あまねのにっきずぶろぐ

39歳,引き籠り独身女のブログでっせでっせでっせ。
創作の詩と小説書きでっせでっせでっせでっせっ。

愛と悪 第六十七章

2020-09-15 22:36:27 | 随筆
ただ、生きてゆく為だけに、スナッフフィルムと自殺者の死体写真を、眺め続ける神、エホバ。
彼は、独りになりたかった。
自分の最も求むものを、得られなかったから。
独りになり続けても、何かが降りてくることはなかった。
彼は、悪魔に取り憑かれていたが、またも、彼の耳元に囁いた。
今まで、失敗を繰り返して来た人生が、本当の人生になる日など来ない。
だれにも愛される日も来なければ、だれをも愛せる日も来ない人生。
彼は、身体の浮き立つほどの軽さを感じた。
まるで宙を蹴って走るように、彼は樹海へ向かった。
そこに辿り着いた闇の夜、彼の周りから聴こえてくる呻き声と快楽に喘ぐ声と叫び声が、一つの心地良い音となって、彼のなかで谺していた。
彼は、木々の間から夜の空を見上げた。
そこに、闇しか観えなかった。
満点の星空と優しい月光が、彼をひっそりと照らしていた。
彼の眼には、闇だけが、映っていた。
今、彼の顔がブラックホールになり、すべての光を、吸い込んで、閉じ込めたあとだった。
彼は、もう二度と、どこへにも出てこれない光のすべてを我が物としたことに、満たされていた。
夜露が、彼の眼のなかに落ち、その縁から、流れ、土と枯葉にまみれて幸せそうに眠っている彼の髑髏の口元に落ちた。
赤い肉のすべてが綺麗に剥がれ落ちた白い肉の髑髏は、夢を観ている。
今、終りもなく始りもなく、終らせられるものも始らせられるものもなく、己も他もなく、血も肉もなく、在るのは、そのすべてでもないもの。
白い肉を剥がした場所に、そのすべてではないものが在ることを、彼は眠りながら観ている。
自壊してゆく白い肉の髑髏は、身を剥がし終えたあと、すべてではないものが、すべてではないもののうちで、目覚めるが、すべてであるものたちのすべてが、夢を観る。
彼は、自分の自殺したあとの骸(むくろ)を観ている。
自分が、どれほど苦しみから絶叫しようとも、その白い肉は、静かに、安らかに、まるで幼子の自分が母のみ胸にいだかれているように、眠っている。
彼は、その白い肉のなかに、入ることは許されない。
すべてであるものが、すべてではないものに、なることはできない。
彼は、すべてを喪おうとしたが、それにようやく気づいて、途方に暮れた。
死は死から、最も遠く、彼は、すべてではないものから最も遠くに遣ってきて、本当の苦しみのなかに空を見上げようとしたが、地も空もなく、自分の何かを確認できるものも何もなかった。
生は生から、最も遠く、白い肉の髑髏は、母のあたたかい子宮のなかで、母と一体となり眠っていたが、ある日目覚めると、母が外から言った。
"כבר אסור לך לחזור אלי, כי אתה עצם שניקב את בשר שלי."


