あ、キジトラのそらくん!

キジトラのそらです。音楽好き夫婦にもらわれて、郊外の一軒家でキッチンと書斎以外は出入り自由で気ままに暮らしてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ぼくは野生のトラさ(動画追加)

2013-07-29 | 日記


============================
   ねらいをさだめて~
============================

ぼくはちょっとした物音を聞いたり、速く動くものを視界にとらえたりすると、ちょっとびくっとするんだ。
なるべく見つかりにくい部屋の隅っこに身を隠して、様子を窺う。
前脚をそろえて姿勢を低くして、有事に備えるのだ。

相手が小さなものだったら、よっしゃ、いったるで。

ウサインボルトよりも速いダッシュで飛び出し、急減速の急ブレーキで獲物を押さえ込む。

やったあ、噛み噛み。噛み噛み。

すると、うちのやつ1号が、獲物を取り上げてしまうんだ。離してよ!

廊下の向こうに投げるんで、またダッシュして取りに行くんです。

これが僕の遊び。野生っぽいでしょ。トラじゃなくてキジトラなんだけどね。


これがひとつのぼくの獲物。目薬。どう?動いて逃げてるみたいでしょ、目薬。

================
キジトラのそらくん、目薬で遊ぶ
================

コメント

夏は涼しい家のなかで

2013-07-28 | 日記

======================
 廊下がぼくの保護色?ぼくが廊下の保護色?
======================

うちのやつは二人とも街に住み着いているにゃん達を見るのも好きで、いつも決まった場所にたくさんいるのを日課のように確認している。キジシロくんやクロちゃんや、キジトラ夫婦にキジ渦のおじさん? 灰色のなんていう毛色かわからないけど、いっぱいいるんだそうだ。

岩合さんの「世界ねこ歩き」の猫映像もBSチャンネルで時々見てるけど、外国の街や瀬戸内海の島々のにゃん達が地域の人達に見守られながら暮らしているのを見ると、そういう生き方もいいのかもね。

うちの近くのにゃん達のところにも子猫が産まれて、写真を見せてくれたけど、ぼくに似たキジトラ4兄弟だった。
今日はものすごく暑い日だったんだけど、朝のうちはまだ過ごしやすくて子猫達は陽の当たるところでじゃれている。
でもお母さん達は自動車の下で暑さを凌いでいる。



昼にでもなれば、とてもじゃないけど陽の下では過ごせないので、自動車の床下でじっとしてるしかないんだって。

早く夜にならないかなって、なるべく動かずに待つしかないんだ。それって辛いよね、きっと。

それにひきかえ、ぼくは涼しい家の中でゆっくり昼寝ができてありがたいよ。

あのにゃん達も何とかこの夏を乗り切って元気に暮らしてほしいね。
コメント

昼寝させてよ

2013-07-27 | 日記


=========================
 のびてる の~びてる
=========================


夏は暑いよ。あかるいうちは昼寝に限るよね。

エアコンいれてくれてるから気持ちいいし。



=========================
  ああ  ねむ  ねむ
=========================


ぼくは基本的に猫だから、夜行性なのだそうです。だから、
昼は寝るんです。夜に働くのです。
でも夜に何して働くのかな?


それにしても、土曜、日曜は、うちのやつ1号が休日でうちにいるから、
何かとちょっかいをだしてくるので、寝れないじゃないか。

せっかく、オットマンの上で気持ちよく寝てたのに、
ぼくの好きな紙のおもちゃをチラつかせるもんだから、
眠気まなこではあっても、勝手に目が追ってしまって、
だんだん、目覚めてきてとうとう起きちゃったじゃないの!

いい加減にしてよね。

どうせ、夜早く静かにさせようという魂胆だろうけど、ぼくは隙を見てちょっとでも寝ておくんだからね。

コメント

おはよう!!

