goo

銀婚式の記念写真。


結婚25周年の銀婚式の記念にフォトスタジオで撮影した写真が出来上がりました。



どんな感じで記念写真を撮ろうかと家族会議をした結果。



「こんなのはどう?」
と提案してくれたのは、なんとうちのだんなの方。



確かにただ二人でかしこまって正装してパチリ!
だけではあまりにもフツー。



実際にいろいろな式場をまわってみたりもしましたが、
どうせ同じくらい料金がかかるのなら、思い切って弾けてみるのもあり。



ってことで、まぁこれも貴重な人生体験のひとつです。



ちゃんとしたアルバムはまだこれからになりますが、
とりあえずCDと小さい写真だけは送られてきました。

51歳でこの衣装はどーなのかとも言えなくないですが。
『これからの人生では今が一番若い!』ってことで、撮影に臨むことにしました。



感想としてまずは、
「うちのだんなさん、こんなにカッコよかったんだ。」



そして、「やっぱり私は顔が丸い!!」という隠し様のない事実。。



衣装はそれぞれ3着ずつで、100枚以上は撮影したと思います。

私はつけまつげを2枚重ねで、かなり盛っています。
それでも顔の丸さや二の腕の太さは残念ながら隠せません。。



結婚記念日にはだんなさんが色とりどりの花のアレンジメントをプレゼントしてくれました。



もう感謝しかありません。

『人生は長い時間をかけた思い出作り』という言葉があります。



結婚生活ではどちらかが先に逝ってしまったら、
もうそれ以上は新たに思い出を作ることができません。



だから、今しかできない楽しい思い出作りを、
生きている限りこれからも作り続けていければと思います。



でも結婚した頃に想像していた『銀婚式を迎える二人』よりは結構若いかな。



この分なら金婚式を迎える頃の76歳になった二人も、
「意外にこんな写真もありかも?」



なんて想像しながら年を重ねるのもいいかも知れません。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2021年のゴールデンウィーク。


有給休暇でつなげて、何とか大型になった今年のGW。

結婚して25周年の銀婚式を迎える記念の年。



せっかくの節目の思い出にと、フォトスタジオを予約し記念撮影をしてきました。
出来上がるのは約1か月後になるそうで、とても楽しみです。



母が25歳の時に生まれた私は26歳で結婚し、今現在51歳。
私が結婚した時の母の年齢になりました。



お友達のような感じで、夜遅くまでよくしゃべっていた母娘でした。

ひと世代違うだけで時代の流れが全く異なり、とても母と同じ事は出来ないなと頭が下がる思いです。





さて、その記念すべきGW。
一度泊まってみたかった『アマン東京』でゆっくり過ごすことにしました。



クラブラウンジこそありませんが、ロビーのソファー席で、
ゆったり座ってチェックイン、アウトができるのがありがたいです。



他のホテルとはちょっと違う世界観が広がっていて、
東京ど真ん中なのに凛とした静けさと和の空間が感じられる贅沢な空間です。



たまにはちょっと贅沢したいよね。なんて思ってしまうのも、
日頃どれだけ『肉体的疲労』と『精神的消耗』の世界にいるのかの表れなのかも知れません。。



「時間ができたら何をしたい?」と聞かれたことがあります。

それはもう、やりたいことがあふれんばかりです。



それでも普段はリモートワークも自宅待機もできず、週5フル出勤でストレス満載。

だから、たまにはこんなところで心からゆったりした時間がほしくなるんですよね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シャングリラホテル 『ピヤチェーレ』。


新型コロナワクチンの接種日がやっと決まりました。



医療従事者は当初「3月中旬ぐらい?」なんて言われていました。



ところが3月下旬になっても「医科歯科大でもまだなんだよ。」
なんて声が聞こえてきたぐらいなので、こっちはまだまだ。。



そしてやっと5月21日に赤坂で接種することに決定し予約完了。
2回目はその3週間後になります。





接種したあとは2,3日ゆっくり家で休みたいところですが、
残念ながら仕事がらそうも言っていられません。。



元気づけに美味しいものを食べておかないとです。



久しぶりにシャングリラホテル東京の『ピヤチェーレ』でお食事。



以前大変お世話になったホテルで、ここで朝ごはんを食べて以来になります。

この日はまだシャンパンOKの日でした。



今現在はアルコールの提供自体ができなくなっています。

私は別にいいのですが、「お酒飲めないのに行ってもね。」
という方も結構いらっしゃるでしょう。



前菜のハムにチーズなんて、ワインがないと楽しみ半減かも知れませんね。



もちろん私はフツーに美味しく頂きました。





塩釜で焼いた子羊のローストは、超おすすめマストで注文の一品。
柔らかくてとっても美味でした。



魚料理にルッコラと白魚のパスタ。





デザートは私は定番のティラミスを頼みましたが、
だんなが頼んだバナナのフレンチトースト。これは絶品!



せっかくならこれを2つ注文したかったぐらいです。





今年のゴールデンウィークはアルコール抜きな分、昨年より厳しいくらいの自粛要請。



観光業、飲食業は厳しい分、普段よりもお得なプランが出ているところもあったりします。



さっかくだから今しかできない事を体験しておくのもいいかなと。
もちろん感染対策はしっかりと。。ですね。



今年は私たちにとって特別な年。
楽しい思い出作りができればと密かに考案中です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

人間ドック検査結果。


「最低でも100歳までは生きていたい。」

とは1ミリも思ってはいないけど、



「そこそこ元気にフツーに生きていたい。」とは人並に思います。



先日の人間ドックの結果報告書が届きました。
まさに体の成績表です。

結果は。。。 メタボでもなく、再検査などまったく問題なし。



ただちょっと驚いたのは、身体が縮んだ~っ!という事実。
体重が減ったなと思っていたら、身長も少し縮んでコンパクト化していました。



「身長に対する標準体重よりは、2キロ以上やせ気味なんだって!私。(^^)ウフ!」
とだんなに言うと、

「顔が丸いと、とてもそうは見えないから損してるねー。」だって。。



ま、それはいいとして。

自慢できるのは、いまだに左右の視力が両方とも1.5!って事
なんですが、仕事中は近くが見にくいのでメガネ必須。。



目はすごくいいんですけどね、ただ老眼なだけなんです。

血圧は上が93で下が61。

「ちょっと心臓なまけ過ぎじゃない?」
んー、そうかもしれません。。

年齢が上がるにつれて血圧を上げないと、体のすみずみまで血が行きわたらなくなるため、年齢プラス90ぐらいあっても問題はないらしいです。



となると私の場合、血管年齢は差し引き3歳!?
って事はないので、生まれつき昔からの血圧低め。

よく言う『ボケやすいタイプ』のカテゴリーに入ります。
でも生まれつきだから、ボケたとしても私のせいではないんです。



前回同様、身体の成績表には51歳のわりにたくさんの「A」が並んでいました。

オールAとはまではいかないけど、ま、こんなものでしょう。



とりあえず、そこそこフツーの健康体に産んでくれた母親へ感謝感謝。。



検査が終わったので、あとはいろんな数値を気にせず、
思う存分美味しいものを食べに行きたいところです。

が、今日からゴールデンウィークに向けてまたしても緊急事態宣言。

はぁ。。できることなら私だって家に居たい。。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

人間ドック アムス丸の内クリニック。


「今年はまぁ受けなくていいかな。」なんて、

コロナ自粛の言い訳もあり、免れようかと思っていた人間ドック。



「40歳以上の従業員はみんな受けてね。」という会社の指示で、
年度末ぎりぎりに仕方なく受けに行くことに。

女性社員で40歳以上はうちの会社では私一人だけ。
(っていうか、すでに50歳オーバーの今年で52歳。)

前回、生まれて初めて人間ドックを受けた会社の健保組合の提携施設である、『アムス丸の内クリニック』に今回もお世話になることにしました。



入り口ではよくある手指消毒の噴霧に画像検温器。
そこでいきなりパシャと写真撮影。「え?なに?」と驚いていたら、

ヌボーっとした怪しい女の顔写真と体温が印刷され、
『36.1度 こちらの写真を受付に提出して下さい。』の印字。

恥ずかしいけど、仕方なくそれを持って受付へ。
せめてもう一回撮り直したかった~。。



ロッカーのカギと検査着を渡され、身支度。



前日の昼ごはんを食べてから、夜は少なめにして当日の朝ごはんは抜き。

「もうお腹空いてふらふらするわ。。」

採血、尿検査に始まり、身体測定、レントゲン撮影、血圧、視力、聴力検査。



内臓のエコー超音波検査では、暗い部屋でお腹を優しくさすられるので、うっかりとそのまま爆睡してしまいそうでした。



確かにそれらの検査の数値も大事ですけどね。

ちゃんと走れるとか、記憶力とか、ストレスがないかとか、
健康維持にはもっと大事なことがある気がします。

ちなみにそれらに関しては全く自信がありませんが。。



「2、3週間後に結果を郵送します。」
とのことで検査は終了。



その場で温かいコーンスープだけを飲んで、あとは丸の内近辺の提携レストランで、優待券を使ってお昼ご飯を食べて帰ることに。

前回来た時は午後12時からの部だったため、終わった頃にはレストランのランチタイムがすでに終了。

今回は大丈夫でしょと思っていましたが、逆にランチタイム真っただ中すぎて、パレスビルのレストラン街はサラリーマンが大行列の満席。。

「どうしよう。せっかく今日中の優待券があるのに、使わないともったいない!」

利用施設一覧をみると、丸の内ホテルのレストランも使えるとのことで電話。



「只今満席になっております。」と言われましたが着くころには一席ぐらい空くかもとのことで、
「女性一名で。」と名前をつげて向かいました。



向かった先は丸の内ホテルの8階にある『ポム・タダン』というお店で、東京駅が一望できる窓が大きく天井の高い開放的なお店。



到着する頃には何とかひと席空いてくれたようです。



こちらではなんとローストビーフが食べ放題!



前菜の3種盛りに続き、焼き野菜の盛り合わせ。
もちろんバケットは好きなだけ。





ローストビーフはオーソドックスなグレービーソースに醤油ベースのゆずおろしソース。
ピリッと辛いハラペーニョソースの3種類から選べます。



最初はグレービーソースで2枚頂き、おかわりではゆずおろしのソースでさらに2枚頂きました。



さらにデザートにはレアチーズケーキにホットコーヒー。



絶食明けにいきなりお肉食べ放題ってどうなんだろうと思いましたが、これがまたすごく美味しかったんです。

隣にも女性一人がパソコンのキーボードを打ちながら食事中で、女性一人でも全然入りやすいお店でした。



テラス席もあり3組ほどのお客がいましたが、まだちょっと寒かったです。





「次回もまたここに来よう☆」

そうか、お気に入りのお店ができれば、人間ドックも楽しみになるかも知れませんね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ホテル椿山荘 スパ。


「リモートワークが快適過ぎて、もう元の生活には戻れないかも。」

なんて声がまわりで多く聞こえてくるこの世の中。



あぁ、なんて羨ましい。
それに引きかえ何で私は毎日こんなにクタクタになっているのだろう。。

「そりゃもう、年でしょ。」

正論過ぎて、もうぐうの音も出ない。
本当は私だってリモートワークで快適なおうちに居たい!



確かに以前に比べれば、通勤電車も空いているし、帰宅時間はちょっとだけ早い。

でも帰ってくる頃には、外食は8時で閉まっているので、
すごく遅くまで働いている人認定をされている気分になる。



「もう、疲れた。ホテルのプールで泳ぎたい。。」

以前どこぞのホテルのプールに行ったときに、
「毎日することがなくてホテルのプールに泳ぎに来ている。」
とおっしゃっていた紳士がいたなぁ~。



うちのマンションの隣にフィットネスクラブのプールはあるけど、
何だかちょっと違う感じ。

リゾート気分でぴらぴらのビキニでも泳げるプールがいい。
(たとえ見た目がちょっとイタイとしても。。)

今回お世話になったスパはトリートメントよりも、
プールとお風呂がお目当ての『悠 YU,THE SPA』。

友達の結婚式で2回。レストランにも来た事がある『ホテル椿山荘』に入っています。



緊急事態宣言中ということもあり、以前来た時よりもひっそりとしていました。



いかにもザ・結婚式場という感じでもうだいぶ歴史のあるホテルになりましたが、とても重厚な内装で広い庭園がある素敵なホテルです。







最近のスパはコロナ感染防止対策とかで、お飲み物やちょっとした軽食が出なくなってしまっているのがちょっと残念。
経費削減策でもあるのかしら。



確かに結婚式やイベント事業をメインとしたこの手のホテル業界は、
コロナで大打撃でしょうから、仕方ありませんね。



受付を通ると立派なドリンクカウンターがありましたが冷えたお水だけ頂きました。





昼過ぎの宿泊チェックアウトと次のチェックインまでの間がゴールデンタイム。



日差しが降り注ぐ広いプールを独り占めで悠々と泳ぎ、ジャグジーもサウナも露天風呂も全部ひとりで貸し切りでした。



お天気がいいので、光がキラキラと反射してとても気分が良かったです。



ロッカールームにつながるお風呂は伊東温泉のお湯だそうで、
これまた貸し切りでじっくりと温まることができました。







このあとはラウンジを通ってスパのトリートメントルームに移動し
1時間じっくり体の疲れをほぐして頂きました。









ほぐされた後はお腹が空いたので、ホテルのティーラウンジに行き、
サンドイッチと温かいキノコのスープの軽食を注文。



「ミックスサンドってこれ?」



メニュー表だけを見て注文したのですが、想像していたのとはちょっと違う、なんとも豪華で上品なサンドイッチでした。



マッシュルームの温かいスープが美味しすぎて、
身体にじわーっと染みわたりました。





ちょっと贅沢な気分を味わって、そして次の日からはいつも通り、
『リモートワークを夢見る』サラリーマン生活に戻ります。。





来週は人間ドックで身体測定。

血液検査の数値ではわからない『疲労』と、はっきりと
数値でわかる『脂肪』が溜まってそうでちょっとだけ心配です。。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お湯で洗える洗濯機。


「洗濯物はどーしても、お湯で洗いたいの!」

こんな風に思っているのは、きっと私だけではないはず。

そんな私が今回、新しくドラム式洗濯機を導入。
今の時点での最新式最上位機種を選択。



結果から言うと、洗濯機につながるホースから直接お湯が出てくるように、カスタマイズで工事をしてもらう事になりました。

そこに至るまでのあれこれの経緯をつづっていきたいと思います。

今どきのドラム式洗濯機は結構な進化を遂げていて4、5年前のものなら、もう買い替えてもいいのではないかと言われるほど。

洗剤の自動投入。フィルター自動清掃。スマホ連携。
そして温水極み洗いなど、ちょっと前の機種にはない機能が搭載。





「今日の洗濯物は綿多めの衣類と判定。しっかり洗いましたよ。」
「ふかふかにしておきました。(^_-)-☆」

と洗濯後にレポートがあり、ドヤってきます。



まぁ人によっては「どっちでもいいのでは?」と思うような機能です。
正直私もそう思っています。

今までは縦型の洗濯機と、その上に大きな衣類乾燥機の2階建て。

たっぷりの温かい風呂水で洗い、ドラム式の乾燥機でしっかり乾かす。
まさに理想的な洗濯環境でした。



結婚当初からずっと、おしゃれ着以外は洗濯物はベランダに干さず、
衣類乾燥機で殺菌乾燥して使っています。

私ががっつり働くサラリーウーマンだからとかは関係なく、
たとえ専業主婦だったとしてもそうしていたでしょう。

自慢ですが、タオルなどはホテル以上にふわふわにして常備しています。



そして今年、そろそろ洗濯機のハウスクリーニング洗浄を、
メーカーにしてもらおうと注文していた矢先。

何だか風呂水ポンプの調子がおかしい。。
そして修理に来てもらう前の晩に完全終了。。

洗濯機自体は全く問題なく使えていたのでポンプの部分だけ修理して使うこともできましたが、これを機に買い替えることを決意。

新しいのが来るまでの間も「どーしても、お湯で洗いたい!」派の私は、仕方なく風呂水ポンプを別で購入。



が、残念。。ホースの長さが1メートルほど足りず。
洗濯機と湯船までの距離が結構あったんです。

「こうなったらもう、あれしかない!」と夫婦二人でバケツリレー。。

これはこれで結構楽しかったですが、もちろんこれは一時しのぎ。

新しいのを買いに近所の家電量販店に見に行きましたが、
縦型の洗濯機は今まで使っていたものとびっくりするほど変わりません。。

いやむしろ今まで使っていたものの方が圧倒的に高級感がある感じです。

もうメーカーは縦型の洗濯機には力を入れていないのが明白。



そして逆にスタイリッシュで高級感があるのはどう見てもドラム式。
ガラストップの扉で洗濯機とは思えないほどインテリア的におしゃれ。

ネットで調べても評判が良く、静かで省エネ温水洗浄機能搭載。
「これが欲しい!」とそれだけはすぐに決まりました。

最近の洗濯機はフォルムがだいぶ大きいです。
幅はだいたい決まっていますが、厚みや高さが増しています。

買ってからいざ搬入しようとする段階で、廊下を曲がれない、
扉にぶつかって入らないなどで返品になるケースがものすごいあるらしいです。

そのため最近は搬入業者があらかじめ自宅に来て、搬入経路の確認や、
水栓の高さ確認してから運ぶようにしたとのこと。



「毎日運んでいますが、必ず1軒は入らないお宅がありますね。」

うちもちょっと心配でしたが、搬入に関しては全然大丈夫でした。

ただ導入する前に排水ホースを清掃するために高さ上げをし、
水道の位置を高くするために水栓交換工事を施しました。









やっとの思いで新しい洗濯機を搬入。
これで問題解決かと思いきや、新たな問題が発生。

ドラム式の洗濯機は縦型よりも水量が少なく、
ポンプで風呂水を入れたことろでたいして温かくなりません。。



先に洗剤を溶かすために水道から直接給水する水と、
あとから足す風呂水の比率が縦型より圧倒的に少ないためです。

洗濯途中に止めて中に手を入れると驚くほど冷たい!
「これじゃ洗濯物がかわいそう。。」

どんなに高性能な洗剤を使うより、温かいお湯で洗った方が、
皮脂汚れは確実によく落ちます。

洗濯機で水を温める温水洗浄は、トータルでプラス2時間。

さらに電気代が約18倍とものすごくかかり、
それなのに洗濯量はかなり少なくしか洗えないことが判明。

「どうしよう。やっぱり縦型の洗濯機と衣類乾燥機の元の形態に戻そうかしら。」

7年保証に入っているし今なら返品交換も無料でしてもらえるはず。

「せっかく高いの買ったのになぁ。。」と悩みに悩みました。

そして色々と模索した結果、洗濯機につながっているホースから、
直接お湯が出てくるように、思い切って水道工事をしてもらうことに。



これで洗いもすすぎも全部、温かい湯で洗濯物を洗えるようになりました。

冷たい水で洗うよりも圧倒的に衛生的、すすぎも早く乾燥するまでの時間も短いです。



「あー、やっと問題解決。これでもう安心だわ!」

ここに住みはじめてから、食洗器をビルトインで付けましたが、
それはもともと配管がお湯につながるようになっていました。

「食器は必ずお湯で洗うのに、どうして洗濯機はビルトインでお湯の配管につながっていないのかしら。」



これから建つ新しいマンションはそうなっていくのかも知れません。

今のところは一戸建ての注文住宅などや美容院などの店舗にしか、
洗濯機の水栓からお湯が出てくるようにはなっていないようです。



お湯で洗いすすぎができるようになってから、初めての洗濯機からのレポート。

「今日はとても洗濯しやすかったです。
 すすぎも楽で乾燥時間も短縮できましたよ。(^^)☆」

んー、AI機能おそるべし。。
何でわかったのかちょっと不思議です。。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

メズム東京 シェフズシアター。


お正月明けの連休。
当初の予定ではGO TOトラベルでホテル一泊小旅行に行く所。



しかしながらGO TO適用は一時停止になり、しかも何度目かの緊急事態宣言。



別に実質半額でお得には行けなくなったってだけで、
満額を支払えば勝手に行ってもいいわけですが。



「満額だと14万4千円かぁ。さすがにちょっと高いかな。」とあっさりキャンセル。

とりあえず1回はGO TOトラベルを利用できてはいるので、自分が残念というよりホテル側は政策に振り回されて大変だろうなぁと。でも仕方ないですかね。



せめてお天気が良い日曜日にはお食事にでも行って、プチ旅行気分を味わおうと、昨年新しくできたホテルの評判の良いレストランを予約。



それがこちら、竹芝にある『メズム東京』というホテルに入っている、
『シェフズシアター』というフレンチのお店。



昨年11月に泊まったフォーシーズンズホテル東京大手町にちょっと似ているような、今どきのおしゃれなデザインの内装でした。



浜離宮恩賜庭園がまるっと一望できましたが、園内は入園休止で人っ子ひとりいません。



水面を優雅に鳥が動いているのだけが良く見えました。



店名にある通り、演劇をテーマにコース料理が作られていて、
メニューには『序章』とか『終幕』とかネーミングされているのがちょっと面白いです。



アミューズはワクワクするような4点盛り。



砂肝やタコなどが、溶岩で作られた四角い棒みたいな食器に乗っていて、
どれもちょっとずつですがとても美味しかったです。



パンも温かくて外はカリッと中はもっちり。



前菜には柔らかいトラウトサーモンにふんわりしたチーズが乗っていました。



おかわりのパンは固めのバケットとふわふわのミルクパンも頂き、
それぞれ食感が全然違うのでいろいろ楽しめて良かったです。



そしてメインは熟成豚にいろんな温野菜の盛り合わせ。



盛り付けが素晴らしく綺麗で、頬肉のソテーやコロッケも乗っていてどれも絶品。



デザートはみかんがトッピングされたシガレットケーキ。

中にはレアチーズアイスやチョコクッキーみたいなのが入っています。
一見シンプルに見えて、複雑な構造で何層もいろんなお味が楽しめました。



食後にはもちろん紅茶かコーヒーが選べます。



紅茶はたくさんの種類から茶葉の香りをかいでセレクトし、
その場で煎れて頂けるというパフォーマンスがありました。



私たちはコーヒー党なので、せっかくですがやはり好きなコーヒーをセレクト。

美味しいドリップコーヒーとともに、切り分けたクグロフと
メズム東京のマークが入った生チョコを最後に頂きました。



良い映画を見たあとのような、大満足の『フレンチコース料理物語』でした。



せっかくなので、個室もいくつか見せて頂くことに。



すべての部屋が窓に面していて快適そうです。



レストランを出るとロビーがあり、天井は高く窓は足元から大きく開放的です。



ピアノが置いてありましたが、『都庁ピアノ』のように、自由に弾いていいそうです。
最近は通りがかりでもプロ顔負けのレベルの高い演奏者が多いみたいですね。



これからしばらくレストランは夜の営業が8時までになるので、
私が仕事から帰るころには駅前はまた暗いんだろうなぁ。。



でも、こうしてたまに美味しいランチに行って、
あとはおうち時間をゆっくり楽しむ休日もいいなぁと、
あらためて感じた冬の連休なのでした。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2021年 お正月。


『コロナ自粛』が流行中?の昨今。
今年のお正月はいつもと違ってイレギュラーな幕開け。



いつもなら元日にうちの実家、2日にだんなの実家、
そして3,4日にホテルに一泊して羽休め。



と、結構過密スケジュールなパターンが習慣化していましたが、
今年はどれもなし。



1、2、3日全部フリーなんて、結婚以来初めてです。
実をいうと、これはこれでわりと楽しみ。

元旦は職場近くのザ・プリンスパークタワー東京の最上階のレストランを予約。



ちょっと早めに到着したので隣接する増上寺へ、
「もしすいていたなら行っとく?」ってことで初詣。



JRが大晦日から元日までの深夜終日運転がなくなったため、
その分昼間に混んでいるかも、だったらいっかと気楽な感じで。

結果、おどろくほどすいていました。



まったく並ぶことなく、さらさらと普通に歩いて境内まで。



以前お正月に近くのパークタワーに宿泊した時にも行きましたが、
もうちょっと混んでいた気がします。

元旦でこのすき具合はビックリです。

やはり今年は初詣も自粛している方が多いのですね。
どうしたって『密』になりますから。

境内では今年の決意を心の中で唱えて合掌。



あっという間に初詣も済んで、お目当てのお食事、
『レストラン ブリーズヴェール』へ。



今年最初のお食事はいつもと違って『お正月コース料理』。





いつもならおうちでおせち料理とお雑煮でのスタートですが、
たまにはこんなのも自由でいいかなと。



新年早々、展望のいいレストランで贅沢な気分を満喫。



マンゴージュースに、白子と白菜のポタージュ。







ホタテの中にトリュフ。そして牛フィレ肉のグリエ。



栗のアイスにさつまいものタルト。



このホテルは意外にも周りに芝公園や増上寺など、
ひらけた土地にあるので、超高層ではないけど見晴らしがとても良いんです。



180度の展望に加え、真ん中の壁が鏡張りになっているので、
まるで360度の展望を感じられるのが良い感じです。



窓際は眩しすぎてむしろ過酷な状況になってしまうため、
特に冬はベイブリッジから富士山まで見渡せる中央の方の席がお勧めです。



お食事のあとはいろいろな方面の写真を撮らせていただき、
さらに東京タワー側のバーラウンジの方まで案内して頂きました。





昨年のGO TOポイントが結構たまっていたので、
それを使い切って結構お手頃価格で。



さらに期待以上のサービスをして頂けて、おかげで大満足。



家族だけで過ごす『コロナ自粛』も悪くはないかなと、
そんな風に感じた新年の幕開け。



快晴の空に富士山がとてもきれいでした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2021年 明けました☆


「そろそろ初日の出の時間かな。」

でも今年はまだ暗いなぁ~。何でだろ。
と思っていたのは元日の朝6時少し前。



ちょうどいい時間に目が覚めたと勘違いして、
窓からの日の出を見に行った時のセリフ。

まだ1時間前でした。。

年々『うっかり度数』が高くなりつつある今日この頃。



朝6時50分ごろ、東の空が美しいグラデーションになりいよいよ本番。
日の出方向に少しだけ雲がありましたが、光が乱反射して綺麗でした。



今年も無事に平和な気持ちで初日の出を見ることができました。





昨年2020年の社会情勢の大きな変化により。

今年は『オンライン初日の出』や『オンライン初詣』、
『オンライン賽銭』なんていうのも始まったらしいです。



楽ちんだけど、味気ない。でも便利かも。



自分の感性に素直で正直に。
自分が取り入れたいものだけ取り入れていけばいいかなと思います。



新年早々、この日記に目を通して頂きありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

リッツカールトン東京 アジュール45


世界的なコロナ騒ぎでいろいろとあった2020年も、
12月に入り年末モード。



そんな年でも個人的には特に大きな変化は何もなかったような。。



突然ぐっと痩せて綺麗になったとか、歩いていたら大金が落ちていたとか。何かあってもよさそうですが、そういうことも何もなく。。



まぁ何もないのが良いって事もありますね。
大病もせず、健康で平和なのが何よりです。



この日はリッツカールトン東京のレストラン、
アジュール45』で生誕51周年記念のお誕生日会。



GO TOイートのおかげで予約が取りにくいのなんのって。。
でも、そのぶん文句は言えないくらい恩恵は充分に受けております。

こちらは『タワーズ』のレストラン。
この奥を抜けてお目当ての『アジュール45』があります。





この日は2度目になりますが、このレストランはやっぱり最高です。



お天気はちょっといまいちでしたが、高さがあるので展望はいいです。











サービスはもちろん、お料理もおいしいし、盛り付けも美しい。

給仕のタイミングが絶妙で、パフォーマンスもしっかり計算されている感じ。
もくもくのガラスの容器が、目の前で同時にオープン。



中には燻製で香りづけしたやわらかなサーモン?
大きな切り身でしたが、魚料理ではなくあくまで前菜です。

必ず二人のウェイターが二人のお客に同時に皿を提供するのです。





ここまでするレストランって、中々あまりないと思います。





ほうれん草とベーコンの塩味のシフォンケーキが絶品。

「美味しすぎて、これ帰りに買って帰りたいんですが。。」
残念ながら売ってはいません。ここでしが食べる事ができないのです。

料理長がもともとパテェシエ出身ということもあり、
かわいらしい盛り付けはもう『芸術作品』のレベルです。

ただその『芸術作品』が食べ物でできているってだけです。

もう一つの前菜。



食べられるお花の首飾り?それとも花の冠?



まさにおとぎ話の『お菓子のおうち』的な、
食べられるのにおうち?。。。って、ちょっと違うか。



魚料理とこれまたケーキみたいなパン。



品数も多く、いったい何品のコース料理だったのか。。
パンも毎回4つ全部使う種類が提供されました。

とにかくここまでされたら大満足のお食事になるのは間違いないって感じです。





今年も美味しいお食事をいっぱい食べに行きました。
今まで生きてきた中で、一番贅沢な食生活を送った年でした。





年を重ねて80や90になると、こういったレストランでのお食事が、
なかなか厳しくなると聞きます。



「若い時にがまんしないで、好きなものをいっぱい食べておけば良かった!」という、お年を召したご婦人の声を聞いたことがあります。もう当時のように美味しく食べることができず残念と。

もちろん暴飲暴食はいけませんが、心から楽しめる今を充分に楽しむのも、人生を後悔しないためには大切なことなのかも知れませんね。



予約したGO TOイートの対象予約はひと月半で34件。
ほとんどが夜の予約のため、約5万円のポイントが加算になりそう。
もちろん、キャンセルはせず全部行きます。

GO TOトラベルは1回しか使ってないので、両方合わせても、
課税対象には全然ならなそうで大丈夫。もう充分ですね。



毎日食べに行くだけで2000円分ももらえるのは家計が助かります。
飲食店への協力にもなるし、我が家も助かる。



これだけ使い倒している私が言うのもなんですが、
この政策は不公平感が確かにあると思いますから、
また同じように継続ってわけにはいかないのでしょうね。



年賀状印刷、おせち、来年のカレンダー、お歳暮も手配が終わり、
今年は大掃除も業者にお願いして、楽して解決?しました。

これでもう、いつ2021年が来ても心残りはありません。



来年はどんな一年になることでしょう。



大きな飛躍はなくとも、家族みんなが健康で平和であれば、
それだけで充分です。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フォーシーズンズホテル東京大手町 宿泊記5


お天気に恵まれたGO TOトラベルでの東京地元旅行。



1日目。いつものようなホテル滞在とは段違いに混みあっていて、
チェックイン後はなかなか部屋に入れませんでしたが、
その間はうまくプールやスパを存分に満喫。



部屋からスパへは専用の直通エレベーターで、
バスローブのままロビーを通らずに行かれる造りになっていました。





二日目はサービスで夕方までゆっくりしていていいとの事でしたので、
「逆に混んでてラッキーだったね!」とこれは満足度がぐっと上がりました。

9月に新規オープンして間もなくGO TOが始まり、
連休も重なって想定以上にわっと人が押し寄せてたわけです。

ホテル側はうれしい悲鳴を通り越して、本当にあたふたで大変だったと思います。



起きて1分で部屋を出発。
髪をとかして服を着て、マスクをすればすっぴんでも怖くない?

朝食会場は通常イタリアンレストランの『ピニェート』だけでしたが、
さすがにこれだけ満室になると、そこだけではまかないきれず。



今回の連休に限り特別にフレンチレストランの『エスト』も利用可能に。



このホテルでは一番料金設定の高い、格上のレストランだったので、
「こんな素敵なところで朝食が頂けるなんてラッキーだね!」
と、これまた混んでいるからこその幸運でした。



内装のおしゃれなフレンチレストランの日当たりの良い窓際の席で、
『和朝食』を頂くというのもおつな感じです。







こちらも屋外にテラス席があって、展望もよく、
風と陽光につつまれ気持ちがよかったです。



『ザ・ラウンジ』の奥には大きな窓があり、水が流れています。



「水が張ってあるので、入らないように気をつけて下さいませ。」
とスタッフに声をかけられました。



水面があまり均一に光っていているので、靴を濡らす人もいそうだなと思い、

「この中に間違えて入っていく人もいたりします(・・)?」と聞くと、

「ええ、一日に2、3人は必ず。。(^^;)」とのこと。。

それは大変ですね。。



チェックアウトも混みあう前に先に手続きだけを済ませて、
帰る時にカードキーを誰かスタッフに返すだけでいいそうです。



あとは夕方16時までお昼寝したりプールやスパに入ったり。。



このホテル、あとはクラブラウンジがあったらもう、
言うことなしで最高!なんですけどね。

時間もあるので日比谷公園の紅葉を見に行きました。









1泊半とは思えないほど、充分に秋の旅行を満喫です。



2日目の日が暮れるころ、「長い1泊旅行だったね。」と、
やっと部屋をあとにしてチェックアウト。





夏に宿泊したパレスホテル東京のレストラン、
『グランドキッチン』にふらりと寄って、夕食を頂くことに。



GO TOトラベルは初めての利用でしたが、充分に満喫した感じです。

地域共通クーポンがあってお得な感じもしますが、
結局需要があれば値段は跳ね上がるのが旅行業界。



夏のお盆真っただ中に泊まったパレスホテル東京のガーデンスイートの料金が、
今現在では私たちが泊まったころ料金よりだいぶ高くなっていて驚きました。

宿泊料金を安く設定すると、客層が変わってしまうので上げざるを得ないという話も耳にしました。

いろいろ事情があるのですね。

旅行業界にまつわるお仕事はたくさんあるわけで、みんな生活がありますから、
経済を活性化することはとても大切なことだと思います。



GO TOも来年6月までの延長説が出ています。

業界で働く人も旅行に行く人も、みんなが幸せになれれば、
それが一番いいですね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フォーシーズンズホテル東京大手町 宿泊記4


この日3回目のGO TOイート予約でのお食事になる、
フォーシーズンズホテル東京のレストラン『ピニェート』。



以前ランチに来たことがありましたが、とにかく展望がよく夜景もいい感じです。



東京の高層ビルでは、40階近い高さにあるレストランで
屋外の風を感じることができる、めずらしい造りになっています。



GO TOトラベルの人気で稼働率の高いホテルは、
宿泊客であってもレストランの予約はなかなか取れません。



「せっかく地域共通クーポンが12000円分もあったのに、
 ルームサービスしか使えなかった~!」
という声も聞いていたので、用意周到に2か月前からばっちり予約。



1つ1つのポーションがしっかりとボリュームがあるわりに、
比較的良心的なお値段なので、席数はあるにもかかわらず、

予想通り1か月前ではもう満席だったそうです。





ウェルカムドリンクのスパークリングワイン。
ちなみに私はさっきのバー『ヴェルテュ』で飲みすぎた?
のでノンアルコールで。。

その後はいきなりメインディッシュ!? と思うくらいのアペタイザーでした。



「え? これ前菜だよね。 出す順番間違えて、
 いきなりメインディッシュが出てきたのかと思った。。」



ホロホロ鳥の何とかと、野菜のピクルスです。



パンは外はパリッと、中はふっくらもちっとしていて、
オリーブオイルはもちろん、ホイップバターはなめらかで絶品。

「このホイップバター、このレストランの売りにしてもいいのにね。」

岩塩もきいていて、さらにトリュフがトッピングされて、
ものすごく美味しいのに、頼まないと出てきません。

なんとも不思議な『無料の絶品裏メニュー』なんです。



お代わりしたいくらい美味しいパンですが、この後のことを考えると。。 

さらにスープも具だくさんで、小鍋一杯に迫力のあるボリューム。



キノコやベーコン、野菜たっぷりのミネストローネに、
ポーチドエッグが乗ってしっかりお腹にたまります。

次がもうデザートでも文句はない位ですがメインの前にもうひと皿。
これまたボリューミーなラザニア風パスタ。



ひし形のパスタなんて初めて。
ミートソースとトリュフが乗っていました。

そしてやっと出てきたメインディッシュ。和牛のローストです。



しっかり噛みごたえがあって、脂がのってこんがりジューシー、
お肉食べた~!という満足感があります。

付け合わせがとろりとした柿とトマトで色鮮やか。
お肉との相性も抜群でした。



このあと、また前回みたいにどんぶり一杯のティラミスが、
がつんと出てきたらどうしようかと思いましたが。。

アイスクリームとガトーショコラが、控えめに盛り付けられていてちょっと安心。



GO TOイートのおかげで、いったい今年何皿目になるのか
もうわからなくなってしまうほど運ばれて来たバースデープレート。

「ついでに別皿で『51本のろうそく』に火をつけて持ってきてもらえますか?」

とはさすがにお願いできませんが、綺麗だろうなぁ~。

年を重ねるごとに、ろうそくが増えるように輝かしい人生にできたら
幸せだなぁとふと思ったりしました。

おしゃれなホットカプチーノで大満足の締めくくりです。



GO TOイートポイントや地域共通クーポンを使えるので、
少し足が出るくらいですね。やっぱりお得な気分です。

食後は気持ちの良い外の風に当たり、テラスをお散歩。







夜の10時。明日の朝食のカラトリーの準備がされていました。



ホテルのバーや、プールに大浴場のスパ。
チェックイン後はホテルから一歩も出ることなく滞在を満喫。





チェックイン後、お部屋の準備がだいぶ遅れたからと、
明日の夕方まで16時までゆっくりご滞在下さいとの事。



なんと4時間ものレイトチェックアウトのサービス。
これはむしろラッキー! のんびりできそうです。



パジャマは今までで一番着心地がよいスウェット生地。



部屋のお風呂に入ってさっぱりとした後は、
夜景を見ながらゆっくりと眠りにつきました。

翌日も夕方までこのホテルに滞在できるなんて!

そう考えただけで、心の底の底からのんびりできる夜なのでした。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フォーシーズンズホテル東京大手町 宿泊記3


GO TOプラス連休でごった返しの『フォーシーズンズホテル東京』。

チェックインしたものの中々部屋には案内されずでしたが、
先にプールで泳ぎ、夜景を見ながらスパでゆっくり湯船に浸かって極楽気分。



スパから見える窓の景色が夜景ライトアップモードになった頃。
さすがに準備も整ったようで、やっとルームキーを頂きお部屋へ。





部屋に入るとスイートルーム並みの広い廊下。



でもスイートではありません。ちょっと広めのコーナールームです。







お風呂にも大きな窓があり、一応ビューバスになっています。







クローゼットも広々として快適でした。



なんと言ってもコーナールームなので、展望が開けています。
スカイツリーから東京タワー、国会議事堂六本木ヒルズまで一望。



夏休みに泊まったパレスホテル東京のさらに高い感じの展望です。



やっと入ることができた部屋でちょっとだけくつろいでから、
その後は予約していた『ヴェルテュ』のバーラウンジで一息。



あまりお酒が飲めないので、夜のバーでおしゃれな雰囲気だけ、
ちょっぴり味わいに来ました。



夕方6時から8時まではビールを1杯頼むともう一杯がタダになる
お得なプランで、サービスの食前酒とナッツやおつまみ付き。

一人2000円ほどですが、こちらもGO TOイートの予約。
1000円戻るので、実質ひとり1000円です。

しかもホテルクレジットが1万円分あったので、それを使って
生ハムやチーズなどのコールドカットやフルーツプレートを注文。





ビールは4杯のうちのだんなが3,8杯。
飲めない私が頑張って0,2杯ぐらい飲んで、
フルーツの盛り合わせと、付け合わせは私が多めに頂きました。



フルーツが意外にもボリュームがあって、
結構お腹がうまり気味でしたが、ディナーは別腹になる?



夜の8時には以前ボリュームたっぷりのランチで来た事がある、
イタリア料理の『ピニェート』に向かいました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フォーシーズンズホテル東京大手町 宿泊記2


「わぁーイチョウが真っ黄色で、すっごい綺麗!」



ペニンシュラ東京で腹ごしらえした後は丸の内仲通りを、
タクシーで紅葉見物がてら、宿泊先の大手町のホテルまで。



いつもはクラブラウンジのあるホテルに行く事が多く、
チェックインは座ってお茶とお菓子を頂きながらがほとんど。



フロントで立ったままのチェックイン自体はいつ以来かしら。

しかも! 
すっごい並んでいました。。



GO  TOで連休という事もあって、急きょ特設フロントを増設。
おかげで何とか10分程で順番が回ってきました。

予想どおり部屋の準備がまだ整っていないとのこと。
ま、この混雑じゃそれはそうでしょう。

「一旦こちらでお待ちくださいませ。」
と案内されたのは、夕方に予約していた『ヴェルテュ』というバーラウンジ。



とにかく内装がすごいおしゃれ&ゴージャス&綺麗!
スカイツリーも近くに見えてなかなかの展望。



マスターがカクテルをシャカシャカ作ってくれました。



1杯目はパイナップルジンジャーみたいな感じ。
2杯目は白桃で作ったノンアルコールのモクテルですね。





どちらも何となく身体に良さそうなお味。
フルーティーでとてもおいしかったです。

私たちのあとからは、徐々に他のお客様が増えていきました。
ん? でも全員じゃないみたいです。



チェックインの時に私たちの後ろに並んでいた太った女性の組は、
こちらのバーラウンジには案内されていないみたい。

確かに私たちのあとからはびっくりするくらい混んできたので、
あの行列が全部こちらに来たら、あっという間に満席になってしまうはず。

それによく見ると男性はうちのだんなを含めて、
なぜかほぼ全員がスマートカジュアル的なジャケットを着用。



もしかしたら、ここに案内されたのはスイートやコーナールームなど、
数の少ないカテゴリーの部屋に泊まる客だけで、
そんな部屋だけがまだ準備が整っていなかったのかも知れません。



30分以上こちらで待っていましたが、私たちより前にいたお客も、
誰ひとり部屋に案内される様子はなし。。



16時からはプールとスパを前もって予約していたので、
スタッフの方にお願いして先にスパエリアに行くことにしました。





このご時世もあり入場制限をしているので、プールもスパも快適です。
景色もよく何より新しい設備なのでとてもきれい。





プールサイドにあるチェアもおしゃれで快適。
泳いでいる人よりもチェアでくつろいでいる人の方が多かったかも。





プールの内層は鏡張りでツルツル。さらに青くキラキラしていました。
泳いでいる自分の姿が全身見えるのって、不思議な感覚です。



水温も高めですが、ジャグジー風呂はもっと快適。
スワンネックという名の滝湯が豪快でマッサージ効果大。





そしてスパの大浴場はさらに景色が良かった!
天井も高く、ほぼ貸し切りで開放的。



シャワーブースにミストサウナ。座って洗う所も3つありました。



景色を見ながらゆっくり浸かっていると、日頃の疲れはもちろん、
余分な体の脂肪までが溶けていくようでした。(←希望的瞑想)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