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛と悪 第六十六章

2020-09-10 10:30:19 | 随筆
サタンの死をほどく(Satan Death Undo)神、エホバ。
5:00 AM過ぎに、店を閉め、ガスステーションに停まっている大型トラック(Heavy Duty Truck)の助手席に、彼女は乗り込んだ。
彼は彼女に向かって、言った。
「一体...お腹のなかに何を隠してるの...?」
彼女は彼に向かって、真面目な顔で答えた。
「妊娠したんだ。」
彼は驚いて訊ねた。
「本当に...?」
彼女は頷いた。
「うん。」
彼は彼女の大きく膨らんだお腹を見つめて、恐る恐る、問い掛けた。
「僕らの...子...?」
彼女は彼の目を真っ直ぐに見つめ、言った。
「そうだよ。」
彼は、複雑な感情を抱いた。
そして呟いた。
「信じられない...。」
彼女は黙って、自分のお腹を優しくさすりながら見下ろしていた。
彼は、狼狽えながら、静かに訊ねた。
「出産予定日は...いつ頃なの...?」
彼女は沈黙していたが、突然、声を発した。
「生まれそう...。」
彼は、目を見開いて叫んだ。
「No kidding…!!(マジか...!!)」
慌てて彼は、携帯を震える手で手にし、また叫んだ。
「Jesus!!119番って、何番だっけ...!?」
すると彼の携帯は充電が切れ、画面が真っ暗になった。
彼は、完全に天パっていた為、カーチャージャーで充電できるという記憶をすっかり喪失しており、携帯に腹を立て、窓を開けると遠くに放り投げて頭を抱えてまた叫んだ。
「Goddamn!!」
その時、彼女が助手席から彼に何気無く言った。
「もう産まれたよ。」
彼は、彼女が腹の上で両手で大事そうに抱えているそれを観て、仰天し、生唾をごくりと飲み込むと、それを訝りながら凝視した。
「それ...一体、どこで拾ってきたのさ...。」
彼女は、腹の上に載っけたそれを撫でながら、少しのあいだ黙っていたが、訥々(とつとつ)と、みずから産んだばかりのものを見つめて話し始めた。
「一昨夜に、昔のサブカル誌に付属していたDVDを観たんだ。
そこにはたくさんの、死体の、カラーの映像たちがあった。
僕は、お酒を大変、飲んでいた。
素面であれば、あの損壊の極めて激しい事故などで死んだ死体たちを見続けることは、かなり厳しかっただろう。
アルコールの威力は素晴らしい。
僕はあの無機質で青白い、あまりにグロテスクな死体たちを眺めながら、ほとんど無感覚に近かった。
死者に対する尊厳が、微塵も感じられない無慈悲な映像たちだった。
無感覚に近かったが、僕がそれらを見つめたことの記憶は、決して消えることはない。
僕は見終わったあとも、お酒を飲み続けた。
そして褥に突っ伏してDownして眠ったはずなのだが、目が醒めると、樹海の朝露で湿った土と枯葉の上に横たわっていたんだ。
小鳥たちが囀っていて、まだ夜が明けたばかりだった。
僕の目の前に、この子が、安らかな、何よりも優しい顔で、僕のほうを向いて眠っていた。
この子は、僕を護ってくれていたんだ。僕はそう信じられた。
そうでなければ、きっと、僕は死霊に、攫われていたに違いない。
この世界に並行的に存在している異世界にね。
その死霊は悪魔の化身であって、拷問の地獄を生命と存在に味わわせることが何よりも快楽なんだ。
その悪魔から、この子は僕を、僕のそばにずっといて、護ってくれていたんだ。
だから、連れて帰って来た。
この子を、あの深い森の奥にずっとひとりぽっちにさせておくのは、どうしても嫌だったし、僕はこの子を、育てたかったんだ。
この子は、僕が抱き上げたときも、泣き言を言ったり、駄々を捏ねたりするいやんいやんってしなかったよ。
だから、ホッとして、僕のお腹のなかに隠して連れ帰ってきたんだ。」
彼は、彼女の、優しく抱きかかえるひとつのとても幸せそうな顔で眠っている髑髏を眺めながら、嫉妬心を、深く抱えた。
その悲しい表情の彼に向かって、彼女は言った。
「この子は、君の成れの果ての姿だよ。」
彼がまだ嫉妬に燃えて黙っていると、彼女は続けた。
「時間は存在しないからね。」
彼は、深く息を吐いて、涙を一粒ぽとりと落として言った。
「本当に…育てるの…?ぼくは…嫌だな…。」
彼女は髑髏を見下ろして静かに話した。
「この子は、朽ち果てるべき存在なんかじゃないんだ。無慈悲な人間に見つけられて、ただただ火で葬られたり、寂しい灰になって冷たい湿気た土のなかで眠りつづけるべき存在なんかじゃないんだ。今、この子は、死であるのかもしれない。でもこの子は、死を、超越しようとしているんだ。そして死でも、生でもない存在として、存在することで、新しい、だれも見つけたことのない美しい何かを、見つけようとしているんだ。僕は、必ず、この子と一緒に、それを見つける。それが僕にとって、この子を一生懸命に、育てるということなんだ。」
彼は、嫉妬の悲しみのあまり、止まらぬ涙を流しつづけた。
その髑髏が、自分とは違う存在なのだと、まだ想えてならなかった。
でも、彼女は諭すように言った。
「何故、そんなに悲しいのだろう。この子は間違いなく、君と僕の愛する独り子だ。君と僕の場所から、生まれた子だ。そして、真実と事実として、確かに、君自身の、成れの果ての姿なんだよ。」
彼女は、髑髏を愛おしそうに抱き締めると言った。
「なんて可愛いのだろう…。」
そして、彼を高く掲げて、彼女は言った。
「この子の名前が決まった。この子の名を、”Andant(アンダント)”と名付けよう。Thanatos(タナトス)と、Undead(アンデッド)を組み合わせた言葉のアナグラムである”Andante Dash Out(緩やかに、飛び出る者)”という意味からとった。Andantたんは、緩やかに成長し、死と、生から、いつの日か飛び出して、全く今まで、何処にも存在しなかった新しい存在として、生まれるんだ。その日を待ち望んで、Andantたんはこうして、今は、安らかに眠っている。この果てしない宇宙という、子宮のなかで。」
















