◆BookBookBook◆

📚読書備忘録📚
(自己評価★★★★★)+泣ける物語
たまに山ブログ
         

月山 と言っても日本百名山の月山とは違います。

2024-04-23 | 山登り・ハイキング(2023年)

 

 







月山!?月山神社!?
(541m)
古くからの修験道だそう。



霞む景色
先程までの青空は雲に覆われて、冷たい風が吹く山頂



サバイバルナイフがあると便利



石室ちっく



ぐるり一周
先程のサバイバルな鎖場の男体山と女体山





初夏に早池峰山に行きたいねと 東北が好き💚








ここに繋がります にゃーん(=^・^=)

銀杏拾い - ◆BookBookBook◆

銀杏拾い - ◆BookBookBook◆

銀杏拾い - ◆BookBookBook◆

ハイキングの帰り銀杏拾いに立ち寄り。そこにいたノラにゃんこ(ノラにゃんこ物語がなつかしい…最期は涙。・゚・。)めっちゃ警戒まぁそうだよね。部外者な私たち。にゃ...

goo blog

 





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新しい家族迎えました💛一ヶ月と三週間経過

2024-04-23 | F

 

わんこぐんぐん!?成長中

二度目のシャンプータイムです。
お風呂場から呼んでも来ないので、今回は連れ去り系・・(笑)
今回も肛門腺不発
気候も温かくなりちょうどよい温度
嫌がらずジッとしているかわいいコです💛

過去のトイプーちゃん達はシャンプーすると身体が小さくなったけど、
特に実家のわんこは瘦せ型で、背骨がゴツゴツ
このコは小さくはなるけど、軟弱さはなくバランスよい身体です。





上目遣い・・(笑)
後ろの暖炉上のぬいぐるみを取るのを断念




 

シャンプーをした週末
ご近所の動物病院へ二度目の訪問

そうです。去勢の相談です。
色々な意見はあるけど、去勢する方向です。

健康診断は良好 体重も問題なし👍

ただまだ去勢には早いかなってことで、
GW前に血液検査、検査日決定することになりました。

フィラリア予防期間は、5月上旬~12月下旬
予防薬の投与を開始する季節です。
今までは人任せだったから、色々勉強になります。





新しいリードにしましたが・・(^▽^;) 固まりコちゃんです。
「おいで~」 ガン無視

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二ッ箭山 鎖場

2024-04-23 | 山登り・ハイキング(2023年)

 

 



二ッ箭山 鎖場を行きます。
超サバイバル~テンション上がる!!!💕

こういう整備され過ぎていない山に出逢えるうれしさ。





小休止の一枚📷 約30Mの壁です。
💕 💕 💕
中々な傾斜で経験値必須
三点確保を知らない人はおすすめはしないかな。
ビビリな人にも無理かも。



鎖場を登り切って振り返る。
下山には使用したくない鎖場です。



目の前に男体山
岩場から岩場へ登って行きます。



この細っそい鎖場もドキドキ💕





分岐にぶつかり左へ
猫🐱に兎🐰、そして月と来た🌙
ネーミングが中々個性的で惹かれる。






二ッ箭山(710M)着(^▽^)/



 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二ッ箭山

2024-04-22 | 山登り・ハイキング(2023年)





早朝コンビニの駐車場で待ち合わせ






































〆張鶴!?👀 一瞬そう見えた・・(笑)





















巻き道?鎖場? どっち行く?


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Y

2024-04-21 | 山と渓谷社、関連本

 

山と渓谷社・編
『日本人とエベレスト
 植村直己から栗城史多まで』


新刊本
2022年3月1日 初版第一刷発行


この数週間、合間読書していたエベレスト本🏔 
まさしくアルピニスト憧れの山 世界最高峰のエベレスト
読んでいて将来エベレストに登ってみたいかと自問しても「NO」だけど(^▽^;)
ボンベを担いでまでの登山
そこを無酸素登頂する人が出て来て・・どうなっているの!?
レベルが違い過ぎて、(しかし現在、誰でも登れると言われるまでになってしまったけど)
魅せられるまでは行きついていない。

今後も色々なエベレスト関連書籍を読んでゆきたい。
そう現実離れはしているわけで、興味はつきない。

--------(抜粋)

 

日本人による登頂50周年の歴史を俯瞰したノンフィクション
世界最高峰であるがゆえの「宿命」と「呪縛」から逃れられないエベレストの実態とは――。

日本人のエベレスト登山50年を、初登頂や女性初登頂、各ルートからの登頂、大量遭難、清掃登山、
公募隊、最年少・最高齢登頂記録など、テーマに沿って解説する。
日本人のエベレストをひとつの軸にして、50年の登山史を振り返る。


