何でも発言

世の中について、いろいろな事について考える。違う意見、違った方向からの捕らえ方も大いに歓迎したいと思っています。

韓国でも化学物質漏れ事故

2012-11-24 12:31:36 | Weblog

http://www.youtube.com/watch?v=nf7itS65004

フッ化水素酸という危険性いが非常に高い物質のようで
呼吸器に入ると肺を傷つけてしまったり、自然界では植物が枯れたりしてしまうらしい。

事件は9月27日に起こったにもかかわらず10月8日くらいまで政府は放置していた模様。

こういう事故は世界中で起こり得る事なのだろう。。。

コメント

ロシアで4000トンの弾薬が爆発?

2012-11-24 12:15:28 | Weblog

http://rt.com/news/weapons-depot-fire-orenburg-982/

10月9日の出来事のようだ。
ロシア中心にある軍の施設で保管している弾薬等が爆発した様子。

付近にある住民はすぐに避難させたというけど、いったいどんな化学物質が爆発したのかはよくわからない。

Videoから遠くにある場所からの爆発音でもかなり大きく響いているので
爆発の威力はすごい感じ。

威力がすごいのでこれによって放出された化学物質は高度の高い大気にのったと思う。
その風はどこへ流されて何に影響があるのか気になるところだ。。。。 

コメント

Carlos DeLuna, an Innocent man was executed

2012-11-24 10:56:19 | Weblog

1989年、無実の罪で死刑にされた事件のことを
CBSのVideoで知った。
 http://www.cbsnews.com/video/watch/?id=50135745n

他のSite
http://www.pbs.org/newshour/bb/law/jan-june12/deathpenalty_05-24.html
http://www.guardian.co.uk/world/2012/may/15/carlos-texas-innocent-man-death

事件はこうだ、
1983年、テキサス(Corpus Christi)で白人シングルマザーがナイフを持った不審者に殺された。 その不審者によく似たDeLunaが事件付近にいたので警察が犯人と思い逮捕した。

そして真犯人の存在を警察は知っていたにも関わらず誤認逮捕を隠すため強硬的に死刑にもっていったということだと思う。

この冤罪をColumbia Law Schoolが独自に調査し立証づける報告を今年5月にまとめたものが公開されたらしい。

よくある話、そう、こんなことがよくあってはいけないのだけど、よくある話なんだ。

警察はこんな感じで公然と人を殺せるのかもしれない。
1980年代の法科学は発展してなかったからという言い訳をする人もいるだろうけど、
今は法科学に頼りすぎた検証しかできなくなっていることがまた危険なようにも思える。

過ちはいつでも起こる。
過ちがわかったなら『謝れよ』と誰でも思うことを今回のCBS Newsで訴えているのだろう。

当然だ。 

 

 

コメント

アメリカ:ハリケーン サンディ

2012-11-04 09:18:33 | Weblog

先週1週間はNewsを見る暇がなく、このニュースを知ったのは実は昨日。

地球温暖化を否定する科学者もいるようだけど、
Bloonberg発行の最新の雑誌の見出しで
”IT'S GLOBAL WARMING, STUPID 
(”馬鹿か、温暖化に決まってるだろ。”というようなニュアンス)"と、
 http://www.businessweek.com/articles/2012-11-01/its-global-warming-stupid#r=hp-lst

あのNew Yorkまでもが今まで経験したことのない自然災害を経験しては
科学の目指す方向はもはや『人間社会でどうやって温暖化を食い止められるか』、
その探求へ力を注がなくてはいけなくなるのではないのかな。。

今回のハリケーンが勢力を伸ばした原因は
高い海水温度と大陸からの冷たい空気がぶつかり合ったせい。。。とかどうのこうのと言っている。

私の適当な解明をやってみると、
今年北極の氷が解けた量が大、
地球自転速度が311の震災以降早まった、
そこで冷たい海水は深海のとどまり、
温かい海面水は海流で北へ流されても冷たい層と混ざり合わない、
そのため、大陸から南へ降りてくる空気はより冷たく、
南から北へ流される空気はより温かく、
寒暖の差が激しくなりこのようなハリケーンが生まれてしまう。

これは日本でも同じようなことが起こるということなんだと思う。
オホーツク海の深海の温度が下がって海面温度が高いと
今年の冬の降雪量は異常に多いとか。

また深海温度が異常に低ければ海水で生きる生態系にも変化が起きる。
生活環境の場所も変わる。
孵化しても育たないということも考えられる。。。

何が起こるか誰にも、科学者にもわからないというのが現状なんだと思う。

今更何ができるのか?
経済発展とは何をもたらしたのか?
一度考え直したほうが良いのではない?
経済発展は優れたテクノロジーを促進させてきた。
だけどその挙句には高い失業率、
高齢化社会、病人、人口増加、
食糧難、戦争、犯罪、等々。

作っては壊し、作っては壊し、
今では廃棄処理できないものまで作り続ける始末。

資本主義での経済発展とは誰かの懐が潤うだけに設計されているだけで、
自然の摂理を無視し続けた利己主義ではないだろうか?

自然の摂理は無駄のないように設計されたパーフェクトなシステムだ。
自然摂理とは残酷でもある。 
でもそれがあるからバランス社会が存在していた、と思うなぁ。

それでも科学を発展させるのだろう。。。。人間は愚かな生き物です。。。 

 

コメント