Cclcng - Whine Down















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛と悪 第六十五章

2020-09-10 00:12:31 | 随筆
殺人と自殺と事故死と災害死と病死と食肉と死刑と堕胎、このすべてが、再生産されつづける地球という星で、たった独り、永続する死のなかを、生きている神、エホバ。
死体写真を眺めて、生きている人の姿を観ると、なんて味気ないのだろうと感じるんだ。
虚しいとも感じる。生きている人の姿の方が。
何故だと想う…?
生きている人の方が、死者よりも劣っているんだ。
一体、何に於いてなのかな。
僕は死体のなかで、最も惨殺された死体が好きだ。
その次に、自殺した死体が好きだ。
その次に、事故死した死体が好きだ。
僕は彼らを美しいとは感じない人たちを、どこかで機械のように感じている。
それ以前に、彼らは死体をみずから眺めようとはしない人たちだ。
自分がこのような死体になる可能性について、考えたくもない人たちだ。
彼らが、この世界で多数派であり、彼らは虚しい幸福を毎日噛み締めて生きている。
彼らは切実であり、ただただ、みずからと、自分の愛する存在の幸福を、最も願い続けて生きている。
僕らもまた切実であり、すべての幸福を、ただただ願い続けて生きている。
”共有”できるものは、たくさんある。
だが虚しい。この両者が共有できうるすべて、それが虚しい。
死体は何も語らない。だが多くの場合、死体は何かを訴えている。
死体が最も訴えているものとは、悲しみ。
死体を美しい悲しみ以外の何かで、装飾することをやめてほしいんだ。
死体とは死んだ身体(肉体、dead body)ではなく、死んだ者(存在、existence)。
彼らは、意識しておらず、また、死(無)でもない。
彼らは、その中域に、ただ、息を潜めて、存在している。
死体は、最早、生きていた者でもなく、死んだ者でもない。
彼らは、身体を喪った後も、そこに、存在している。
それを、誰かは未知なるエネルギー体だと考えるだろう。
でもそれは、残響じゃない。
生きていた者が、遺して行ったものじゃない。
それそのものが、新たなる存在として、そこに生まれたんだ。
彼らは、霊体でも魂魄でもなく、また、念体でもない。
神の本質もまた、そのすべてじゃない。
死体はただただ、悲しみを訴えている。
神の本質が、本質を忘却している人間に向かって、ただただ、訴えている。
それは、感情を擬態させた、死の本質。

