RIMA MY LIFE

。*・灯台に住みたいバイク乗り・。*

嬉しいがいっぱい

2022-06-23 | うちの森



モンスタージギタリス
やや緑かかったクリーム色だったけれど
けさ見たら、純白になっていました。
頂点はさらに大きく開いた姿となり、存在感なかなかです。

優しいモンスター、かわいい♪ すっかりお気に入り。



他の2株は、どんな色・模様のモンスターが咲くのか楽しみです。



それから、スカビオサ(マツムシソウ)
赤やワインレッドの、花色Mixの種子を蒔いていたものが
やっと咲きだしてます。

いちばん欲しかった白系が咲いてくれて嬉しい。



マツムシソウって、なんとなく長野県のイメージが強いです。
風に揺れてる姿が好きなんですよね〜〜
他の株も蕾をたくさん持っているので、これから何色が咲くかワクワクしてる。



まるでレース編みのようなオルラヤ



太陽が雲に隠れたり、夕刻近くなると
暗い森から浮き上がって見えて素敵です。

北海道のあちらこちらで見られるノラニンジンの花も
似たようなレース状の花を咲かせますが
こちらの方がこぼれ種で増えても
コントロールできそうかなと選んでみました。



この森は、春 エンレイソウやクルマバソウなどの花が溢れているけれど
夏にかけて緑1色の森になり(それはそれで贅沢なことなのですが)
もう少し彩りがほしいかな、と感じる時があるのです。

始めの頃は、鹿さんの食害を恐れて
毒のあるクリスマスローズを植えていましたが
ここらは鹿がこないところだそうで
少しづつ宿根草を増やしていこうと思ってます。

仮に食べられたとしても、森にお邪魔してる以上仕方のないことでしょう。








それから、前のオーナーさんが仕立てた果樹苗たち。

全てスモモだと思っていたけど、そのうちの1本が 
なんと サクランボでした。

キラキラした実がついています。



小さな実が段々と赤く色付いてきた時に
サクランボだったの!?…と、ぼう然としてしまいました。

だって サクランボの木があるとは知らずに
この森を購入して直ぐに、6本も植えちゃったので…。

でもね、私の植えたサクランボは
直ぐに実る訳ではないので とても嬉しい。




きっと色々間違えてると思うけれど…
サクランボもスモモも、管理方法が分からなくて
去年の夏、混みいった枝を適当に剪定して
春、根元に有機肥料をあげただけ。
手が回らないので受粉も消毒もしていない。
なので実のつき方はまばらですが
何が植っているのか把握できて良かったです。


本格的に手をかけられるようになるまで
まだ数年あると思うので、しばらく鳥さんのレストランです。





種から育てたエキナセアの小苗
(パープレア、ホワイトスワン、パラディソミックス)
がんばって全て植え終えました。
1割でも根付いたらありがたいなぁ。















キツネの手袋(ジギタリス)

2022-06-21 | うちの森


ジギタリスが咲き始めています。

花にスポット(斑点)の入らない、純白の品種
【スノーシンブル】

釣鐘状の花が下から順に咲いていきます。
みるみる大きくなって今は120cmくらい。


背景が暗い森なので
こういう白い花は映えますね。



こちらは【アプリコット】



うっすらスポットが入っているけど許容範囲。
もふもふの毛をまとったマルハナバチが
少し前まではブルーベリーの花に来ていたけれど
今はジギタリスの花が気に入ってるみたいで
観察していたら
狭い花筒に無理やり入ろうとしてバランス崩し、ポトンと下に落ちて慌ててたり
花粉をパラパラとふりまきながら、次の花へ移動している様子が見られて可愛いのです。



通常ジギタリスはまだら模様のスポットが入るのが主ですが
その模様が苦手だというガーデナーさんは多いみたい。
私もちょっと苦手なのですが…

モンスタージギタリス【モンストローサ】という品種は
頂点にパラボラアンテナのような花を付けます。
なかなかの毒々しい模様ですが頂点に付くパラボラに
好奇心くすぐられ興味本位で3株植えてあります。



どれほど毒々しいかというと…
こちら買った苗に付いていたラベルです。
 
 ↓
 ↓
 ↓
 



かなり…個性的(°_°)



どんなものかと楽しみにしていたのですが
実際に咲いたのはコチラ

 ↓
 ↓
 ↓



ん???