■内容

1章 日本人初登頂(1970年)
2章 女性初登頂(1975年)
3章 加藤保男の3シーズン登頂と死(1982年)
4章 無酸素初登頂(1983年)
5章 交差縦走(1988年)
6章 バリエーションからの登頂(1993年)
7章 公募隊の大量遭難(1996年)
8章 清掃登山(1999年~)
9章 最年少登頂と最高齢登頂(1999年~)
10章 日本人の公募隊(2004年~)
11章 「栗城劇場」の結末(2018年)
終章 今後のエベレスト登山

 

世界最高峰であるがゆえの「宿命」と「呪縛」から逃れられないエベレストの実態とは――。

本書は、それぞれのエベレストにまつわる出来事を年代ごとに、そして登山のテーマごとに五十年の歴史を俯瞰したものである。前述したように日本人初登頂、女性初登頂、三季初登頂、無酸素初登頂、バリエーション・ルートからの初登頂と、これだけ「初」がつく山はないと思う。その根底に流れているのはパイオニアワークであり、アルピニズムの思潮であったと思う。未知への憧憬、高さへの憧れ、そして困難さへの超克、そのどれもがパイオニアワークであり、アルピニズムへの志向であった。そしてその表象が、エベレストであったのかもしれない。

エベレストが唯一の「世界最高峰」であり、その頂に一度は立ってみたいという登山者のあくなき憧憬があるかぎり、その「宿命」や「呪縛」から逃れることはできないのであろうか――。日本人のエベレスト登頂五十年の歴史から、私達は初期における挑戦する精神の大切さと多様性の重要性を、絶えず問いかけられているような気がしてならない。(エベレストの五十年――あとがきにかえて より)

 

--------

植村直己、植村さんの書籍は読んでいるから分かるけど、
この初めて聞いた栗城史多・・世間の酷評が伝わってきて、一体どんな人なんだろう?
ただ経験値からして、上滑りしてしまった人なのかな。

エベレストに登頂した人と挑戦したけど登頂出来なかった人との格差

運命をも左右するエベレスト「呪縛」

 

U - ◆BookBookBook◆

 

U - ◆BookBookBook◆

植村直己『エベレストを越えて』★★★色焼けした相当な古本1984年12月25日第1刷(単行本昭和57年7月)「私にとって、良い山とはひとつの極限を意味している」巻き戻って***...

goo blog

 

 

T - ◆BookBookBook◆

 

T - ◆BookBookBook◆

田部井淳子『タベイさん、頂上だよ』★★★最近再び🏔ヤマケイ文庫🏔前回読んだ本がエベレスト登頂の話で、世界最高峰に女性として初めての足跡を残した「日本人田部井淳子」文中...

goo blog

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

八ヶ岳と富士山

2024-04-19 | 山登り・ハイキング(2023年)
 
 
 


八ヶ岳の稜線が昔から好き。
そこの富士山もセット
何度眺めてもこの景色は最高!







独立峰の木曽御嶽山

今年は悪天候で中止になったけど、来年は登れるかな?
摩利支天も巡ってぐるり巡礼したい。














最高なドライブ日和です。





クルマのフィルター
眼前に見えるのは蓼科山です。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

S

2024-04-18 | 沢木耕太郎

 

沢木耕太郎
天路の旅人』★★★★★

 
 
沢木耕太郎のノンフィクションが出た!
これは迷わず読むでしょう~

「てんろ?」「あまろ?」さてどちらでしょう?
 
 
--------(抜粋)
 
 
「この稀有な旅人のことを、どうしても書きたい」
「旅」の真髄に迫る、九年ぶりの大型ノンフィクション

第二次大戦末期、敵国の中国大陸の奥深くまで「密偵」として潜入した若者・西川一三
敗戦後もラマ僧に扮したまま、幾度も死線をさまよいながらも、未知なる世界への歩みを止められなかった。
その果てしない旅と人生を、彼の著作と一年間の徹底的なインタビューをもとに描き出す。


--------

ハードカバーからの情報は少なめ。それがよき。
大体は文庫本裏のあらすじでネタバレすることが多し。
 
ぐんぐん読み進み、後半の船旅前で一旦ストップ
そうわたしのクセ 読み終わるのが惜しくなるとペースダウン
こういう時速読なのがネック
 
 
 
---


 
「泳ぐ」
うっかり口走ってしまい、内心、しまったと思った。河が少ない高原地帯の蒙古では泳ぐ習慣がない。西川も、これまで泳げる蒙古人というのに会ったことがなかった。蒙古人ではないことがわかってしまうのではないかと不安になりかかったが、慌てても仕方ないと腹を括った。
「本当に泳げるのか?」
疑わしそうにもうひとりが言った。
「河など怖くない」
そう言って、話を打ち切ったが、そのひとことはやがて西川の命に大きな出来事を引き寄せてしまうことになる。
 


