです。
こちらの方が入ってその次が私だったようで、先に注文をされました。

 

 その注文でいろいろと質問が飛んでいます。
どうも親子丼の大盛りができるかということのようでした。
メニューには書いてありませんが、あれこれと大盛りがオプションになっているお店は多いです。
その方に生ビールが届いて、私には何とも羨ましい次第です。

 

 次が私の注文で、ランチメニューから「ミニかつ丼」にかけそばを選びました。
暇なのでメニューを見ますが、やはり大盛りの件は書いてありませんでした。
この後になりますが他のお客さんからも大盛りの問い合わせがあって、お断りされていました。
なかなかお蕎麦ができないのでスポーツ新聞を読みまくります。

 

 どうも私の入ったタイミングが悪かったようで、品物がなかなかできてきません。
まあ今日はこの後にはなにもお仕事がありませんから、時間的には大丈夫ですが、ランチで遅いのはつらいですな。
30分経過してもまだお隣さんのところまでも来ていません。
2誌目になる新聞もそろそろ終わりそうな時分にようやく出来上がりました。

 

 例の仕切り板があるので、店員さんがトレイを置くのにかなり苦労されていました。
なんと40分待ってようやくのランチになりました。
これがミニかつ丼とかけそばのセットです。
お客さんの半分ほどはこのセットで、お蕎麦は圧倒的に冷たい蕎麦が多かったです。

 

 まずはメインのかけそばです。
ゆずが一欠け乗っていてほのかに香りがします。
別添えのネギを全部かけ、一味もバッサリと振りかけました。
おもむろに麺を手繰りますが、おや、汁がどうも薄めですね。

 お蕎麦は申し分ない出来ですが、出汁が私には薄めに感じられました。
もう少し濃い江戸前風のガツンとしたダシが好きなので、これは少し残念でした。
ひょっとしたらめったに出ないかけそばなので、汁が薄まったのかもしれません。
お蕎麦を半分ほど食べて、もう一つのカツ丼に向かいます。

 

 ミニサイズの丼ですが、このカツ丼は逆に美味しかったです。
何しろ味が濃い目でした。
出汁が良く染みたカツ丼はいいもんですね。
玉子のとじかげんも良く、サイズ的にもぴったりのカツ丼でした。

 

 お漬物は4種類ですが、少し寂しいかな。
浅漬けで、口直しに使いました。
そして甘味も付いています。
これはかりんとうですね。

 

 こちらのお店は人気があるようで、1時を過ぎてからもお客さんが入ってきますね。
カウンターがぞわぞわしているのでそちらを見るとお客さんがお引越ししています。
50代ぐらいの女性のお二人で、最初はカウンター席に並んで座っていました。
つまりテーブル席に空きがなかったわけです。

 しばらくして、テーブル席のお客さんがお帰りになり、そこが空きました。
するとそのお二人が席の移動を申し出たわけです。
しかしもうすでに注文がされていて、なんとワインのフルボトルが出てきています。
そのボトルとワイングラスを自ら手にして、お二人が席の移動をされていました。

 

 これはきっと二人でだらだらと飲むんだろうな。
何とも羨ましいですが、私はここでお会計です。
ごちそうさまでした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

餃子の王将@値上げしても

2022年05月25日 07時12分46秒 | 居酒屋

餃子の王将@値上げしても

 

 金曜日のお仕事終わりです。
今夜もお目当てのお店には振られてしまいました。
平日とは違っていて、さすがに週末の繁華街は賑やかになってきましたね。
しかしリカバリーに走らなくてはなりません。

 まあこういうときには「餃子の王将」さんと決まっています。
静岡市の繁華街を通り抜けて、お店の前にやってきました。
通りにずらりとタクシーが並んでいる様子はすっかりとコロナの前に戻っていますね。
お店の前にはバイクに乗ったお客さんが待っていて、これはテイクアウトでしょうね。

 さて、お店に入りますが遅い時間なのにだいぶ混んでいました。
奥に向かうと、空いた席に自分の荷物を置いているお客さんが数名います。
こちらのお店は荷物置きがないので仕方がないんですが、混んでいるときは自分の膝に置くとかしなくてはいけないですね。
私が立って待っているとその視線を感じたのか隣席の女性客が荷物を自分の席の下に移しました。