とっても優しげ
モンスターぽくない。


ラベルには稀に白花が咲く事もあるとの注意書きがありますが
そのどちらとも似つかぬ模様、
もしかしてこれはクレーム案件?


いやいや、よく見ると可愛い💕
まだら模様が苦手な自分としては嬉しい。
ご褒美みたいなクリーム色のモンスタージギタリスが咲いてくれました。

植物の世界はおもしろい。
この株は大切にしよう。



ジギタリスは英名をFoxglove(フォックスグローブ)と言います。
妖精が、キツネにジキタリスの花を手袋として贈ったという由来があるそうですよ



どうりで最近キツネが多いわけね。 ⁉︎







📷頬杖ついてる鉄の妖精は、銀座の妖精のいるber
The Iron Fairies Ginza (現 ティル・ナ・ノーグ)のものです。








土地の地力

2022-06-19 | うちの森



林道を走っていたらピンク色に染まった一帯が目に入りました。




近寄って良く見ると なんと可愛い!
ハナミズキによく似た花。



この木は確か…以前見た時は
機雷みたいな形の赤い実、ヤマボウシの実がなっていたはず。
可食部分は少ないけれど、一応食べられます。

ヤマボウシってこんな濃いピンクの花を咲かせるの?
それとも改良種なのかな。
次にもしも実がなっていたら
1つ頂戴してタネを蒔いてみたいな。
想像するだけで もうワクワクしてる。



種蒔きといえば…
エキナセアのグリーンツイスター
この花の種を4月にまいておいたのものが
ようやく、本葉2〜3枚になったので、試しに1つ地面に下ろしておきました。



この土地の地力というものなのでしょうか、
段階的にポリポットで大きくするよりも経過が良いので
残りも地面に定植。
冬が来る前に少しでも大きくなってほしい
宿根草なので、うまくいけば来年パワーアップした株になって
キレイな花が咲くでしょう。



近くには菜の花に似た
こんな黄色い花が咲いていました。

名前不明…ですが、癒されます。





毎夜、遅くまで植物のことあれこれ調べていたら
通信速度が遅くなってしまいました。
ただでさえアンテナが立たないのにぃ

知りたい(調べたい)病がウズウズ。。。






維持、悩む

2022-06-16 | うちの森



このところずっと

森の様子ばかりを綴っているblogとなっていますが

わたくし、いちおうバイク乗りなのです。





早春の林道にて


手前に咲くはイチゲの花。

このkawasakiの小さなバイクは
車のヒッチキャリアで運んできたが
大きなオートバイはまだ本州に置いてある。






セルタオ、いづれ北海道に持って来たいとは思っているけれど
本州では最寄りディーラーが5店舗もあるというのに
北海道にはBMW Motorradが旭川と札幌西・南の計3店舗しか無い。

 そこそこ? とっても? 遠い……


半年間雪に覆われるとはいえ北海道のような広大な地にこそ
BMWのオートバイは需要あると思うのですが、頼れるお店が少ない。




できればずっと乗り続けたいと思っている。が、
正規ディーラーでないと出来ないメンテナンスや
コンピューター診断のようなもの
車両電装システムの診断とプログラミングできないので
万一の時はどうしたものかと。


私が培ってきたビーマー歴は
北海道移住とともに途切れてしまうのでしょうか────
悩ましい問題に直面しています。





ちなみに…
私がBMWのオートバイに乗ろうと決心したのは
道北にある幌延の、原野の中にポツンとあった展望台。

そこからサロベツ湿原や
遠くに見えるオトンルイ風力発電所を眺めていた時に
突然、頭の中に浮かんだのよね。



だから私にとって北海道はBMW始まりの地でもあるのです
悩むなぁ。。






カラスとの距離

2022-06-14 | うちの森

森の中での伐採作業に追われていたけれど
短い夏を精一杯生きる木や草たちの
伸びるペースの、なんと早いこと!
追いつかぬ〜・・・


気力も体力も蝕まれて
もう
どうでもいいや!!
に、変わりつつあります。。。

冬や早春の
『葉のない時期の作業』が、どれほど大事ことなのか思い知りました。

いつのことになるか分からないけれど
きっと次の春は、うまくやれるでしょう(多分ね)