そう、彼女は樹海で見つけた優しい、生きた何より優しい表情の髑髏に向かって話し掛けたが、彼は今は、安らかに眠っているようだ。












白い覆面の男は、狭いMotelの一室のベッドで眠る彼女を見つめていたが、彼女には顔がなかった。
だが男にとって、彼女は自分の母であり、自分だった。
彼女は、今は眠っているが、夜が明けると、目覚め、あどけない顔で男に向かって訪ねる。
「だれよりも愛するママはぼくだけを愛している。なのになぜこんなに、さびしいの…?」
男は、自分の娘に向かって、何も答えなかった。
男は、自分の顔がなかった。
彼女はいつものように、母親にキスをして、ガソリンスタンドのバイトに出掛けた。
部屋にひとり残された男は、長い時間そこに静かにじっとしていたが、姿見鏡に映った自分にふと気づき、自分の顔を見つめた。
顔の原型を留めない肉塊が、瞬きをして自分の顔のない顔を見つめていたが、やがて椅子から立ち上がると、仕事に出掛けた。




















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛と悪 第六十四章

2020-09-08 04:56:06 | 随筆
死体を観るより、日々の幸福を。そう切実に願う、動物の死体でできている神、エホバ。
僕は死体を愛してはいない。
僕はどの死体も、観ることが、不快だ。
死体は生きているものと、生きていないものがある。
そのすべて、僕にとって、不快なものだ。
僕は死体を愛したいとも想わない。
それは受け容れる価値が、僕のなかではない。
僕は死体を、何とも想わないまで、死体を観察し続けてきた。
そして死を、超越することでしか、生きている存在ではなかった。
死は生きることを求めない。
生は生きることを求めながら死に続ける。
死が生より、劣る日は訪れない。
生が死より、死に相応しい。
生が死となり、死は生となる。
僕の最後に観た母の姿は、死体だった。
無機質で、冷たい、何をも僕に求めない、静かで何より優しい、無条件の愛、僕の最も求める愛が、そのなかに、在った。
死んでいる僕の母は、僕に何も、求めなかった。
そのとき、ようやく、僕は本物の無償の愛で、愛されていたんだ。
僕の母が死んで、その母の死体に、初めて、僕は愛された。
死体を、僕の母の死体と想えない死体以外を、観るのが僕は不快だ。
僕は母の死体だけを、求めている。
母の死体以外に、僕に必要なものなどない。




深夜の青白い光を放つガスステーションに停めたHeavy duty truckの運転席で、彼は彼女に話したが、彼女は酷く疲れた様子で、目を閉じて助手席から掠れた声で、彼に言った。
「一人一人、潰してゆこう。君の残骸たちを。」






