 様子を細かく書くと、こういうことになります。
カウンター席の一番右に30代ぐらいの男性が座り、その隣の空席には自分の荷物を置いている。
そしてその隣の空席には例の女性の荷物、そしてその次には本人でした。
つまり荷物を置いたイスが二つ並んでいたというわけです。

 私は何とか空いた席に座ることができました。
右端の男性は私の少し前に来たようで、その方が先に注文をします。
一つ遅れて私も注文しましたが、その1分ほどの違いがあとで大きく影響してきます。
まずはお馴染みの瓶ビールが出てきました。

 

 しかしそれからが遅かったです。
その間にお隣の男性の注文が続々と出てきます。
まずは餃子が二人前に中ライスです。
お酢を出してほしいと注文していました。

 しかし私の餃子はそのラインに乗り遅れたので、次のロットに回りました。
ここまで来てビールだけでつなぐのはつらいものがあります。
左側の席の女性は生ビールに餃子と半ラーメンというお食事です。
今日は週末ということもあるのか、女性のお客さんが目立ちますね。

 右側の男性には巨大な野菜炒めが出てきました。
あれ、野菜炒めってこんなに大盛りだったかな。
不思議に思いましたが、しばらくして気が付きました。
どうやらこのお皿は「焼きそば」のようです。

 それにしても餃子が二枚に中ライス、そして大盛りの焼きそばとはものすごい食欲だなあ。
圧倒されているとようやく私の餃子が出てきました。
「すいませんお酢をお願いします」
今回は「酢コショー」でいただくことにしました。

 

 王将さんの餃子はしばらく来ないでいるうちに税抜きで20円ほど値上げされました。
他のメニューも少しずつ上がっていますが、客足は変わらない様子です。
コロナ禍でも順調に利益を上げているのは戦略がうまく行っているんでしょう。
やはりテイクアウトの人気が高いようで、厨房にもその容器がずらりと並んでいました。

 

 餃子でビールをやっつけ、20分ほどでお会計です。
そこでようやくスタンプが5個たまりました。
しかし次の目標の15個には程遠いです。
まずは交換をお願いしましたが、余った1個のスタンプを返してくれました。

 

 これはまだ期限があるのでまた新規に5個貯めろということでしょうね。
ここの店員さんはさすがによく教育されています。
お店を出るとその前にはまたもやテイクアウト待ちでお客さんがいらっしゃいました。
夜遅くまで大繁盛ですね。

 

 ごちそうさまでした。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

万客来@沓谷

2022年05月24日 07時10分55秒 | ラーメン(静岡市内)

万客来@沓谷

 

 今週2回目のラーメン放浪記です。
今回のお店は旧ブログで一度記事にしたことがありますが、それ以来足が遠ざかっていて、なんと13年ぶりの訪問になりました。
確認のために旧ブログを見てみますと、これはびっくりでした。
その記事に出て来るお値段が、現在よりも高いんですね。

 

 どういう経緯があったのかは分かりませんが、不思議なものでした。
木曜日の午前11時すぎ、開店すぐを目指してお店にたどり着きました。
お店の名前は「万客来」さんで、新北街道沿いのお店です。
建物もだいぶ劣化したようで、お店の名前も薄くなっていました。

 さて、中に入ると開店直後だというのにだいぶお客さんが入っていました。
二人連れが一組に一人客が二人です。
私は奥のテーブル席に座ってメニューを見ます。
その中に「ラーメンセット」を見つけました。

 

 これは六種類のラーメンとご飯もののセットで750円というものです。
久しぶりに半チャンラーメンでも食べようか。
しかし面白いものが目に留まりました。
下から二段目の右端です。

 なんと「ニンニク炒飯」というものがあるではないですか。
これは面白そうです。
すぐに店員さんを呼んで、このニンニク炒飯と「豚骨台湾ラーメン」を注文しました。
このラーメンもなんだかよくわからない不思議な組み合わせです。