庭を闊歩するカラス 隠し撮り。



右足が可愛いな

自分がここに来る、ずっと前からこの森に居るみたい。


監視されているのか、此方を見ている時があるので
そういう時は、おはよう位のあいさつはしているけど
カラスは5歳児位の知能があるといわれてるし
イジワルする訳でもなく、かと言って餌をやる訳でもなく。
付かず離れず、適度な距離感で接してます。


妙にガーガー騒いでる時があったので
どうしたの?なにかあったの?となだめるように話してたら
ふぁーふぁーと、声のトーンを落として喋るようになった。


ある意味、人間より楽。かもね




のんびり雪景色を見ながらロッキングチェアに揺られ
キャラメルマキアートを味わっていた冬
なんて贅沢な時間だったのだろう…(。-_-。)




甘ったるい香り

2022-06-05 | うちの森

セミが一斉に鳴いています



北海道には春に出てくるハルゼミ、というセミがいるそうで
多分、それが鳴いているのでしょうか?



小さいころは横浜の田舎に住んでいて
夜になると田んぼのカエルの合唱が賑やかでした。
感音性中度難聴者ですが、こういった虫の声は苦にならないのです。

むしろ元気分けてもらっている感じ。


森の中はどうなっているのでしょうか
マイヅルソウが群生しています。



まるで、夢をみているかのような美しさ。





ベニバナイチヤクソウも咲いています。



梅の花を下向きにしたような、可愛い花です。
植物の生態系バランスが整っているのでしょうね。




生活空間エリアでは時折り、芝刈機を使っています。

免れたスミレ



スコップで救出したのでもう安心だよ。。




夕方、外に出たら 辺り一帯 甘ったるい香りがしていて

何事!? と。

香りの原因を探したらホオノキの花でした。

ホオノキは、クリーム色の20cmもある大輪の花を咲かせます。

風の向きでも変わるし
いつも香りがしている訳ではないようですが
その甘い香りに一瞬、この森の近くに飲料メーカーの工場でもあったのかと思ったくらい。


割と小さい頃から山登りしてたり、土に触れる機会が多く
自分では自然に親しんでいる方だと思っていたのですが
実際は初めての事ばかりで、なんも知らないんだなぁと思い知らされてます。




自動芝刈機がほしい〜〜。






何もせずとも白い庭だった

2022-05-17 | うちの森


北海道の森を購入したのが3年前のクリスマスの頃

ここで春を迎えるのは初めて
何が生育しているのか徐々に分かってきました。

名前が間違っているかもしれないけれど…



ミヤマエンレイソウ(白花エンレイソウ)



ミヤマザクラ?



オオカメノキ



クルマバソウ



前のオーナーさんが植えたと思われる
スモモたち



スズラン



こちらは種子から育てた
シャーレーポピー



白く咲いているけれど まだ名前の判らない植物もあったり
たくさんあるけどまだ蕾のマイヅルソウも。

一部、自分が植えた植物もありますが
何もせずとも自然と
ホワイトガーデンになっていました。

北海道は白い花が似合いますね✨




雪解けから新緑に包まれるまであっという間
なんて急なんでしょうか、作業が追い込まれてます。
ここ数日はバイオリズム的なこともあり起き上がれませんでした。
🌙満月を眺めていたら
今この瞬間を、大事にしたいな、と改めて思うのです。












バイオリズム的な

2022-05-15 | うちの森


やることが多くて
余裕のない日が続いてます
なにげなくバイオリズムを調べたら

からだ こころ 知性
3つとも見事にドン底でした。
こんな時もあるのね!
あとは這い上がるだけ。


少し前の写真ですが
夕方のムスカリ



奥のムスカリ寄り添っていてかわいい。






手が回らないというのに
6mまで届く高枝鋸を注文してしまいました。
仕事が増える〜〜〜








想いを汲む

2022-05-01 | うちの森


スロープに出てきたクロッカス、車に踏まれてしまうので
花後、全部掘り上げて安全な所に移動させ
やれやれと思ったのも束の間
今度はムスカリが出てきました。

近々これも移動させなければ。。。


前のオーナーさんが植えた植物が
あちらこちらから芽をだして
なんの花だろう?
何色が咲くのだろう?
と、この春を楽しませてもらってます。



自分では選ばないであろう
赤花に中心が黄色のジュリアン。
十数年もの間、誰にも愛でられることなく
ひっそりと咲いていたかと思うとせつなくなるから
これから愛してあげよう。