Haunt



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛と悪 第六十三章

2020-09-04 18:02:04 | 随筆
必要でない時に与え、必要である時に奪う、生命のない全ての顔、エホバ。
僕は1981年の8月に生まれた。
僕が15歳のとき、酒鬼薔薇(サカキバラ)事件が起きた。
14歳の犯人が逮捕され、人々は何を想っただろうか。
サカキバラは自分のことを、「今までも、そしてこれからも透明な存在であり続けるボク」と言った。
僕は人生で一番最初に魂の奥底から共感した者は、詩人の中原中也だった。
そして二番目は、サカキバラだった。
人を快楽目的で殺したいと感じたことは、一度もない。
でもあの地獄の季節に、僕が初めて猟奇的な快楽を覚えたことは確かだ。
四歳で母を亡くした僕は15歳の頃、いつも父と兄と僕の三人が食べる夕食を作っていた。
秋刀魚(Cololabis Saira)を買ってきて、ガスコンロのグリルで焼く為に、シンクで腹を包丁で割き、はらわたを取り出し、綺麗になかを洗う作業もいつも僕がしていた。
あの鮮血の色、生臭さ、赤黒い内臓を手で引き摺りだす感触を、今でも憶えている。
僕は恍惚に浸りながら、血濡れた手で、そのグロテスクな視覚と官能的な感覚を味わい、快楽殺人者を演じるように、Dangerousなみずからに、陶酔していた。
この感覚は...エロス(Eros)とタナトス(Thanatos)であり、性愛と死である。
僕は秋刀魚の内臓を引き摺りだすとき、死者とセックスしていたんだ。
僕は手のひらで血まみれの内臓を握りながら、酷く興奮し、欲情した。
そんな或日、僕は6歳上の兄がいない時間に兄の部屋にこっそり入って、面白そうな本をいつものように漁っていた。
すると怪しげなサブカルな表紙の雑誌が出てきて、好奇心に目を光らせながらも恐る恐る、ページを捲った。
そこには幾つもの、鮮やかで生々しい人間の死体のカラー写真が在った。
そのなかに、最も僕の魂を悲しませつづける死体の写真を僕は観たんだ。
至近距離から、ショットガンなどの破壊力の強い銃で顔面を、とにかく何発も撃ちまくったら、きっとこうなるだろうと想像できる顔面の原形を全く留めてはいない、ほんの少し、頭部を仰け反らせるようにして椅子に座って死んでいる女性の死体のカラー写真を僕は観た。
撮影者と被写体の距離は、遠すぎず、近すぎず、最も望ましい距離で、それは彼女の正面から向かって、若干、右の方から撮影された写真だった。
顔はグチャクチャの真っ赤な血の肉の塊であったが、それは女性だった。
美しかった。
僕は彼女の死体写真を観て、本当に美しいと感じた。
彼女は生きている。
死体として、こうして僕のなかで彼女はいつまでも、顔のない最も美しい女性として、生きつづけている。
彼女は...僕の母親なんだ。
そうに違いないさ。そうじゃなければ、僕が美しいと感じるはずなどないんだ。
僕のママは、最初からずっと、死体なんだ。
でも生きている。
ママは、自分に顔がないことを気にしてる。
だからいつも白い布の覆面を被ってるんだ。
ママの顔はいつもグチャクチャで、秩序を喪失し、混沌としている。
ママはいつも、生きている者と、死んでいる者の間に存在している。
僕のママは、すべてを超越しているから、顔は必要ないんだ。
識別するものなど、必要ない。
僕はいつも、最も愛する僕のママとセックスがしたい。
その為に、"肉"が必要なんだ。
死を、物質化させたもの、"肉の人"が必要であり、"人の肉"が必要なんだ。
僕はママの子宮に、ママと僕の卵たちを、産卵する。
ママと僕の子どもたちは、最早、肉など必要ない。
"彼ら"は、肉も霊も、必要としない。
"彼ら"は、新しい人間たち。
愛も光も死も悪も、彼らには必要ではない。
古い人間たちはもうどの宇宙にも、必要ではない。
もうすぐ、人間が人間を貪り喰い潰し、もうどこにも、存在しなくなる。
なにひとつ、どの記憶も、なにもかも、消えてゆくんだ。
白く、静寂のなか、風と塵と共に。
 
そう話終えたあと、白い覆面の男は彼女をレイプし、椅子に座らせると両腕と両脚を縛って拘束し、ショットガンで至近距離から彼女の顔面を、何度も、何度も、何度も撃ち続けた。


拘束具を外し、携帯で写真を何枚か撮ったあと、その場をあとにしたが、男が何かを忘れて戻ってきたとき、彼女はまだ同じ場所に、そのままの状態で座っていた。
男は彼女を観て、欲情した。


男は彼女に向かって、言った。
「ママ...ここでずっと...ぼくを待ってたんだね...。」


狭いMotelの一室で、男は彼女を強く抱き締め、涙を流した。


男は自分の母親の顔のない顔に向かって、微笑んで言った。
「もう、ずっと、一緒だからね...ママ...。」


彼女は、目を開けて男を見つめると、食肉処理場の椅子に座ったまま顔のない顔で、優しく微笑んだ。



















[HQ] Telefon Tel Aviv - What it is Without the Hand That Wields it















コメント
この記事をはてなブックマークに追加