2013-07-27 | 日記

=============================
掃除機ウイーンって鳴るとちょっと怖いなあ。ここで待ってよ
=============================

ぼくを世話してくれてる「うちのやつ」は50才くらいの夫婦。

区別して呼ぶために、お父さんの方をうちのやつ1号、お母さんをうちのやつ2号にする。


夜はいつもぼくはぼくの部屋で過ごすように言われてドアを閉められてしまう。

な~お、な~お

って呼ぶんだけど、開けてくれない。10回くらい呼んでも開けてくれないから、
しょうがないかと思ってあきらめる。

部屋の中にも遊びものは少しはあるからね。

昼によく寝てるから夜は元気もりもりなんだ。でもうちのやつは自分たちの部屋で寝ちゃってるし。
ぼく、やることなくて休んでるしかないんだ。



夜明けだ。外がだんだん明るくなってきた。
ぼくは5時半か6時ごろにとうとう耐え切れなくなって、うちのやつを呼んでしまう。

朝は少しかわいく、みゃ~お、みゃ~お

そうすると、うちのやつ2号が来てくれる。足音で来るのがわかるから、扉が開くすぐ横で待ってる。
ぎーと扉が開いたらすぐに廊下にでて、2号の足にすりすりしてやる。

ぼくは夜の間一人ぼっちでさみしかったんだ。
でもそのことは怨んじゃいない。

来てくれたから嬉しくて、喉が鞴のように鳴っちゃうんだ。ごろごろ、っていうよりも
ぶるるる、ぐるるる
っていう感じかな。結構、身体中に響くんだよ。

それで、2号の足にすりすり、あたまをすりすりしちゃうんだ。

1号はまだ寝てる。

寝てる横からすりすり、口元に鼻先つけて、
こらこら、早く起きなさい、ってやると、ちょっと撫でてくれる。

おはよう!! 起きてご飯食べようよ!



===================================
のんびり、ゆったり、伸びをして、むにゃむにゃ
===================================
コメント

ぼくのごはん

2013-07-25 | 日記


===================
ちょい! ねずみのおもちゃ ちょい!
===================


ぼくが地域ねこ応援団にいたころは何でも食べた。
カリカリだけでもダイジョブだってS兄さんがうちのやつに言ってたし、
このうちに来た時も、カリカリを少し持参したくらいだ。

でも今は、まぐろがすきなのである。

カルカンパウチの子猫用のまぐろでーす。

これ、朝半分お皿に出してくれるんだけど、夢中で一気食いしちゃうんです。

少しお腹がすいてるので、カリカリを足してくれます。
でもぼく、カリカリはもう普通だな。お腹がすいてたら食べるけど、
見たらどんどん食べちゃうほどじゃないな。

うちのやつがご飯を用意し始めるとぼくはどうしてもそわそわしちゃって、
キッチンの横に座って覗いてるんだけど、近づくと叱られちゃう。
包丁が危ないんだって。

それでご飯ができて食べ始めるのを見てると、ぼくも何か欲しくなっちゃうんだな。
箸の先があちこち動くと、やっぱしどうしても目がそっちにいってしまう
動くものに勝手に目がいくもんだから、ぼく自身なんとかしてほしいよ。

箸の先に何があるのかな。おいしいのかな。じっと見てると、とうとう、ぼくにもおすそ分けしてくれる。
ご飯粒4つとか。パンの切れ端とか。レタスのをちぎったものとか。
うちのやつが座ってる椅子の座面の空いてるところに(お尻の横)座って、テーブルに前足をかけて顔をだしてると、目の前におすそ分けをおいてくれる。
この体制だと食べにくいので、くわえて下に持っていって食べますです。
なくなるとまたおねだり。
それの繰り返す。
まあ、4回くらいもらったらだいたい満足。
どっちみち、少し前にお先にご飯食べてるから、お腹はすいてないんだけどね。

うちのやつが食べてるのをみるとちょっと仲間に入れてほしいだけなんだ。

コメント

ブログランキングにクリックお願いします

人気ブログランキングへ

ブログ村ランクング

人気ブログランキングへ ↑よろしかったらクリックお願いします。