コンクリートの塊の側に植えてあるのは
きっと間違えて芝刈り機で刈られないようにとの配慮なのだろうか…



片付けをしていた時に
棚の中からヒマワリの種がいくつも出てきた。
観賞はもちろんですが
おそらくリスにあげるためでもあったのではと。
この夏、うまく育つか分からないけれど
苗を定植しました。



ヒアシンスは、うすももいろの
かわいい花を咲かせはじめ
水仙やチューリップはよく目に触れる
特等席に配置されていた。
本州では1シーズンで終わってしまうのに
チューリップ、北海道では
植えっぱなしで毎年咲いてくれるのですね。





左は私がこの春植えた水仙ハウエラ
右のラッパ水仙は植っていたもの


良い香りです。



桜は見頃をむかえています





スミレはあちらこちらで咲き始めました。




誰に何か言われた訳ではないけれど
できるだけ
その想いを継いでいけたらと思う。






驚きの連続

2022-04-27 | うちの森


うち周りには
コブシと桜の木は1本づつあるな…
と思っていたら

全部でキタコブシ2本
エゾヤマザクラ2本
ソメイヨシノ1本(多分)ありました。


〝ここにもいるよ〟って花が
教えてくれた。

きのう見つけた蝦夷山桜は
地面に花びらが落ちていて、
どこに桜の木があるのかとキョロキョロ探してしまいました。
背がとても、とても高くてカラマツと同じくらい。
花を付けるのが上過ぎて、全く気がつきませんでした。



そして数日前に南西で
咲いたエンレイソウ



エンジ色の花を咲かせています。
エンレイソウは
自然環境下で芽が出て花を咲かせるまでに
10〜15年かかると言われています。



その数日後、
何気なく歩いていたら
北側の森で白花のエンレイソウ発見。
六花亭の包装紙にも描かれている花です。



エンレイソウは種類がたくさんあるようです。
これはミヤマエンレイソウでいいのかな?
ふと足元を見ると新芽があちらこちらから出ています。
さらに注意深く東西南北、調べてみたら
この白花は全方位に存在していることが分かりました。うれしいな〜

エンレイソウのタネには
エライオソームという甘いゼリーが付いていて
そのおかげで蟻が運んで種まきしてくれるのです。
蟻さんありがとう。





枝打ちしている時に、光沢があり
葉脈が黒い個性的な葉っぱを見つけました。



山野草なのか、何だか分からず、ずっと調べていたのですが
オオウバユリの葉であることが判明。
とても大きく迫力があり、魅力的な百合の花なので
あったらいいなと思っていたのでとても嬉しい。
オオウバユリは花が咲くまでに10年かかり
一度花を咲かせるとその株は枯れてしまい、世代交代していく。



クリスマスローズの幼苗の所に
見たことのないキノコが



アミメガサの仲間?


これは雨上がりに見たキノコ



ツチグリ?

キノコは秋のものだと思っていたので
こんなものが出てくるなんて…



春になり植物が芽を出して次々と衝撃を受けています。
まさか2種類のエンレイソウが咲く森だとは…
小踊りしたくなる想いです。
長い時間をかけて育つ植物たち…出逢えてうれしい
たいせつにしなければなりませんね。









森のえびふりゃー

2022-04-24 | うちの森



森のエビフライ。
さて、なんのことでしょうか

リスが松ぼっくりを食べた残りが
まるでエビフライのカタチをしているので
森のエビフライと言われているようです。

うちの森にも落ちていました。





カラマツの松ぼっくりは2cmくらい。
比較のためにアーモンドも並べてみました。
とうぜんながら大きい種類の松ぼっくりなら
それだけ大きなエビフライになる。

どんぐりも大量に落ちているので、リスは大歓迎。
ヒグマは困るけれど。



雪がとけてからほぼ毎日のように作業に追われています。
なんせ1?年くらい放置されていますから、
森が家を飲み込もうとするとでも言うのかな、
自然が取り返しにきてるんです。
落ちている枝の回収、伸び放題になっている木の枝打ち、
それを燃やし片付けながら、同時進行で苗の定植なども進めて
クタクタになりながら動いてます。
それでも毎日、少しづづキレイになっていく森に
シジュウカラなどの小鳥が来ているのをみると癒されます。



ふと外を眺めていたら谷から、こげパン色のキツネが登ってきました。
こげパン色のキツネ、ニューフェイス。








旅する球根

2022-04-20 | うちの森
キタコブシが白い花を咲かせています。
ずーっと上の方で咲いているので
お花があまり良く見えないのが残念ではありますが
青い空によく映えています。
地上に近い、下の方の枝には花をつけていないので
キタコブシとは元々そういう性質なのかな。



カラマツの芽吹きが可愛い。



抹茶を点てる時の道具
ちゃせんみたい?
あるいは多肉植物?