---
 
 
 
あまりの主人公のストイックさに、物語途中でハッと我に返る。
現代の現実に一瞬我を忘れるよう。
普段見えている世界が少し違って見えてくる。
 
「読むと世界の見え方が少し変わります。」
そう言って会社のコにおすすめした。この本は薦めるに値する。

長年この備忘録を読んでくれている方
読書の習慣がなくても、この一冊『天路の旅人』読んでみてはいかがでしょう?
過去にも何冊かおすすめしたけど、人生を変える一冊になるかも。

あまに没頭し過ぎて、目線が世界が少し変わります。
こんな私でもそう。
新たな考えが芽生え、一歩違った道に入り込みました。

何でも気持ち次第なのです!
 
遅い早いはなく勉学に励みたくなったそんな一冊でした。
 
 
 
少し落ち着いたら『深夜特急』再読したい。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

H

2024-04-17 | 穂村弘




穂村弘
『野良猫を尊敬した日』★★★+


自意識過剰のマイペース いやマイワールド



---



自分自身の性格に絶望する。ベッドと壁の隙間に落ちた靴下を何年も拾えないこともあった。「拾えないんじゃなくて、拾わないんでしょう」と云われたら返す言葉がない。



---

う・・わたしもマニキュアボトルを落としたまま数ヶ月・・なぜって腕が隙間に入らないから・・
今日覗いてみたけど・・なかった。
(笑)

そう同じのを買いにいったから問題解決って忘れていた。
ないとほしくなる心理
あるとなると使わない。

ジムもそうだけど、会費だけ払って満足で行けてないあるあるバナシ
でも!トランポリンはハマる。










午後のまどろみ 川の字で眠る幸せ
呼吸を合わせて いびきに苦笑する


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

この一枚!

2024-04-17 | 山登り・ハイキング(2023年)

 

 

 
昨年10月、山友と甲斐駒→甲斐駒ヶ岳へ向かった。
前乗りするのに前夜の夜出発
「大月から先事故渋滞」!?嫌な予感。。
休憩で立ち寄った談合坂PA、インフォメーションで状況を確認したら✖印が付いてしまった。
そう通行止めです(^▽^;)ツイテナイ

甲斐駒は早朝のバスの争奪電があるため、ある程度の余裕は必要
しばし待つことにしたが・・全然解消される気配がない。
 
ってことで臨機応変、行く山を変更
手前の瑞牆山(日本百名山)としました。
ちょうど双方共行ったことがなく、ほぼ即決!
瑞牆山はキャンプ場が充実しているから、暖かい時期に行きたいとは思っていた。

車中泊をして、早朝5時に出発
瑞牆山登山口へ



山友が撮ってくれた奇跡な一枚!脚長っ!!
 


知らない間に撮られた姿は素の自分
うちの父はそんな写真ばかり撮っていて、家族に(特に私に)嫌がられた。
観光地に行ったら普通は「はいポーズ!」そこでみんな笑顔でピースサインなんかして撮る。
うちの家族写真はそんな写真は少なく、ほとんど素の自分が写っていた。
ある意味隠し撮り?
「変な顔じゃん!!」
今思うとその「変な顔じゃん」が素の自分だったってこと・・(苦笑)
バカチョンカメラ全盛期📷✨


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春爛漫

2024-04-16 | 健康管理

 

 
転職した仲良しの彼女と待ち合わせ
池袋のイタリアンにて再会
新しい職場での状況を聞いて、現職場とのギャップに驚く。
どこの会社でも最適化しているかと思えば、そうでもなく、現状を維持したい考えも多くあるみたい。
うちの会社は確実にDX推進派
効率よく新システム導入を年度ごとや期変わりで検討
それを思うと働きやすい環境ではあるのかもしれない。


 
体調不調
喘息気味が治って安心していたのもつかの間
今度は微熱が・・( 一一*)ポーッ
腎臓系疾患での39度超えの高熱時と比べると全然楽だけど、
でも何だかダルくて、身体の動きが鈍くなる。
会社帰りにご近所の内科を受診
微熱(37度)でも別室へ連れていかれ待機
他の患者さんとは区別され、その個室での診察となった。
お薬にカロナール(定番!)
 
 
 
 
今期から新組織となり、部署の異動があった。
小さな部となり上長含めて5人
早速、懇談会と称する飲み会が行われた。
飲み放題コースとなり日本酒祭となりました。
 
 
 
 
 
やはり本調子とゆかない身体
初めてヤクルト1000を飲んでみた。
(「R1は効かない」と社内で話題となり、ヤクルトにしてみた)

 

今週末はお引越しです!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする