東京都の社会保険労務士塩田優子のデイリーブログ 

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

Such a 口論

2020-10-31 22:56:31 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「Such a 口論」について、書きたいと思います。

例のごとくNZの留学時、Mr.L氏という警察官のご家庭に招待されたことがしばしばありました。奥さんがとてもお料理がお上手で、ご主人自身もピアノを弾き、ドイツの作曲家ピアニスト、ブラームスをこよなく愛する方でした。

そのお子さんは、2男1女という構成で、長男J君が私より年下で学年が近くて。次にご長女、次男と続き…。このご家庭で特に私が目を見張ったのは、ご兄弟内特有なのか、J君が年下の妹さんへのからかい度が著しく、

妹さんも、怒るときっかけでドッカーンって山が噴火したように怒るお子さんだったんです。私と似ているんですけど。それをJ君は見るのがとても楽しいようで、ふっかけてはご両親から散々それを窘(たしな)められていたんです。

実は私の家で、私はたまたま「今日は帰ったら洗濯するから!」と啖呵きって帰宅したんです。さて、手洗い洗濯しようかなと思ったところ、いつもある所に頼りにしている洗濯板がありません。

無い訳ないのに、無いのです。母に尋ねると記憶にない、とのこと。そこで、私のドッカーンってなわけで、そう言えば私の祖母にも同様の傾向的なことがあったなぁ、と。あの時は、私のお気に入りのスプーンで。

本当に、記憶にないのか(痴呆の初期?)、それともこのように喧々諤々に親子げんかすることを、ある意味寂しさからふっかけているのか、どちらなのか。
▲「七福神」母兄弟は本当は七福神と同じ構成でした。男一人亡くなってるんで六福神ってなものは無い。

Mr.Lさん宅の兄弟げんかのやり取りで学んでいる私は、そっと?母を相手にせずいるんですけど。本当に困りものですよね。洗濯板は…、いつか出てくることでしょう。スプーンも出てきたんで。月日はかなり要しましたケド…。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

性へのスタンス

2020-10-16 22:46:51 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「性へのスタンス」について、書きたいと思います。
▲性感染症もありますし、予想外妊娠は結果不幸な結末もある可能性も。

私の性へのスタンスは、外見からは想像し難いくらい、自分ながら保守的だと思います。なぜなら、それは高校生の時留学した、ニュージーランドの恩師の影響も大きいです。

彼女は、私に彼女の性体験を赤裸々に語り、初めての相手が結婚したご主人でお互い初めて同士の素晴らしい経緯を、それはそれは目を輝かせてうっとりして、語ってくれました。

そこに、これだけ性が行き交う世の中で、心の平和が彼女の輝かしい眼や表情を通して、そんな奥深さがあるもんなんだなぁ、と感じたことがきっかけだったかもしれません。

得てして自分は、亡くなったべブに、これは自分だけや相手だけの問題ではないので、つい「べブ、自分の場合は、果たせなかったよ」と呟くだけです。

ただ、これを読む若い皆さんには、もっと自分を大事にして欲しいと切に思います。自分は、過去に恋愛を沢山して、傷ついたし今も傷つけている人や、今後すら傷つけ続ける人もいるかもしれません。

しかし、私が間違ったことをしてきたかしていくかどうか、それとも相手が間違っていたのかどうかについて、お互い人生をかけて、神に問おうじゃないか、と常に言いたいです。

自分は、他人の不幸の上に成り立った、自分よがりの幸福を追求したことは、今までは一度もないです。

とにかく、幸せになってくれればいいんです。それだけ、今日は言いたいです。私はあいにく、死にませんから。おあいにく様、あっかんべ~っだ!

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不倫について

2020-10-11 21:07:34 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、不倫について、書きたいと思います。

私は今離婚していますが、例えば、無事再婚を果たし、そして生活が継続するわけですが、夜の夫婦生活も続くわけです。

そんな中、年齢を重ね歳を取り、もう夫も大丈夫だろうと思った矢先に、夫が年若い女性と不倫ってことも、想定される世の中あるある出来事な訳です。
▲浮気や不倫は、男性ばかりではありませんよね?どうしても、好きになってしまうこともありますよね?

そんな例で言うと、アメリカのクリントン元大統領の不倫事件など、年齢的な面からイメージしやすいでしょう。ヒラリーさんは、そんなクリントンさんにお返し的不倫はしていません。

なぜでしょうか。世の中的に芸能人の方でも、不倫に端を発し、夫婦間で報復のし合いごっこ的な話題も、聞く話です。

私が思うに、夫がモテ過ぎるとか不倫や浮気をしたから、彼に不幸感の同じ思いを味あわせてやりたいとは思うけれども、誰でもない私自身の人生だからこそ大事にしたい、

つまり人生において何がしたいのか、汚点を残したいか、それともどうなのか。ということを、ヒラリーさんは立場もお在りでしょうけど、一番心に浮かばれていたのかな、って想像します。

こんなにも、女性がたくさんいて、同じく男性もたくさんいる中で、道歩けば、誰かしら女性には遭うし、男性にも遭います。防ぎようのない限界がありますよね。

だから、いつも自分基軸でいいと思うんです。例え自分の夫(仮、今はいません)の不貞であろうとも、神前に誓う尊い夫婦だからこそ常に自分はどうありたいのか、自分の人生はどうありたいのか、

ということに正直にそして真摯に自分の人生に向き合って、私は生きていきたいと思っています。皆さんは、どうですか?

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木(塩田)優子(Yuko Yoriki(Shioda))」でした。

参考ブログ:「不倫というゴシップ


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加