エゾエンゴサク咲きました。

スプリングエフェメラル
ずっと会いたかったよ〜。



カタクリも咲いています。

この2つの共演はなんとも春らしく
うっとりしてしまいます。。。




こちらは、、
私が植えた園芸種の水仙。

15cmくらいの、とても小さな水仙です。
我が名はハウエラと申す。




前のオーナーさんが植えたと思われるクロッカスが
あちこちで咲いています。





車が通るスロープの真ん中で
ある日突然、白い花を咲かせていたのにびっくり。
花後に、安全なところに移動させました。




先に咲いたスノードロップもそうなのですが
おそらく前のオーナーさんはまとめて植えていたはず
歳月経て、人の思惑にはのらぬとばかりに
思いもよらぬ方向へ……

陽当たりの良い方、土の感触、そういった条件の
より良い方向へ移動しているように見えます。


どうやって移動しているのでしょうね
球根とはいえ種子もできるでしょうから
カタクリのように蟻に運ばせているのか
風にのせ自由な子ら(種子)

いづれにせよ、ここの球根植物たちは旅をしているようです。













ウクライナの瓶、ロシアの浮き玉

2022-04-17 | 日記


ビーチコーミングで見つけたウォッカ瓶。

ホルティツァ…





原生花園にて

釣り人しか来ないであろう狭い悪路を パトカーがゆく

なにか注意されるのだろうかと身構えていたら

警察官、ニコッと笑って会釈してくれた。

もちろん私も ニコッと返す

平和な世界、平和な時間。

国籍、職業問わず 愛しい人間たち。




ロシアの蟹漁で使われた
ガラスの浮き玉。



アメリアのノースウエストガラス会社が作ったモノだ。


平和に暮らす

そんなにむつかしい事なの

歴史から 学ぶことはできなかったのか

この小さな ほしの中で 手を取りあって 




森から満月が上がってきたよ。











環境適応

2022-04-15 | うちの森

昨年植えた600ほどのクリスマスローズの小苗
順次 雪の下から、現れてきました。
幾つかの弱い株は消滅してしまったようですが
残っている株は頑張ってこの冬を耐えました。

地面におろして1年目は、根っこを定着させるために
地上部分はほぼ変わらず、とても小さなままです。
よくがんばってくれたなと思います。
花はまだまだ先、この春でやっと新しい葉を展開させて大きくなってくれることでしょう。




その小苗たちの親となるクリスマスローズは咲き出しました。





他に、白花やシングル咲き・スポット・ピコティ・原種のnigerなどと交配した種子からの株なので
環境適応できれば早ければ来年、もしくは再来年の春には
300株くらいの花が見られるかと。(もっと少ないかな?)
どんな花が咲くか楽しみです。



エキナセアも種子から育てているのですが
こちらは思うように成果があがらず…
購入した苗を定植して、こぼれ種で増やしていく事にしました。

早春〜春 クリスマスローズ
初夏〜秋 エキナセア

ローメンテナンスな森になってくれるでしょうか。
挑戦は始まったばかり。





早春の森は目まぐるしく新鮮です。
前の方が植えたと思われるスノードロップが
あちらこちらでコロニーを作っていたのには嬉しい悲鳴。







群青色の森

2022-04-07 | うちの森



夕暮れ

静かな夕暮れ
手を止めてホッとひと息つく。




雪がとけると一気にやりたいことが押し寄せて
すごく眠たいのに(春だから?)休めることができなくて
いつのまにか三日月だね。


日々の驚きや感動をblogに書こうと思うのに
昼間パワフルだからだいたい夜寝落ちしてしまう。
今夜こそは。。。zz


そうだ!
この間、雪の妖精 シマエナガを見たよ。
ちっこくてまるくてクリっとしていた
あんな生き物が居るなんて。