 しかし今日は私がお店に来るタイミングが悪かったようです。
お店は開店されたばかりで、先客の注文から順番に作っています。
このお店はセット物が主体なので二品ずつ作ることになります。
したがって私は5番目ということになりました。

 

 暇つぶしに何回もランチタイムのメニューを見ていて、あることに気が付きました。
他にもランチセットがありましたね。
しかも裏面にも別のセットが並んでいるんです。
そしてよく見るとこれが全てラーメン付きのセットでした。

 

 例えば酢豚ランチなら、酢豚に鳥のから揚げにライスと小皿、そして漬物にラーメンまでついています。
これはかなりのサービスですね。
そしてその中には「麻婆豆腐」もあるんですね。
せっかくですから、これを注文して「五味八珍」さんと比べてみればよかったなあ。

 

 さらに店内を見ていくといろいろな掲示が目に留まります。
曜日限定でドリンクのサービスがあるのか。
「樽ハイサワー」が80円引きの220円とは安いですね。
それに比べるとハイボールのほうはそれほど安くならないというのが不思議です。

 

 さて、まずは二人連れのお客さんにセットが出てきました。
お店の方はたぶん台湾系の方で、店内の会話はすべて中国語でした。
しばらくして奥の一人客のセットが運ばれていきます。
その後で4人目のお客さん、さらにようやく私のチャーハンが出てきました。

 

 いやあ、これは凄いぞ。
まずはむんむんと立ち上るニンニク臭です。
これは食欲をそそりますね。
そして何だこの巨大なチャーハンは。

 

 ゆうに一人前以上はあるという大盛りのチャーハンに大仰天です。
これは参ったぞ、はたして食べきれるかな。
しかし一口食べてびっくり、これはかなりの上級炒飯でした。
しっとり系ですが、味付が素晴らしいです。

 具には卵にチャーシューにハムの細切れ、そして玉ねぎにニンニクです。
このニンニクがかなりの量ですが、よく炒められているのでそれほど臭みはありません。
こういう炒飯は初めて食べましたが、いやはや最高ですね。
そしてラーメンも出てきました。

 

 これが「豚骨台湾ラーメン」だそうです。
白いスープが豚骨スープなんでしょうが、たぶんこれは既製品でしょうね。
そこにラー油と豚のひき肉そしてニラが散らしてありました。
麺は中太の縮れ麺で、これは普通のものです。

 

 しかしこのニンニク炒飯は美味しいですね。
最初は食べきれるかどうか不安でしたが、みるみる山が崩れていきます。
そしていくら食べても飽きないというのが不思議です。
これは定期的に食べたくなる味だな。

 

 このセットですと通常は麺は伸びないようにラーメンから先に食べるんですが、今回はチャーハンからになりました。
そしてチャーハンの合間にラーメンをいただきます。
惜しいことにラーメンの味はいまいちでした。
まあこれは仕方がないでしょうね。

 

 そして格闘すること数分、ついに炒飯がなくなりました。
いやあ美味しかったな。
これだけのチャーハンを食べたのは例の王将さんで大盛りになってから以来でした。
そして気になったので、単品のお値段も調べてみました。

 

 まずは単品の「台湾豚骨ラーメン」が650円です。
たぶんこれは同じものではないのかもしれませんが、これに100円プラスで巨大なニンニク炒飯が付くわけですから、恐ろしいサービスです。
逆に単品のニンニク炒飯は普通のチャーハンと同じ値段の550円でした。
こちらのほうが安いのも驚きでした。

 

 単品でこのチャーハンだけという手もありそうです。
なお他の定食ではライスのお代わりが無料サービスでした。
一人のお客さんはしっかりとおかわりしていましたね。
そして面白いことに私が食べ終わるまで他のお客さんは入ってきませんでした。

 

 最初はどんどん混むんだろうと思っていましたが、拍子抜けしました。
店員さんも暇そうでしたね。
大盛りのチャーハンにラーメンでお腹は満腹状態です。
赤い中華おそるべし。

 

 何とかお会計をしてお店を後にしました。
ごちそうさまです。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする