東京都の社会保険労務士塩田優子のデイリーブログ 

東京都港区の社労士ブログ!人事労務から様々、ワンポイントレッスン

米・中・日の関係改善策へ

2020-07-23 19:56:16 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「米・中・日の関係改善策へ」について、書きたいと思います。

先日のニュースに、アメリカが対大陸の中国に対抗するための武器を、台湾に送ったというニュースを聞きました。

正直、なんてひどい事をアメリカはするのだろう、と思います。韓国と北朝鮮の関係性の二の舞を助長するようなこと、つまり民族間を割こうとするなんて、と。

中華民族をお互いに争わせるようなことに加担するような行為に、深い失望と残念な気持ちがひたすら募ります。

確かに、日本の国益にとって最近の中国の態度は目に余るものがあるかもしれません。ただ、それは中国にとって日本への対アメリカの3国間でうまく立ち廻って欲しいという、シグナルのような気がしてなりません。
▲中国も米国も、大事なつながりを。

香港やマカオ、そして台湾の人々は、多く移民として他国へ志願する方が増えているようですが、ニュージーランドにいたことのある私は、彼らに向けられる立ち位置の多くを目の当たりにしてきました。

彼らは、本当の彼らの幸せは、同じ民族の間で、国を想い、国へ憂慮を深め国を大切にすることなのではないかと、私は強く思います。異国の地に赴き、帰属感に思いを馳せながら、一生を送ることに、ある気付きがあるとしたら、

やはり、自らは中華民族なのだという強く猛々しい誇りと、行方の知れぬ帰属意識の高まりなのではないかと、私はとても危惧します。

中国の自治に関して、どうしたらいいのか、ということは中国人自らが、歴史観を踏まえ最もよくご存じのはずだと思います。自分たちの事なんですから、誰でもない自らが一番よく理解しているはずでしょう?

ですから、押し付けず、押し付けられず、そんな隣国を温かく見守る姿勢が問われているのはないかと、私は思います。

資本主義は、多くの資本主義諸国をご覧の通り、それはそれで問題は生じています。どのイデオロギーでも、桃源郷のような地は存在し得ないことに、いち早く多くの人々は気付くべきです。

それを踏まえた上で、アメリカにも多くの気付きをもって対応して欲しいと、切に想って願って、止みません。

こんなことを書いている私は、こんなことを書きながら、資本主義イギリスのデフ・レパードのヒステリアの曲を聴きながら、最近の多くの一日を終えるんですけど。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

感謝と尊敬と…

2020-07-23 13:50:28 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、私の留学時代の「感謝と尊敬と…」について、書きたいと思います。

時は、1990(平成2)年前後、ニュージーランドに留学して久しく経ち、高校の長期休暇にさしかかった頃、いつも通りお世話になっていた数学の先生のお宅に滞在し、そこから日本へ一時帰宅することにしました。

先生宅から、往路だけで2~3時間自動車で行く先の空港まで車で送って頂き、いざ飛行機に乗り込もうとチェックインを済ませるはずが、実は手違いでオーストラリア経由の航空券を取得の際、オーストラリアビザを取得していなかった私は、

出国拒否をされてしまいます。数学の先生は、すでに復路の途に着いていて、当時スマホも何もありません。突然、誰も知り合いがいない空港に、たった一人っきり。
▲コーンフレークをクッキーに、ハリネズミの針のように刺し、そんなヒッチホッグビスケット?が大好き。

どうしようもなくなって、なんせ高校生の私なんで、チケットカウンターの前で、スーツケースに腰を下ろし、しくしく泣くだけのことしかできませんでした。そこで、偶然居合わせたNZerの一人の女性が私に声をかけます。

事情を全て聞いた彼女は、私を車に乗せ、オーストラリア大使館まで急いで連れて行き、至急ビザを発給してもらい、空港に舞い戻った私は無事日本へオンタイムに帰国を果たしたのです。

彼女が、まさにエネリーさん(I hope you don't mind putting this.)で、そこから今もって近からず遠からず文通を続け、今に至っています。

彼女は、とても信心深いクリスチャンでいて、かつソーシャルワーカーという職業を持つ、ある意味私はそんな献身的な彼女に出会えたことが、とても幸運な一人だったわけです。

今振り返ってみると、留学全体を通して、生かされている自分という存在を、すごく身近に感じられて、なんで私が…、という僅かな疲労感を感じぜずにはいられない時もあれば、やはり、ラッキーだったな、だけでは済まされない、

そんな不思議なパワーを感じつつ、現在豪州在住の私にとって何かと付かず離れずの存在の彼女には、感謝と尊敬と、人としてのぬくもりを常に感じて、心が温まり改まる思いが常に致しております。

本当に、ありがとう、エネリー。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お互いの価値

2020-07-14 17:35:54 | メンタルヘルスの情報
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「お互いの価値」について、書きたいと思います。

今まで、いろんな箇所で、あたかも恋愛の手引きのごとく、私の恋愛談を混ぜて様々なことを書いてきましたが、そもそもそこで協調してきた事柄に、相手との「価値同質性」的な、

価値観がお互いに似通っていることが前提にあって、大事であることを、恐らくいろんな方が同意してくれることだと思います。

そもそもその「価値(かち)」とは、何なのか。「価値」の辞書的意味は、「物がもっている、何らかの目的実現に役立つ性質や程度。値打ち。有用性」のことではあるのですが、

『岩波哲学・思想事典』によれば、「広い意味では<善いもの>ないし<善い>といわれる性質のことである。…(中略)…<善い>という語は、人間の欲求を満たすものと

客観的規範に従うという意味を持つもので、価値意識には、欲求性向のみではなく、<規範意識>も含まれている。
▲経済用語でいう、「価値」については、また別の意味合いも含まれるのだろうか。

価値という語は、もともと事物の値打ちのことであったが、今日では人間の欲求や関心を満たすもの、望ましいもの、値打ちのあるもの、ある目的に役立つものなどを意味している」⑴と。

そんな素敵な「価値」をお互いの中に見出せる、そんな出会いがあるといいですよね。

自分は、洋楽の「Waiting For Love」アヴィーチーさんのプロモーションビデオを見て、動画内で色々想像を膨らませてしまうんですけどね。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。

参考文献(1):新・精神保健福祉士養成講座3「精神保健福祉 相談援助の基盤(基礎・専門) 第2版 P78


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NHK実践ビジネス英語 Robocalls and Scams(1)-(5)

2020-07-13 09:28:40 | 英語社労士
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。YouTubeで英語動画をアップしました。ご笑覧ください。


NHK語学 実践ビジネス英語 Robocalls and Scams(1)-(5)


以上、東京都の社労士「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

人は、一本の葦

2020-07-07 10:19:49 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「人は、 一本の葦」について、書きたいと思います。

私は、高校時代にNZに留学していたことは、以前書いた通りですが、その時お世話になった恩師によく言われた言葉に、「自らの親(とか恩師)が、Noと言うことは(想像を働かせ)しないこと」と。

しかし、それだけでは日本の場合、多くの方々にとって完全に自分を強いることは、容易ではありません。そこで私が提案したいのは、「将来公(一般的な)の場所で、自分の善悪の発言(権)が、妨げらることが予想されること(行為行動)はしない」こと。

そうは言っても、人は弱い生き物でもあります。各言う私も、30代前半にもなって元主人に出会う前、偶然地元の区立図書館とフィットネスクラブで知り合った、とても小柄な男性Yさんと、親に散々禁じられたにも関わらず、

都営住宅に一人で住む彼の家に行き、危うく身体に危険な男女の関係性になる危険性が、この私にもありました。

「リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件」を聞いた時に、どれだけ恐ろしい過程を自らは経ていたのだろうかと、身に染みて感じたものです。
▲菜の花畑。菜の花がとても好きです。

女性は、身体の関係性をもつ男性次第で、人生は大きく変わってしまいます。もしあの時、そんな関係性が進んでいたら、今この場で私はこのような発言が出来ていたかどうかすら、分かりません(恐らく私の場合は生きて来ているので発言する可能性は高いですが)。

男性も、然りだと思います。人は時に、状況に応じて、とても弱い生き物で、安易に流されてしまうこともありますが、そこで流されない行動が保たれれば、なんとか次の素敵な出会い(例えば、私の小さな家族たちのような、とかもね)も、必ずあります。

安直な行動を取る前に、将来の自らの行動や言葉で、正しいことは、正しく、悪いことは、悪い(例えば:一般で言う窃盗は悪とか)、と言えるような環境に身を置けるよう、そのことこそが、人間本来の本当の心の幸せにつながることは、間違いありません。

たまたま、私は生きている過程で運が良く、偶然が重なり今ここにおりますが、今までそのように生きて来れなかった方々や、公では発言できない方のために、これからも、いろいろ書いていきますね。勉強が疎かにならないようにしつつも…。

なんだろ、今インスタの「kill_forest」さんが、アクセスしたバーが一つだけ、私のパソコンの表示にちょっと前に出ましたけれど、それはそれはどうも。

追伸:これを読んで、不愉快に思われ方々もおられるかもしれませんが、いつかきっと、いろいろな変化や人の変化が、自らにとっても良かったことなんだなって、思える日が迎えられるといいなって思って、書いています。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

誘発原因について

2020-07-06 00:06:30 | 社会保険労務士の日記
こんにちは。東京都の社会保険労務士という専門家の頼木(塩田)優子〔Yuko Yoriki(Shioda)〕です。

今日は、「オレオレ詐欺」の誘発原因について、想像することを書きたいと思います。

先日、私の子供たちが学校の登校時間になり、そもそも寝坊しているし学校に行きたくないと、ぐずりだしました。そこで、私は真剣な言葉と眼差しで複数回促したにも関わらず、ゲヘラゲヘラ薄ら笑いを浮かべていた子供達を、

力ずくで学校に行かせようと、娘の腰ベルトをつかみ玄関まで引きずって家の玄関から追い出そうとしたところ、娘たちはこともあろうに、ランドセルは持たず、わずかなお金だけを持って家から飛び出して行ってしまいました。

心配のあまり母には元夫の家に向かってもらい、学校に電話して事の経緯を伝え、そして、安直に警察に電話して手配してもらうことにしました。
▲110番をするには、思慮も必要かも?!

結局、元夫宅の道途上にあったところを私の母に見つけ出された子供達でしたが、おまわりさんのお世話になった手前、子供達と母はおまわりさんからの事情聴取といういきさつになり、怒りを露わな子供たちは、私がいかに彼女たちに力を向けたか、について顛末を話します。

そこで、私はもちろん反省も多くありますし、児童相談所のお世話に今後なることは必然になるわけですが、そこで気付いた警察の仕組みが心配です。

元夫の住まいとの行き来で、2区にまたがる警察の管轄区にお世話になります。そこで2区にまたがるそれぞれの警察署とそして最寄りの交番の3か所?そしてパトカー内からも、

代わるがわるその場の経緯の電話が、すでに見つかっているにも関わらず自宅待機の私の下に寄せられました。

その慌ただしさは、いつからこのような具合になっているのか、今の高齢世帯の方々は、このような警察の慣行を時代背景から慣れている、つまり不自然に思わない年代なのではないだろうか、と不確実な疑問に襲われたわけです。

ご存知の通り、「オレオレ詐欺」は、警察官を名乗ったり、複数のグループ集団の入れ替わり立ち代わりの電話によって、高齢者をターゲットにお金を金融機関から引き出させ、収得する過ちを犯しているわけです。

私が思うに今後は未来に向けて、このような場合の一般市民への情報伝達手段は集約化(一元化)して一つの箇所から、

しかも複数回の電話での交信習慣伝達方法は、出来るだけ回数も少なく厳選化した内容でありかつ迅速な、内々だけでも何らかのルールに改めた方が、良いのではないかと考えます。

これらを踏まえた代替の交信手段やその方法の内容に関しては、どのような形式形態があるのか、それは私の考えることではないので、あしからず。

しかし、市(区)民の期待を裏切らない日本の警察体制であり続けることに関しては、信じて疑わないところです。

以上、東京都の社労士(社会保険労務士)「頼木優子(Yuko Yoriki)」でした。


東京都の社会保険労務士 トラスティ有明社労士事務所
https://www.tst.tokyo/
メールのお問合わせはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする