のんびりでいいじゃない。

日常の雑事やら、宝塚やら、色々と…。

宙組『ベルサイユのばら―オスカル編―』 5/3 11時

2014-05-03 23:05:00 | Weblog
観てきました。

本日の役替わり

アンドレ 朝夏まなと
ジェローデル 七海ひろき
アラン 緒月遠麻

冒頭の新場面の全く要りませんな(ーー;)。オスカルの「おぎゃあ」からと、何か新しい発見でもあるかと思いきや、オスカルパパが語るばかりでゲンナリしました(ーー;)。こんな無駄な場面のために、アンドレの出会いをカットしてしまっていいものか~!

てるのオスカルはとにかく美しい!オスカルは原作では大柄なはずなのでその点からもピッタリ。ただ、せっかくのオスカル編にしては定番の場面以外に見どころが少ないのが残念かな。雪組特出時の感動を上回れないのは周りの出来がまだまだのせいかも知れません。

まーくんのアンドレはどこかよそよそしい。長くオスカルと寄り添って生きてきたように見えません。過去にもアンドレが下級生の時は何度もありましたが、そこは乗り越えてもらわないとね。

きたろうのアランはかっこいい~!このままアランでいて欲しいぐらい(笑)。せっかくの同期コンビのオスアンも楽しみだからもどかしい(笑)。今回初のアランの銀橋ソロ。地味な軍服なのに無駄にかっこよく(褒めてます(笑))、説得力があり、引き付けられました。良かったです(^ ^)。

かいちゃんはう~ん…。まず軍服の着こなしがなっていません(ーー;)。ほとんど素人の着せ替え写真館レベル。せっかくの銀橋ソロではタメもなくすたすたと歩き(歩き方も変(^_^;))スターとしては0点。いよいよ番手が上がろうかと言う時にこの出来は残念でなりません(T_T)。

みりおんはよっぽど書くのをやめようかと思いましたが…。相変わらず冷遇されている出番量ですが(^_^;)、それにしてもこの地味さは異常かと…。

話題のフィナーレ(笑)。“女”(てる)を中心にしたバラタン。違和感がなくはないですが、慣れれば平気かも。オラオラ度が低くなるのが仕方がないか。一番、印象に残ったのはオスカル様の黒燕尾!てる、まー、みりおんの3人の場面では髪は上げているのですが、黒燕尾の群舞の前に、ハラッと髪が下りて、オスカル様になる!この趣向はなかなかのインパクトでした。

次回はまーくんアンドレがオスカルと対等になれているといいなぁ。(切望)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 雪組『一夢庵風流記 前田慶... | トップ | 『アリス・イン・ワンダーラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事